★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
セックスできるキャバ嬢の情報セックスできるキャバ嬢の情報セックスできるキャバ嬢の情報セックスできるキャバ嬢の情報セックスできるキャバ嬢の情報セックスできるキャバ嬢の情報
【概略・全文は上記記事をお読みください】
まずは、下のリストをご覧いただきたい。これ、かの有名な掲示板サイ卜の中のヤレたキャバ嬢新宿編というスレッドに掲載されたものだ。当初はわずかだったのが、書き込みは日に日に増え、データがドーンと揃っている。このリストの価値、キャバクラファンならずとも、わかっていただけると思。あらかじめ、どのコがお股ユルユルのマクラ嬢ヤレるキャバ嬢のことかわかっていれば、せっせと店に通い続ける努力は不要。特に日々、同伴やプレゼントに金を注ぎ込み、それでもなかなかヤラせてもらえない俺のような男には、値の情報といえよう。ただ問題は、信憑性である。果たしてリストに書かれたキャバ嬢は本当にヤレるのか。それ以仏刖に、そのキャバ嬢は実在するのか。なんせ、出所はあのちゃんねる。ガセである可能性も否定できない。
そこで今回、全国のキャバクラファンを代表して、この俺が直接リスト中のキャバ嬢に会いに行き、その真偽を確かめてこょうと思う。ルールは一つ、会ったその日のうちにヤレなかった場合は、次のキャバ嬢に対象を変えること。我ながらハードルを高くしてみたが、アフターでいきなりホテルへ、という展開こそがオイシイと言えるのだ。
在籍していた検証の最初に、リストにある店へ片っ端から電話をかけ、女の子の在籍確認を取ってみた。結果は記述通りの店に現在も在籍中であることが判明。残り半数も、退店後の消息まで掴めなかったものの、最近まで確かに在籍していたことがわかった。意外にもこのリス、信頼度は高いよぅだ。では、さっそく夜の街に出かけよぅではないか。まずは歌舞伎町だ。キャバクラ通の友人の話によれば、リストに載っていた店の中でも、もっとも女のコのレベルが高いらしい。否が応でも胸は高鳴る。
「いらっしゃいませ!お客様、ご指名はございますか」店の入り口で、呼び込みの二チャンが声をかけてきた。指名するコは決まっている。同店は人のキャバ嬢がリストアップされていたが、人はすでに辞めている。残る人は、「え一っと、舞チャンいますかね?」「はい、大丈夫ですよ。舞さんご指名でぇ〜す」ボーイの誘導で入場。ふかふかのソファに腰掛け、周囲を見回す。アイボリーを基調としたムどきのカフェっぽい内装。ウワサどおり、レベルの高い女たち。なるほど、平日の深夜時過ぎにもかかわらず、半分以上の客席が埋まっているのも納得がいく。「どぅもよろしく一」
舞が隣に座った。ゴージャスな白いドレスをまとつた、ややイケイケ風。おせじにも最上級とは言えないが、競争の激しい歌舞伎町でも十分やつていけそぅなルックスではある。
「初めてなのに、どぅして指名してくれたのぉ?」「店の前に女の子の指名写真貼つてあるでしょ。アレ見て、力ワイイなあって思って」
「ウッソ、うれし〜」キヤッキヤと声をあげ、自然に体を預けてくる舞。ククク、ケツが軽そうやのう。下ネ夕も全然イヤがらないし、これはひよっとしてひよっとしちやうかも。
「なんか俺、腹減ってきたなぁ。ねえ、店終わったらどっかでメシでも食いに行こうよ」入店から約時間、舞をアフターに誘った。もう少し様子を見てもよかったが、場の流れからして、まず断られることはないはず。
「あ、ごめん…」「えっ」「アタシ、アフタは週末しかやんないの」「え一、別にいいじゃ一ん。寿司でも焼肉でも、なんでもおごったげるからアフター行こぅよ」「じゃあ、週末また来てよ。そしたら行くから。ね?」このリアクション、どう受け取ったらいいものか。決してウソを言ってるよぅには思えないけど…
エロ卜—ク得意な子他にたくさんいるよ
何ともスッキリしない結果に終わった翌日、今度は新宿西口に向かった。夕ーゲットはキャバ嬢。冒頭で紹介したスレッド「ヤレたキャバ嬢新宿編」で彼女とハメた方はこんなことを宣っている。
自慢じゃないが、指名は一回だけ実に心強い。前回同様、呼び込みのニーチヤンに指名。タバコを吸い吸い、店内のソファに腰掛けていると、やたら若い南国顔が近づいてきた。ん、このコがそう?「こんばんは、ナミで一す」「あれ、ア力ちゃん指名したハズなんだけど」
「ゴメンねぇ、だいぶ待った?」「いやいや、そんなことないよ。ってかさ、スタイルいいよね」「またまたあ。最近ちよっと太ってきたんでダイエットしなきゃって思ってるくらいだし」「本当?このバスト目当てで来るお客もいるんじゃないの?」「だとイイんですけどね一。アタシなんてもう古株だから大して人気ないですよぉ」悪くない。ウソ臭い愛想ばかりふりまく昨今のキャバ嬢と比べれば、素直でぃぃコじゃなぃか
「俺、オッパイに目がないんだよね。その巨乳でパイズリしてもらったら死んでもいいな」「え…やだ一。アタシよりエロトーク得意なコ、他にたくさんいるよ〜」「いやいや、ア力ちゃんがいいんだって。ね、ちよっとだけ触らしてよ」「ダメだよ」「いいじゃ一ん」胸元目がけ、クネクネ腕を伸ばすと、ハシつと掴まれた。
「あはは、しつこいそ!」顔は笑っているが、目はマジ。以後、一切会話が盛り上がることはなかった。体の調子が悪くなっちやったクソ〜、このままじや家に帰れんぞ!ア力にアフタを断られた俺は、その足で歌舞伎町へ向かった。もぅひと勝負する余裕は十分ある。例のスレッドではブサイク。あんなのとヤレてもぅれしくないとまで酷評されていたが、低め打ちでケッコー。今はとにかくヒットが欲しい。「グロ!」はコスプレデーだった。店内は看護婦、女性警官、セーラー服、バスローブ姿のキャバ嬢たちで溢れ返っている。ソソるねえ。「とうでっす」すっかり鼻の下を伸ばしきった俺の耳に、やけにカン高いアニメ声が飛び込んできた。
振り返って絶句した。声の主は、体がモコモコの着ぐるみに覆われている。キ、キミ?
「テントウムシなんですよぉ。さっきドンキホーテで買ってきたんですぅ」「あ、そぅなんだ…ハハハ」「あの一、ホントにアタシでいいんですか」完全なお笑いキャラに落胆しきりの俺に、心配そうな表情を浮かべる。アタシでいいですかうて今さらなぁ。ただ、よくよく見ればルックスは決して悪くない。着ぐるみを脱げば、アッチの方だってけっこう淫乱だったりしちゃぅかも。「いままで何人くらいの男と付き合ったことあんの?」「全然大したコトないよ」「じゃあどんなエッチが好き?」「アタシ、ノーマルだからなあ」空振り気味のスケベトークをモノともせず、、俺は切り出した。「店、何時に終わるの?一緒に食事に行こうよ。後でメールするから」「ホント?じゃあ、メール待つてるね」おお、好感触。三度目の正直つてやつか。いつたん支払いを済ませ、時間潰しに近くのマンガ喫茶へ。どんな体位で責めちやろうかと頭をこねくり回していた深夜時半、携帯メールが届いた。ゴメンネ〜、ちよつとカラダの調子悪くなつちやつて。また誘つてね。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ