★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
60歳70歳オーバーの超熟女デリヘル体験談60歳70歳オーバーの超熟女デリヘル体験談60歳70歳オーバーの超熟女デリヘル体験談60歳70歳オーバーの超熟女デリヘル体験談
毎月毎月フーゾクの噂を解明し続けて終わって行く。感慨深いなぁ
さて、そんな当連載、今回のテーマは超熟女です。花火職人も焼き物職人も、匠と呼ばれる人は年寄りばかり。風俗だって同じこと。年齢を重ねた嬢?の技はすごいかもしれない。ティンコを、ろくろを回すがごとく美しく、そして優しく、芸術の域まで導いてくれるのでは…。なんだかものすごく気が乗らないけど、今年最後の噂の真相、検証してきますしかし…代から代半ばが好みという、ストライクゾーンの狭い凡打者のボク。厶までの人生で手合わせした女の最高年齢は…歳のときに歳のオバちゃんとセツクスしたことがありますが、少なくとも50歳オーバーじやなければ「年を重ねた匠」とは呼べないでしよう。
そこで知り合いの風俗ライター、ヘストパスカル君に聞いてみることに。彼は、歳で素人童貞という、その道のプロ。さぞや熟女系にも精通しているはずです。「超熟女なら巢鴨の婆クラブですょ」「婆クラブスゴい名前だね」「以前、後学のために行ったことがあるんですけど…そのときは、掃除のおばあちゃんみたいな人が来ましたね…。『射精貧乏』と呼ばれたこの僕が、生まれて初めてイケなかった強敵ですよ」
どんよりと曇った月半ばの日曜日。昼の時。巣鴨。駅前は、ジジババジジババでごった返しています。ボクの顔はなんだか群青色。ヤル気がまったくみなぎりません。とりあえず駅前のファミレス、ジョナサンに避難。しかし、ジョナサンの中も見事に老人の海。ジジババの波をかきわけて、番奥の席に座ります。ぼんやりと隣りの席でおしゃべりしながらお茶しているオバちゃん連中を見る。年齢は歳くらいだろぅか?もしボクが歳だったら、「あの熟れたボディ…ウン、たまらん!」とでも思うんでしょうか?でも歳のボクからすると、『渡る世間は鬼ばかりのベテラン勢を観ているようで、間
違っても性欲とか浮かんできません。わー、あのオバちゃん、カレーうどん食べてるよ。加齢臭と混ざって、キッツイ匂いになってんじゃないかしら。ヒー。いや、待て。そんなイヤがってばかりじゃダメだ。今回の目的はあくまでも匠の技の検証です。オバちゃんとエロいことするという、「罰ゲームを受ける的発想」ではなく、「ものすごい技を体験する的発想」に切り替えなければ。そう暗示をかけ、さっそく婆クラブ』に電話してみます。本日の出勤はどうなっているのでしょうか?「もしもし『婆クラブ』です」明るめなオバちゃんの声。年齢は歳くらいでしょうか?「今、巣鴨の駅前にいるんですが、本日の出勤はどんな感じですか?」「代から代までの人妻がいらっしゃいますよ」人妻ーモノは言いようです。代の人妻ってー「巣鴨でしたら駅前にあるホテルに入っていただいて、もう度お部屋からお電話頂けますか?分少々で伺えますので。値段は分で一万千円です。年齢は関係なく、同じですね」分万千円。髙けぇ若い子と、そんなに変わらないじゃんファミレスを出て、駅前のしなびたホテルに入り、再び電話です。「先ほど電話した者です。ホテルに入りました」「ではおいくつくらいの女性が良いですか?」いくらなんでも歳ってのは厳しー。ここは60代にしてみよう。それでも年上だ。「…じゃあ60代の女性を」「60代ですね。スレンダーでキレイなさんという方が伺いますね〜」スレンダ!なんて素敵な響きでしょう。ちょっとだけ光明が見えてきました。しかもキレイって首ってたし。考えてみれば代っていうのは、そんなにキツくないかもしれないぞ?さつきはジョナサンでリアル幸楽』を見たからキツいと思つてたけど、代と言えば、岡江久美子や松坂慶子、樋口可南子あたりです。いつまでも美しい黒木瞳も歳だから、そんなに変わらないわけですよ。そっち方面ならば、全然罰ゲー厶じやないですよ。むしろご褒美!どことなく皋っナフタリンのポジティヴシンキングで待つこと分。扉をコンコンとノックする音が。神様に祈りながら扉を開きます。「こんにちは〜」セーフじやない?これ、セーフじゃない目の前に立っていたのは、黒いスーツ風な上下に、肩までの黒髮。顔はそんなにキレイじゃないけど、ブサイクじゃない。たしかにスレンダーなオバちゃん。赤い口紅が、なんだか小学校のときの参観日を思い出させる感じです。「本日はお休みですか?」そう言って上着を脱ぐと、床に正座をして、「です。本日はよろしくおねがいします」とお辞儀。おおお一昔ながらな感じ。若い子じや、こうは行きませんよ。さすが代!スルスルと服を脱がされて裸ん坊に。しかし、ここでがんばって上げていたテンションも一気に下がりました。なんと、さん。服を脱ぐと体がほっそいの。細いというか、ガリガリ。まるでガイコツですよ。それなのにオナカはポッコリ出ていて、
いわゆる地獄の餓鬼体型。恐いよー。ちょっと小刻みに靈えながらも、シャワで洗ってもらう。「ご結婚は?」「歳までしていましたけど、別れましたね」「なんで、こういう風俗を?」「う〜ん、実は、若い時にもちょっとやってたんですよ。結婚してからも人妻系でちょこっと」なんとさん、風俗経験年のベテランさんだそう。もちろんブランクが何度もあって、合算すると、年くらいだそうですが。年ってことは、テクニックはかなりのものなのではないでしょうか。それでは代の匠の技、見せていただきましょうか!……すっごいビックリです。全然気持ち良くありませんー心の声高速唾液ビッチャビチャの乳首ナメ、いたずらに吸い込みがキツい玉ナメ。単調で、素早い手コキ付きのフェラ…。その全てがヤル気のないィマドキギャルのごとく下手くそです。しかも、髮が痩せていて、フェラをする頭頂部がスカスカです。汗だらけの地肌。黒髮の根元ミリくらいが白髮!ビゲンへア染めかなんかで染めてるんですね。…ってことは、実際はかなり白髮だらけってこと?
汗だらけの顔を上げてこっちを見ます。「小さくなって来ちゃいましたね…挿入りますかね?」…え?ここって挿入アリなの?「個人によって違うんですけど、ほぼみなさん挿入してるみたいですよ。入れてみましょうか?」そう言って、上に乗ってくるさん。ちょ、ちょっと待って?生?「はい。え?ゴム付けますか?」なんと、超熟女へルスは生本番がデフォルトですか?万千円で生本番ならたしかに安い。全然嬉しくないですけど…。なんとかゴ厶を付けて、騎乗位で挿入。でも、ガリガリの体、すすけた髮の毛、そしてどことなく臭う衣替えのナフタリンの匂い…。うわああ、ヤバいー心折れそう!「ん!ん!ん!」年の割に若い声でアエぐさんの声だけをたよりに、目を閉じてなんとかフィニッシュ。「お疲れさまでした」汗だらけで微笑むオバちゃんと、軽くチュっとキス。ナフタリンの香りがツンと匂いました。私、現在歳でして〇孫もぃますょ〇歳のそれにしても驚きました。黒木瞳じゃない代でも、そこそこセックスできるんだなあ。代で、しかも風俗周年といってもへ夕な人はヘタなんだなあ。で、噂結論。代でもへ夕な人はヘタ!と言いたいところだがやっぱりちょっと引っかかります。それは、「50代なんて、まだまだヒヨっ子。本当の匠は70代なのではないか?」ってと。伝統芸能の世界でも代なんてまだまだ若僧。やっぱり本物を味わうなら、60代なのではないでしょうか?すごい技で、手で触れなくてもイカせたりできるんじゃないかしら?古武術の空気投げみたいに。いわば空気抜き。もちろん体験したいわけがない。しかし、ボクの中の燃え盛るジャーナリズ厶が「体験しろ!」と言つているのも確かなのです。ものすごく悩みながらも、週間後の日曜日、再び巣鴨のホテルへとやつて来ました。「70代の人をお願いしたいんですけど…」靈える声で電話をすると前回と同じ受付のオバちゃんが応えます。「代だと、人はスレンダーでもう人はグラマーですね」前回の教訓から、「スレンダー餓鬼」ということを知つたボクは「グラマー」を選択。電話を切り、お迎えを待つ死刑囚の気持ちで祈りながら心を落ち着かせます。コ…ンン。…ンまるで、地獄からの使いがやつてきたような、たどたどしい邪悪なノック。こ、恐い!いつもなら番楽しい瞬間なのに!この扉の向こうに、確実に恐いものがいる!ギイイイイイ…本当にそう聞こえた扉が開くと、そこにはずんぐりむつくりした、疲れ切つたおばあちゃんが立つていました。真つ白な髮の毛。まるまつた背中。顔中に刻まれた皺。その皺の中に埋まつた目らしいものがこつちを見ていました。「どうもぉ、寒いですねぇ」お、おばあちゃんですよ!まごうことなき!田舎で畑仕事とかしてるおばあちやんですよ
「はい、寒かったでしょ?」そう言ってコンビニで買ったのか、あったかいお茶をくれます。優しい!おばあちゃん、あったかい!「本日はお呼び頂きましてありがとうございます。日と申します」三つ指そろえてご挨拶。ここの店は、これが決まりっぽいです。「よ、よろしくおねがいします。あの、お子さんとかはいらっしゃるんですか?」「はいー。私、現在歳でして。孫もいますよ。歳の」孫がボクと同い年!リアルだよ!リアルおばあちゃんだよ!家では子や孫と世帯住宅で暮らしているそうで家族にバレないように「ソバ屋で皿洗い」のバイトとゴマかしてるそう。居そう!リアルにおソバ屋さんに居そうですよ。そうこうしているうちにおフロがたまったのでシャワーへ。恥じらいながら服を脱ぐおばあちゃん。う〜〜ん、予想していたけど、グラマーっていうか…泥人形みたいな体型です。昔オッパイだったものは、へそのあたりまで流れ落ちています。世間話をしながらシャワーを浴び、いよいよべッドへ。もうここまで来たら恐がってもしょうがない!普通の人間には絶対に味わうことのできない体験だ。純粋に技を楽しもうじゃないの!
目を閉じていると、いきなりロの中に舌がーうわああ!ディープキス臭い。ちやんとハミガキ粉の香りもするんだけど、それを上回る何かのニオイがするよそのまま乳首、そしてついにボクのティンコが老婆のロに含まれます。決して激しくなく、モソモソとお団子を韋ペるかのごとく。普段若いギャルの早いフェラに馴れているボクには逆に新鮮です。ティンコも少し反応してきました。と、気を抜いて下を見ると、幽霊のような生き物にティンコが食べられています。ティンコ縮みます。そんなこんなを繰り返しているうちに、ズズーーっと変な音が。ふと下を見ると、おばあちやん、長い鼻水を垂らしています。ギャもう勘弁して!分ほどフェラをしていると、さすがに疲れたのか、顔を上げて言うおばあちやん。「あのー交代します?」マ、マジかよ何?攻めるの?おばあちやんを攻めるの?代でもマグロを決め込んでいたボクに、そんなこと言うか?でも彼女歳は目を閉じて受け入れる気マンマン。おそるおそるオッパイに触ってみる。…あ、思ったよりもスベスベしてます!みなさん!代のオッパイは、思ったよりもスベスベしてますよ!知らなかったでしょ?あんま価値のある知識じやないけど。続いて厶アンコに手を…え?ぬ、濡れてます!嬉しくない!嬉しくない湿り気です!
そして、ここでまた、ボクの魂にライターほどの火が灯りました。ここまで来たらムアンコもナメてみようか…もう正気の沙汰じやありません。知っています。でも、今ナメなければ、生ナメることはないでしよう。頭の中を真っ白にして、ガタガタと靈える自分の肩を両腕で抑える。ゆっくりと近づき、シワシワの厶アンコに舌を伸ばします。南無参!あれ?臭くないぞ?ちうか、若いコの方がよっぽど臭いですよ!分泌物が枯れてしまったんで、そんなに臭くならないんでしょうか?老婆のムアンコは臭くない。なんだか今日は、たくさんの知識を得るなあ。これが本当のおばあちやんの知恵袋だ。「そろそろ入れますか?」おばあちやん、すっかり受け入れ態勢才ッケーと言った感じで聞いてきますが結局、ボクのティンコは完全にヤル気を喪失していました。それから、何回もフェラしてもらいますが…あえなく終了。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ