★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
俺には行きつけのピンサロがある。JR中央線沿線にあるその店は、フリー指名で入ってもハズレ嬢に当たらない優良店で、月に2回くらいのペースで通っていた。その日、いつもと同じようにフリーで入店し、半個室で嬢を待っていたところ、数分で場内アナウンスが入り、地味目な顔の華奢な嬢が笑顔でやってきた。そこで嬢から衝撃的な一言を浴びることになる。
「あれ、坂田くんじゃない?」
確かに俺の名前は坂田だが、嬢の顔に見覚えはなかった。飲み屋かなんかで知り合った女だろうか。
「ほら、高3のとき同じクラスだったじゃん? 覚えてないかな?」
 は? 高校の同級生? まじまじと顔を見てみるが、イマイチ思い出せない。いぶかしげな俺の顔を見て嬢が慌てて付け加える。
「あー、あたし地味だったからね。部活もイラスト部だったし。斎藤って覚えてないかなぁ?」
言われてみれば、そんな女もいたような気がする。その後、学校の名前やら他の同級生の話を聞いてみると、確かに同級生の女のようだ。これは大ニュースだ。女の方からカミングアウトするのは意外だが、同級生ってだけで興奮してきた。
「じゃあ、始めるからズボン脱いでー」
何事もなかったように準備をする彼女。同級生をフェラチオするのに嫌悪感はないらしい。プレイの内容は中の下くらいで、テクはあまりなかったが、同級生というだけでスグに射精してしまった。精子を口からティッシュに出してから、嬢がいった。
「実はさ、全然人気がなくて困ってるんだよね。よかったらまた来てよ! ランキング入りを狙ってるからさ!」
なるほど、そう言うことなら手伝ってやろうじゃないの。さっそく家に帰って卒業アルバムのページをめくり、同じクラスの女子たちを確認する。髪の色や化粧で風貌は変わっていたが、うっすらと面影がある女を発見。名前は確かに斎藤だ。さっそく同級生の連中に知らせてやらねば。卒アルの写真と店のHPのURLを高校のグループラインに貼り付ける。
『このピンサロに高3のときの同級生がいたぞ! 名前は斎藤。卒アル見てからいけばヌケるはず!』
スグに同級生から何件もの返信が来た。『マジかよ。取り敢えず行ってくるわ』
『斎藤って吹奏楽部の?』
『いや、確かイラスト部だろ。地味女だったはず』『はー、そっちの斎藤かよ』
『プロフの写真見る限り、顔は悪くなさそうじゃん』
気がつけばグループラインは大騒ぎになっていた。よしよし、狙いどおりの反応だ。その後の何週間か斎藤の話題で持ちきりだった。卒アル見てから行ったら超勃起しただの、テクは普通だっただの。地味な同級生でもこんなに盛り上がるもんなんだな。あれからひと月。どんな調子か、そろそろ斎藤に会いに行ってみよう。
「あ! 坂田くんじゃん!」「おう、久しぶり」「同級生の男の子がいっぱい来たよ!!坂田君に聞いたって言ってたよー」
バラしたことは怒ってないらしい。アホな女で助かった。
「みんなが来てくれたおかげで、ランキングに入れたんだよ!まだ8位だけどね。坂田くんのおかげだよ!」
怒られるどころか、感謝されてしまった。どうやら本気で喜んでいるらしい。
「お礼も込めてサービスしちゃうからね!」
プレイのテクは最初に入ったよりも心なしか上手になっていた。ま、それでも中の上くらいだが…。さてその後だが、なんと斎藤は俺たちのグループラインに入ってきて、今ではたまに数人で集まっては飲み交わす仲になっている。ああ、我が母校よ、すばらしき仲間よ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ