★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0188_20201021131633e72.jpg0189_20201021131635497.jpg0190_2020102113163648d.jpg0191_20201021131638990.jpg0192_20201021131639151.jpg0193_202010211316414aa.jpg
0770.jpg
野球場の可愛い売り子は下ネタにも付き合ってくれるのか?

ビールサーバーを背負って野球場の客席を駆けまわる売り子さん。額に汗を浮かべながら懸命に仕事をこなす彼女らにはキレイどころも多く、目の保養のために球場に足を運ぶオトコもいることだろう。
 そしてオッサン客たちと笑顔でやりとりする様を見て、誰もが思うはずだ。下ネタもOKっぽくね?どうなんでしょう。もしOKなら全試合観戦に行くんだけど。まずは生ビールの売り子さんだ。見たところハタチ前後で、ムチムチした太もものラインに汗が滴っている。非常にイイですよ。では買わせていただきましょう。注文してコップに注ぎ終えるまで、その間1分ほどがスケベ会話のチャンスだ。
(●……自分 ○……売り子ちゃん)
●一杯くださーい。
○×××円です!(コップにビールを注ぎはじめる)
●学生さん?
○はい! 大学に通ってます!(超笑顔)
●いいねえ、若いねえ。
○アハハ。
●モテそうだよね。彼氏は何人くらいいるの?
○いやぁ〜、1人もいないですー。
●嘘だぁ。じゃあセックスもしてないの?
○ウフフ。(目を伏せる)
●最近セックスしたのはいつ?
○はい? いやぁ。
●オナニーばっかりだったりして。
○そんなぁ、ないです!
●してるでしょ。オナニーは何を
使ってするの?
○いやぁ。しないですよぉ。
●ホントかな〜。指派? ローター派?
○ええっと…。
(ここでビールと引き換えにお金を渡す)
○ありがとうございましたー!
(足早に去っていく)
 セックスの言葉を出した瞬間から目を合わせてくれなくなった。しかし『オナニー』の意味を認識してることが判明しただけでもずいぶん興奮だ。
 続けてショートカットの売り子さんが近づいてきた。首元にはタオルがかけられており、汗をぬぐう仕草が妙に色っぽい。こりゃあビール買っちゃうわ。
●可愛いねぇ、一杯ちょうだい。
○あはは、ありがとうございます!
●ねえねえ、セクシーって言われるでしょ?
○いやいやいや! アタシ男っぽい性格なんでぇ。
●色っぽいよ。オレなんかちょっと勃起したもん。
○(一瞬、股間に目をやり、すぐにコップに戻す)キャー、アハハ。
●あっ、チンチン見たでしょ、エロいなぁ。
○いやいや、見てないですよ!
(顔が真っ赤になる)
●勃起してるか確認したでしょ?
○いえ、いえいえ! !
●チンコのサイズはやっぱり大きいほうが好き?
○え〜。…わかんないです。
(助けを求めるかのようにキョロキョロ。ビール完成、お金を払う)
●今まで出会った一番でかいチンコってどのくらいだった?
○……。(間を置いて)ちょっと見たことないです。ありがとうございました!
見たことないわけないだろうに。歴代のチンポを思い出してたんじゃないの?しかしこの調査、果たして最後まで無事に遂行できるのかしら。警備員にチクられたら困るんですけど。少し席を移動して、近くを通った売り子さんを呼ぶ。巨乳ちゃんなのか、制服(野球のユニフォームみたいな)の胸がずいぶん盛り上がっております。
●お姉さん、くださいな。
○はい、×××円です!
●野球好きなの?○はい、大好きです!(ニッコリ)
●野球とエッチ、どっちが好き?
○はい?
●エッチが好きそうな顔してるからさぁ。
○……。
●どういうエッチが好き? 激し
いのとか、ねっとりとか。
○アハハ、すいません。
●最近セックスしてる?
○ヒミツです!
●ってことはしてるね。
○アハハ。
●どこを触られるのが好き?
○ええー。
●当ててあげようか。(胸を指差しながら)乳首でしょ?
(ビール完成。無言で手を差し出してくる)
●はい。けっこう巨乳だよね?
○ありがとうございましたぁ。

みるみるうちに顔が引きつっていった。当然か。

おっ、コーラの売り子さんもいるんだ。ビールばっかりじゃ酔っぱらうしお願いするとしよう。おーい、そこの柴咲コウ似のお姉さーん。
○1杯ですね、ありがとうございます。
●すごい汗かいてるね。
○はい、けっこう走るんで。
●そっかー。水も滴るイイ女だ。
○えへへへ。
●エッチのときもビショビショになるタイプ?
○(目を丸くして)え? はい?
●けっこう濡れやすいんだろうなぁって思ってさ。
○え? え? 濡れる?
●パンティがビシャビシャになるくらい愛液出るでしょ?
○いやぁ。
●まさか処女じゃないでしょ?
○いやいや、まあ…。(コーラを手渡される)
●はい、お金。あっ、可愛らしい手だね。自分で触ったりもする?
○ありがとうございました!
愛液ってのがいまいち伝わらなかったのかもしれない。でもツメが短かったし、オナニーはしてることにしておこう。オレの周りに売り子さんが近づかなくなったような気がする。気のせいだったらいいのだが。ようやく、汗でビショビショになった丸顔ちゃんが現れた。愛想の良さそうな笑顔がグッドだ。
●お願いしまーす。
○ありがとうございます! ××
×円です!
●元気だねぇ。この仕事長いの?
○いや、去年もやってましたよ。
●へえ。色んなオジサンに声かけ
られるでしょ。
○ははは、まあ。
●エッチなこととか言われたりもする?
○うーん、どうですかね。
●たとえば乳首の色を教えてとかさ。
○ああー、いたかも。ははは。
●へえ。で、ちなみに何色なの?
○えー、聞くんですかぁ。
●濃い目の茶色でしょ?
○さあ。
●10円玉とどっちが茶色い?
○(首をかしげて)アハハ。
●アソコの色はどう?
○いやー。じゃあすいません、ありがとうございました。
 結局、どんな色なのかさっぱりわからなかった。10円玉じゃ曖昧すぎたかな。モデルみたいに高身長で、生足がピチピチしてるビールの売り子さんを発見した。あれを逃すわけにはいかない。席を立ち、こちらから近づく。
●そのツマミ、ひとつちょうだい。
○ありがとうございます!
●すごいスタイル良いよね。
○そんなことないですー。
●足をジロジロ見られるでしょ?
○うーん。
●電車に乗ったらチカンされまくりそうじゃん。
○うふふ。
●チカンされたことある?
○ありますよー。
●どこらへんを触られたの?
○お尻とか、かな。
●どんな風に?
○なんかねちっこかったですね。
●へえ。お尻のどのへん?
○うーん、ほっぺたって言うんですかね。それじゃ、ありがとうございました。
 チクショー。こんな子の尻をタダで触った男がいるなんて! 想像したらビールが旨くなってきた!試合も終盤になり、オレの酔いも限界に近づいてきた。よし、あのロングヘアの菜々緒似ちゃんでラストにしよう。
○×××円です!
●はいはい。ねえねえ、すっごい
エロい唇してるね。
○そうですか? 初めて言われました。
●エロいよ。なんかレロレロってしてもらったら気持ち良さそう。
○アハハハ。
●最近誰かのをレロレロした?
○いや〜。
●彼氏とか。
○彼氏、いないんですよ。
●じゃあ彼氏じゃない人のをレロレロしたんだ?

○いやいや、しないですって!
(耳が真っ赤になっている)
●あっ、マジでしてるでしょ? 耳赤いよ?
○うえー。してないです、ホントに。
●じゃあセックスはしてるの?
○セックス…してないですよ。
●セックスしてないの? どんどん耳が赤くなってるけど。
○しなくないですか? カレシいなかったらセックスなんて。
●じゃあオナニーは?
○はい、ありがとうございました!
なんと売り子さんの口から「セックス」の言葉が! よし、これから全試合、球場に来るぞ!

高校野球の甲子園で売り子をナンパ

盆休み明けに大阪出張を命じられた俺は、時間の空いた日中、以前からの念願だった甲子園球場へ足を運んだ。外野席に座り、芝の匂いや太陽の香りを感じながら観戦するうち、腹が減ってきた。ちょうど女の子の売り子が近くにやってきたので力レーを注文する。
「力レーーつね」「はい。お待ちください」
どうやら力レーを持ち歩いているわけではなく、注文を受けてからスタソドの下まで取りに戻るようだ。まあそれはともかく、彼女の日焼けした顔がやけにまぶしい。大学生かっ浮かれ気分に押され、俺は軽薄な言葉を吐いた。
「あ、あと、君のケータイ番号もちょうだい」「はい。お待ちください」
軽くいなされたかと思いきや、数分後に驚くべきことが。彼女、力レーと一緒に、ケータイ番号の書いた紙を手渡してきたのだ。なんじゃ、この展開はー
第4試合終了後、もらった番号にかけてみると、ちゃっかり本人が出た。球場近くの駅前で待ち合わせて梅田に向かい、そのまま居酒屋、ホテルへとあれよあれよとコトは進んだのだった。聞けば、彼女は大阪の大学生で、売り子は野球期間だけの短期バイトだという。高校や大学生の売り子の男女比は半々。厳しいノルマはなく、通路に座って観戦するもよし、スタンド下で休憩するもよしと、行動はそれぞれの裁量に任されているらしい。自然バイト同士の恋愛沙汰もあちこちで見られるそうだ。あまりにウマすぎる展開にも、合点がいった。夏の短期バイトと聞けば、リゾート地での性の饗宴が思い浮かぶが、実はここ甲子園も、ひと夏の思い出作りに励む若者が集まっているのではないか。以降、毎年盆休みになれば、俺は甲子園へ出かけることにしている。外野席をうろちょろしながら(内野やアルプスは動きにくい)、軽そうな売り子を探し、注文と同時に番号を聞く。5回もトライすれば、1人は教えてくれるのだからすこい率だ。★今、俺は大阪のビジネスホテルでこの投稿を書いている。8月16日現在の成果はまだー人。明日も売り子嬢を狙い打ちしてくるつもりだ。
売り子と一緒に試合を見るために万単位でビールを買うエロ客
プロ野球観戦に花を添えるビールの売り子さんは、なぜあんなにも魅力的なのか。重たいビールサーバーを担ぎながら、元気ハツラツに売り歩く姿は、無性にエロスを感じる。そんな球場のマドンナとお近づきになる方法を伝授したい。まず、内野の後方指定席を確保するべし。特にデイゲームがオススメだ。外野席やナイターは混んでいることが多いので、それに合わせて売り子の人数も多くなってしまい、何度も同じ子から購入するのが難しいのだ。
売り子は歩合制なので、同じ女の子から何度も購入すると、好感度も上がるので、ビールとつまみで1万円弱を購入するのがよい。そして、試合終盤で「今度、バイトが休みの日に試合を一緒に見よう」とラインのIDを書いた紙を渡す。これ食事やデートではなく、あくまで球場で試合を見るだけというとこがミソで、売り子側としても太客に気に入られてバイト代を上げようと、誘いに乗ってくれる子がいるのだ。これは同伴観戦と呼ばれ、一部の球場では試合そっちのけで売り子を誘う男らの狂乱の様子も見られるほどだ。 
野球場のバイトの売り子をナンパしてデートできた体験談
野球好きの知人に言わせると、球場の売り子バイトってのはずいぶんと魅力的に見えるそうだ。大きなドルサバを背負いながらも笑顔を絶やさず、はきはきと受け答えしてくれる女の子たちは、荒くれ者ばかりの球場に舞い降りた天使のよぅな
知らなかつた。おれはプロ野球にこれつぽつちも興味がなく、球場にも行つたことがない〇名刖を知つてる選手は岡崎巨人くらぃだ。ちょつくら天使とやの様子を見てみょぅ。手紙はいつものを少し改良し、趣味を野球にしておけばいいだろぅ。
予告した試合当日、再び球場に向かった。彼女の予想通り、敵チーム側のスタンドはそこそこ空いていたので、外野の自由席にゆったり座って彼女の姿を探すことにする。しばらくして、スタンドに彼女らしき売り子さんの姿を発見した。前回と同じ柄のコスチュムだ。しばらく動きを目で追い、表情がわかる距離まで近づいたところで手を上げると、彼女はこちらに笑顔を向けて階段を登りはじめた。手紙を渡した男だと気づいてくれただろうか。
「竹中さん?」「どぅも、お疲れさま」「今日は売れないからいっぱい飲んでください」「ガブガブ飲むょ」「アハハ、ぉ願いします」笑顔の彼女にお金を渡し、ビルをついでもらぅ。「本当に売れなくて困ってたんですよ。良かった」「割と混んでるのにね」
「たまにこういう日があるんですょ」本当にキャバクラ展開になってきた。この売り上げってバィ卜代に影響するのかな。ゆっくりしやべりたかったのだが、近くの客からお呼びがかかつてしまつた。「じやまた後ほど」「はい、ありがとうございました」しばらくして彼女が近くに戻ってきた。もう一杯飲んでおく「どうも一。ありがとうございます」
「お疲れさまです。ねえ、千夏ちゃん、来週とか暇なパ時間ありそぅかな?」「来週…、来週…。ヒマがあるかわかんないな一。ここのバィ卜ばっかで」「そっか、じやまた適当に連絡しますよ」「は一い、すみません」なんだか微妙な雰囲気だ。といぅか、ぜんぜん乗り気じゃないみたい。マジで売り上げ伸ばしたかっただけとか?試合終了後、とりあえず再会できた喜びをメールで伝えておいた〇
摯な手紙はかったですね週末の夜、約束した球場近くの駅に向かうと、彼女は壁際に立っていた。長い髪の毛を下ろし、ホットパンツから綺麗なナマ脚が伸びている。売り子の衣装と違ってかなり色っぽい雰囲気だ。「どうも、こんばんは」「あっ!どうも」明るい笑顔でハキハキした喋り方は、仕事中と変わらず爽やかな印象で可愛いらしい。腹が空いてるというので、さつそく近くの飲み屋に向かった。「今は大学生なんでしよ?」「そうですよ。年生です。野球はよく観に来るんですか?」やはり野球の話題は避けられないか。マィったな。「え、うん、たまにね。仕事が早く終わったときに、人でビール飲みながら試
合を眺めるって感じかな。気持ちいいよね」「ですよね一。やっぱ球場はいいですよね「野球好きなの?」「好きですね一。うちは大阪出身なんで、阪神ファンなんですけど」「へ一阪神か一」阪神と聞いても「へ一」ぐらいしか返せない。バースがいるとこだつけ?野球ネタは話が続かないので、どうにか話題を変えようと頑張ってみたが、彼女の興味はやはり野球のようだ。「どこファンとかはないんですか?「ん一、昔は巨人かな。今は特にないけどね」「やっぱ巨人ファンって多いんですね一」「千夏ちゃんは、なんであのバィト始めたの?」「面白いんですよ、球場の雰囲気が。あと、歩合制っていうか、売り子同士の競争も面白いし」「チップとかもらえたり?」
「一塁側のお金持ちが座るあたりは一回に千円とかもらってる子いますよ。私は外野の担当なので、そんなのないけど」「塁側はそんなにすごいんだ」「けっこうエゲツないですよ。チップとかプレゼントとか飛び交ってるみたいです」売り子の中にはモデル事務所に所属しているような人気嬢もいて、彼女ら目当てで球場に通いつめる客も少なくないらしい。「俺から手紙もらってどう思った?」「今まであんな真摯な手紙はなかったですね」「手紙はよくもらうんだ?」「いやいやいや、そんなにないですよ。他の子はよく聞きますけどね」謙遜してるけど、この容姿なら人気あるんだろうな。阪神フアンの彼氏ぐらいいたっておかしくなさそうだ。しかし、「彼氏いないんですよ。去年別れてからいないです」チャンスだ。
あんまし好きじやないし彼女はボヤく。「いっつも付き合っても短いんですょ。半年とかばっかりで」「何でだろ。飽きやすいとか?」「いや一、そういう訳じやないんですけどね」「例えば、付き合ってみたら身体の相性が悪かったとか、そっちに飽きちやうとかつてこと?」「つてわけでもないですね。
元々そういうのあんまし好きじやないんで」そういうのあんまし好きじやない…か。なんだかこのノリ、手強そうだ。「だいたい彼氏といてもテレビ観てすごしてるからな一。野球中継とか。タケナカさんは観ないんですか」「ああ、たまに観るよ。巨人戦とか」なぜか野球の話にシフトしようとする彼女。その後も高校時代の思い出話からエロ系の話題に持ち込もうとしてみたが、のらりくらりと交わされて、野球部の応援の話になってしまった。
あっという間に終電の時間が近づいてきた。今後の動きを考えなくては。でもこのキャラじや即日エッチはありえないかもな。「明日は休みなの?」「いえ、明日は友だちと用事があって」「朝早いんだ」「はい」そうですか。念のため、もう少し飲まないかと提案してみたが、「今日は帰ります」とハツキリ断られてしまった。今夜はあきらめるしかなさそうだ。おとなしく駅でお別れし、帰宅後、お礼のメールを送った。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ