★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
134_20201009145345e4a_2020100920322183b.jpg135_20201009145344a12_2020100920322097d.jpgこの長い棒が私の息子のサイズ勃起時だ。縦19センチ。太さはパルメザンチーズの缶ほど。自慢ながらに言わせてもらう。私は巨根だ。巨根人生、その間いろんなことがあった。
自分のチンコが普通じやないと気づいたのは、中2のころだった。体育の時間に体育座りをすると、短パンの横から完全にサオが飛び出していたのだ。数日後、近所の銭湯でオヤジが長いモノをブラブラさせながら言った。
「遺伝だ。うちの家系は代々チンコがデカいんだよ」
子供ながらに何となく誇らしくなったのを覚えている。そのころ私は自分のモノの長さを活かし、マン繰り返し状態で一人フェラをよくやった。何かにつけて、クラスの連中の前でズボンを下ろし、自分のモノを見せつけた。がしかし特別オイシイことは何もなかった。高校での初体験は相手も処女だったのでなかなか入らず死ぬほど苦労したし、ハタチを過ぎて本格的にセックスを愉しむようになって以降も、だいたいのコはギャーと痛がった。自然、体の関係が続く女はの子に限られた。
「おらおら、腹が破れそぅだろ!」「ぁっ。すごい大きい〜」「やっぱりこのデカさがいいだろう」
「いい、いい!すごい!」
いったん巨根にハマった女性は、がっぷりと食いつき離れなかった。喜ばしいことだが、私自身ではなくチンコ目当てなのではとの疑惑は常に感じた。巨乳のコが言いがちな「胸が目的なの?」と同じじ理だ。
せっかくのビッグマグナムなのに、いざというときに痛がられては狼狽し、「いいー」と言われても心底は信用できない。贅沢ではあるが深刻な悩みだった。
セックスだけを純粋に楽しみ始めてからは、自分が恵まれていることを実感した。風俗嬢には向こうから店外デー卜を持ちかけられ、ハプニングバーでは好きモノ女にちやほやされた。そして、私はミクシィの巨根コミュに入会した。掲示板にチンコがデカィと洋式便所に座ったとき、亀頭がベンキに着く。仲間ができていった。ある日のこと、メンバー女性の子からメールが届いた。
「突然すみません。いいモノを持ってるそぅですね?」
メールによると、何度かここのコミュの男性と出会ったものの、巨根と言いつつたいしたことない人ばかりだったので、ぜひとも私のモノを見てみたいそうだ。断る理由はない。いざ会ってみた子は、見るからに清純そうな女性だった。喫茶店で軽く挨拶をした後、彼女から切り出してきた。
「じゃあ、そろそろ行きませんか」「そうですね」
そのままラブホへ直行。分後には、彼女は私のモノにもだえていた。
「ほら、腹がやぶれそうだろ」「いいいい、大きいわ」
ミクシィの日記に巨根がらみの日記を書くようになって以降、女性から「巨根に興味がありますわ」的なメールが来るようになった。でかいイチモツに体を貫かれたい一般女性は、思いのほか多かったのだ。誰も不満はロにしなかった。実物を見て、誰もがうれしそうにほおずりした。モノによつて女をかしずかせる快感は他に代えがたい。
私は都内某一で巨根比べ会なるイベントを開いた。この、自分の会には女性陣もやってきステージに立った男たちのチンコを、彼女たちがシゴオヤジ、本当にありがとう。キ、メジャーで計る。さなか計測の後はもちろんあつらのような光景だ。あっちこっちでハメ大会になった。優勝こそ逃したものの上サイズがたらない二ーちゃんには上がいるものだ、私のたちは壁の花。ああ、巨根でモノに女性陣は舌なめずり。よかったぁ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ