1、美女をナンパし後日会いたいとレスが来たので会いに行ったらマルチの勧誘だった

さて、いったいどんな子が現れるのか。
平日の夕方、待ち合わせの△△駅の改札で待っていると、目鼻立ちがハッキリした女の子がやって来た。結構スタイルも良さそうだし、おっぱいもなかなかのもの。
「どうも、こんにちはー」
「あーどうもです!」
彼女のことはうっすらと覚えている。手紙を配った小物屋の女性店員さんだ。軽く挨拶を交わし、駅から5分程度のお店へ入った。あまりお酒は強くないらしいので、ビールと梅酒のソーダ割りを注文する。
「なんか、この前手紙もらったとき考えたんですけど、いつお店にみえたんですか?
私全然覚えてなくて…」
おっと、いきなり不穏な空気だぞ。そうだよね、渡したときに初めて行ったんだもん。
「うん、直接接客された訳じゃないから、覚えてないと思うよ。ほかの人を接客しているのを見て、すごい美人だなーと思って」
「え〜美人じゃないですよ、目悪いんじゃないですか〜? ハハハ」
と、首をかしげながらも、どうにか納得してくれたみたいだ。
「みのやさん何才ですか?」
「34だけど、吉田さんは?」
「27です」
「若く見えるね!」
「またまた〜お世辞ですね」
実際、年齢よりも若く見える。22ぐらいだと思ってた。ビールと梅酒ソーダで乾杯し、
つまみもいくつか頼む。
「ねぇ、彼氏いるってメールに書いてたけど」
「いるけど、まぁ…ははは」
「まぁ…?って?」
「会うだけなら、いいかなって」
結構サバサバしてるなぁ。ついでに〝ヤルだけ〞もサバサバOKしてくれないかな?
「今は彼氏以外に遊んだりする男の人はいるの?」
「いませんよー!まぁ、いいじゃないですか〜!」
いやいや、そこらへんは重要な話だよ。でもまぁ、もう少し後でもいいか。
「みのやさん、一人暮らしですか?」
「うん、一人暮らしにも飽きてきたよ」

「ははは、そんなこと言って彼女と暮らしてたりして…」
ちょっとはこちらに気があるのか、結構突っ込んだ質問をしてくる。
「一人暮らしだと栄養足りてないんじゃないですか?」
「外食もだんだん飽きるしね」
「私、いいもの持ってるけど!」
「なに?いいものって?」
「知り合いに勧められたんだけど。半年前から飲んでる発酵飲料があって。ひどかった肌荒れが今ではすっかり治って!」
なんでもタヒチに育つ「ノニ」という果物を、自然発酵させたジュースを毎日飲んでいるらしい。それから10分くらい、吉田さんはそのジュースがどれだけすごい効果をもたらすか、高めのテンションで説明してくれた。健康オタクなんだろうか。そんな飲料に興味はないので、適当な相づちを挟んで聞き流していく。
「吉田さんはどういう人がタイプなの?」
「う〜ん…。のんちゃんですかね!」
「ん?のんちゃんって?」
「フットボールアワーのです」
「あ〜、ブサかわいー感じがいいの?」
「癒されますよ、すごい。DVD全部もってます!」
たしかにあの空気感には癒されるけど…なかなか珍しいよね。
「のんちゃんだったら抱かれてもいい?」
「抱かれてもっていうか、私が抱いてあげたい感じ!」
なんだか、よくわからない反応だが、まあいいや。ここからちょっと下ネタ話にでもいこう。
「抱いてあげたいって、どういうこと?」
「う〜ん、なんか、いい子いい子してあげたい感じ」
「吉田さんは、包容力があるんだねー」
俺の返しもよくわからんな。
「吉田さんは年下好き?」
「好きですけど、年上でも大丈夫ですよ」
一応気を遣って言ってくれているのかな?
「今の彼は年下?結構うまくいってるの?」
「年下です。仲はまぁまぁですね〜」
「どれくらい付き合ってんだっけ?」
「二年くらいですかね」「それくらい経つと、夜の方はどんな感じなの?」
ちょっと突っ込み過ぎかもしれないが、これくらいは聞いてもいいだろう。
「え〜普通ですよぉ〜。でも…最近はちょっと少ないかなぁ」
おぉーーっと!待ってましたその答え!
「週何回くらい?」
「そんな、ないです。月に2〜3回くらいです」
「それは少ないね。こんなに色っぽいのに彼はもったいないねー」
「いやいや〜、全然色っぽくないですけど、やっぱり少ないですかね?」
「うん、少ないよ〜。まだ若いのに物足りないんじゃない?」
「え〜物足りないわけじゃないですけど…」
「過去に浮気とかは?」
「どっからが浮気ですかー?」
「まぁ、やっぱりセックスしたらでしょ」
「んー、それはないですね」
「どこまでならあるの?」
「んー……。キスまでですかね」
ふーん、キスはあるのか…。めちゃくちゃ固いわけではないってことだな。
「キスで止まったの?」
「なんか、途中で罪悪感が出てきちゃったんですよね…」
ふーむ。
「そうだ、ノニジュース、一杯飲んでみますか?」 
唐突に、さっき熱弁していた健康ジュースの話に戻された。いつも持ち歩いてるんだ?「じゃあ一杯だけ味見させてもらおうかな」
発酵ジュースと言われると、ちょと興味わくし、一度飲んでみたい気もする。彼女が小瓶に入った赤い色のジュースをくれた。一口飲んでみると、明らかに普通のジュースとは違う感じがする。飲みにくいけど、確かに体に良いような…。
「それ、半年くらい飲み続けると、いろいろ効果があらわれますよ」
「俺、尿酸値が高いんだけど、それにも効くのかなぁ?」
「はい、尿酸値も下がりますし、肝機能の数値も改善されますよ!」
「なるほどね〜」
このまま健康ジュースの話をしていては、時間がなくなってしまう。もう一度、シモの話に持ち込んでみるか。「そう言えばさっき、彼氏と月に2,3回って言ったけど、そ
れぐらいしか会ってないの?」
「あー、そんな感じですかね」
「じゃ、会えば必ずエッチはするんだ」
「うーん、毎回するわけじゃないけど…まあ。ハハハ」
男と会う度にするってことは、セックスは嫌いじゃないみたいだ。まだ2杯目の梅酒ソーダをチビチビ飲んでるけど、もう少し酔わせれば、どうにか持って行けるかも。
「もう少しお酒も飲みたいな。どう?お店変えてみよっか?」
「あー、私お酒弱いんで、もうそんなに飲めないです。ごめんなさい」
キッパリと断られてしまった。警戒されてるのか。
「彼氏とのエッチに不満とかってないの?」
「ありますよ。ちょっと雑なんですよ。自分で全然動かないっていうか」
「じゃ吉田さんが全部やってあげる感じだ」
「そうですね〜」
どうやら彼女、M気質みたいだぞ。攻め方次第ではまだ可能性がある。
「それだとストレス溜まるでしょ。ほかの人と会って不満を解消したいとか、思ったことないの?」
「うーん、ほかの人とはしたくないですね。やっぱり悪いんで」
ここまでキッパリ断言されると、どうにも攻めづらいなー。意外と彼氏に惚れてるのかな。その後も、下ネタを振れば一応答えてはくれるけど、長くは続かない。けっこう手強い相手だぞ。 攻めあぐねていると、彼女が再びジュースの話を持ち出した。
「いまはこのジュースのおかげでカラダが元気になったせいか、そういうこと感じなくなったんだと思います」
「どういうこと?」
「体調がよくなったおかげで、精神的な不満も消えてきたんですよね」
彼女がジュースの瓶を愛おしそうに眺めてる。さっきからなんかおかしいな。随分熱心にジュースの話ばかりしてくるけど、ものすごく怪しい匂いがしてきたぞ。
「そのジュース、どこで買えるの?」
「実はほとんど店舗とかでは買えないんですよ。こうやって直接説明して、個人的に買ってもらうので。やっぱり本当に良い物って、宣伝とかじゃなくて、人が教えてくれるものじゃないですか」
うっ…これってつまり…。まるっきりマルチの口調じゃん!
「ちなみに一本いくらなの?」
「1リットルで、6千円くらいですね」
「ふ〜ん…」
むちゃくちゃ高いよ!ジュースに6千円も出すバカいないだろう。
「え、でも毎日少しずつ飲むから、1日あたりだと…」
出た〜、マルチでお馴染みの日割り換算だ。もうやめて〜!この子、今日はこれ目的でやってきたのかー。は〜。俺はジュースを売りつけたいだけの男だったわけね。
そろそろ時間だと告げて、店を出ることにした。別れ際、彼女が俺の目を見ながら言う。
「今日はありがとう。普段会ったばかりの人にはこのジュースの話しはしないんだけど、みのやさんとってもいい人だったから…。よかったらこのパンフ、もらってください」ガクッ。ダメだこりゃ。まぁ世の中いろんな人がいるもんだなー。

「来週の水曜日、ノニジュースの愛好家のホームパーティーがあるんですが、もしよければみのやさんもどうですか?」いいかげんうんざりしてきたので、無言の会釈で改札を抜け電車に乗った。なんだか今回は疲れたなー。とほほほ。

2、恋愛感情を見せて大金を騙しとった人気へルス嬢の男の落とし方

結婚話をエサに男性社員から現金490万円を騙しとった人気へルスの嬢の手口はどういったものだったのだろうか。なぜ借金してまで男は貢いで信じてしまったのだろうか。甘え上手で口が達者というのが女性詐欺師の特徴のようです。

結婚話をエサに男性社員から現金490万円を騙しとった29才の女性が、愛知県警に詐欺容疑で逮捕された。この事件が全国的に話題となったのは、結婚詐欺を働いた女性が雑誌にも顔出ししていた人気へルス嬢だったからだ。被害に遭った男性は、風俗情報誌で見た彼女に一目惚れし店に通い詰めていたという。
「もういいです。ノーコメント」事件状況を取材しようと自宅に出向くと、被害者のAさんは玄関越しにそれだけ言い、中に引きこもってしまった。独身、彼女なし。保険の外交員をしながら名古屋市緑区のマンションで一人暮らしをしていた彼は、結婚に対し強い願望があったらしい。その、男の純情を無惨に踏みにじった事件の顛末を振り返ってみよう。

9月、Aさんは会社の転勤で千葉から名古屋に引っ越した。転勤前友人は冷やかしまじりに言ったそうだ。「名古屋はヘルス天国らしいぞ。電話帳みたいな風俗情報誌も出てるって。一度行ってみろよ」親しい友人もまだいないAさんは、そんな言葉を思い出して地元の風俗情報誌を買い、ベラベラめくっているうちに好みの子を発見する。それが名古屋市南区のヘルスで働くB子だった。口元を手で隠していたが、長い髪に切れ長の目がそそるスレンダーギャルで、『モーニング娘。』の飯田圭織に似た美人だった。

一目で彼女を気に入ったAさんは速攻で店に予約の電話を入れた。「確かにご予約承りました」B子が在籍していた店によると、彼女は雑誌などに載ったりするものの、ナシバーワンを競う売れっ子だったわけではなく、どちらかと言えばその下のBクラス。

そんな彼女をわざわざ指名し、60分2万2千円のVIPコースで入ってくれるだけでも「ありがたい話だった」という。しかし、Aさんは実際にプレイして、なおのことB子を気に入ったらしい。週に1回は指名で通うようになり、ときにはフル(2回分の料金)コースで3時間以上彼女を独占していたこともあった。2カ月以上通い詰めたAさんは、勇気を振り絞ってB子を店外デートに誘う。と、彼女はあっさりOK。

Aさんは有頂天になり約束の場所で待った.時間どおりにいつもと変わらぬ笑顔を浮かべてやってきたB子を見てへ感激したAさんは「この子と結婚したい」と思い詰める。携帯の番号を教えてくれたことに喜び、B子の誕生日には欲しがっていたヴィトンのバッグをプレゼント。Aさんは、完全に彼女のことを恋人と認識していた。

が、外で会うようになってからもAさんはせっせと店にも指名で通い続けたそうだ。5月、B子は名古屋市中区の別のヘルスに移り、名前を変えた。それと同時にAさんも遊ぶ店を移動。ときどきは外で会い映画やドライブを楽しんだ。B子が「松阪牛を食べたい」と言えばすぐに連れて行き、「結婚までは大事にしたい」という彼女の意思を尊重し、肉体関係も結ばなかった。

普通の男ならこの辺でおかしいと感づきそうなものだが、女性に慣れてないAさんは彼女のことばをそのまま信じた。が、実はB子には片思いながらもずっと憧れている男がいたのだ。元々B子が風俗に入ったのは短大時代にホストに溺れ、それが原因で作った借金を返すため。しかし彼女は借金を返し終わってもヘルスで働き続けていた。

というのも、新たに出会った男との結婚を夢見て、貯金をしていたのだ。なんとAさんが贈ったヴィトンのバッグも質屋で換金され、その金は銀行に預けられていた。はた目に「がめつく貯め込んでいた」と言われるその総額は1千万円あまり。両親には水商売をしているとごまかしていたそうだ。そんなこととは想像だにしないAさん。

今年7月の誕生日にB子からプレゼントをもらったことに大感激し、ついにプロポーズ。そのことばにB子はこう答える。
「結婚するならヘルスを辞めたい。でも弟が320万の借金を抱えているし…。私、どうしてもいま、490万円必要なの。それがないと結婚できない」冷静さを失ったAさんが、オレが何とかする、と思うのは当然。新たに作った自分名義の銀行口座の通帳と印鑑を「目由に使ってくれ」とB子に手渡し、そこに自分の預金205万、父親から借りた70万へ消費者金融などから借りた215万を次々に振り込んだ。

なぜ、Aさんが直接B子の口座に振り込まずに、面倒な手間を取らなければならなかったのかというと、なんとAさんはこの期に及んでも彼女の携帯電話以外、住所や自宅の電話番号などを教えてもらっていなかったのである。彼にしてみれば、借金の肩代わりの愛情表現だったのかもしれないが、B子はいよいよカモれるとばかりにウソをエスカレートさせていった。
「母にあなたのことを話したら大賛成してくれた。子供は女、男の順がいいね」彼女から結婚の同意を匂わせる返答をもらい、Aさんはいよいよ有頂天に。知人に「結婚するぞ」と触れ回り、親族にも報告した。甘い結婚生活を夢見るAさんは、もはや骨抜き状態。「結婚したら昼間は暇になるから」とB子にねだられテレビゲーム機を買い、「結婚したらあなたのお弁当を毎日つくってあげる」と言われ、高級弁当箱を買って渡した。9月初めには、B子からこんな誘いを受ける。「長野県の槍ヶ岳に1泊で登山に行きたい。そのときに体を許してもいいわ」これぞ幸せの絶頂と、Aさんは40万円近くかけて2人分の登山道具を買いそろえた。

B子が言ったことばを思い出しながら、Aさんは約束の場所へ車を走らせた。いよいよ今夜結ばれるかと思うと、胸は高鳴るばかり。ところがいつまで待っても彼女が姿を見せない。携帯電話もなぜか通じない。心配になってB子の勤務先のヘルス店に行ぐと、「彼女なら昨日で辞めましたよ」のことば。ここに至ってやっとAさんは考える。「ダマされたのか?いや、事故、もしかして誘拐かもしれない」気が動転したAさんは、登山姿のまま中署に届け出る。フに落ちない顔の彼からコトの顛末を聞いた捜査員が、きっぱり答えた。
「そりゃあ、願されたんだわ」今すぐ被害届を書いてくれと言う捜査員にAさんは絶叫した。

「そんなバカな!B子はそんな女じゃない」

警察はすぐにB子の実家を調べ任意同行を求めにでかけたが、すでにトンズラした後。しかし警察は、彼女が在籍していだ店の関係者から、給料の未払い金があるとの情報を得ていた。金を貯めていたというB子は、きっと未払いの金を取りにくるはず。そう読んで店の前に張っていると、果だして彼女が現れた。

「結婚詐欺の容疑で逮捕する」こうしてAさんの願いも空しくB子が捕まったのは9月のこと。

同日、彼女の実家にも家宅捜索が入り、B子名義の預金通帳などが押収された。取り調べに対し、B子は詐欺の容疑を認め「憧れている男性に貢ぐためにお金が欲しかった」と供述。捜査員がAさんのことについて尋ねると、サラリとこう答えたという。
「お世辞にもかっこいいとは言えないAさんとの結婚なんて、考えたこともなかった。金払いのいいお客さんってだけで、Aさんには恋愛感情はない。モテない男とデートしてあげたんだから、お金を
もらうのは当たり前。でも、真面目でいい人でしたよ」

そのことを聞いたAさんは、愕然としつつも「いい勉強になりました」と話したそうだ。
捜査員によると、なぜこんな手口でだまされるのかと不思議に思うような事件が続発してるという。
「男性はもう少し女性を見る目を養わないと。でも、女もたいした演技力だよ。いい女から結婚まで約束されれば、男は誰でもコロッといっちゃうよな」事件が報道されると、B子のプライベートなことまでが明らかになった。いまでこそいい女と言われるB子だが、高校時代の知人によると太っていたしブスだったし、誰も相手にしなかった。

「あんなのがへルスにいてもオレなら行かないよ」と言うほどだったらしい。実はB子はへルスで稼いだ金で整形手術を受けていたのだ。2人が出会うことになった名古屋市南区のヘルス店関係者も言う。

「彼女はてっきり風俗をアガったと思ってたよ.ウチには2年以上勤めてたけど地味な子だったし」この関係者によると、彼女はその頃は太っており、体調を崩して入院し、痩せたのだという。対するAさんはメガネをかけた真面目そうな男性で、遊び慣れているような様子はなかったそうだ。

「2人が店外デートまでしていたなんて知りませんでしたが、B子は金に困っていたわけでもなく、アウトドアが好きなタイプでもありませんよ。店ではいつもボリボリお菓子をほおばって、マンガやアニメの本をパラパラめくっている子でね」
事件は弁護士立ち合いの下、被害者のAさんとB子の母親が示談害を交わし500万円で示談が成立、解決をみた。示談金はB子の貯金から支払われたそうだ。前出のへルス店関係者は事件を振り返り、コトもなげに言う。

「こんなことは水面下でしょっちゅう起こってますよ。Aさんは本当にラッキーでしたね。普通なら金なんて絶対に戻ってきませんからね」

3、新宿・歌舞伎町で初めての逆ナンについていった結果

昏睡バー、詐欺キャッチ。善良な市民の財布を狙う悪質な手口が生まれては消えを繰りかえす新宿・歌舞伎町で、今また新たな犯罪が横行しつつある。注意喚起の意味を込め、先日、俺が遭遇した災難を報告したい。
今年3月、友人と歌舞伎町の居酒屋でしこたま飲んだ夜のことだ。店を出て2人でふらふら一番街を歩いていると、老若男女の集団と遭遇した。格好や話しぶりからして、最近、ここらでよく見かける中国人観光客の団体のようだ。特に気にかけることなく連中とすれ違いかけたとき、集団の後方にいた若い女2人が、ふいに声をかけてきた。妙なイントネーションの日本語で。
「スイマセン。写真をお願いしてもいいですか?」
差し出されたスマホを、こころよく受けとる俺。彼女たちは夜の雑踏をバックに、うれしそうにポーズを取った。
「はい、じゃあ撮りますよ。チーズ」「ありがとうございます」
「いえいえ。それにしても日本語が上手だねえ」
「はい。大学で勉強しました。でもまだまだです」
と、ここで彼女たちから思いもよらぬお誘いが。
「お兄さんたちカッコいいですねえ。カラオケに連れてってくれませんか?」
なぬ、これって逆ナンでは? マジかよ。
「君たち、グループで行動してるんじゃないの?」「いえ、バラバラでも大丈夫なんです。ねえ、カラオケ行きましょ」
正直、彼女たちのルックスはお世辞にもカワイイとは言えない。むしろ服装もメイクも野暮ったく、イモ娘といった表現がピッタリだ。とはいえ、生まれて初めての逆ナンである。あわよくばシロート中国娘とセックスできるのかもしれないのである。こんなチャンス、放っておくわけないっしょ!
 移動したカラオケでは、大いに盛り上がった。なんせ彼女たちにせがまれるままマイクを握れば、これでもかと言わんばかりの喝采が飛ぶのだ。楽しくないハズがない。「カッコいい〜! なんでこんなに歌が上手いの?」
「次はGLAYお願いします。私ファンなんです!」
 おかげで酒もぐいぐいと進み、彼女たちもやたらとあおりを入れてくる。
「はい、コレ全部飲んで〜」「ええ、無理無理」「ダメです。ホラホラ」
普段ならイッキ飲みなどしないが、つい言いなりになってしまうのは、場をシラけさせたくないという一心に他ならない。盛り下がればすなわち、セックスチャンスは不意になるのだ。もともとカラオケに来る前から酔っていたのにこの調子である。俺たちは入店1時間もたたずベロベロになった。ダメだ、目が回る〜。ふと気がつくと、中国娘のひとりに腕をつつかれていた。
「私の友だち、トイレに行ったまま帰ってこない。ちょっと見てきます」「…はいはい」
ソファに脱ぎ捨ててあった俺と友人の上着から財布がなくなっていることに気づいたのは、それから30分後のことだ。女たちがいっこうに戻ってこないため、まさかとポケットをあらためてみたら案の定だったわけだ。てことは、最初からこれが目的だったのか。くそ!にしても腑に落ちない。なぜヤツらは旅先で盗みを働く必要があったのだろう。日本に来る中国人って、たしか金持ちの超セレブばかりのハズなんだけど……。
警察に被害届を出した帰り道、友人と首を傾げながら歩いていると、キャッチのニイチャンが近づいてきた。
「お兄さんたち、オッパブとかどうですか?」
「いや、俺らスッカラカンだから。財布ごとパクられちゃったのよ」「はい?」
腹立ちまぎれに事情を説明したところ、キャッチは「ああ」と何かを思いだしたような顔で口を開いた。
「そいつら、その辺の中国マッサージの女ですよ。俺のツレもまったく同じやり方で金をパクられたことがあって」
いわく、財布を盗まれたその知り合いが、後日、歌舞伎町の路上でマッサージの呼びこみをしていた犯人の女を見かけて、はじめてカラクリがわかったのだという(ただ、その女を捕まえることはできなかったらしい)。つまり、あの女たちは中国人観光客にまぎれこみ、旅行中の無害な人間を装っているにすぎないのだ。この話を聞いて以来、ヒマを見つけては歌舞伎町を偵察しているが、犯人の女はいまだ見つかっていない。とにかく観光客を装った中国人女の逆ナンにはくれぐれも注意を。鼻の下を伸ばしてもロクなことにはなりません。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ