★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0026_20201021074547c1e.jpg0027_20201021074548fac.jpg0028_202010210745503ab.jpg0029_20201021074551589.jpg0030_20201021074553009.jpg0031_20201021074554db7.jpg0032_2020102107455660b.jpg0033_202010210745575f8.jpg0034_2020102107455964b.jpg0035_202010210746003f2.jpg
国道沿いなんかに、ポツンと佇む寂れた建物を見かける。一見、エロDVDショップのような入りにくさを醸し出しているが、よく見れば、看板に「ゲーム」と書いてあったりする。どうやらあれ、ゲームセンターらしい。若者が集まるチェーン系の大型ゲームセンターではなく、いかにも客が入っていなさそうな、一時代前のゲーセン。どんなゲームがあるのかわからないが、意外に駐車場には車が止まっていたりするし、深夜に薄明かりが点いている光景も見かける。利用者はいるのだろう。 
失礼ながら、何かワケアリ客が多そうな気がする。ゲームがしたいならもっと設備の充実してる店を選んだ方が良さそうだし…。あそこじゃなきゃいけない理由があるのだろうか。 
というわけで、寂れたゲームセンターに集まるお客さんが「なぜココに来てるのか?」を24時間、調査してみよう。
1月初旬、夕方4時。  とある国道沿いにある、寂れた某ゲームセンターの前に到着した。正月も開けて、のどかなムードの田舎街。そのゲーセンには数台の車が停められている。外から店内を覗いてみれば、やはり客がいるじゃないか。 
いざ店内へ。ざっと歩き回ったところ、小学校の教室3つ分ほどの広さに、約50台のゲーム筐体が並んでいた。そのほとんどが、麻雀ゲームだ。さらにパチスロ台も50ほど置かれている。いやー、このラインナップからして、女子供がやってくることはないだろうな。
他にはうどんとそばが買えるという自動販売機や、トースト自販機、それを食すための長テーブルと椅子が並んだスペースもある。
あ、クレーンゲームもあるじゃん。多少は若者にも気を配ってるんだな。どれどれ。 
景品はガチャガチャに入ったパンティだった…。やっぱりオッサン向けの店なんだな。   
店内には3人の客がいて、うち2人は真剣な顔で麻雀をやっている。自販機うどんをすすってるあの人に聞いてみるか。
「うどん、美味そうですね」
「…そんなに美味しくはないね」
カップ麺ではなく、生麺にダシが注がれていて、かき揚げが乗ったうどんだ。250円のこれ、味が濃くてとても美味いものではないという。 
男性は40代で、近くで仕事を終えた後にここに来たのだとか。
「オレ冷凍倉庫で働いててね、こんなのでも温かいモノ食わないと、手がかじかんで運転できないわけ」
缶詰や加工食品を仕分けする冷凍倉庫で働き始めた5年前から、退社後は毎日この店に来ているという。仕事が終わって徒歩でここまでやってきて、うどんで暖をとってから、会社に戻って車で帰宅するのだそうだ。
「大変な仕事なんですね」
「まあねぇ。でもさ、ほら、借金あるからしかたねーよな」
「あ、そうなんですか。いくらぐらいあるんですか?」
「2千万だったか。最初はね」  は!?なんですかその金額。会社でも潰しました? 
目を丸くしたオレを見て、オッチャンはぎこちない笑顔を浮かべてワケを話してくれた。どうやら若いころのヤンチャのツケらしい。
「まあいろいろ悪さもしててね、闇カジノで働いてたころは月に80万とか100万近くもらってたんですよ。それを競馬だの競輪だの、パチスロだのにつぎ込んでて」
オッチャンはパチンコを打つ振りをしながら続ける。
「カジノを辞めたら収入がガクンと減って。でもギャンブルは止められないから先輩とか元同僚に金を借りて続けてたの。最初は数万、数十万円だったのが、100万単位で借りるようになってさ」 
気づけば借金は2千万円に膨れ上がっていた。現在は実家に住み、家賃を払わず生活している。 
紆余曲折あり借金を取りまとめてくれた「ボス」なる人物に、毎月15万円返済しているのだとか。 
まさかこの古びたぼろいゲーセンで、このレベルの借金話を聞くことになるとは。そのギャップに頭がくらくらする。 借金は残り800万円ほどらしい。事故だけには気をつけて。頑張って返済してくださいね。 
次にやってきたのは、眼鏡をかけた細身のオジサンだ。店内に入るや、やや小走りでオンライン麻雀ゲームの台に陣取った。
「どうもー。麻雀好きなんですか?」「…え?  まあ、はい」 
麻雀をしている間は、オレの質問に対して「ああ」「うん」などと空返事が帰ってくるのみ。ゲームが終わり、男性は負けてしまったみたいだ。
「負けちゃいましたね」「うん、そうですね。いやぁ、ちょっと粘り過ぎました」
「いつもココでゲームしてるんですか?」
「そうそう、いつもココですよ。若い人とかいないから気楽で」
彼はこの2年、「駅の混雑整理」のバイトを終えてからは毎日にようにココに来て、麻雀ゲームをしているという。
「若い客がいないし、空いてて静かだから居心地が良いんですよ」
「ああ。学生とか、若い人がいるとウルサイですもんね」
「ウルサイし、変なことしてくるでしょ?」 
複雑な表情を浮かべながら、男性は若い人とのいざこざを話してくれた。
「前は家に近いゲーセンに良く行ってたんです。だけどある日、高校生数人から『オッサン毎日いるよな』って言われて。無視してたんですけど、そうしたら両サイドに座られて、『キモイんだけど』とか、『仕事してねーのかよ』とか言われたんです」 
そんなことが何度かあり、さらにその店の女性バイトの視線も気になったのだとか。
「目が合うたびにニヤニヤされてて。店に行きづらくなってしまって」
それから彼は、ヤンキーどころか若い客がほとんどいないこのゲーセンに、自宅から車で40分もかけて通っている。オッサンはにぎやかなゲーセンに通いづらいものなのか。世知辛い世の中だ。
40代とおぼしき男性が入店してきた。彼もまた、一目散に麻雀ゲーム席に座る。 声をかけてみると、オジサンは『この店に来てるのは、友達探しみたいなものかな』と妙なことを口走った。半年ほど前からここに来ているという。
「そのときに麻雀ゲームしてたらさ、60才ぐらいの先輩にね、『兄ちゃん良い手を打つじゃんよ』って話しかけられたの。それからその人と仲良くなってね。この店の中でしか会わない友達みたいな感じですよ」
オジサンにとってはかなり「ワクワクした」出来事だったそうだ。
「僕ね、子どものころは家がとてつもない貧乏だったんで、『コジキ』ってあだ名で呼ばれてたんですよ。友達らしい友達なんてできなくてねぇ」 
ボロボロの洋服と、風呂に入らないための体臭がいじめの要因になったのだそうだ。中学時代は自転車通学だったが、毎日のようにヘルメット(自転車通学の子どもが被るもの)を同級生に隠され、ときどき机の中に犬のフンを入れられるイジメにも遭っていたらしい。 20代後半で、両親の紹介により、お見合い結婚をした。妻は温和な人だが、子供はいない。
「まあ友達っていうのはなかなか出来ないもんだし、家内との会話も減ってますから。だからここで友達らしい人が出来て、なんかすごく嬉しかったんですよ。休みの日なんか、朝から晩までここにいることもありますしね」 
この寂れたゲーセンで、人付き合いが苦手なオジサンが〝友情〞を感じたという現実に、少し心が温かくなるオレだった。 日をまたぐ直前にようやく新しい客の姿が。いかにもガテン系のいかつい風貌をした、50がらみの男性だ。 おそるおそる声をかけてみれば、男性は関西出身で、10年ほど前に関東にやってきたそうだ。
「今日はなぜこの店に来たんですか?」「オレ?理由なんか特にないよ。ま、こういう店ってさ、昔はけっこうたくさんあったんだわ。懐かしいからときどき来るってのはあるわな」
かつてはこの手の店にトラックの運ちゃんが寄っていくような文化があったそうだ。
「今よりももう少し活気があったよ」と視線を遠くに向けている。 
現在は建築系の現場に勤めていて、同僚15人ほどと一緒に寮生活をしているそうだ。
「そこでさっきケンカしたんだよ。大富豪(トランプゲーム)で金を賭けようって誘うヤツがいて。そいつはなんでか知らないけど、やたらめったら勝つわけ。最初は一勝負100円スタートなんだけど、盛り上がると一勝負千円になって、で、結局アイツが勝つ。絶対にイカサマしてるだろ?ムカついて出てきたの」
今日は約1万円負けたそうだ。
「オレらの仕事はね、ヘンなヤツが多いんだよ。寮の仲間の財布盗んだりね。ヤバイ薬やってるのがいたりさ。なんでだろうね」 
なんとなく抱いていた、『建築現場の寮生活』のイメージそのもので、失礼ながらクスっと笑ってしまった。それにつられるようにガテン系さんも笑う。
「ヤベーだろ。でもそんなもんだよ。最近の若いのはヤバいことする奴少なくてさ、逆になんか気持ち悪いけどな」 
品行方正な若者が気持ち悪いとは。矛盾しているけど、その気持ちはよくわかります。ガテン系さんは10分ほど滞在した後、
「よっしゃ、もうひと勝負してくるか!」とひとりごちて店を後にした。また、やるんかいな! 
草木も眠る丑三つ時。といっても店内は一応ゲーム機が光っているわけだが、さすがに客の姿はない。 さして興味もない麻雀をやったり、パンティクレーンゲームに千円ほど使ったりしながら(これが全然取れない)待っていると、ようやく男性客が入ってきた。 
男性はオレを見て「おー、客がいるんか」と声をかけてきた。
「やっぱこの時間は客少ないっすよね?」
「まあねえ。いつもオレはこのぐらいに来るけど、1人だから」
「良く来るんですか?」
「週に2、3回かねえ。オレ店やってるんだけどさ、客がいない日は早く閉めてここに来てるの」 
男性は同じ市内でたこ焼き屋を営んでいる。営業時間は夕方5時から朝5時までだが、今日は客が1人も来なかったので店じまいをしたそうだ。
「でもなんでまた、わざわざこの寂れた店に来るんですか?」
たこ焼きさんは「あー、なんでだろうなぁ」と考え込んでいる。ご自身の中でも明確な理由が見つからない様子だ。 たこ焼きさんが麻雀ゲームを始める。しばらくして、「そうだな、うん、そうだ」と声を出した。
「オレここでゲームしながらたこ焼きのことばっかり考えてたわ」 
たこ焼き好きなんですね、と返したところ、そういうことじゃないみたいだ。
「前にここでね『紅ショウガだくだくたこ焼き』を思いついたんだ。あれは良く売れたっけなぁ」 たこは入れずに、紅ショウガがたくさん入った変わり種メニューらしい。
「他にも変わり種は思いついたんですか?」
「色々やったよ。中にチョコレート入れたりとかさ、バナナ入れるのとか、スイーツ系たこ焼きなんかも出してるのね。だいたい人気なくてすぐやめちゃうんだけど」 
変わり種でヒットしたのは紅ショウガの奴だけなんだとか。たしかに、スイーツ系はちょっとキツいっすね。 たこ焼きさんは持っていた鞄の中から缶チューハイを取り出し、それをぐいっとやっている。酒飲みながらここで過ごすのって、案外楽しいかもしれないな。 
収入は詳しく教えてくれなかったが、
「大の大人がギリギリのギリで生活できる額」
とのこと。いつかお店に伺って、紅ショウガたこ焼き、食ってみたいものだ。 
朝5時ごろ、突如店員がやってきて、一旦店を閉めますよ、と追い出された。なんでもここは完全24時間営業ではなく、朝5時に閉めて、またすぐに再開するシステムなのだとか。
次に店が開いたのは7時半。入店したオレの直後に、男性が一人やってきた。ゲーム筐体の8割ほどに電源が入っていない不気味な店内で、男性はうろうろ歩き回っている。 
近づいてみよう。
「朝早いですね。よく来るんですか、この店」「まあねえ。お兄さんは?」
「僕は初めて来ました。やっぱりゲームをしに来てるんですか?」
「まあ、そんな感じかな。あとは家にいたくないからっていうか」
妻と子供がいるそうだが、どういうわけなんだろう。
「ウチの嫁さ、なんていうか気分の上下が激しいっていうか。昔からそうなんだけど、娘が産まれてからさらにヒドくなったよ。もう嫌になっちゃうよね」
男性が少し黙ってから声をあげた。
「ウチのは、手足が出るからね」「…手足って、暴力ですか?」
「そんな感じ。激しいんだよね」 
話を聞けば、奥さんのメンタルはなかなか壮絶なものだった。お子さんが夜泣きすると「ギャーギャー、うるせーんだよ!!」
と叫び、オムツからウンチが漏れる(しっかり履かせないとサイドから漏れる)と、ウンチがついた洋服を庭で燃やすのだとか。 男性は悲しい笑みを浮かべながら、さらに被害を挙げる。
「こないだはグーで顔をぶん殴られたよ。女だからって笑えないでしょ。本当に怖いんだから」この店の存在は、奥さんには絶対に知られないようにしているそうだ。
「ひどくなるようなら、カウンセリングとかも考えなきゃいけないよね。うーん。でもね…」
男性がタバコに火をつける。
「娘が最近、オレを見るたびに白目を見せてくるんだ。たぶん深い理由なんかないと思うけど、『パパの弱虫』とか『パパは無責任』とか、そんな風にアピールされてるような感じがするんだよね…」
思い過ごしの可能性が高いだろう。でも子どもって、けっこう両親の関係に敏感なものだ。娘さんなりに何か伝えようとしているのかもしれない。このゲーセンは、苦労人の逃げ場所となっているんだな。フラっと入店し、最短距離でパチスロ機の前に座る男性を発見した。真剣な顔でゲームに興じているところ申し訳ないが、声をかけてみよう。「ここ、良く来るんですか?」
「オレッち?まあ、来るよ」
そういえば今日は平日だっけ。この時間にゲーセンとは、お仕事をしていないのだろうか。
「換気扇とかさ、エアコンとかの修理をやってるんですよ。こんなんでもいちおう社長。ヒマな会社ですけどね」 親の跡を継いで現在の仕事をやっているそうだ。
「昔からここ好きなんですよ。言っちゃ悪いけどあんまり客いないでしょ。家にいると家内が『ヒマならバイトでも行きなさいよ』ってうるさいから、逃げてんの」 
オジサンはパチスロに視線を向けたままで、言葉を続ける。
「10年ちょっと前は、親父の代からのお客さんに呼ばれてちょこちょこ仕事があったんですよ。あとは学校とか、役所の仕事もあったけど、親父が死んでからはそれが減ってきましてね」
学校や役所関係の定期仕事は、他地域からやってきた別の大手業者に奪われてしまったという。失礼ながら月収を聞いてみれば、「それは言えねえですけど、一桁万円台よ」とのことだ。親が残した貯金をやりくりして、親が残した家に妻と一緒に暮らし、妻がパートに出ることで生活が成り立っているらしい。 パチスロ機からやかましい音が聞こえる。どうやらアタリを引いたらしい。
「アタりましたね」
「ね。でも意味ないよ。ゲームなんだから。これが本物のスロットで、等価交換だったら今日はうなぎでも食いに行きたいけど」
それでもようやくこちらに視線を向けてくれたあたり、いちおう嬉しいのかもしれない。と、オジサンがおもむろに携帯電話を取り出して、犬の写真を見せてきた。
「ウチの子。可愛いでしょ」「ああ、そうですね」
「でもコレ(妻)がさ、『貧乏人に近づいちゃいけませんよー』とか言いやがって、オレが抱っこしてると嫌味を言うんですよ」 
肩身の狭い生活を送ってらっしゃるようだ。せめて犬とのふれあいタイムだけは、許してあげてほしいものだけど。     
ここで初めての光景が。男性2人組が店に入ってきたのだ。2人は店内をひととおり周った後に、並んで麻雀ゲーム機の前に腰を下ろした。 2人は地元の同級生で、普段は別々の仕事をやっているそうだ。
「正月に同窓会で久しぶりに会って、『アソコ行ってみようぜ(このゲーセン)』っていう話になったんですよ。学生の頃に良く2人で来てたんで」
なるほど、青春時代の思い出の地というわけだ。ところがその思い出は、いいものばかりではないらしい。
「昔はここもヤンキーが来てたんですよ。僕ら2人でゲームしてたら、外に引っ張り出されて、オレは5千円だかカツアゲされて」
その言葉を受けてもう1人が「オレも5,6千円いかれたよ」と苦笑いを浮かべている。忌まわしい場所に再び来ようと思ったのは、なんでだろうか。
「同窓会で同級生のヤンキー(カツアゲとは別の人物)たちを見てなんとなく、あの当時のムカつきが浄化されたっていうか。もう許せる気持ちになったんです」 
友達のほうは「なんだそれ」と怪訝な表情だ。
「あの、ヤンキーたちが、みんな子どもを作って結婚していたんですね。で、みんな『車買った』とか『ガキ作ったら丸くなった』とか、いまだにヤンキー気質をひきずってて。たぶん今も、元ヤン風を吹かせて建築現場で働いて、昔の武勇伝を話してるんだろうなって思うと、あの人たちもカワイイもんだったなって思って」とにかく当時ヤンキーだった連中が今でもその当時の栄光に浸っていると感じて、「ああ、やっぱヤンキーって馬鹿なんだな」と思い、それが微笑ましく感じられたということらしい。なんとなく納得しかけたところ、もう1人が口を開いた。
「でも決定的に違うのは、オレらは結婚してないし子供もいないってところだよね。オレはさ、ヤンキーだったら今は結婚してたのかなとか思っちゃったよ」 
なるほど、ヤンキーはモテるもんな。これはなかなか的を射た意見じゃないですか?とにかく同窓会の場で、ヤンキーに対して思うところがあった2人。ゆうべは地元の居酒屋で2人で飲んでいたそうだ。非モテを嘆いた彼が言う。
「そこの店員が可愛い女の子だったんで、コイツが酔いにまかせて『ライン教えて』って言ったんですけど、見事に断られてました」
「言うなよ。やっぱヤンキーあがりのほうがいいかもっすね」 
うん。よくわからないけどなんだか楽しそうな2人であった。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内