★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
54_20201010093725e63.jpg55_20201010093726370.jpg56_202010100937273b9.jpg57_20201010093729622.jpg58_20201010093730c51.jpg59_202010100937325e9.jpg
実験はシンプルにいこう。万札をたっぷり用意し、キャバ嬢の前で1枚、2枚と積み上げていくのだ。「これでどう?これならどう?」と。OKが出た時点で交渉は成立し、金額が判明する。その後は2人でホテルに…と、実際そこまでやってはいくらお金があっても足りないので、申し訳ないがその場でいったん現金は引き上げさせていただくとしよう。確認するのはあくまで"いくらで落ちるか"だけだ。
まずは中級店を検証すべく、歌舞伎町風林会館からほど近い大箱に足を運んだ。ハウスボトル飲み放題。古びているが豪華な店内は、キャバクラよりキヤバレーといった雰囲気で、ドレス姿のキヤストの他にバニガールもいらっしやる。待っこと数分、やってきたのは、ギョロ目で整形顔、痩せ形の嬢だ。表情や肌にハリがなく、死んだ魚のょぅに疲れた目をしている。値段をっけるとしたら、ニーゴーが限界か。場内指名を入れ、交渉開始だ。
「いくら?」「え一っ、そういうのやったことないし…」そう来ると思ったが、目の前に現ナマを見せ付けられれば返事も変わるはず。オレはスタッフの視線にビビりながらも、財布から諭吉を枚取り出した。「これだけじやもちろんダメだよね」
無言になる嬢。何するつもり?てな表情だ。続いて枚目。「これでどぅかな。まだ?」
自然に体を預けてくる。軽いね一、キミ。
「ならムしようよ」「ゲーム?」「今から現金を積み上げるから、自分が一晩供にしていいと思ったところで『ファィナルアンサ』っていって」「あはは、みのさんみたいに?」
諭吉を一枚取り出すと、女は驚いたようにパッと腰を引いた。「本当にやるの?ちよっと恐いよ〜」札束で膨らんだ財布を見せっっ、枚目を重ねる。顔がまだ笑ってる。ダメか。では枚目。彼女が目を見開いた。ファィナルアンサーか?「え…そういうのって相場がわからないから…」相場なんて関係ない。キミが自分の体にいくらの価値をっけるかだ。女の顔が引きっってきた。しかし声はかからず。「ファ、ファイナルアンサー」一晩の値段にしてはかなり高めだが、ここは高級店。何度も店に通って口説くよりは経済的だ。別のテーブル移動し、代わりに別の女嬢が隣に座った。「です。初めまして…ですょね?」レース調の白いドレスをまとった、笑顔が印象的な元気娘である。上玉だ。キミなら六本木の超高級店でも十分通用するょ。「ありがとう。前は六本木のクラブいたんですよ」クラブと言えば、キャバクラよりもランクが数段上。一晩かぎりのエンコーなんてとても無理か。ところがどっこい、目の前で現金をチラっかせると、あっさり交渉にノツてきた。
次は郊外の安キャバクラで試してみよぅ。中級店や高級店よりも遙かに時給の安い彼女たちなら低い金額でまとまりそぅだ。高田馬場の某店へ。深夜帯でも分千円、早い時間ならその半分で飲める店だ。フリーで店に入り、フロアにいるドレス姿の嬢たちを見渡す。どれも可もなく不可もなくといったレベルだ。「ご紹介します、さんです」店員に連れられ、席にやって来たのは、店内の最高ランク、女優の稲森いずみをケバくしたような女だ。
「こんにちわ〜。こんな遅くにどこからきたの?」
相当飲んでいるのだろぅ、まったくロレツが回ってない。マィナス千円。聞けば彼女、その癒し系のルックスがオヤジ受けするのか、池袋駅で露出度の高い服を着て人待ちしていると、よく「万円でどう?」などと声をかけられるそうな。「でも、体を売るのは絶対にヤダ。親に悪いよ。自分の子供がエンコーしてたら嫌でしよ」ずいぶん堅い考えの持ち主なんですね。しかも急に酔いまで冷めちゃって。でも諭吉を目の前にしても強気でいられるかな。「なら俺がエンコーしようって言ったらどうする?」はい、11枚。「億でも兆でもムリ。お金じゃないよ!」ここまで強く拒絶されるとは。んじゃ枚目。やっぱダメ?そしたら枚目…あ〜、もう面倒くさいから万でどうよ。「ほら、持って、持て!」有無を言わせず、彼女の手に諭吉を押しっける。その途端、彼女の体がブルブルしだした。
「えっ、本気?マジ体の震えが止まらないんですけどお」
あまりの大金に怯え出す彼女。さらにもぅ一枚追加したところで、コクリと頷いた。「11万なんて言われたこと初めて。ヤバいよね」兆でもムリって言い張ってた子が11万でコクリ。皆さん、どんな相手でも粘ったほぅがいいですよ!
結局、準備していた30万に達しても、彼女はウンと言わなかった〇じやあお金は財布にしまいましょぅ。金で落ちない純粋なキャバ嬢だっているんだね。逆に心が洗われる気分かも。「ちょっと待って」彼女が急に、札をしまいこむ俺の手を掴んだ。「ねぇ、本当に一晩だけ?ビデオ撮ったりしない?」気が変わったらしい。30万なら寝るってか。「そんなにいらないよ。現実的には3万くらいかな」「へ?3万でいいんだ」「あんまり高くても恐いし」洗われたはずの心がまた汚れてしまった。万って普通のエンコー女と一緒じゃん。結果はご覧のとおり。一発ヤリたいばかりにお店にせっせと金を落としている皆さん、いますぐ作戦変更したほぅがいいでよ!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内