★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
兄妹の近親相姦のエッチ体験談兄妹の近親相姦のエッチ体験談兄妹の近親相姦のエッチ体験談兄妹の近親相姦のエッチ体験談兄妹の近親相姦のエッチ体験談投稿したのは、熱心な読者である彼氏の薦めがあったからだ。私の知り合いである、兄妹。一見、どこでにもいる仲のいい兄妹だが、仲が良すぎてもおかしなことになってくる。血の繋がった人は歪んだ愛の世界に生き、最終的に妹が兄を包丁で刺すという最悪の結果まで引き起こしてしまった。私が見た、ある兄妹の愛憎劇を報告しょう。ヤリチン男と付き合う気はない年夏、女友達に誘われ、合コンに参加した。当時、私には年上の好きな男性がいたが、悲しき片想い。新しい出会いを期待する気持ちもあった。当日、地元、埼玉越谷の居酒屋に男女が集まった。そこに沢田啓介仮名がいた。背の高いジャニーズ系のイケメン。
啓介はノリがよく、サービス精神が旺盛。さりげなく下ネタも振ってきて、場を盛り上げた。
「葉月ちゃんていうの?よろしくね。彼氏いるの?」「ハハハ。それが、ずっと片思いなんですよ一」「え一、そんなに可愛いのにぃ」「誰にでも言ってそ一」啓介が私に積極的に話しかけてきたのは、たまたま席が隣り合わせだったからなのかもしれない。コンパの帰り、私は主催者の女友達に呼び止められた。「啓介がね、アンタのこと気に入ったって言ってたよ。電話番号聞かれた?」「うん。一応」「けどあいつ、誰とでもヤろうとする男だからさ、気をつけてね」
啓介は翌日から、毎晩、私の携帯に電話をかけてきて、デー卜に誘った。単にヤリたいだけだろう。コンパの席でも、セフレのような相手が何人もいると話していた。そんなヤリチンと付き合うほど私は軽くない。が、女性にはマメな性格なようで、話していて楽しいのも事実。食事ぐらい付き合ってもいいだろう。後日会って、意外な共通点がわかった。当時、私は地元のサッカーサークルでマネジャーをしており、彼もまた別のサッカーチームに所属していた。自然、話は盛り上がり、私たちの距離は急速に縮まった。偶然ながら、自宅も歩いて分もかからない距離だった。「なら、ム度遊びにきなよ」「絶対に手出してくるじゃん?ヤダよ一」拒絶しながらも、少し期待していた。そのころ私はまだ学生だったのだが、親との折り合いが悪く、毎晩のように友達の家に泊まり歩いていた。聞けば、彼の実家はほとんど両親がらしい。これは、都合のいい宿が見つかったかもしれない。
実は、たまにフェラしてもらってる啓介に妹さんがいると知ったのは、初めて彼の自宅を訪れたときのことだ。啓介の年下、私より年上で、名前はアサコさんといった。ィケメンな兄に似てか、顔は可愛いが、茶髪にミニスカ、オネギャル風フアッションで身を固めた派手な外見だった。正直、ケバい。何でも、テレアポのバィトをしているらしい。
「こんにちは。お邪魔します」
声こそかけてはくれたが、ぶっきらぼぅな口調で、冷たい視線。こわ一。
「ねえ、妹さんって、元ヤンか何かなの?」「いや、昔は真面目な感じだったんだよ。最近あんなんになっちゃったけどさ。男遊びも激しくなったな一。ちよっと待ってて。何か飲み物持ってくるから」啓介が部屋から出ていって間もなく隣室から声が聞こえてきた。「なに、また違」「お前に関係ないだろ?」「家に女連れてこないでよ」
やっぱり歓迎されてないみたい。でもなんでそこまで言われるの?何事もなかったかのよぅにコーラを手に戻ってきた啓介に聞く
「ちよつと、私、ここにいても大丈夫なの?」「アィツ、自分も男連れ込んでるくせに、いつも文句たれるんだよ。気にしなくていいから」啓介は言ったが、その後、私が啓介の部屋に遊びにいくたび、妹さんの風当たりは強くなってぃく。「また来たんだ。あんまりウチに来ないでくれる?」面と向かってここまで言われたら、普通は遠慮したり、足が遠のくものかもしれない。が、私も私で我の強い人間だ。彼に招かれ、彼の部屋にいるだけなら、何も問題はないはずだ。しかも、私はまだ啓介とはキスだけで、それ以上の関係はない。
「本当ゴメンな。アィツ、ちよっと頭おかしいんだよ。前に部屋でヤッてたらさ、いきな入ってきて、『今すぐ出てけ』って。ヤバすぎだろ?」「なんで?そこまでされて、どうして怒らないの?」「怒ったよ。何度も言ってるけど、変わらないんだ。アィツはそういう性格なんだよ」このころから、私の中である疑念が芽生え始めていた。妹さんは啓介に対し、兄妹愛を超えた感情を持っているんじゃないか。要は嫉妬ではなかろうか。「それはないだろ。小さいころから俺が面倒見てたようなもんだから、お兄ちゃん子だけどさ」啓介は否定するが、あの態度は普通じゃない。明らかに妹は兄に恋愛感情を抱いている。あるとき、何げに聞いてみた。「でもアンタってさ、誰でもヤレればいいと思ってるじゃん?妹さんとでもヤレちゃうんじゃないの?」「…なんで、そんなこと聞くの?「ハハハ、冗談」「…実はさ、たまにフェラチオとかしてもらってる」えっ、アンタ、何言ってんの?ウソでしよ。「ウチの妹って遊びまくってるからさ、結構上手いんだよ」
「マジマジ。今でもたまにしてもらうことあるし」「信じられない…」
驚く私に、開き直ったように彼は零っ。年ほど前の夜、友人たちとコンパに参加したものの、狙った女の子のお持ち帰りに失敗、しょんぼり帰宅し、妹さんに愚痴った。と、彼女が顔色一つ変えずに言ったのだという〇—じゃ、お兄ちゃん、私が抜いてあげよっか?
「びっくりしたけど、まぁ冗談だろうって『おぅ、抜いてくれよ』って笑いながら言ったんだ。そしたら本当に『じや、ズボン脱いで』って。で、そのまま…」以来、啓介は妹を部屋に呼びつけ、今でも関係を続けていた。じや、セックスもしてるわけ?「ん一、それはさすがにないけど、正直、全然ヤレるよね」もはや私は、哑然とするしかなかった。傷口から血がドクドクあふれ…歪んだ兄妹の関係に嫌悪感を覚えつつも、下世話な興味が高まり、私は以前にも増して、人に近づくょぅになっていく。が、妹さんは、私の想像以上におかしかった。啓介の部屋に遊びにいくたび、彼女の部屋から奇声が聞こえるようになったのだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ