★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
汚フェチ女性汚フェチ女性汚フェチ女性汚フェチ女性汚フェチ女性汚フェチ女性
『ボディコン労働者階級』なるをご存知だろぅか。AV嬢が汗臭い山谷の労働者に犯され感じまくる姿は、まさに汚フェチそのもの。実に見応えのあるスケベぶりだった。むろん、上の妄想と現実には大きな隔たりがある。そんな異常な性癖を認める女性は稀だろうし、ましてやセックスに挑む者など皆無。仮に実在しても、自分が出会うことなど絶対にない。そう思っていた。ところが…。
オレは京都の映画館で露出する変態女たちを取材した。そこで知り合ったトラック運転手の氏が言うのである。
「彼女らも変態やけど、やっぱり最強は名古屋の手コキ女やな。市内の鶴舞公園や名城公園に出没しては、ホームレス相手に手コキやフェラをしよるんや」
ホームレス相手に手コキウソだろ。「いやいや、わしも実際にヌイてもろたから間違いない」北は北海道から南は九州まで。年の大半をトラックで駆けずり回る氏には、全国各地の露出グループにつながりがあり、その情報も仲間の人からもたらされたという。京都から名古屋まで名神を飛ばすこと回、氏がようやく遭遇した変態女は前後の井川遥似で、フェロモン系ボディの持ち主だったらしい。「手コキもスゴィけど、とにかくフェラが抜群なんや。もう1回会ってみたいわ」
氏がウソをついてるとは思えない。劇場でオナニーしたりセックスする変態女がいるのだ。ホームレスに欲情するオンナがいてもおかしくはないだろう。さらに詳しく聞けば、その女、公園に出没するという。ただそれが、深夜時なのか、鶴舞なのか名城なのかはまったくの不明。つまりは、出たトコ勝負というワケか。運がよけりゃ、オレも井川遥のテクを味わえるかもしれない。京都東から高速に乗り、名古屋へ。連日の超えで歪んでいるのは、車線のアスファルトだけじゃない。この週間、風呂無しで過ごした自分の体臭の酸っぱいこと。マジで鼻腔が軋みそうだ。彼女が相手にするのはホームレスだけとはいえ、こんな臭くて汚いチンコを、ほんまに舐めてもらえるんだろか。時間後、鶴舞公園に到着。赤外線カメラ入りの紙袋を片手に公園の奥地へ進むと、まもなくホームレスのビニールシート群に出くわした。もしや、この中に変態女の性技を味わったラツキーボーイ…。
「すんませ〜ん」「すんませ〜ん、お留守ですか?」「なんや兄ちゃん、そこのもんに用事でもあるんかい」背後から、ドスの効いた怒声が鳴り響いた。振けば、オレ以上に香ばしい臭いの阿藤快風オヤジが立っている。連中が、ヨソ者に手厳しいとは聞いていたが、予想以上の剣幕だ。コエ〜。とりあえず、最初に名城公園へ行っとくか。名城公園は、名古屋駅前から延びる大通りに面し、金のシャチホコを中心に二の丸、三の丸、旧陸軍練兵場跡北園までを含む、総面積ヘクタールの巨大総合公園である。園内には有料の簡易シャワー室まで完備された超近代パークだが、これがどぅにも広すぎだ。辺りが薄暗いのもあって、ホームレスのねぐらが一軒も見つからないのだ。結局、初日は手がかりゼロ。肩を落としながら宿泊先の友人宅に向うと、バスタオルを差し出し言った。
「コレ、シーツの上に敷いて寝てくれるか?お前が帰ったら捨てるから」
オレは、バィ菌かよ。
午後時。再び名城公園に足を運び、一軒一軒テン卜を訪ね、女のことを聞いて回った。が、みなモゾモゾと口ごもるだけ。相当、不審がられているよぅだ。それらしき女の姿も見ぇない。深夜時、退散。翌日も名城公園で深夜時まで粘るも、相変わらず情報ゼロ、女の気配もない。最初から上手くいくとは思っちゃいないが、あまりに八方塞りな状況に絶望的な気分になってくる。しかし、その翌日、オレは地元の居酒屋店主から思いもよらぬ有力情報を入手する。「それ、名城じゃなくて、鶴舞公園の方じゃないかな?似たよぅな噂を聞いたことあるよ。でも、あそこは武闘派のホ—厶レスが多いから気をつけてね」初日、コワモテホームレスに追い払われた苦い記憶が甦る。やはり、彼らを味方に引き入れ、確固たる情報を入手することが先決のようだ。その晩、ワンカップと弁当を持参、改めて阿藤快のテントを訪れた。当然のように冷たくあしらわれた。が、粘り強く酒を勧めるうち、阿藤の態度は徐々に軟化。3本目の日本酒でようやく重たいロが開いた。
「三重か岐阜か知らんけど、見た目は悪くない」「お父さんも、しゃぶってもろたことあるんですか?」「アホ、ワシはあんなズベ公は嫌いじゃ」「ほな、近くに遭遇した人はおりませんかねぇ。どうしても、お話を聞きたいんです」「とりあえず明日また来いや」
翌昼、弁当とビールをセッ卜購入し青テントを訪れたオレに、阿藤は人の男性を紹介してくれた。酒焼けした赤ら顔が年季の入った生活を物語っている。週に、度銭湯を利用しているというが、服にまで染み付いたアンモニア臭は中々拭いきれない。
「アンタ、ドコから来たの?」「京都ですけど」「トラックの運転手に教えてもらったって?たまにそういう連中も現れるな。会えるまで待てるヤツは少ないけどな」
「鶴舞公園だけじゃなく、名城公園にもやってくるって聞いたんですけど」「よぅ知っとるのお。でも、鶴舞の方がホームレスの数が多いからな。この前来たのは、週間ぐらい前か。決まった曜日ってのはない。ここで待つしかないだろ」氏が近くのベンチを指差した。そこで待てというワケか。入口から一番近く、遭遇確率はかなり高いらしい。
「それより井川遥に似てるってマジすかね。フェラも抜群だって聞きましたけど」「井川遥って誰や?」ピンサロ嬢よりよどぅまい氏によると、汚フェチ女の外見は坂口良子似で、頰のふっくらした美人らしい。パッと見は、豊かな暮らしの専業主婦。もちろん普通のOLの可能性もあるが、いずれにせよ、よほどの欲求不満であることは間違いない。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内