★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
風俗のリアルチカンプレイ風俗のリアルチカンプレイ風俗のリアルチカンプレイ風俗のリアルチカンプレイ
パンツ丸出しで歩き、半ケツ丸出しのローライズや見せブラなんてのが流行る、このご時世。電車の中や街角でリビドーを感じるなという方が無理な話ってもんだ。もちろんチカンは犯罪である。電車の中で胸の谷間を強調させた井上和香似のナイスバディの女性に、欲望を抑えきれず、尻とか胸とか触っちゃったら、もう大変。
人生が終わる。会社はクビ。妻子がいたら、離婚は確実。それまで築き上げてきたものがボロボロに崩壊する。それがわかっているから常識ある男は決して手を出さない。でも、欲望を抑えたぶん、さらにリビドーは増幅する。そこで、フーゾクだ。実に画期的な店を見つけた。チカンを題材にしたイメクラは数あれど、どんなに趣向をこらそうが、あくまで屋内でのプレイ。
が、そこはなんと、実際に山手線に乗り、車内で女のコを触らせてくれるといぅのだ。限りなく、日常に近いシチュエーションで楽しむチカンごっこ。果たして、どんな興奮が得られるのだろぅか。
モテナイ男は、決して触れることができない禁断の椅子。確かに度は座ってみたいが、フーゾクでっていうのはどうよ。プレイ後、ますます自分が惨めにならないか。てなことを考えているうち、ようやく先客のサラリーマンの予約が終わり、受付へと案内される。
「大変おまたせしました」若い店員はマニアを相手に少々お疲れの様子。
「えっと、さっきの店員さんにも言ったんだけど、山手線に乗ってチカンできるコースがあるって」「はいはい」店員がすかさず、パンフレットのようなモノを取りだし説明を始める。正式には『公然わいせつコース』というらしい。「まずビルの下から女のコが先に歩きますので、その後を付いて行ってもらいます。で、山手線に乗って新宿まで、その往復ですね」「チカンの後、ヌキはないの?」「ありません。ビルの下からプレイ時間がスター卜しますから、新宿まで往復するとだいたい60分はかかります」ヌキなしでは、かなりの高額だが、それだけの価値があるということか。ちなみにマンガ喫茶のカツプルコースでイチャイチャは30分で一万円だ。システムはわかった。あとは女のコだ。店員によると、このコースがこなせる女性は、いま人しか出勤していないという。さっそく写真で確認しよう。まずはちゃん。合コンで菊池桃子似の女のコが来るからと言われ、期待マンマンで行ったら騙されたという顔立ちだ。目は大きいが野暮ったい田舎顔である。もうひとりは、安倍麻美をチョイ崩したような童顔丸顔のちゃん。元モー娘。のなっちではなく妹の方だ。正直に言えば、両方ともごく普通のヘルスなら「また来ます」と回避したくなるルックスではある。が、なぜか写真を見てホッとしている自分がいた。というのも、こちらは過ぎのオッサンである。顔だってイケメンにはほど遠い。そんな輩が電車の中でモデルみたいなイケテル今風の女性の尻をなで回してたら、あまりにも怪しすぎる。っていうか、隣に立っているだけで「この人チカンです!」と告発されそうだ。その点、この程度といっては失礼だが、人は少なくとも街中で男どもの目線を釕付けにするようなタイプではない。緒にいても普通にカップルとして見逃してくれそうな気がする。オレはセーラー服を着るにはちよいと歳が行き過ぎているちゃんを選択。
ビルの前で待つ、Aちゃんが現れた。いよいよ山手線チカンプレィの始まりである。オレと目を合わせ軽く微笑むと言も発せずに彼女はスタスタと歩き出した。慌てて後を追ぅ。もしも正義感溢れる乗客に「チカン!」と手首を掴まれたら、彼女は「恋人です」とオレを庇ってくれるのだろぅか。まさか「フーゾクのプレィなんです」とは言わないだろな。それはそれで恥ずかしいモノがあるぞ。
電車が滑り込んできた。これに乗るのか?ちょっと待ってくれ。まだ心の準備ができないぞ。平静を装ってるが、内心ドキドキなのだ。様子を伺うオレをムシするかのように、彼女がホームの端まで歩いていく。そうだよな。車両の真ん中ではチカンしにくい。やはり先頭、もしくは最後尾の椅子がない場所だろう。ちゃんの斜め後ろに立ち、新たな電車を待つ。周りには、サラリーマンやオバチャンたちに混じって家族連れもいる。すでに世間は夏休みモードだ。次の電車がホームに滑りこんできた。ドアが開き、人がドヤドヤと降り、流れが止まる。
すかさず乗り込む彼女。後に続くオレ。入口とは逆のドアの真ん中付近が空いている。彼女はドアに左肩を付けるよぅにして立ち、オレはその背後に場所を確保した。人の距離はセンチもない。車内の混み具合は微妙な感じだった。空いているわけではない。かといって立っている乗客同士の体が触れ合ぅほど混み合ってもいない。学生がこっちを見てる電車が走り出す。いよいよ、いよいよだ。目の前にチカンしてもの女のコがいる。彼女はフーゾク嬢で、その権利をオレが買った。触っても大丈夫だ。しかし、オレの腕は動かない。ちょこっと動かせば、手の甲が彼女のお尻に触れる。でも動かない。
どう思うだろうか。力ップルがイチャイチャしている?いや、そんな雰囲気はない。単なる変質者?その方が妥当だ。冷房の効いた車内なのに、どんどん汗が出てきた。逡巡しているうちに電車はドンドン進む。気が付くと高田馬場駅。池袋〜新宿区間の半分が過ぎようとしているのに、オレはまだ指本彼女に触れちゃいない。何やってんだ。高田馬場駅を過ぎたところで、ちゃんがオレの方を見た。まだ触ってこないオレを不思議がっているのだろうか。触ってもいいんだよ、大丈夫だよ、とオレを諭しているかのように慈愛に満ちた笑みを浮かべている。センチほど近づき、彼女のお尻に左手の甲をくっつけてみた。柔らかさを感じるほどではない。単にデニムの生地と手の甲の距離が〇センチになったというだけだ。それでも心臓はかつてないほど大きく、激しく動く。彼女がトートバッグを腰の当たりまで持ち上げた。
山手線の車中で女のコの身体を触る行為は、予想以上に壁が高い。考えてみれば、これまで付き合った女とだって、公衆の面前でベタベタと触り合ったことはない。せいぜい手を繋ぐ程度だ。ここは考え方を変えるべきか。よりチカンっぽくしよぅとするから周りが気になるのだ。もっと大胆にいこぅ。イチャイチャしてるカップルなんていっぱいいるじやないか。残り時間5分。羞恥心を捨てろ。ちゃんだってわかってくれるはずだ。新宿からの帰りの電車の中で、オレは彼女の真横に陣取り、意を決して腰に腕を回した。もはやチカンではなく恋人プレイだが、これ以外に触ることなど、今の自分に不可能だ。腰をなで回し、さらに下乳へと手を伸ばす。もちろん、周りの背線は気になったが、オレたちはアツアツのカップルなんだと思い込んだ。胸を軽く揉んでみる。ブラのゴワゴワとした感じが伝わってくる。と、彼女が唐突にオレの肩に頭を乗せてきた。
その後も、オレの手は興味と好奇を持った目でいろんな人たちに見られ続けた。そして、あっという間に、電車は池袋へと到着。リアルチカンプレイは終了のベルを告げた。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内