★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0072_20180423114533334_20190815100656427_202008161830336ac.jpg0073_201804231145356be_2019081510065706b.jpg0074_20180423114536788_20190815100659ca0.jpg0075_201804231145378ef_201908151007009ee.jpg0076_201804231145392ba_20190815100702f24.jpg※この記事は知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
単体でも十分に楽しめる合ドラだが、長年やっていると、さすがに飽きがくる。もっと強烈なトリップが欲しくなるのだ。そこで私がやってるのが、複数の合ドラをチャンポンして一度に服用する〝カクテル〞という方法である。ジャンキー用語では「カクる」とも言う。合ドラに限らず、あらゆるクスリは、成分の異なるものを混ぜ合わせると、科学反応を起こし、まったく違った作用が現れるケースが少なくない。効果が悪くなることもあれば、逆に良くなることもあるのだが、良い方向に出たときのパワーは凄まじい。天国までブッ飛ぶことができるのだ。あれこれ試した末、私が発見した黄金コンビが、
●ケーワン(粉末タイプ)
●ジョイ(リキッドタイプ)
の二つを、それぞれ適量の半分つつ混ぜ合わせるやり方である(これ以上、多いとオーバードーズの危険がある)。服用後、20分ほどすると、次のような作用が現れる。
・聴覚が敏感になる=クラブにいったとき、爆音のテクノ音楽が脳の中でぐるぐるまわった。神様の
音楽を聴いたような錯覚を覚えたほどだ。
・強烈な多幸感=超ハッピーになり、他人にも分け与えたくなる。同じくクラブで踊ってたら、知らない人に抱きついていた。
・皮膚が敏感になる=女のコと手を握るだけで、トロけそうになる。セックスはキスから挿入まで超快感。セフレと3時間ヤリっぱなしだったことも(食欲や味覚には作用しない)。
オレは毎日、駅から家まで自転車で帰る。いつも途中のコンビニで缶ビールを買い、とある坂の下でごくごくイッキ飲み。そして息を止めながらチャリを漕いで坂を上る。酸素が回らないので、頂上に着くころには頭がフラフラだ。そこから坂をぴゅ〜〜ん。心地よく酔った状態で、風がカラダを抜けていく。最高に気持ちいい。生きててよかった!明日も頑張って働くぞ!ちなみにオレは今年32才だ。
ハルシオン。言わずとしれた睡眠導入剤である。ジャンキーたちはよくトリップ遊びに使っているが、一つだけ難点がある。睡魔だ。 ハルシオンの場合、服用後20分ほどで眠くなり、これをガマンすれば50分後くらいにトリップできるのだが、現実には睡魔に耐えられず、コクリコクリと眠ってしまうことが大半だ。そこで私がやっているのが、ケツからハルシオンを入れる方法だ。本来、クスリは口から摂取するよりも、尻から入れた方が早く効果があらわれる。同じ粘膜でも尻の方が吸収が早いのだ。これにより、眠くなるまでの時間も、トリップまでのガマン時間も50%ほど短縮されるのだ。具体的な手順は次のとおりだ。
●錠剤のハルシオンをすり鉢で粉末にする。
●湯煎した生理食塩水(20ミリリットル)でハルシオンを溶かす。
●スポイトで液体を吸い取り、肛門に注入する。
●肛門から液体が漏れないように、ごろりと横になる。
●浣腸が必死で耐える。
●約10分ほ後、20分状態に。トリップの内容は、フラフラした酩酊感と、気分の高揚感で、たいていの人はやたらと饒舌になる。
にもかかわらず、次の日にはまったく覚えていないのだからおかしなものだ。
アイドーザーの中身は、テクノとトランスを混ぜたような感じとでも言おうか。歌声はなく、ただひたすら気分が上がるメロディアスな電子音楽が続くだけだ。そこにギューンというノイズ音が重なり、聞き入っているうちに現実感が失われ、アッチの世界へイッてるというワケだ。
失神ゲームは、イジメにもよく使われる。僕自身、小学校時代はよくやられていたクチだが、それがイヤだったかというと……。人間が失神したときは、すーっと血が引き、意識が消えていくような感覚になる。俗に言う、ブラックアウトと呼ばれる現象だ。自分は死ぬんじゃないか、とうっすら思うのだが、恐怖はない。むしろ、天国に運ばれるような、喜びに近い感覚に全身が包まれるのだ。ただしこの方法、うっかり加減を間違えると、本当に死んでしまいかねない。いくら快感が大きくとも手を出さない方が無難だろう。
私はリストカットマニアです。会社やプライベートで何かいやなことがあるたび、自分の手首を切っているのです。読者の皆さんは思うかもしれません。手首を切るというのは、自殺行為。鬱々としたメンヘラーなんじゃないかって。そうではありません。私の場合、死ぬつもりは一切なく、あくまでストレス解消の手段としてリスカを行っているのです。方法は、まずお風呂に入って体を暖めてから、よく腕をもみほぐします。血の出がよくなるからです。続けて、キレのいい日本剃刀(安全剃刀ではなく、床屋が使ってるようなタイプ)を手首に当ててスパッ。このときの注意点は二つ。
●手首の表側を切ること。
裏側は、太い動脈があるため、本当に死んでしまう恐れがあります。その点、表側なら大事に至る心配はありません。
●刃は、皮膚に軽く当てて、軽く引く。
人差し指と親指の二本でカミソリをはさみ、ぶらぶらするぐらい軽く握った状態で、スッと手前に引けば、深く切れずに済みます。押してはいけません。こうしてリスカをしてみると、思いのほか痛くないことがわかるでしょう。むしろ痛かゆいような感覚が快感なのです。
さらに、傷口からあふれ出す血を見ると、めまいがしそうになってまたグッド。一回やり出すと、手首どころか、腕までいきたくなるから不思議です。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ