★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
エッチしまくりの夫婦エッチしまくりの夫婦エッチしまくりの夫婦エッチしまくりの夫婦エッチしまくりの夫婦エッチしまくりの夫婦
今年で結婚7年目を迎える私にはどうにも理解できないのだけれど、巷には夫婦となって10年以上が過ぎてなお、嫁と盛んにセックスに励む男性が存在するらしい。新婚ホヤホヤでまだ新鮮だとか、子作り中だとか、あるいは嫁に無理やり犯されてるだとか。そういった、何か特殊な事情があるのならまだわかる。でもそうじゃない。彼らは、過去、何百回にも渡って抱きまくった嫁にフツーに欲情し、さらにコトを済ませた直後も「また明日もやりたいなあ、それまで待てるかなあ」と実に面妖な思考回路を持つ連中らしいのだ。『セックスレスの精神医学』『セックスレスは罪ですか?』などの関連書を読む限り、普通、人間は交際期間が長くなると、パートナーに性の対象としての魅力を感じなくなるらしい。特に男性にはその傾向が顕著で、結婚し、共に生活するよぅになると妻に家族的な愛情が芽生えこそすれ、性的欲求はますます希薄になるとぃぅ〇人間だけではない。たとえば雄のラットも、同じつがいのままでは交尾しなくなる。つまり、パートナーへの飽きが原因でレスになるのは自然界の常識なのだ。当然ながら、私も例外ではない。結婚から回数が徐々に減っていき、長女が生まれてから現在に至るまでの年間は全くのレス。いまさら妻に迫られたところでチンコは瀕死の芋虫、ピクリとも反応しない。これが浮気相手なら地獄の鬼のごとく猛々しくなるのに。いつぞやネットのニュースで【日本の夫婦、半分以上がセックスレス】なんて記事を見かけたけれど、周囲の既婚者仲間から話を聞く限りはどころか以上だっておかしくない状況だ。どうでしょう、皆さん。さて、こうなるとやはり気になるのが、冒頭で触れたレス知らずの男たちである。なぜ自然の摂理に反し、古女房に欲情できるのか。普段、どんなプレィをしているのか。もしやそこにレス解決のためのヒントが隠されているのでは。そこで今回は、人のレス知らずな方々に登場いただく。ラィンナップは本誌でもおなじみの河内真佐久氏と、裏モノ読者の中から探し当てた名の男性だ。さっそく行ってみよ一っ。
結婚年目でもセックスは週イチトップバッターを切る河内真佐久氏について、クドクド説明する必要はなかろう。現在連載中の【しんさくヤルノート】の著者であり、過去にも【大阪で生まれたスケベ女】【男の願望を叶えるシリーズ】など、数々のナンパ企画で素人女をおとしてきた人物である。一般に、ダンナの浮気はセックスレスの大きな要因のつといわれる。精子を垂れ流す穴が他にあれば、わざわざ嫁さんを抱く必要はないし、その気も起きにくい。で、そのままズルズルとレス状態へ、とつ理屈だ。だが、そのパタンにモロ該当しているはずの河内氏は奥さんとヤリまくつている。どういうことなのか。さつそく本人に問い質してみよう。「確かに嫁とはようやつてますね。そ、つやなあ、頻度でい、つと週ィチくらいかなあ」
今年で結婚17年目を迎えるが、それ以前に7年の交際期間を経てるとのことだから、トータルでは25年近い付き合いとなる。にもかかわらず週イチ。のっけから腰が砕けそうになる。もっとも、この脅威のハイペースは結婚〜年目を過ぎてからのことで、それ以前はせいぜい月イチ程度だったらしい。ま、それでも十分ご立派な数字だが、さらに昔は週〜回と、本人日く「サヵリのついた猿並みにやっていた」そうで、この減り具合はやはり、レスの入り口に足を踏み入れていたとみて差し支えないだろう。
「やっぱり仕事の疲れが番の原因やろね。それに他の女ともょくエッチしてたし、オナニーも毎日回は必ずやるから、無理やり嫁さんを抱く理由はないわね」
ふむふむ。まったくもって頷ける話である。エロい女と遊ぶうち妻の素朴さが新鮮に世のベテラン夫婦同様、一度はレスに陥りかかった河内氏。ではいったい何がキツカケで、またお盛んになったんだろうか。
「裏モノでオリジナルナンパを編み出して、これまで以上にいろんな女とヤリまくるようになったころ、浮気がバレんように嫁さんとも敢えてセックスするようになったんで。義理でね」
このパラドキシカルな作戦は見事に功を奏す。周囲の友人夫婦が軒並みセックスレス状態にある中、自分の夫だけはアタシを求めてくれる。そこに安堵と優越感を覚えたのか、まもなく、奥さんは河内氏にしみじみと言ったのだそうな。『あんたはホンマに浮気ができひん人なんやなあ』かわいそうに、奥さん。しかし、本題はここからだ。浮気偽装のためのセックスを続けるうち、彼は思いもかけない重大な発見に至った。「なんか、嫁さんとのセックスが急に新鮮に思えてきてね」もともと河内氏の奥さんはオーラルセックスが苦手だった。フェラもしなければクンニもという主義で、セックスそのものも正常位が主体の極めて地味なものを好むらしい。言わずもがな、アナル舐めだの潮吹き
など、アクティブなプレイは御法度である。そんな奥さんとのプレイが、日ごろドスケベ三昧なセックスに興じている河内氏には、今さらながらに斬新だつたのだ。それを機に、心境にも大きな変化が訪れた。ナンパで引つかけるのは、いわばヤルためだけの女。スペルマ噴出こそが唯一にして最大の目的であり、選ぶのはどうしてもエロっぽい相手になりがちだ。対して、奥さんはどちらかというと素朴なタイプで、当然セックスの趣きも異なる。そこに、ある種のフェチ的な興奮を覚えるようになつたらしい。「だから、いまは完全に棲み分けができてますね。どうでもええ遊びのエッチは外で。フェチ的で、でも愛情のあるエッチは嫁さんと、みたいな。丁寧なセックスをして嫁さんのよろこぶ姿を見ると、やつぱり自分も興奮するし」かつては奥さんを抱いても中折ればかりだったのに、いまじやギンギンのカチンコチンですわと河内氏。転んでもただじや起きないというか、さすがは当代きってのヤリチン中年男だ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ