20_2020101607483018d.jpg21_2020101607483128e.jpg22_20201016075122809.jpg23_202010160748343df.jpg24_2020101607483651c.jpg25_20201016074837936.jpg26_20201016074839e5f.jpg27_202010160748406c4.jpg
場所は中部地方のそこそこ大きな街、としておこうか。中学年のとき、同じクラスに西村和美仮名という女子生徒がいた。丸頭、団子つ鼻に、度の強いメガネ。どこか垢抜けない姿はお世辞にも美少女とは言えなかつたが、休み時間に友だちと教師のものまねをしてふざけあうょうな快活なコではあつた。女と私の係は単なるクラスメイトにすぎなかつた。気軽に会話を交わした記憶もなく、冗談を言いあつたこともなく、ましてやわざわざ学校の外で会つたこともない。年に進級してクラスが変わると、顔を見ることすらなくなつた。西村は卒業と同時に隣町の工業高校に進学したと聞いた。一方、私は地元の普通高校へ。人の接点は完全に途絶えた。久しぶりに彼女の名前を聞いたのは、それから年後、高校年のときだった。駄菓子屋の前でアィスを食っていた光景が記憶にあるので、季節は夏だ。「おい、知ってるか?西村つてサセ子らしいぜ」同じ中学出身で、高校のクラスメイトでもある友人が興奮気味に言った。「…西村?ああ、あのメガネの?」「そうそう。工業の連中に聞いたんだけど、電話で呼び出したらホイホイ出てきて、誰とでもヤラせるって」「ホントかよ?」とても信じられなかったのは、私自身がまだ童貞だったからでもあるだろう。当時の田舎では、高校生のセックスなどまだ珍しい話だった。しかし、根も葉もないゥワサとも思えなかった。彼女の進学した工業高校はガラが悪いうえに女子が極めて少なく、不良連中の毒牙にかかるには格好の環境だったからだ。その時点で、西村は私にとって遠い他人だった。以前同じクラスに所属していただけの、今後もおそらく接点はないであろぅアカの他人だった。だから私は、もし嘘だったら可一及想にと思いながら、自分でもそのゥワサを流したりした。「西村って誰にでもヤラせるらしいょ」おもしろいのは、当時の同級生ほぼ全員がゥワサを耳にしていながら、誰一人として「ヤッた」者がいないことだった。もし実行者が現れたなら、私は興味のないふりをしながらコトのあらましをつぶさに聞いたろうと思う。その夏、はしかのように広まった西村サセ子説は、いつのまにか誰も口にしなくなり噂とはそういうものだ、そして私は地元を離れ、東京の大学へ進学した。同籍全国の中学、高校にいたとされるサセ子。彼女らは当時、本当に誰にでもヤラせる女だったのか。もし真実ならば、そんな女はどんな大人になっているのか。それが本ルポのテーマである。私の場合、調査対象となるのは西村しかいない。風の便りで、現在、彼女が実家で暮らしていることはわかっている。なにせ年ぶりのこと、誘い方が厄介だが、直接会ぅためのハードルは低い。対面さえかなえば「昔、サセ子って言われてたけど、どぅなの?」と笑い話まじりに尋ねれ
ばいい。も。の私じゃない。それぐらいのさりげなさは装える。いや、その前に当時の同級生に確認しておこう。ひょつとして西村がヤリマンというのは私の思い違いかもしれない。まずは最初にゥワサを持つてきた友人からだ。年に度ほど会う仲なので連は知つている。「もしもし、おつす」「おう、どした?」「あのさ、西村つて覚えてる?」「西村つてヤリマンの?」吹き出してしまつた。はつきり覚えてやがる。人の記憶は、電話で呼び出すとホイホイ出てくる、のフレズまで一致していた。「でもお前はヤッてないんだろ」「あぁ、あんま興味なかつたしな」さらに、いまも父流のある人に尋ねたところ、人は「そんな話あつたょうな」と曖昧に答え、人は「それつて篠原じゃなかつたか」と別人の名前を挙げた。年前の記憶なんてそんなものなのだろう。
子体質をずつているなら合点が今年月末、お盆休みを兼ねて地元に舞い戻つた私は、卒業アルバムの巻末ページから西村の自宅番号を探しだし、勢いのまま電話をかけた。「もしもし、西村ですが」受話器にちょつと鼻にかかつた年配女性らしき声が響く。母親だろぅ。「あの、私、松田と申しますが、和美さんはご在宅でしょぅか」「はい、私ですけど」本人か。途端に心臓がバクついてくる。「あ、いや、おれおれ。中学んとき同じクラスだつた松田」「あ一はいはい、ずいぶんしばらくぶりだね。何?同窓会?」「いや、いま地元に戻つてきたから、一緒に飲まんかなと思つて」ロクにしやベつたこともないクラスメイトを誘えるほどふてぶてしくなつてい
た自分に、我ながら驚く。「そぅか、別にいいよ、飲もぅか。いつがいいの?」「え、ウソ。いいの?ホントのホントに?」「何言つてんの、自分から誘つておいて。いま仕事してないし、なんだつたら今晩でも飲む?」トントン拍子すぎるが、西村がサセ子体質を今も引きずつたままなのだとすれば合点がいく。電話をすればホイホイ、まさにそのまんまじやないか。約束の時間、駅前。タクシーがズラリと並ぶロータリー付近で、聞いておいたケータイに連絡を入れた。「もしもし着いた?」「着いた。あ、いたいた」電話が切れた直後、背後から肩を叩かれた。振り向けば、まるで変わつていない団子つ鼻がそこにあつた。メガネはやめたようだ。「きゃ一、久しぶりだねぇ」「お、おう。久しぶり。昔より防痩せた?」「う一ん、いろいろ苦労してつ
からねえ。んじや行こぅか」まるで親友同士のよぅなノリで接してくる西村。こんな子ではなかったはずだが。おぼろげな中学時代の記憶を必死にたぐり寄せながら、酒席は和やかに進んだ。ビールが華奢な西村の体に次々と流し込まれていく。けっこぅ強いらしい。
さすがの酒豪も、そろそろ限界に近づいたょうだ。充血した目が、先ほどからあらぬ方を向いている。例のことを聞くなら、今がチヤンスか。
「あのさ、ずつと聞こうと思てたんだけど」「え、なにい〜?」「高校んときの話なんだけど、おれ、お前の変な噂を……」言い終わらぬうちに、西村ことばを遮つた。「…ああ、やつぱ知つてたんだ」知つてた?てことはやつぱり。「あたし、絶対秘密にしてつて言つてたのになぁ」表情は暗くない。ほころんだ口元に浮かぶ不敵な笑みは、ィタズラがバレた子供のょうだ。「そのう、つまり、サセ子だつたの?」「その言い方は嫌いだけど、まあ、そうだね〜」正直すぎる告白にうろたえつつ、私はさらに尋ねた。「なんで?」「うん、彼氏に振られたショックかなあ」彼女の話をまとめると、おかしな人生のスイッチが入ったのには、こういう経緯があったようだ。高の冬、西村に初めての彼ができた。性に目覚めた彼女はまたたくまにセックスに溺れていつた。しかし交際から半月で、突如、奈落の底にたたき落とされる。男が別の女に走り、別れを告げられたのだ。ショックから西村は、同じ学校の先輩ヤンキーと関係を持つた。そして彼女の淫乱さに敬服した先輩は、こう言ったらしい。「お前、好きもんだな。おれの友だちにもヤラしてやつてよ」あとはご想像のとおり。ヤンキー連中の「おれも」「おれも」に応じるぅち、経験人数は増え、同時にサセコの汚名も拡散したのだ。中学時代の容貌を思い浮かべながら、私は呆然と西村の顔を眺めつづけた。
「大変だったろうなぁ。知らんヤンキーからどんどん呼び出されて」「…どつちかというと楽しかつたかも。本当に大変だつたのはその後だから」まだ意識はあるらしい。「サセ子は高校卒業する直前でやめたから。美容学校の入学も決まつてたしね。でも…」破綻はすぐにやつてきた。授業料を支払うために飛び込んだ水商売の世界が気に入り、わずか力月で学校を自主退学、そのままホステスに転身したというのだ。その後の年間で、タチの悪いスカウトに捕まつてはキャバクラ、セクキャバなどを転々とし、挙げ句、アングラカジノのウェィトレスに。この間、ディラー連中から覚せい剤の炙りを教え込まれたとも言う。「このころが私の人生のピークだつたかなぁ。友だちみんなでパキパキにキメてさ、毎晩、お店が終わってから踊りに行って
たんだよ。ホント楽しかったぁ」やるせない気持ちになった。キミの人生、すごい落下速度じやないか。やはりいろんな男とヤリまくるってのは、どこか精神に支障を与えるものなのかも。酔いが収まってきたのだろう。西村がムクッと上体を起こした
「あ一、ムカムカする。完全に飲み過ぎだわ。ゴメンね松田くん」「別に大丈夫だよ」
「シャブはもうやってないよ。妊娠してからキッパリ止めたから」「ああ、そう」
「でも育児ノイローゼでアル中でしよ?別れたダンナが子供に会わせてくれないんだよね」
腕時計を見ると、時刻はすでに深夜0時を回っていた。「西村、タクシーで送ってくよ」力ない彼女の腕を持ち上げ、肩に回したとき、ふと股間にムズムズとした感触が走った。西村の左手がファスナーをゆつくりと下げている。
「松田くん、帰るの面倒だし、ホテルに行つちやわない?」
ここまでだとは。サセ子は死ぬまでサセ子なのか。拒むか、乗るか。少しの間、冷静な頭で状況を整理し、なんら後腐れはなさそうだと判断したところで、私はホテル行きを決めた。西村はまるで全身が性感帯かのょうな特異体質だつた。小ぶりの胸に舌を這わせるだけで、「う〜〜、あ、あ、う〜ん」と、体を硬直させて喘ぎ、ブルブルと小刻みに震えるのだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来★★★
一つの出会いで世界が変わる
おすすめの厳選出会い2選。18禁。
≪会員数1000万人突破≫≪フリーメール・匿名での登録OK≫
PCマックス

≪女性誌等への掲載多数、女性登録者多し≫
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
日本で唯一全国展開している交際クラブユニバース倶楽部をのぞいてみよう!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

二次元の彼女のエロシーンやボイスに病みつき
【にじげんカノジョ】

★★★女性が喜ぶ最強のペニスを作る★★★
☆☆自信の増大アップサプリ☆☆
【サイズアップXL】

☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
今がチャンス!赤字覚悟の還元プレゼント中!
【ヴィトックス】

☆☆早漏対策なら☆☆専門医推奨!TENGAのトレーニングツール


☆☆遅漏対策なら☆☆TENGAの遅漏改善トレーニングツール☆☆
⇒遅漏改善用TENGA

☆☆TENGAの男の活力サプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ

☆☆包茎対策なら☆☆ ⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる
SnapCrab_NoName_2018-9-30_13-17-15_No-00.png


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ