★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎

高峯さん(仮名)とは、 新宿の小さな飲み屋で知り合い、 その場で話を聞かせてもらうことになった。
都内の健康機器メーカーに勤める36オ。奥さんと小学生の娘が一人。平凡ではあるが、その平凡さがうらやましくなるような穏やかな男性だ。
「人生最大の後悔ですか?」
15分ほども考えた末、ようやく彼は何かを思い出した。
「1つだけと言えば、あれですかね」
あれを説明するには、 少し前おきがいる。
彼が大学を出て会社に入社したころ、 今の奥さんとは違う一人の恋人ができた。都心のクラブで知り合ったA子さんだ。
ナンパきっかけの付き合いは概してすぐに終わりがちなものだが、不思議と交際は続いた。それはA 子さんの性格によるところが大きい。知り合って2カ月も身体を許さなかった身持ちの堅さが、大事にしたいと思う気持ちを募らせたのだと彼は言う。゜
「すぐにャラせるような女って、やっばりすぐに捨てるでしょ、男って」
すぐにヤラせない女は捨てられにくい。その法則のおかげで、幸せな日々はしばらく続いた。

後悔の1日は、 交際から1年後、二人共に24オだった夏に訪れる。その夜いつものようにセックスを始めようとした彼は、コンドームの箱が空っぼなことに気ついた。どんな日であろうとつける。それが堅い彼女と惚れた彼との約束事だった。
しかし、その日に限り、彼女は言った。
「いいよ」
つまりつけなくていいと。彼女の真意がどこにあったのか、
この時点ではわからない。わかるのは、セックスを終えてからだ。彼は迷った。いいのか。ならばヤっちまうか。でも妊娠したらどうする。まだ俺、24オなのに。
しばし後、コンビニに走った。ナマが抱える様々な怖さに負けたのだ。
あのとき思い切ってナマでやってれば・・。彼の人生における最大の後悔はそこだ。
いつもと同じセーフティーな営みの後、彼女は言った。
「子供できたら結婚すればいい 」やはりそうだったのか。安全日だからではなかったのだ。助かった。まだ結婚なんてする気はない。
なぜこれが後悔になるのか。そう、今となってみれば、あの彼女と結婚しておくべきだったと彼は悔やんでいるのだ。
「ヨメさんに不満があるわけじゃないけど、何か違うって感じはずっとあるんですよ。でもあのときの彼女は美人じゃないけど性格がピッタリ合ってた。 結婚するならあの子が正解だったんじゃないか」
もしあの日「いいよ」の言葉に甘えていれば、二人の結びつきはより強くなり、後に些細な喧嘩で別れるようなことはなかったのではないか。いつかは結婚していたのではないか。 そう彼は振り返る。
そう、幸せではあるんです。 でももっと幸せな人生もあったかもしれないって。そういうもんですよね。

続いて両親がどのように知りあい、結婚に至ったのか母親に聞いてみた

ぼくは実家へ戻るべく、九州へ向かう新幹線に座っていた。親父の命日だからだ。といっても、親戚一同が集まるわけではない。年に一度の記念日のようなものだ。ぼくにしても、この日に墓参りするのは数年ぶりのこと。

わざわざ帰省したのには理由がある。墓参りのついでに、なぜぼくは生まれてきたのか親に聞きたいと思ったのだ。いやまあ、そんな堅苦しいことでもないんだけど。なぜぼくは生まれたか。それはいまを去ること数十年前に両親が知りあい、結婚し、母親が妊娠した結果だ。

そんなの聞くまでもない。昔から母親似と言われてきたから出生の秘密もありそうにない。でも、それじゃ親たちがどのように知りあい、結婚に至ったのかキミは知ってるか?本当は他に好きな相手がいたのかもしれないし、結婚に際しては涙なしには語れぬ物語があったかもしれない。
キッチリと、親に聞いたことがあるだろうか。自分にとってはあくまで父親であり母親にすぎない彼らも、よく考えれば男と女。いろいろあると考えるほうが自然なんじゃないのか。自分のことを考えればよくわかる。ぼくは結婚しているけど、その前に何人かの女とつきあい、そのなかには結婚を考えた相手もいた。

妻にだっていただろう。誰にだって「じつはね」と打ち明ける恋愛話のひとつやふたつはある。親にもあって当然なのだ。たまたま何かの縁で結ばれたふたりの、精子と卵子が何億分の一の確率でくっついて、ぼくという人間が生まれてきたのである。その偶然はどのように起ったのかを一度聞いてみたい。若き日のふたりについての話を。ところがこれ、なかなか聞けるもんじゃない。

想像するだけで身がよじれるほど恥ずかしい。どこかはずかしいか、うまく説明することはできないが、こんな話を正面切って聞くのは腰が引ける。何か親の秘密に触れてしまう感じもするし、とてもオレには聞けないと思ってしまう。その繰り返しで、親父が死んで以来いまでは結婚以前のことを話題にするのは、自分にとってタブーになっているところがある。知りたいくせに聞けない。

しかし、母親もぐずぐずしていると、ますます聞きにくくなるばかりである。命日なら自然と親父の話にもなるから、いくらか唐突な感じもやわらぐだろう。タイミングさえつかめればなんとかなるかもしれない。いつかは越えなければならない壁を、今回こそ越えてみせる。壁ってな
んだという話もあるが、ぼくはそう思っていた。
「そんなのカンタンじゃん。オレはとっくに知ってるよ」
なんて言う野郎もいるだろう。ぼくは、友だちみたいになんでも語りあう親子なんか気
持ちが悪いと思っている人間だ。母と娘というのはその手の話をよくする習性があるらしいから、また別かもわかんないけど、両親のプライバシーに跨踏なく踏み込める男ってのはちょっと信じられないのだ。親子というもっとも身近な関係だからこそ、うかつに踏み込むことがためらわれる領域があるように思う。

それとも、そんなことしなくて
も世間の親父は、息子と酒を酌み交わしながら、「母さんも昔はアレでなかなかいい女でさ…」なんて話をするものなのか。するんなら少しうらやましい気がしないでもないが、そんな経験のないぼくには、親子関係の相場がよくわからない。
母親もひとりの女。この単純な事実に初めて気がついたのは親父が死んだ四才のときだった。それからの3,4年間は夫と死別した女として見ていた記憶がある。いい人がいたら再婚すればいい、と本気ですすめたこともあった。両親の若かった時代のことが気になりだしたのもこのころだ。

しかし、ふたりが結婚した経緯を聞くことはできなかった。もちろん向こうからそんな話もしてこない。そしていつしかぼくのなかで女としての意識は薄れ、母親は元のイメージに再び収まったまま時が流れてきたのだ。実家に着いた翌朝、母親とふたりで墓参りに行った。あたりはシーンとして誰もいないから状況としてはいい。実際、戻るまでは墓参りのついでにと思ってもいた。

でも、寺とか墓にはナマナマしい気分を吹き飛ばす要素があるのだろう。まるでそんな気にはなれない。ここは帰宅してからだ。ぼくは母親に今日の予定を尋ねた。
「昼から友だちと会う約束があるんよ・遅くなるかもしれないから夕食は外に食べに行こうか」
急に帰ってきたんだし、仕方あるまい。相談の末、晩飯を近所にできたリゾートホテルのレストランに食べに行くことにし、ぼくは実家でブラブラ過ごした。港町なので、ホテルは海沿いに建っている。

メインターゲットはカップルだから、レストランもそれなりに雰囲気には気を使っているはずだ。女性とその息子が、ワインでも飲みながら遠い昔の記憶をたどる。酔いも程よく手伝って母親の舌も滑らかになり、思わぬ告白が始まる…予定だったのだが、そうはならなかった。

たかが息子と海沿いのレストランに行ったくらいで、母親は女に変身したりしないのだ。話題はまず料理に。そして、マンション購入に踏み切った娘夫婦のこと、孫のことへとよどみなく移っていく。途中、親父の話も出るには出た。親父は東北出身で塩辛いものが好き。九州育ちの母親は、味付けで
苦労したという話だ。
「お父さんは納豆が好きだったけど、私は食べたこともなくて、あれにはまいった」
ムードも何もあったもんじゃない。そうこうしているうちに食後のコーヒーである。せめてキッカケぐらいはつかみたいが、いったい何を話せばいいのか。わかっている。親父のどこが気に入って結婚したんだと、素直に話を始めればいいのだ。だけど単刀直入に聞けるくらいなら、とっくの昔にこういう話はできていたわけで。
「親父とは見合いだったんだよな」がんばって出てきたのが、ようやくこのセリフ。納豆から前ブリなしに見合い話。唐突すぎる展開である。
「まあ、そんなようなもんよ」
オャッという顔で返事する母親。いかんなあ、肩に力が入ってるよなあ。レストランで食事しながらなんて、かしこまった方法を選ぶから失敗するのだ。こんなことはコタッにでも足を突っ込んで聞くのがふさわしい。そうだ、昔の写真を見ながらしゃべるのがいい。

それなら尋ねやすいし、母親だって話しやすいのではないか。両親のツーショット写真があれば、きっかけとしては申し分ない。が、いくら探してもないのである。親父はあまり写真に撮られるのが好きではなかったのか、独身時代のものはほとんど残っていないのだ。

結婚後も撮る役に徹していたようで、ツーショットはおろか夫婦揃って写っている写真すら数えるほどだった。母親のはけつこう独身時代のが残っている。女学校から洋裁学校に進んだだけに、女友だちとの写真ばかりなのだが、なかに1枚だけ男がふたり、混じっているものがあった。

母親が20才かそこらの写真だ。つうことはつまり、どちらかと付き合っていたとしてもおかしくはない。
「この男たちは誰?」やってきた母親に、すんなり聞くことができた。
「それは女学校時代の友だち。みんなでよく遊びにいったのよ」
「どっちかと付き合ってたとか、そういう事実はないの」まずまずの突っ込み。いいぞ。「ないわよ・それはグループ交際で、ただの友だちだったわね」
ここは間髪入れず、本命と思ってた人がいるのかとか、親父との恋愛時代に話を振るべきだろうと、頭では冷静に考える。

そうすれば、おのずと道は開ける。だが、口をつくのはアホみたいな相づちでしかない。そんな状態が2時間ほど続いたのである。わかったことは、以下のようなことだ。洋裁学校に行った母親は卒業後に就職を考えた。

しかし、祖父は長女が働くことに抵抗があったのか、あるいは金に余裕があったのか、女子社員の月給だった7千円ほどを小遣いとしてやるから花嫁修業でもしろと提案。そのうち知人のつてで親父が登場し、事前に会った祖父が気に入ってしまった。当時は父親の力が強かったのだ。

祖父は商売をしており、サラリーマンであることも「安定性がある」とポイントが高かったらしい。母親としては見合いのときも特に好意を持ったわけではなかったが、逆に嫌な気もせず、トントンと話が進んでゴールイン。1年数ヶ月後、長男のぼくが誕生した。書いているのも虚しい、履歴をなぞるだけの内容である。上機嫌の母親は何を聞いても答えてくれそうな気配。

あと1歩、足を踏み出せば、長年のモヤモヤが晴れる。ぼくは特殊な話が聞きたいのではないし、仮に秘密めいた過去があったとしても、いまさら大したショックなど受けないと思う。それなのになぜためらうのだろう。何にこだわっているのか、自分でも不思議だ。

いつか心理カウンセラーの先生に「マザコンかもしれないね」と言われたけど、関係があるのだろうか。それとも単に人間のスケールが小さいのかね。こういうのはスケールの問題ではないよな…。

母親が眠る支度を始めた。今晩は、これにてお開きということである。順調に事が運べば明日には帰京の予定だったが、こんな調子では帰れない。ぼくは、もう1泊することに決め、明日こそと胸に誓って眠りについた。

面白い婚活イベントが増えている

婚活というと、売れ残りの人々の活動というようなイメージをもたれている時代がありましたが、最近の状況はすっかり様変わりしています。マスコミ等でも婚活という言葉が定着し、真剣に活動していることが特に恥ずかしいことでもなく、意外なことに最近の婚活市場では男性不足、女性余りの現象すら起きています。
SNSが当たり前になった今、婚活もハードルがかなり低いSNSやスマホアプリなども利用されていますが、結婚相談所や顔見知りの紹介などのように、相手が信用できるのかわからないという点もありトラブルは増えてしまいますので運営のしっかりした婚活イベントがかなり人気のようです。詐欺まではいかなくてもSNSだとバツイチの事実を伏せ、独身で登録する人は多いようですから。
さてどんなイベントがあるのでしょうか。
例えば旅行が好きな人には嬉しい、キャンセル待ちが出るほど大盛況なのが小田急トラベルの企画するロマンスカーで行く婚活ツアー。鉄道の婚活=鉄コンは参加者が集まらないのか、開催する鉄道会社が減少傾向にありましたが、この婚活ツアーは毎回キャンセル待ちが出るほど大盛況だ。
内容は海老名駅に集合し、車内で自己紹介や席替えトークを行いながら箱根に向かい、到着後は湯本富士屋ホテルで昼食とグリーティングトークを楽しむ。その後は恋愛成就祈願の箱根神社参拝し、仙石原の散策でフリートークタイムと続き、バスで帰路に就く。帰りのバス車内ではフィーリングカップル投票と発表を行い、海老名駅で19時頃解散となる。
ロマンスカー乗車中は男性は約5分ごとに席替えと、席替えで女性とのトークチャンスが多かったためか、ロマンスカーという響きと目的地である箱根の組み合わせがそもそもよいのもあるだろうがガチでカップル成立を目指す小田急トラベルの姿勢が人気の秘密のようだ。

こちらも旅行でより豪華なのが豪華クルーズで行く台北・沖縄・石垣島の旅婚活ツアーだ。こちらはバーやラウンジ、プールからシアターなどの施設が充実した豪華客船サファイアプリンセス号で澄んだ海と満天の星空の下で恋愛できるというもの。ここまで豪華でなくても鹿児島県の指宿市で行われている婚活パーティー「イブキッス第4弾 船上婚活イベント 恋 クルーズ~後悔するな!航海しろ~」もフェリーを貸し切る婚活だ。

あとは趣味にあわせた婚活、例えば可愛い小鳥達に癒される癒しの小鳥カフェコンや女性もハマるキックボクシング婚活、コーヒー好きの方向きの様々なコーヒー豆をカッピング(テイスティング)して、自分好みのコーヒーを探すコーヒーテイステイング体験コンなどニッチな趣味にもこたえる婚活が増えています。

ちょっと変わっているのが工場で婚活の高石婚活夜景ツアー。こちらは通常は入ることが出来ない堺泉北臨海工業地帯(堺市、大阪府高石市、泉大津両市)の工場夜景スポットや、写真家小林哲朗氏おすすめの工場夜景スポットをめぐります。夜景を眺めながらの婚活で、気持ちも高ぶりそうです。

そのまま結婚の実践テストのようなものが料理教室での婚活イベントだ。クッキング合コンでは新宿御苑にある本格的なキッチンスタジオを利用して男女共同作業でクッキングするので相性がもろわかりしそうです。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ