★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
陶芸・織物・伝統工芸業界の枕営業陶芸・織物・伝統工芸業界の枕営業陶芸・織物・伝統工芸業界の枕営業陶芸・織物・伝統工芸業界の枕営業陶芸・織物・伝統工芸業界の枕営業陶芸・織物・伝統工芸業界の枕営業
古都、京都。金閣寺に清水寺、三十三間堂など名だたる寺社仏閣は言わずもがな、最近は、京扇子や西陣織などの伝統工芸が、静かに脚光を浴びている。折からの和ブー厶にあおられ、地元関西や全国から訪れる一日体験者たち。
とりわけ清水焼は、職人が少し手を加えるだけで見栄えのいい作品に仕上がるため、若い奥様に大好評だ。そんな彼女らの肉体を喰いまくるスケベ陶芸家がいると言ったら、驚かれるだろうか。皆さんは想像されているかもしれない。陶芸家というと、頭に手ぬぐいを巻いた甚平姿の老夫、だと。が、現実は違う。代、代の青年も数多く、みな独立を目指して、日々修行に励んでいる。陶芸家として大成するには、努力、才能以外に金持ちのスポンサー獲得という、重要な素質を必要とされる。
それこそサラリーマン接待術並の人生経験を求められ、大半は髪が白くなるまで出世を待たなければならない。そんな状況下、若さで頭角を現したのが我が師匠だ。スポンサー獲得のための十八番はずばり寝技。
「おまえ、見込みありそうやから、京都や兵庫の金持ち奥さん相手に介したろか」
陶芸教室を開き、セックス奉仕で顧客を拡大していったのだ。ごく普通の公立中学に通い、陸上部で汗を流していたオレが初めて粘土に触れたのは、技術の授業である。何気なく練り上げた茶碗が、なぜか市のコンクールで佳作を受賞、すつかり有頂天になった。将来は陶芸家にでもなったろかい。我ながら単純だが、結局これがキッカケで関西の某芸術大学へ入学、以来、陶芸科で陶器の基礎を学んだ。その間、様々な公募に作品を送り、小さな賞も何度か受賞した。が、センスがいいといぅだけで、群を抜いた才能があるワケじやない。冷静に考えれば、陶芸でメシを食うより、田舎に戻り公務員を目指す方が正解だった。皿を量産し、観光客を指導。兄弟子たちの会話に耳を傾ける余裕も生まれた。と、何やら様子がおかしい。女性の参加者を遊びに誘っているのだ。おいおい、ええのか、そんなことして。「どや平本。歓迎会を兼ねて飲みに行こか?」
その夜、部屋の後片付けをしていたオレに、兄弟子の小林が声をかけてきた。大きな展覧会での受賞歴も持つ、ベテランである。飲みに行く約束を取り付けており、時間後に彼女らのスティ先へ向かうそうだ。昼間、耳にしたあの話か。亜いけど、オレはお断りや。師匠にバレたら破門は確実。紹介してくれた先輩の顔を潰すことにもなる。
「大丈夫やって。先生かて、毎日のように遊んどるんやから」「えつ」
聞けば、師匠の口癖は『芸術家に色事は欠かせない』らしく、実際に色まみれの人生を謳歌しているという。ホンマかいな。半信半疑、小林の背後につき、全日空ホテルのロビーへ向かうと、ソファの上で、工房で見た人がハシャいでいた。矢田亜希子似のチサトにソニン系のサキ。2人とも横浜の食品メー力ーでOLをやっているらしい。う〜ん。どっちも可愛いやんけ。
「オマエ、どっちが好みや?」「えっ?」「まぁ、後で決めたらええわ。ほな、行くで」
小林の案内で高瀬川を眼下に臨むバーへ。ビール、しそ焼酎とグビグビグビ…って、お嬢さん方、ちよいと浮かれすぎちゃいます?
「サキって、かなりオッパイおっきいんだよ!私、更衣室で見たも〜んー」「もう、やめてよ〜!」顔を真っ赤にしたサキのおっぱいをチサトが持ち上げる。んー、カルそうや。2人が化粧直しに席を立ったところで、小林が耳打ちをしてきた。
「こんなん、しよっちゅうやで」「マジすか?」「ああ。オマエも一人立ちする気なら、ここで女の扱い方を勉強してからでも遅ないで」「どういう意味ですか?」「簡単なこっちゃ」
小林は言う。陶芸の世界は才能独立ではない。人脈を作り、金儲けの算段を立てて初めて人前。そのためには色んな女と寝て、常にアンテナを張っておけというのが師匠の考え方であり、弟子の全員がそれを実践している。よう覚えとけーオレの中で何かが変わった瞬間だった。バーを出て、小林はサキと全日空ホテルへ、オレは工房の鍵を握り締めながらチサトと町屋へしけこんだ。
「焼き上がった茶碗を見せたる」陳腐なセリフを吐きつつ、工房の階へ。暖房を入れ、彼女をビニールシ卜に押し倒すと、気に唇を押しつけた。
「ダメ〜、私、彼氏がいるのに〜」「ほな、オレは、京の愛人や」
ストッキングの上から股間をまさぐれば、甘い吐息が畳にこぼれる。繊維越しに伝わる十分な湿り気を確認した後は、チサトのパンツを引き下ろし、バックから突き上げた。「ぁああ〜」電動ロクロに手をついてオレを受け入れるチサト。足に触れるビニールシー卜の冷たさと、アソコの温もりが。挿入3分後、オレは彼女のお尻に白い釉をたっぷり放出した。
師匠は『遊びながら成功せい』スケベな兄弟子にエロボタをいただき、よほど晴れやかな顔をしていたのだろう。翌朝、工房へ顔を出すと、他の兄弟子たちがクスクス笑っていた。どうやら、全員が昨日の出来事をすでに把握しており、「今日のうわぐすりは栗の香がするのぉ」などと悪態をつくものもいる。オレはあらためて認識を新たにした。陶芸にしろ絵画にしろ、芸術とは極限まで腕を磨き、ストイックな環境でこそ大成すると考えていた。が、我が師匠は『遊びながら成功せい』とおっしゃる。素晴らしい。こんなに恵まれた仕事が世の中にあるだろうか。オレは師匠のことばを忠実に守った。その週、別の先輩に呼び出され、九州のを自宅にお持ち帰り、翌週には、埼玉の女子大生と鴨川ほとりで青姦。そのうち自らもナンパに励むようになった。成功率は決して高くはないが、京都に泊するコを狙えば、人に、人のコがオチるからタマらない
「お姉さん、東京から?何人で来てはるの?」「え〜、友達と人で来たんだけど、結構飽きちゃった。あはは」「ほな、晩に木屋町のクラブでも案内しよか?」「えマジで〜」
こうして夜の街に出かけ、女とハメた。当初抱いていた『独立』という夢は、早くも消えかけていた。
「平本くん、今日は僕と緒に教室へ来てくれるかな?」
新山先生から突然お声がかかったのは、弟子入り半年後のことだ。市内で、二を争う有名ホテル開催の陶芸教室に同行してくれという。なぜ、オレが?
「う〜ん。やっぱり若いし、愛想がええから」「はぁ…」疑問は、ホテルの入口に着いた瞬間解消された。駐車場に、ドミノのように並ぶ高級外車とゴージャス名古屋卷きの奥様方。熱い眼差しで先生を見ている。
「金持ちは、我がままな人が多くてなぁ。平本君みたいにニコニコしとるんが番ええんよ」
刺さるような視線を感じながら中庭の和室へ入ると、電気窯やガス窯ばかりか、真空土練機や電動ロクロなどの流品が揃っていた。さすがに授業で月謝万超である。けど、なんでシャワー室まであるんや?アチコチから上品な京都弁や神戸弁が聞こえ始め、部屋はたちまち女の色と香水でむせかえった。今回は電動ロクロの鶴首壷作りと、酸化焼成と還元焼成の違いの講義。オレの担当は三原順子似の石田さんと、森尾由美似の花山さんである。人とも歳は代前半だろうか。いかにも女盛りという雰囲気だ。「平本先生に焼いてもらいたいわぁ〜。なぁ、これが終わったら、ご飯食べへん?」「アタシも〜、アタシも〜一」冗談とも本気ともつかない露骨なアピールにすっかり萎縮するオレ。町屋の若いコたちとはエライ違いだ。時間ほとんど圧倒されつ放しで車に戻ると、師匠が笑顔を浮かべていた。神戸牛の高級鉄板焼き屋で、勧められるままにワインを飲んでいたら、あっといぅまに撃沈してしまった。そして気がつけば…どこや、ここ「あはは、平本先生って、ほんまにおもろいゎ〜」目の前でスッポンポンの石田さんが微笑んでいた。ツンとあがったウリザネ型のオッパイに白い肌。何なんだ、この状況は。なんで、オレ、ホテルにいるんだ「私が運んだんだよー。すごい酔ってて、大変だったんだから」笑いながら石田さんがシーツを気に剥がす。すでにイチモツはカチコチである。「あ〜、また、大きくなってる!」そぅ言って、朝から美人妻がオレのぺニスを舐め舐め、尻の穴に舌先ドリル、ってマジか。信じられん!「ねぇ、平本先生の彼女、こんなことしてくれる?ねえ、答えてよお一「い、いや、気持ちええです」もはや我慢の限界だ。荒々しく彼女をベッドに伏せ、そのままバックから挿入、許可をもらった後に生で中に放出した。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ