70_20201019085932626.jpg71_2020101908593331a.jpg72_20201019085934ca4.jpg73_20201019085936ddc.jpg74_20201019085937bdc.jpg75_20201019085939d33.jpgここ最近、県民性にまつわる話題をよく耳にする。大阪人はおしゃべりだの名古屋人は派手だのといった、昔から頻繁に言われていた特徴だけでなく、青森や石川、香川などマイナーな地方人の性格まであーだこーだ論じられているぐらいだから、いまやちよつとしたブームでもあるのだろう。県境の山や川を越えたぐらいで人の性質など変わるもんでもなかろうとは思うのだが編集部木村を見れば『群馬カカア天下』は素直に納得できてしまうし、仙頭もまた『高知大酒飲み』を立証している。面白いものだ。県民性。裏モノで取り上げるならば、やはりテーマは女だ。どこ出身の女性がどんな性格で、だからどう攻めれば落ちやすいのか。ナンパ師の中には、夕ーゲッ卜のフアッションや血液型によって対応を変える器用人もいると聞く。それをそのまま県民性に応用できないだろうか。
日本は広い。各地方を飛び回るのは大変なので、都内のとある場所で実験することにした。銀座に昭和創業の『白いばら』というキャバレーがある。キャバクラではなく日ながらのキャバレーだ。ここは北海道から沖縄まで全国各地出身のホステスが在籍することで知られている。席にいながらにして希望の県の女性と会話できるなんて、まさにこの企画のためにできたような店である。水商売をしている時点で、ある種の力テゴリーに属する女性たちではあろうが、それでも故郷で育まれた人間性は消えるものではないはずだ。
あらかじめ特徴的な性格を持つ県をいくつかピックアップしておき、出身のホステスたちを順番に席に呼びつける。そのコが面白い男に弱い県民性ならばこちらは笑いに徹しクールな男が好きなら舘ひろしを真似る。相手の性格に合わせた態度を取ることで、思わずよろめかせる魂胆だ。むろん敵もプロのホステス。さすがに客を邪険にはできず全員が好意的な態度を見せてくるだろう。店内での「あらまぁ素敵ねイカすわね」といった言葉を真に受けるわけにはいかない。判定は店を出てからだ。去り際に連絡先を渡しておき、後に営業ではなく個人的に会いたい的なメールが来るかどうか。同伴出勤のためではなく、プライベー卜のデー卜ができるかどうか。あわよくばセックスに持ち込めるかどうか。このあたりを判断材料としたい。
ダメ男が好きこういう女性確かにいる。金や女にだらしなく、何をやってもダメダメな男。
でもそこになぜか魅了されてしまぅ女。泣いたり、貢いだり、殴られたり、また泣いたり。でも離れられない私です。これ、北海道の県道?民性だったんです。月上旬、キャバレーのドアをくぐった私は、すぐさまボーイさんに告げた。「北海道のコ、付けてくれます?」「はい、何人かいますので大丈夫ですよ」この際容姿などはどうでもいい。代でも代でも構わない。北海道出身ならばオール〇ドだ。「いらつしやいませ。ご指名ありがとうございます」
愚痴をこぼす客がモテるとは普段なら到底思えないところだが、今はこれでいいのである。これでなきゃいかんのである。
「まぁ、東京の片隅に生きる哀れなダメ人間ってことだな」自分でも言ってることがよくわからない。本当にダメになりそうだ。
「お客さん、そんなにいじけないでくださいよ」「いや、いじけるね。俺みたいな男はいじけるね」行動で示したほうがよかろうと、注文したカツサンドをぼろぼろこぼし、ビールグラスもわざとひっくり返し、トイレから戻ってくるときにはわざとズボンのチヤツクを開けつ放しにしてみた。そのたびに「あら」と笑顔で対応する子。感触としては悪くないが、いいとも思えない。せっかくなので他のコともしやべってみたいからと、彼女との会話は終えた。やれることはやったはずだ。
やさしい男性が好み。当たり前のことである。どんな男性がタイプかと尋ねれば、おそらくや日本人女性の全員がそう答えるだろう。やさしいのは大前提で、その上で金を持ってるだとか面白いだとかの条件が加わるものだ。茨城のコは特別やさしさに飢えておるんだろうか。「ご指名ありがとうございま〜す。」「はいはい、どもども。何か飲む?なんでも好きなの飲んで」「あ、ありがとうございます。お水で大丈夫です」普段やさしさに飢えているがあまり、いざ親切にされると遠慮してしまう。このあたりの複雑な心理はよくわかる。「あ、グラス水滴ついてるから拭いてあげるね」「すみません」「肩出して寒くない?何か羽織る?無理しないでね」「大丈夫ですよ」なんてやさしい客だろう。キヤパレーにこんな男おりませんよ、普通。
「なんだかキミのわがままはぜんぶ聞いてあげたいな。何でも言って。ほら、好きなもの食べてもいいよ」「じやあパスタ食べたーい」
今度は遠慮がなかった。ようやく甘えてもいいと心を許したのだろうか。カツサンドで腹いっぱいだがここは断れない。会話もそこそこに猛烈な勢いでパス夕をすする子。口元にソースが付けばおしぼりを渡し、水がなくなれば黙って注ぐ私。どちらが客なんでしよう。
世の女性は、ロマンチックな言動をクサイと感じるコと、うつとりしてしまうコに分かれる。山梨出身のホステス子は当然後者でなければならない。「趣味とかある?」「う一ん、そうですねぇ」「俺は星空を見ることだけどね」「あ、グラス空いてますね。何か飲みますか?」「冬の星つていうのはさぁ」「ビールにします?」会話が嚙み合つていない。星ほどロマンチックなものはないだろうに。海のほうがよかつたか?「あと、夜の海辺なんかも好きなんだよね」「ボーイさん、ビールお願いします」星にも海にも食いついてこない。他にロマンといえば何がありましたつけな。「でも不思議だね。初めて店に来たボクと、週に数回しか出勤しない子ちゃんがこうして出会ったなんて、運命を感じるね」「ですよね、運命ですよね〜」
軽く流されているように感じるのは気のせいだろうか。目が合ってもすぐにそらされるように見えるのは錯覚だろうか。夜景、東京タワー、観覧車、花火。思いつく限りのキーワードを口にするも、彼女の反応はどこか冷めていた。
「あ、向こうの席に呼ばれちやったんで、ちよつと失礼しますね」感触、悪いです。
ホラ吹き男に憧れるホラ吹きなどさほど難しいことではない。覚悟したまえ。
「今日この店来るとき銀座ぶらぶらしたんだけどさ」「はぃ」「カルティエとかデビアスとかティファニーとかがあつてさ」「ありますよね」「クリスマスだから子ちゃんに買つてあげたいなと思うんだけど」「またまた、そんなぁ」「ビルごとね」「え?」「ビル丸々買ってあげたくって」
笑いは漏れなかつた。愛想笑いすらなかった。しかしこれはギャクとしてのホラではないので笑いはいらないのである。私を喜ばせようとしてくれて嬉しいわ、となればいいのである。「お仕事、何されてるんですか?」「仕事は雑誌の編集なんだけど、こないだ別件で石油を掘り当てたんだよね」「へぇ、どんな雑誌ですか?」そっちに食いつくんかい!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来★★★
一つの出会いで世界が変わる
おすすめの厳選出会い2選。18禁。
≪会員数1000万人突破≫≪フリーメール・匿名での登録OK≫
PCマックス

≪女性誌等への掲載多数、女性登録者多し≫
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
日本で唯一全国展開している交際クラブユニバース倶楽部をのぞいてみよう!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

二次元の彼女のエロシーンやボイスに病みつき
【にじげんカノジョ】

★★★女性が喜ぶ最強のペニスを作る★★★
☆☆自信の増大アップサプリ☆☆
【サイズアップXL】

☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
今がチャンス!赤字覚悟の還元プレゼント中!
【ヴィトックス】

☆☆早漏対策なら☆☆専門医推奨!TENGAのトレーニングツール


☆☆遅漏対策なら☆☆TENGAの遅漏改善トレーニングツール☆☆
⇒遅漏改善用TENGA

☆☆TENGAの男の活力サプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ

☆☆包茎対策なら☆☆ ⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる
SnapCrab_NoName_2018-9-30_13-17-15_No-00.png


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ