このページの内容
・お尻の穴の中にディルドが入って大事故に
・前立腺オナニーが好きな男向きGスポバイブディルドCocoバイブでアナルオナニー
・ぷにっとりあるディルドの使用感・口コミ
・アナニーに目覚めたバイセクシャルさん
・会社のOLのエロ裏アカからオナニー三昧がバレた話
SnapCrab_NoName_2020-9-9_14-52-31_No-00.jpg
性別は男ですけど、恋愛対象が男性だったこともあり、20才を過ぎたころからアナルを開発していました。最初はアナルプラグやローターのような小さいモノを使っていたんですけど、徐々にエスカレートしていって大変な事件が勃発したのです。
それは5年前。仕事終わりに酔っぱらって家に朝帰りしたときのことです。寝る前にオナニーをしようと、いつものようにディルドをお尻に入れて遊んでいました。当時は既にアナル遊びにも慣れてい
たので、長さ20センチの極太のディルドを使ってグリグリと中を刺激させていたんです。

30分くらい経って物足りなさを感じたので、強力なバイブをディルドの後ろにあてて腸内を振動させたんですけど、これがマズかった。
突然、ヌルっとお尻の穴の中にディルドが入ってしまったんです。あまりの異物感で下腹部が気持ち悪くなり、早く取り出そうとするのですが、まったく抜けない。肛門から指を入れるとディルドを触ることはできるけど、ひっぱり出すことができません。ローションを使って滑らせようとしても無駄でした。
しかも、抜こうとすればするほどディルドが奥の方に入っていき、とうとう触ることもできないほど腸の奥へ。へその下あたりにディルドの先端が出っ張っているのがわかるほど侵入していたのです。
便と一緒にひねり出すしかないとトイレに行っても、腹部を圧迫されて気持ち悪いので、リキむことすらできません。結局、意を決して近所の町医者に診察へ行くことにしました。やっとの思いで病院にたどり着いたのはいいけれど、恥ずかしくて看護師に病状を伝えることができない。

そこで筆談でその旨を伝えました。看護師のリアクションは「あー」と言っただけで無表情でした。もっと驚かれるかと思っていたので一安心です。救急扱いで早めに中へ通されて診察が始まりました。撮影したレントゲンを並べながら医師が即答しました。
「あ〜、こりゃ大変だ。紹介状を書くから別の病院に行きな」
町医者の規模では手の施しようがないらしく、隣町の大病院へタクシーで向かうことになりました。
全身から冷や汗が出てきて、立っているのも困難。タクシーで移動するだけでも一苦労です。座っていると特に圧迫されるので車内ではずっと腰を浮かせていました。大病院に到着して、紹介状を渡して、少しの診察の後スグに手術する運びとなりました。
まさか人生初の手術でディルドを取り出すことになるとは。全身麻酔をして眠っている間に気がついたら手術は終了。その間およそ3時間くらいだったでしょうか。一泊入院してから、退院することになり、病床で休んでいたら看護師がやって来ました。
「こちら、どういたしましょうか?」
なんと手には私のディルドが握られています。患者の私物を勝手に処分することはできないので持ってきてくれたようです。恥ずかしい…。
もう二度と起こらないよう現在はヒモ付きのディルドで遊んでいる私です。

前立腺オナニーが好きな男向きGスポバイブディルドCocoバイブでアナルオナニー

91_2021022616173370c.jpg
Gスポバイブにアナルオナニー男どもが目をつけた
前立腺オナニーが好きな男たちの間で密かなブームとなっているのが「Cocoバイブ」というバイブディルドだ。この商品は本来、女のGスポットを責めるアダルトグッズとして発売されていた。そのため弓なりに曲がった細長い形状の先端にバイブがセットされている。
この弓なりに曲がっている部分に目を付けたのが、アナル好きの男たちだ。自分で前立腺をグリグリと刺激するのに、この形状がベストマッチしてるってわけだ。 
仰向けに寝転んで、前からバイブを挿入してスイッチをオン。ちょうど前立腺の部分に振動が伝わるので、体が痙攣するほどに気持ちがいい。 細長い形状でピンポイントに前立腺を刺激できることか
ら、このCocoバイブがナンバーワンだと人気を博している。値段はアマゾンで3千円とリーズナブルだ。この機会にぜひ買ってみては。

ディルドは大きすぎず普通の日本人サイズがいい・ぷにっとりあるディルドの使用感・口コミ
62_202011301424458c2.jpg
ディルドで失敗しがちなこと第一位が、大きすぎるサイズを買ってしまうことだ。
私自身、調子に乗ってビックリするような大きさのディルドを買ってしまい、結局女の反応がイマイチだったことが何度かある。巨根願望をディルドに託してしまうからだろう。
女たちの意見をまとめるとこうらしい。
『たしかに、デカいディルドを見るとテンションは上がるけど、実際に気持ちがいいのは平均サイズなんだよね』
つまり、普通が一番ってことだ。そこで到達したのが、今回紹介するディルドだ。
サイズが一般的なディルドよりも小さくて日本人の平均に近い形。固さも女たちが好むちょうどいいバランスで設計されている。
芯は固いが亀頭の表面デは少し柔らかくて、リアルなチンコにソックリだ。小さいディルドでは満足できないと思われそうだが、小回りの利くサイズの方が女のツボを刺激しやすい。
使い方としては激しく動かすのではなく、あくまでチンコとして、優しくゆっくりと挿入してあげる。膣の中をマッサージするように擦るだけだ。
「うわー、本物みたいっ!」
8割以上がこんな声を上げる。みんながみんなこのリアルさに驚いてくれるのだ。さらにディルドの上からコンドームを被せてあげると、さらにいつものチンコに近づくので、ぜひ試してみてください。

アナニーに目覚めたが男と絡んだ方がいいバイセクシャルさん
裏モノ読者インタビュー
SnapCrab_NoName_2021-12-18_9-24-23_No-00.png
都内のカラオケボックスで取材に応じてくれたのは、過去、何度かご自身の体験談を裏モノに投稿してくださっている「きくっつぁ」氏、41才だ。
「僕が裏モノを最初に読んだのは、大学を留年してるときでしたね」
それまで真面目に勉強してきたせいで遊びそこねたなと思い、大学でわざと留年してやろうと考えた。そんなタイミングでたまたま書店で手に取ったのが、創刊号の「裏モノ(マガジン)」だったそうな。

「WinMX っていうファイル共有ソフトの記事があって、映画や音楽がタダで落とせるよ、みたいなのが載ってたんです。そこから派生して色んなソフトを試すようになりまして、落としていたのは主にロリモノと新作AVです。パソコンの中にファイルがどんどん増えていきました」
 
そう、きくっつぁ氏は、裏モノ編集部の中ではロリコンキャラで通っている人物で、過去、何度かその手のネタを投稿してもらい、記事にもなっている。
「たしか最初のネタは、小6年の女の子と文通してデートしたって話ですね。で、その子が中学に上がってからも文通を続けて、芸人の追っかけにハマってお金が欲しいって言うようになったので、その子のパンツを買ってあげるようになって…。その話も記事になりました。自分で分析した結果、大人の女性だと抵抗されますけど、子供なら抵抗されない。そういう心理なんだと思います」
ヤバイかなと思うことでもやっちゃうんです
 
そんなきくっつぁ氏に、裏モノを読むようになって得したことは何かと尋ねたところ、こんな答えが返ってきました。
「逆に裏モノを知ったおかげで、困ったというか、大変なことになったことの方が多いです」
 どういうことでしょう?
「これ、裏モノのネタになるかな…っていう発想で、ヤバイかなと思うことでもやっちゃうんですよ。出会い系で見つけた古いセフレみたいな子に頼まれて、隠し子を作ったこともあるし。この前、ぎゃるるの女にアマゾンギフト券を詐欺られたときも、詐欺かな〜とは思ってましたけど、ネタになるかと思って、つい振り込んじゃったんです。こんな単純な詐欺の話なんてネタにならないのに…」
 
そこまでわかってくれてるのに、どうしてそんなことしちゃうんですか。
「あと、これは直接裏モノのせいではないんですが、本屋に行くと、いつも裏モノの横にホモ雑誌が置いてあって、モデルを募集してるんですね。それに応募して採用されたりとかしましたね」
 
確かにそれは裏モノのせいじゃないですね。きくっつぁさんはバイセクシャルですか?
「ソッチ系は自分の中の割合で言ったら1〜2割ぐらいです。子供のころに、ワイドショーで障害者の子がアナルの快感を知って異物を入れてしまうっていうニュースが流れてて、それを見て、アナルって気持ちいいんだと思って、綿棒とか入れたりするようになりまして…」
 
その後、アナニーに目覚めたきくっつぁ氏は、モデル撮影で世話になったホモ雑誌関連の人にアナル処女も捧げる流れとなり、完全にアナルの快感に目覚めてしまったらしい。
「でも、アナルオナニーするよりは、男と絡んだ方がいいかなってレベルですよ。お金がもらえるなら、男性と絡んでもいいかなって思えるようになって、お金もらってヤッてる時期もありましたけど」
 
ホテルで男性と絡んでるときに、5meoというクスリを盛られ、初めて前立腺で絶頂を味わったときの体験も記事になっている。色々投稿してますね。
「それ以来、前立腺の良さに気づいたといいますか…」
どこが1〜2割なんだ。
もはや完全にホモじゃないか、と突っ込むと、彼は「男に興奮はしないので」と笑いながら否定する。そうなんだ。
「今は電動でピストンするアナルバイブが欲しいですけどね」
勝手に買ってくださいよ。

もう一つオナニー失敗談・真面目そうに見えるけどオナニー三昧。会社のOLのエロ裏アカからオナニー三昧がバレた話
オレの会社にユキという一つ年下の同僚の女がいる。ブスではないが特別美人というわけでもなく、地味とは言わないまでも特別目立つキャラでもない。彼女とは席も遠いので雑談を交わすこともほとんどないし、特別好意を抱いたこともなかった。とはいえ、仕事振りはいたって真面目だし、スーツ姿で社内を歩く姿はそこそこ様になっている。彼女の部署に来客があれば、上司に付き添って応接してるようだし、器用に仕事もこなせるんだろう。
ある日のこと、そのユキがたまたま急な来客か何かで席を離れたタイミングに前を通りかかったとき、机の上に置きっぱなしになったスマホが目に留まった。ツイッターの画面だ。へー、彼女、ツイッターなんてやってるん…えっ!?思わず自分の目を疑った。隅に小さく表示されたツイッターのプロフ写真に、女の胸の谷間のアップが使わていたのだ。これはもしや…。すぐに周囲を確認しつつプロ
フ写真を指先でタッチ。アカウントの文字列を確認してすぐに元の画面に戻すと、オレは素知らぬ顔で席に戻った。すぐにさっき記憶した文字列をネットで調べたところ、案の定、あのツイッターアカウントはユキの「裏垢」だった。裏垢とは、正規のアカウントとは別の裏のアカウントのことだ。世の多くの裏垢女子たちと同じように、彼女も赤裸々なエロツイートを呟いていたのだ。
『どうしよう、仕事中なのにエッチしたくてムラムラしてる〜〜 #裏垢女子 #エロ垢 #仕事中』『セフレ欲しい! なんなら3人ぐらい欲しい! #裏垢女子 #エロ垢 #セフレ』
呟きを遡ってみていくと、ユキはおよそ半年間に渡って複数のエロツイートを投稿していた。
さすがにマンコ写真はなかったが、風呂上がりにベッドの上で撮ったらしい下着姿や、生オッパイの写真まであった。けっこうキレイな乳首してるじゃないか。エロいぞ!写真に写り込んだ髪の毛や首
元の雰囲気、体型からして、このアカウントがユキのものであるのは間違いない。あんな澄ました顔して、こんなエロい呟きをしてたなんて…たまらんぞ、オイ。彼女はツイートにハッシュタグまで付けていて、すでに100人以上の男たちからフォローされている。そこそこ人気の裏垢女みたいだ。
それからというもの、ヒマさえあれば彼女の呟きを覗き見るようになった。
驚いたことに、ユキはほぼ毎日のように裏垢ツイートを繰り返していた。そのほとんどが夜、寝る前にムラムラしたタイミングのようで、週に3、4回、オナニーしていることも判明した。性欲強すぎだろ。しかも、彼女のことをよく観察してみると、オナニーした次の日の朝は、普段よりも明らかに血色がいいというか化粧のノリがいいというか、なんとなく肌ツヤがいいのだ。彼女、ものすごく性欲が強いんだと思う。が、何より興奮するのは、週に1、2回程度つぶやく仕事中のエロツイートだ。ある日、自分のデスクで昼ごはんを食べていた彼女がスマホに文字を打ち始めたので、裏垢を覗いてみると…、
『帰ったらオナニーしよっと〜 #オナニー #裏垢女子 #エロ垢』
あんな普通の顔して、しかもサンドイッチを頬張りながらオナニーのこと考えてたのかよ!
またある日には、彼女が来客の対応を終えて戻ってきたタイミングでこんなツイートを。
『今日は結構タイプのお客さんだったから嬉しい! どんなちんちんしてるんだろ〜 #裏垢女子 #エロ垢』
ユキちゃん、キミはなんてスケベなんだ。今まで気にも留めていなかった彼女のことが、すっかり好きになってしまった。彼女がこんなにスケベだってことは、まだ会社の誰も知らない。近々どうにかアプローチして、一回ぐらいは身体の関係に持ち込みたいと思っている。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ