★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
236_20201011224220afe.jpg237_20201011224221a4a.jpg238_2020101122422270a.jpg239_20201011224224e96.jpg240_2020101122422515e.jpg241_2020101122422768d.jpg
記憶力が向上ドラッグと同じ快楽も『トレパネーション』頭蓋貫通なる言葉をご存じだろうか。頭羞骨にドリルで直径ミリの穴を開ける人体改造の種で、海外ではボディピアスやタトゥーの延長として人気が高い。この不気味な外科手術が、いま若者の間で話題を呼んでいる。『殺し屋』で有名な漫画家山本英夫が、週刊スピリッッに連載中の『ホムンクルス』なる劇画を連載したのがそのきっかけだ現在も連載中。中身は、ホー厶レス暮らしの主人公が、金欲しさにトレパネーションの実験手術を受けるというもので、謎めいた展開が評判を呼び、単行本は瞬く間に万部を突破。実際に頭蓋貫通を試そうと企む熱狂的なファンまで現れ、事態を重く見た小学館が、卷目のオビに『トレパネーションは極めて危険な行為です。絶対に真似しないでください』との但し書きを付けたほどだ。ここまで若者が盛り上がる理由は他でもない。同作中で、トレパネ。
ションが次のように説明されているからだ。『頭菱骨に穴を開ければ脳に大量の血液が流れるようになり、脳が活性化した状態を取り戻すことができる』頭の血行がよくなることで、論理思考と記憶力が向上し、さらにコカインやシャブのような、アッパー系のドラッグをキメた時と同じ快楽まで得られるといつのだ。いかにもウサン臭い話だが、実は、海外では歴としたアカデミズ厶の対象である。『トレパネーションは頭脳の働きをよくさせる最も確実な方法だ。般的なスマートドラッグを使うよりもよほど効果が高い』バー卜フゲス「ボアホール」否定的な意見も多いのも『エセ科学としか思えない。頭蓋骨を開いただけで、脳の血流が増すのかは非常に怪しい』疑似科学研究サイトスケプティックス管理人果たして、トレパネーションは医学界に革命を起こす大発見なのか、それとも人気漫画家が大げさに持ち上げただけの俗説なのか。
術式は、まずクランケの生え際を数センチほど剃り上げ、額の中心にサインペンで丸を描く。次に、頭部のみに局部麻酔をかけ、感覚が消えたところで少しずつ電動ドリルで骨を穿つ。全行程は分ほどだ。「痛みは全くないんですが、骨を削る時の音が、耳の奥までゴリゴリ響くんですよ。あれは嫌でしたねぇ」変化は翌日から現れた。目覚めが良くなり、晴れ晴れとした気分が続く。心なしか、考え方までポジテイブになったようだった。術「でも、コカイン並みの快感というのは大げさですね。実際はマリファナを吸ったときの気分に近いんじやないでしょうか」術後週間。今度は知能面にも変化が起きた。試しに、アドレス帳の電話番号を端から暗記してみたところ、約割を空で復唱できるようになったのだ。「間違いなく力は上がりましたね。本を読むスピードも倍にはなったんじゃないかな」なにせ、日常的に幽霊を見始めた上、頻繁に幽体離脱まで起きるようになったというのだ。「真夜中とか、気が付くと体を抜け出して、自分の寝てる姿をジッと見下ろしてるんです。最初は単なる夢かと思ってたんですが…」昨年夏、深夜。いつものように自分の体を抜け出した彼は、そのままアパートの屋根を突き抜け、父母が住む中野区の実家まで移動。家の中まで入り込んだところ、居間の屋根裏に置かれた冊の古本を目にしたのだという。「あまりにリアルだったんで、思わず父親へ電話をかけちゃったんです。『屋根裏を調べてくれないか?』って」結果は驚くべきものだった。実家の屋根裏に、まさに彼が見たのと同じ光景が広がっていたのだ。「後で聞いたら、年前の大掃除で親父が置き忘れたらしいんです。でも、ボク、高校を出てから、ほとんど実家には帰ってないんですよ。そんなことを知ってるはずがないんですよね…」いったい、彼の話はどこまで真実なのか。裏付けを取るベく、父親の高田正和仮名才氏に電話をかけてみた。
「ああ、よく覚えてます。去年でしょ?驚いたなぁ。屋根裏に本を置いたなんて、自分でも忘れてたんだけどねぇ。なんでアイツが知ってたんだかなぁ」手術をしなくても頭蓋貫通の感触が以上の証言に、現代医学はどう答えるのか。再び野原博士の元を訪ねた。「幻覚が見えるのは、気に血流が増えすぎた副作用でしょう。過呼吸と同じことですね」『過呼吸』とは、短時間に大量の酸素が脳に送り込まれる状態を指す。短い呼吸を繰り返すうちに意識がトランス状態に陥り、リアルな幻覚と多幸感を引き起こすのだという。では、幽体離脱にも、医学的な解釈は成り立つのだろうか?「ええ。実は、脳の側頭部さえ刺激すれば、誰にでも幽体離脱は起きるんです。詳細は省きますが、幻覚の極端なバージョンだと考えて下さい。これも過呼吸と基本は変わりません」明快だ。ならば、幽体離脱中、本人が知り得ない光景を眺めたという、古本の件は?「単純に、どこかで父親と古本について話をしたのを、忘れてしまったんでしょう。特にトランス状態の時は、無意識の記憶が噴き出しやすいですから」父親の証言についても、博士の解釈は変わらない。「まぁ、自然に考えれば、父親の記憶もアヤフヤだったと結論すべきじやないですか?」野原博士の解説を聞き考えた。トレパネーションの効果は、アルツハイマー薬過呼吸の症状とほぼ同じだという。ならば、度に両方を試したらどうだろう?手術を行わずとも、頭蓋貫通の感じがつかめるのではなかろうか。ネットの通販サイトで、格好のクスリを見つけた。ザイ製薬の『アリセプト』。世界で最もメジャーなアルツハイマー治療薬だが、日本では処方薬扱いのため、海外から個人輸入するしかないらしい。ひとまず箱錠平均輸入価格は万円だけ買ってみよう。週間後。アメリカから届いた錠剤を机に並べつつ、過呼吸の準備を始めた。博士の話では、布団の上に大の字になり、秒間に回のペースでひたすら呼吸を繰り返せばいいらしい〇分経過。眉間のあたりがムズムズし始めた。来たか?が、まだ視界に変化はない。
分。胸元が苦しいだけで、いまだ幻覚も多幸感もやってこない。失敗か?少し不安になりかけた頃、変化が現れた。視界に霞みがかかり、意識が混濁して何も考えられない。その代わり、体中がサウナのよぅに熱を持ち、四肢が羽毛のよぅに軽く感じられる。すかさずアリセプトを錠ほど手に取り、一気に飲み干す。と、まもなく狙い通りの現象が起きた。視界から霞みが消え、急激に意識が明瞭になり出したのだ。全身フワフワ、頭スッキリ。まさに高田青年の証言と同じ状態ではないか。ならば、記憶力のテストでもしてみるか。と思った瞬間、全身が激しい吐き気に包まれた。割れるように頭が痛い。慌ててトイレに駆け込み、便座に顔を突つ込む。胃液まで吐き終えたころには、多幸感は完全に消え失せていた。玫トレパネーションで知能が上がり、体ドラッグ並みの快楽が得られるーー。くその噂は恐らくや真実だ。が、実験結果から類推する限り、頭蓋骨のを開くほどの有り難みがあるとは思えない。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ