★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
228_202010151606202af.jpg229_20201015160622341.jpg230_20201015160623aef.jpg231_202010151606252c4.jpg232_20201015160626931.jpg233_20201015160628e83.jpg
駅でも路上でもリクルートスーツ・リクスーに身を包んだ女子大生の姿をよく見かける。白いブラウス、地味色のタイツ、黒いパンプス。就職難のせいか、その表情には疲労の色が浮かび、足取りもどこか重たげだ。汚したい。まだ社会の荒波に揉まれていない純朴な大学生を、この手で汚したい。手段は選ばない。まだシワの入っていないスーツを脱がし、白いブラウスをはだけさせてやる。着る人によって印象が変わるもんだ手段を問わぬとはいえ、やはり効率的に動きたい。獲物がたくさんいる場所に糸を垂らすのが釣り師といぅものだ。なので俺はスーツを着込み、東京御茶ノ水で開かれた就職セミナーに足を運ぶことにした。いろんな会社がブースを出し、学生がぐるぐる説明を聞いて回るスタィルだ。会場はだだっ広いィベントホルのょぅな造りで、大勢の学生たちで賑わっていた。学生証なんて持ってないが、受付で適当な大学名を書くだけであっさり入場。ラクショーだ。各企業のブースに黒スーッの男女が群がっている。女性参加者の数が多いょぅだ。バッコンを使った検索ブースにリクスー娘たちがずらっと並んでいる。みな、長い髪の毛をゴムで一つにまとめ、ぅなじが見えて実にエロい。ひとまず空いた席に座り、隣の女子に声をかけた。「すみません、これどぅやって使えばいいんですかね」「あ、ココの企業検索ってところをクリックして…」丁寧な言葉遣いで教えてくれる。いいね、いいね。「どこか気になる会社ありました?」「そうですね一、一応目当てのところがあったんで話は聞いてみたんですけど」「ちなみにどんな業界なんですか?」直後、背後からジャマが。「待たせてゴメン。ど、った?」「あ、もぅ終わったの?こっちは微妙かな一」ど、っやら友達と一緒だったらしい。お友達は下半身安定のおっ母さん体型で、リクスーが野暮な地味スーツにしか見えない。着る人にょってかなり印象が変わるもんだ。じつにウブな理想的リクスーちゃん休憩用のスペースに、横顔のカワィィ女子を発見した。資料を熱心に眺めている。隣を確保だ。「今日はどちらか企業説明は聞いたんですか?」「あ、いえ、まだぜんぜん聞いてないんですょ。時間も前に来てるんですけどね」夕かなりゆったりした口調の彼女、まだ自分が受けたい業種も決まってないらしい。「ずいぶん長い時間いるんだね。何もしてなかったの?」「ここでずっとどこ行こぅか悩んでたら、眠っちやったんですょね一。フフフ」かなりのユルキャラだ。彼女の名は果歩ちゃん。近くの女子大に通う年生だそうだ。「もし暇だったら軽くお茶でも飲みに行かない?」「いいですょ。でも一せっかく来たんで一づぐらい説明聞いてからでいいですか?」「もちろん」結局、彼女は会場内をぐるつと一周すると「人が多いのでやめました」とこれまたユルい発言をかましてくれた。のんきな学生もいたもんだ。近くの喫茶店では、いつのまにか果歩ちゃんの恋愛相談が始まつた。「実は、カレシと日前に別れたんですけど、も、っ何回もくっついたり別れたりを繰り返してて…」「なんで別れちやったの?」「あつちが元カノに戻っちやつたんですよ…女は見た目も大事だからオマエとは無理とか言われて」
「そりゃひどい話だね」初めて付き合った彼氏にボロクソに言われ傷ついているよぅだ。じつにウブなのである。理想的なリクスーちゃんなのである。「こんな可愛い子に向かって信じられないよ」「ありがとぅございます。色々聞いてもらったら少し吹っ切れました」
このまま酒でも飲ませればどぅにかできそぅな雰囲気だったが、残念ながらこのあと友人と約束があるらしい。「じや、また今度ね」「はい、またぜひお食事でもしたいです。今日は色々ありがと、つございました」ペコりと頭を下げて駅の改札へ消えていく彼女。なんて清々しいんでしよう。
せつかくゴシアチブを取ったのに果歩ちゃんとはメールのやり取りが続いたが、再会したところで私服で来られれば興奮が得られない。新たなターゲットを探さなくては。次は、某ファミレスグループ企業の説明会に潜入することにした。前回のセミナーと違い、集まった学生同士でグループディスカッションや意見発表を行、っため、自然と仲良くなれてしまぅはずだ。説明会当日、日本橋にある本社ビルへ到着。会場となった広い会議室には約名の男女が集まっていた。おょそ半分が女子である。間もなく前方のステージに人事担当者が現れ、プロジェクタを使った説明が始まった。企業の説明なんだと聞く意味はまったくないので、周囲のリクスー娘を観察する。みなさん黒い髪を一つに縛り、真剣な眼差しだ。と思ったら、斜め前方に居眠りしている女の子がいた。髪の毛も少し明るいし気合いが入ってなさそうだ。ああいう子がオチやすいんだろうな。
後半は、席の近い者同士でグループディスカッションた。近くの席に座ったもの同士名が輪になり挨拶を交わす。オレのグループは3人が女子だ。
「よろしくお願いします。お題のポイントは点あるので、そこを中心に…」
オレはイニシアチブをとった。どうでもいいことをよくしやベった。そしてプログラム終了後は真っ先に会場の外に出て、同じグループの子を待った。で、声をかけた。「どうも、お疲れ様です。この後は何か予定あるんですか?」「あ一実はこれからもう一つ説明会に行くんですよ一。時からなんで急がないと」就活って大変なんだね。素顔は普通の女子大生なんだなぁあきらめかけたとき、見覚えのある女子が現れた。居眠りしていた子だ。行ったれ。「お疲れ様。お姉さんさっき居眠りしてたでしよ」「え?アハハ!すみませんすごい眠くって」「この後暇だったらゴハンでも食べない?奢っちゃうけど」「マジですか?」なんだかノリがいい。清楚なリクスー娘もいいけど、こ、っいうタィプも嫌いじゃないです。彼女の名前はアケミ。アバレル志望の大学年生らしい。「なんで飲食系の説明会に来たの?」「一応、興味はあるんですよ。でもここは受けないと思います。話ほとんど聞いてなかったし」こんなに緊張感のない学生もいるんですね。「じゃこれから飲み行こうよ」「奢りですか?」もちろんですとも。バーに入り、飲ませまくること時間。彼女のロから就職の悩みはぜんぜん出てこず、話題は過去の恋愛話に終始した。なんだかみなさん、素顔は普通の女子大生なんだなぁ。彼女の目元はトロンとして、足元もおぼつかない状態に。機は熟した。「もぅ一軒行こぅか?」「え、はい」元々がユルイ子なのだろ、つか、そのままホテル街に直行すると、彼女は騒ぎ立てることなく付いてきた。リクルートスーツとホテルに入るのは初めての体験だ。「私だって初めてですょ。こんなダサィ格好で来るなんて」「でも、似合ぅょね」「えーホントですか?これすっごい安物なんですけど」「いやいや、値段なんかどうでもいいんだって」さあ、いよいよ念願のひとときだ。やっぱここは着せたままコトを進めなきゃね。ジヤケットのホタンを外す。現れる黒ブラジャー。そして小ぶりな胸。「シワになっちゃうよ…」「いいじやん、なんか女子大生と面接官の禁断の関係みたいで」「なにそれ、ウケますね〜」「ほら、脚開かないと面接落としちやぅよ」「は〜ぃ」
ああ、なんて楽しいんだろう。明日も説明会、行っちやお!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ