★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
26_20201011171108a58.jpg27_20201011171109b3e.jpg28_202010111711116f9.jpg29_20201011171112e71.jpg30_20201011171114753.jpg31_20201011171115682.jpg32_20201011171117aab.jpg33_2020101117111826e.jpg34_20201011171120f38.jpg35_20201011171121408.jpg
駅前なんかで聖書を持ちながら笑顔を浮かべていたり、各家庭を回って布教活動にいそしんでいる人々だと言えばピンとくるだろう。一方の俺は、いわゆる一般的日本人並みの無宗教。
だから困っている。非常に困っている。性欲が解消されないのだ。
素朴な雰囲気にスグに魅了されて
今年の春に大学を卒業した俺は、とある小売業の仕事に就くことになった。この会社は全国に支店を持っていたため、地方都市に配属されることが決定。その移動先でアルバイトしてたのが、2つ年下のマイコ(仮名)だった。初めて会った日のことは、今でも鮮明に覚えている。
店の事務所に現れたマイコは、キレイなミディアムヘアの黒い髪に、クリっとした大きな目。ポロシャツにGパンという地味な格好をしていた。東京でスレた女とばかり遊んでいた俺は、彼女の持つ素朴な雰囲気にスグに魅了されてしまった。一目惚れみたいなもんだ。彼女は週に3日ほどしか出社せず、毎日顔を合わせるわけにはいかなかったが、それでもこの田舎町に飛ばされた俺にすれば、マイコの存在は唯一の楽しみだった。
4月の末、社員とバイトを含めた数人で飲み会が開催されることに。顔合わせを兼ねた、よくある新年度の催しだ。だ、そこにマイコの姿はなかった。長年パートで働くオバチャンに事情を聞いてみる。「マイコさんでしったけ? 今日は来られないんですか?」
「ああ、彼女は家の事情でダメなのよ。毎度のことだから心配しないでね」
ふーん、毎度なんだ。親が厳しい家なのかな。あくる日、ちょうど会社で彼女と話す機会があったので、それとなく聞いてみた。
「昨日の飲み会、楽しかったですよ。今度は来てくださいよ!」
けだるそうな感じで答えた。
「すみません。私、そういう会には参加できないんですよ」
家の事情ってやつか。しかし、彼女は23才の立派な大人。いくら親がうるさくても飲み会くらい参加できるだろうに。
「じゃ、そういうことなんで、失礼します」
この会話の様子をパートのオバチャンが見ていたようで、苦々しい顔で話しかけてきた。
「田中さん、マイコさんのこと気になってるの? でも、付き合おうなんて思っちゃだめよ」「え?」「ちがうのよ。昨日は言わなかったけど、彼女は宗教に入ってるのよ」
 は? 宗教?
「そう、Eの証人ってやつよ。布教活動が忙しいから仕事もあんまりできないみたい。あまり深入りしないようにね」
なるほど、それで週3日しか働いてないのか。てか、そもそもEの証人ってなんだ?ネットで調べて、キリスト教系の宗教だということだけはわかったが、別に気に留めることはなかった。
親にバレたら大変なことになるので…
マイコと恋愛関係に発展するのは、なかなか難しそうだった。仕事場で会話はするものの、ラインを交換しようとしたり、デートに誘う素振りを見せるだけで、あからさまに会話を切り上げられてしまうのだ。
「ねえねえ、マイコさんって休みの日は何してるんですか? うまいイタリアン見つけたんですけど一緒に行きませんか?」「あはは、その日はダメですね。失礼します」
 あるいは、こんなことも。
「よかったらラインのIDを交換しませんか?」
「あー、すみません。ラインやってないんですよ」
しかし、彼女が休憩室でスマホをイジっていたときに、確かにラインの画面が表示されていたのを見たことがある。なのになぜ拒否を? 俺、嫌われてる?仕事終わりの彼女に単刀直入に聞いてみた。
「なんでラインやってないなんてウソつくんですかー? 教えてくださいよー」
冗談半分で尋ねたところ、真剣な表情で説明してくれた。
「はあ。田中さんは知ってるかもしれませんけど、私、Eの証人なんです」
「はい。それが何か?」
「いろいろな決まりごとがありまして。まず、異性と2人で会うことは許されていません。それに連絡先を交換することも推奨されていないです」
えっ、宗教ってそんなに厳しいもんなのか? てっきり日曜日に教会に行く程度のことだと思っていたのに。「なので、会社以外の場所で会う約束はできないんです。田中さんと話すのは楽しいですが、申し訳ありません」
なるほどね。でも、ライン交換ぐらいは許してくれてもいいのに。
「せめて連絡先だけ交換してくださいよ! お願い!」何度も頭を下げていると、彼女が渋々、首を縦に振った。「わかりました。ただし、条件があります。メッセージのやり取りは夜の0時を過ぎて
からだけで、電話は絶対ダメです。もしも、これが親にバレたら大変なことになるので…」
ようやく連絡先ゲットだが、何かと面倒そうだな。
結婚を前提としたお付き合いになりますが
それからは深夜にラインでやり取りする日々だ。
『夕飯は何を食べたの?』『自分で肉じゃがを作りました!いま、写真を送りますねー』
こんな些細なやり取りもあれば、『今まで、何人くらいと付き合ってたの?』
『そんな経験ないですね。でも、いい人がいたら付き合いたいです。』と、ちょっと踏み込んだ話まで、毎日のようにメッセージのやり取りを続けた。そして、週3回の勤務日は、会社で少しだけ談笑。こんな日々が続いた。もちろんそんな学生のような幼い恋愛に満足できるはずがない。
ある日、意を決して仕事帰りのタイミングで告白した。
「お疲れさま。ちょっと話いいですか?」「はい。なんでしょうか?」
「俺と付き合ってくれない?」
向こうもまさか、告白してくるとは思っていなかったようで、かなりビックリしている。「本気ですか?」
「はい。そのつもりです」
「私と付き合うってことは、田中さんもEの証人に入る可能性があります。それに結婚を前提としたお付き合いになりますが大丈夫ですか?」
そこまで覚悟しなきゃいけないのか。でも、あくまで可能性の話だからそこまで深刻になることもないだろう。「はい。そのつもりです」
「わかりました。そこまで言ってくれるなら、お付き合いしましょう」
なんとその場でオッケーしてくれた。ではこの流れで食事でも、と思ったのだが、彼女はそっけなく家に帰ってしまった。他の人が一緒なら、デートできるかも
付き合いが始まっても全く実感は湧かない。なにせ、以前と変わらずラインでしかやりとりをできていないのだから。マイコいわく、本来、Eの証人とそうでない人間が付き合うこと自体が言語道断なんだと。なので彼女の方も、家族に内緒にしているようで、派手な動きはできないのだ。 
うーむ。どうにかして二人でカラオケとか居酒屋とかに行って、そのままホテルへ……。付き合ってるんだから別に構わないはずだが。
『あのさ、今度、ゴハン行かない?』
『えー、前にも説明したけど、ダメですよ。そんなことがバレたら排斥されてしまいます』
『排斥ってなに?』
『他のEの人たちとは二度と会話することもできなくて、目も合わせられなくなります』
ふーん。それくらいなら別にいいじゃん。と、メッセージを送ろうとして思い留まった。彼女の家は一家全員がEの証人だ。てことは「排斥」されたら、今後家族と話をすることもできなくなるってことか…。どう返事をしようか迷っていたら、こんな提案を受けた。
『でも他の人が一緒なら、デートできるかもしれないです』
ちょっと待て。他の人ってなんだ? 誰か別の人間を一緒に連れてくるってことか?
『他の人って誰のこと?』『Eの証人で親しくしてくれている方がいるので、その方に聞いてみますよ』はあ? 他の人も連れて3人でデートしろってのかよ。なんだか、頭が混乱してきた。隣には初対面の線の細いオバハンが
そして約束の日。待ち合わせ場所であるファミレスに行くと、彼女の姿が。そして、隣には初対面の40代後半くらいの線の細いオバハンが座っている。誰だ? もしかして、母親か?
簡単な挨拶を済ませたところで、オバハンが話しかけてきた。
「あなたが田中さんね。初めまして。話は姉妹からうかがっております」
姉妹? にしては顔は似てないし、年齢は離れすぎてる。
「マイコさんのお姉さんってことですか?」
「いえいえ、ウチではそう呼ぶのです」
Eの証人では他のメンバーのことを、兄弟や姉妹という敬称で呼んでるらしい。同じ証人という関係だけで、マイコとは家族でもなんでもないんだと。ドリンクを飲みながら一息つくと、オバハンが笑顔になって熱弁を振るい始めた。「田中さん。突然ですけど、あなたがマイコ姉妹と出会ったのは、Eのお導きがあってこそ」
げっ、これって勧誘? そう気づいたときにはもう遅く、そこから延々と、サタンやらハルマゲドンやら神の王国やらと、わけのわからん用語のオンパレードが続いた。せっかくの初デートなのにこんなことになるなんて。彼女の方を見てみると、申し訳なさそうに苦い顔をしている。こんなことになるとは思ってなかったのだろう。結局、俺たちの初デートはファミレスの3時間だけで終わった。ああ、なにも進展していない。もっとイチャイチャしたかったのに!
その日の夜、謝罪のメッセージが送られてきた。
『本当は勧誘じゃなくて、ただの見張りとして来てもらおうとしたんですけど、すみません』
『まあ、気にしなくていいよ』
とは答えたものの、この状況をどうすれば打開できるのだ?
﹁そんなことしたら、神の王国に行けなくなるから﹂
『もしかしたら、明日の夜に田中さんの家に行けるかもしれません』
突然、こんなラインが届いた。 なんでも彼女の両親が偶然、次の日まで家を空けるというのだ。外を出歩くのは他の証人に見つかる可能性があるのでできないが、俺の家に直接来ることはできるらしい。やった!
翌日夕方の6時ごろ、我が部屋に彼女がやってきた。
一緒に夕食を食べて、テレビを見ながらの団欒ムード。今まで会えなかったぶん、すぐに身体を密着させてイイ雰囲気になった。くー、興奮してきた! 童貞のころを思い出すほどドキドキしている。
おもむろに顔を近づけ、キス…しようとしたら、軽く拒まれてしまった。
「そういうのはダメだよ」「付き合ってるんだし、キスぐらい、別にいいでしょ?」
「だめ、そんなことしたら、神の王国に行けなくなるから」
よくわからんことを言い出した。てか、キスがだめならそれ以上はいつできるんだ?
「ねえ、もしかしてエッチもだめなのかな?」
「うん。Eの証人は婚前交渉を完全に禁止してるから…。ゴメンね」え? えええ? マジかよ。それじゃあ、結婚するまでセックスできないってこと?
「じゃあ、結婚さえすれば戒律の上では問題ないの?」
「うん、ただ、Eの証人は同じEの証人としか結婚できません」
マジかよ。これが告白のときに言ってた、俺がエホバに入る可能性ってやつか。待てよ待てよ。てことは俺とマイコの付き合いってのは、ずっとこのままプラトニックってことなのか?
彼女は女性器に手を伸ばしてしまうのか
それから何度かオバハンを含めた3人でデートをした。水族館や動物園にも行ったが、もれなくオバハンからの説法つきだ。それに、性欲は溜まる一方で、早くセックスしたいという欲求ばかりが募っていく。たまにラインで下ネタの話題を送ってみても、既読スルーされてしまう。
『1枚だけでいいから、下着姿のマイコが見たいな〜』
なんて送ろうものなら、こんな冷たい返事が来る。『ダメです。そんな画像を送るのは、淫行と同じになってしまいます。残念ですが我慢してください』
俺としては裸の写真一枚でも送ってもらえればオカズにできるのだが、エロいことを想像させるだけでもかなり重い規律違反らしく、そういう話題に触れることも、信仰上よくないんだと。
仕方なく、オバハン同伴のデートで撮影した記念写真を彼女の部分だけキレイにトリミングして、それをオカズにオナニーするしかなかった。他のオカズは主に妄想だ。
子供のころから、Eの証人として活動しているマイコは、間違いなく処女。婚前交渉が禁止なんだから当然だ。それに、あれだけ戒律が厳しければオナニーもしていないに違いない。
それでも、女盛りなんだしムラムラっとすることもあるはずだ。もし、エロい夢でもみて興奮してしまい、パンツが濡れたときどうするのだろうか。信仰心とは裏腹に身体が反応してしまったとき、彼女は自分を責めるのか、それとも我慢できずに女性器に手を伸ばしてしまうのか。愛液の付着したパンツを見るマイコの姿を頭に思い浮かべるだけで、ムクムクとチンコが膨張してしまう。
セックスさせてくれないので、こんな風にして性欲を解消するしかないなんて、まったく難儀なもんだ。
道は二つに一つしかないのか
彼女が初めて家に来てから3週間後、またも大きなチャンスが到来した。前回と同じように、両親が家を留守にするので、遊びに来れるというのだ。前回の反省を生かして、一応、コンビニで酒を買ってきて準備は万端だ。酔いに任せてセックスまで持ち込めるかもしれない!
「こんばんは〜」
夜の7時ごろ。我が家に彼女がやってきて一緒に飲み始めた。Eは飲酒に関してそれほど厳しい戒律を設けてないらしい。お互いにテンションが高くなり、酒を飲むペースがどんどん上がっていく。彼女は飲みなれていないせいか、1時間もしないうちに、ベロベロになってしまった。
ここで、悪い考えが頭をよぎった。いま、襲い掛かればセックスできる。
思わずぎゅっと力強く抱きしめたところ、いきなり彼女がゲロを吐いた。なんでこのタイミングで!全身、ゲロまみれの彼女を介抱し、意識が戻ったところで風呂場に連れて行く。彼女だけを風呂に入れる。
…脱衣所にある脱ぎたてのパンティに目が留まった。ああ、もう我慢の限界だ。 気づいたときには手に取ってトイレの中に入り、ニオイを嗅ぎながらチンコをシゴいていた。
ああ、こんな関係でも恋人と呼べるのだろうか。そんな彼女、別れてしまえばいいじゃないかと思うだろうが、やっぱり俺はマイコのことが好きなのだ。彼女の信仰を否定する気はない。わかってて付き合ったのだから。でもこのままだと、俺の性欲はどうなる?肉体関係を持つには、彼女が脱会するか、俺が入会するか、道は二つに一つしかないのか…。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ