★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎

20180831105124.png

ショートカットのキレイなお姉さんが好きだ。ショートが似合う美人は本当の美人って言葉もあるくらいだし、実際、可愛い子が多いと思う。
というわけで、ショートカットの美人店員さんだけを選んで、ラブレターを配って参り
ました。

平日の夜、渋谷駅前で待ち合わせだ。この時間からお茶だけってことはないはず。なんとかアルコールを口にさせたい。
「こんばんは〜!」
現れたのはショートカットが良く似う色っぽい女性。やはり1番の子で間違いない。年齢は…たぶん20代ではないな。30前半ってところか?大人の色気ってやつだな。
「お茶だけじゃなんなんで、軽く飲めるところにいきませんか?」
「あ、いいですよ〜。軽く飲みますか〜!」
よしよし。うまく乗ってくれた。お茶じゃ口説くのは難しいもんね。一応、駅からさほど遠くないお店を予約していたので、そこに向かう。まいちゃんはスレンダーでオッパイもほとんどないが、色白の肌とぷっくりとした唇がエロいぞ。
店に入って生ビールを2つ注文。
「お酒飲めるんだね。よかった」
「量はあまりですけど、ひと通りは。フフ」
「日本酒とかもいけるの?後で熱燗でもどう」
「ちょっとなら大丈夫ですよ!」
いいじゃないですか。こんな寒い夜には、形の良いケツでも撫でながら日本酒を飲みたいものだ。
「まいちゃんは、あのお店は長いの?社員さんなのかな?」
「そうですね、社員で働いてます。もう4年ですかね、でも今年の春で辞めようと思ってます」
「そうなんだ、なぜまた?」
「自分でお店をはじめようと思っていて。ミストサウナのお店をやろうかと…」
「ん?サウナ?」
「蒸気でカラダを温めると色々と健康にいいんですよ。冷え性とかに効きますよ」
「へぇ〜、まいちゃん冷え性なの?」
いいタイミングだったので軽く手を握ってみた。うん、冷たい。
「むちゃくちゃ冷たいじゃん!」
「そうなんですよね」
手は握ったものの、ちっとも色っぽい雰囲気にはならず。でもポテっとした唇がホントにソソる。早くレロレロしたい!
「じゃあ、熱燗飲んで温まろうよ!」
「そうですね」
じゃんじゃん飲んでもらって、股間の方まで温めてもらおう。友人と2人でミストのお店を出す計画のまいちゃんだが、男関係はどんな感じなのか?
「まいちゃん、可愛いけど彼氏はどうなの?」
「彼氏ですか?今はいないですよ!2カ月前に別れました」「それは別れたてホカホカだね〜、っていうか、今はいくつなの?」
「32才です、みのやさんは?」
「俺は38、彼女もいない」
両方とも30代で恋人なし。これはチャンスかも。
「別れたの最近だけど、カレが忘れられないとかはないの?」
「それはないですね。軽く暴力振るわれたので、もうこりごりです。職場の人と飲みに行っただけで壁に頭ぶつけられて…」
それのどこが軽い暴力なのだろうか?
「それは最悪な彼氏だったね、別れて正解だよ!」
「そうですよねぇ。変にヤキモチやきで、器が小ちゃいというか」
どうやら元カレに未練はなさそうだ。となれば、性欲満載の三十路女が、男を求めないはずがないではないか。
「まいちゃんモテると思うけど、いま会ってる男とかはいるの?」
「さっき言った職場の人とたまに飲みに行くくらいですよ!ほんとただの職場の友達ですよ」そうか、ではそのあり余った性欲はどう発散してるの?とは聞けないので、
「でも、そういう相手欲しいでしょ」
「えっ?そういう相手って?」
セフレとも言えないので、
「いや、彼氏とか…」
「まだいいですよ、別れたばっかりで。当分はいらないですね」 
彼氏を求めてないのに、俺みたいな男とこうして会って食事してるというのはどういうことだ?と、まいちゃんがいきなり妙なことを口にだした。
「一つ聞きたかったんだけど、みのやさん、誰かに頼まれてとかじゃないですよね?」
どーゆーことだろう?いきなりの疑いに少し動揺してしまう。
「だから、誰かに言われて私を騙そうとかじゃないですよね?」
「騙すって、俺がまいちゃんを?」
今までの行動で何か不自然な
とこでもあったっけ?彼女は何を疑っているんだろう。
「なんか、なんで私なんだろうかなと思って。不自然というか」
「えー、俺は本当にまいちゃんが気に入っただけで、可愛いからそう思っても不思議じゃないと思うけど…」
「それだったらいいけど、なんか前の彼氏と変な別れ方しちゃったから、元カレの嫌がらせだったらキツいな〜って思って」
そうか、そういう心配か。そんなことまで心配しなきゃいけないなんて相当ひどい別れ方だったんだろう。
「そんな心配してたんだ。ごめんね、手紙をいきなり渡すとか、やっぱり不自然だもんね。でも本当にそういうのじゃないから心配しないでくれると嬉しいけど」
「う〜ん、そうですよね、ちょっと勘ぐり過ぎちゃってますよね」
と言いつつも表情はまだすっきりしない感じだ。確かに職場にいて、いきなり見ず知らずな男がラブレターを渡しに来たら、不審に思うかも。DVの彼と別れたばかりなら、
疑うのも無理ないか。無事にビールから熱燗へ進んだものの、さほど酔っ払う様子もなく、なんかテンションが下がってる。こっちも疑われてると思うと少しやりにくい。どうやって攻めようか。
「まぁ、ちゃんと疑うところは疑って、信じれるようになったら信じてよ!」
「はい…」
とりあえず話題は変えた方がよさそうだ。
「ミストのお店の計画は、具体的に進んでるの?」
「そうですね〜、もう物件を探してるんですよ」
「そうなんだ。お店できたら俺行くよ」
「あ、一応女性だけにすると思います」
「そっか、じゃあオープン前の練習台にしていいよ」
「あっそれいいかも!でも男性じゃやっぱり練習にならないか。ハハハ」
なんとか笑顔が戻ってきたぞ。そろそろ酒も回ってきたところだし、シモ系の話を振って様子を伺ってみたいところだ。
「まいちゃんどんな男がタイプなの?」
「そうですね〜やっぱりウソを付かない誠実な人かなぁ〜」
うーん、なんか含みのある言い方だな〜。俺がウソをつかないようにクギを刺してるんだろうか。
「シモ系の方はどう?エッチとか好きな方かとか、キライな方とか…」
「あー、んー、まだそういうことは教えたくないかなー」
「そうだよね、今日初めて会ったばかりだしねーハハハ」
下ネタを拒絶されて、再び微妙な空気になってしまった。失敗だ。これは攻めにくい!その後、なんとか当たり障りのない会話を続けつつ、何杯かお酒も飲んだが、またまた彼女が疑いモードになる時間帯もあったりして、なかなか口説ける空気に持っていけない。気が付けば終電間際の時間になり、彼女が帰りの電車を心配しだした。今夜ホテルに連れ込むのは難しいかも。ここはあせらず次に繋げた方が無難だろう。

2、女友達との旅行でもGPSチェックする束縛激しい彼氏がいる女の子を口説いた
2_2020090707425314b.png

街を歩きながら、可愛い店員さんを見つけるたびにラブレターを配っている俺。何度も繰り返していると、気が付けば雑貨屋の店員さんだった、ということがある。

たぶん、雑貨屋のバイトは可愛い子が多いのだ。というわけで、今回で3度目になる雑貨屋の店員さん編、スタート。

約束当日の某駅前。待ち合わせの時間に現れたのは、小柄でロングスカートの色気のある女の子だった。丸顔でかなり好み!6番の水トアナ似じゃないか!いいぞー。
「こんにちは!チカコちゃんだよね?」
「はい。こんにちは〜♪初めまして」
イタリアンが好きといっていた彼女のために、食べログで人気の小洒落たお店を予約済だ。
「お店予約しといたから、行きましょう!」
「すみません、全部まかせちゃって…!」
笑顔がまたかわいい!オッパイはあまり大きくはないが、なんだかすごくいい匂いがする。早く抱きしめてこの匂いを嗅ぎまくりたい。5分ほど歩いて目的の店に入店した。
「ワイン好きってメールで言ってたけど、赤か白どっちがいい?」
「白がいいですね〜!!」
白の美味しそうなフランスの樽熟シャルドネをオーダーだ。
「何かオシャレなお店ですね、よく来るんですか?」
「うん、友達とたまにね」
「え〜すごいぃ〜!」
本当はバリバリはじめてだけどね。最近ウソをついても何も罪悪感がわかなくなってきた。
「チカコちゃんは、今は彼氏どうなの?」
「今はもちろんいないですよ!」
「じゃあいつごろまでいたの?」
「それが2年くらいいないんですよ」
「そんなに?」
2年は結構長めだな。なんでも半年ほど同棲した後、彼の束縛が酷すぎて、大喧嘩のすえ別れることになったらしい。
「でも2年もいないと、寂しいんじゃない?」
「まぁ少しは…。でもまだいいかな?ハハハ」
「そんなに束縛激しかったの?」
「携帯チェックしたりはいつもでしたね…」
「それは厳しいね、どうせ見ても一緒なのにね」
「そう思いますよね。見ていいことなんて一つもないのに。なんか心が狭いというか、余裕がない人でしたね」
どうやら前の彼氏のトラウマでしばらく男性とは距離をとっているようだ。そんな子は、どう口説けばいいのだろう? 今回は苦戦しそうな予感がしてきた。でもお酒が飲めるから酔わせればどうにかなるかもな。
「…それと、別れが決定的に決まったのは、私が女友達と旅行に行くのをずっと反対してて、でも私が行くって言ったら、前の日に私が寝ている横で、私の携帯をいじってて…何してたと思います?」
「誰と行くかメールをみてたんじゃないの?」
「それがなんとGPSを起動させて旅行中に私が何処にいるかチェックできるようにしてたんです!」
「あ〜それはひどいね」
「でしょ〜〜!!そんな人間と付き合えませんよ〜〜!」
すげーな彼氏。どうせやるならばれないようにやれよ。千佳子ちゃんはそのときのこ
とをリアルに思い出してしまったのか、少し興奮気味だ。
「そんなことします?」
「俺はしないけど、携帯見るくらいの話はよく聞くよね」
「でもGPSはまずくないっすか?人間性疑いますよ〜」
確かに、結構危険な匂いがするかも。
「結構若く見えるけどチカコちゃんはお幾つなの?」
「来月で25になります」
 まあ、そんなところか。
「来月誕生日なんだ!お祝いさせてよ!」
今日が無理でも、そのとき口説けそうだし。
「え〜まだわからないですよー!!まだ会ったばかりだし、友達とかと約束もあるし」 
冷静だな。確かにそれはそうだけど。
「でも、もし誕生日付近で空く日があれば、食事でもご馳走させてよ」
「う〜ん、はい。でも、もし空けば、ですけど…」
なんだよその言い方は! そこは「ありがとう」でいいじゃないか。どんだけ人気者をアピールしたいんだ?まあいい。気を取り直し、もう少し恋愛事情に踏み込んでみよう。
「最近は会ったりしている男の人はいないの?」
「う〜ん、時々会う人はいるかな〜」 
いるんかい!!
「それってどういう関係なの?」
「今、勤めてるところの上司なんですけど…」 
なんかいけない匂いがプンプンだ。
「もしかして不倫?」
「…まぁ、そういう風にいえばそうかな、ははは」
そういう風に言えばって、他にどう言うの? 一見内気そうに見えるチカコちゃんなのに、やってることは意外にも大胆だ。となると、2年間彼氏はいないけど、あっちの方は不自由してないってことか。うーん。
「上司はいくつなの?」
「私の15歳上だから…40かな?」
俺とそんなに変わらないじゃないか!うまくやれば俺とも関係もってくれないかな?
「年上でもいいの?」
「全然大丈夫ですよ、年上の方が落ち着いててむしろ好きですね」
「ほんとー?チカコちゃんだったら俺2番目でもいいんだけどなぁ〜!」
 冗談ぽく言って様子を伺う。
「………」
あれ、引いてる?何か言ってくれ!いろいろ聞いてみると、年上の上司とは一年前から体の関係が続いて、週に二回のペースで彼女のアパートへ会いに来るという。なんとも羨ましい関係だ。男が求める理想の関係ではないか。チカコちゃんにとっては、ただいいように利用されてるだけだろう。そう思うと少し可哀想にも思うが、彼女は彼女でその関係を楽しんでるようだ。
「彼、結構優しくって、いろんなところに連れてってくれるんですよ〜。この前も伊豆の方に泊まりに連れてってくれたし!それに束縛もしないし」
もう彼って言っちゃってるし!不倫なのに束縛なんかするわけないだろ!ちょっと頭ゆるいぞこの子。
…ってことはそうか誕生日もこの彼と過ごすつもりなんだな。今の関係に満足している彼女をどうやって口説きゃいいんだ。そこに勝機はあるのかい?彼女に不倫の危険さ、不道徳さを説くのはどうだ。野暮すぎるかな…。でもそれが一番効果的な気もする。
「職場で周りの人にはバレてないの?」
「職場では必要以上にはしゃべらないし、会うのも会社の近くではまず会いませんね」
 結構用心深くしているようだ。
「でも会いたくても会えない日のほうが多いんじゃない?」
「う〜ん、そうなんですよ〜。結構会いたいときに一方的に連絡してきて、それに合わせてる感じですかね…」
「何かそれって男の勝手だよね、自分の都合だけでチカコちゃん振り回されてない?」
「やっぱりそうですかね…」
チカコちゃんも不倫という理不尽な関係に少しは悩んでいるようだ。
「まぁ、楽しいときはいいけど、しんどくなってきたらそろそろ潮時かも知れないね」
あくまで彼女のことを思って言ってあげているという感じで話す。
「やっぱりそうですよね…。会ってるときは楽しいんですけど、いつも会えるわけじゃないし…」
素直なんだな。面白いくらいに悩みはじめてくれた。このままうまく言いくるめれば、結構簡単に落ちるかも? 時間はまだ夕方。店でも変えて腰をすえて口説いてみよう。
「そろそろ、お店変えて飲もっか!行きたいバーもあるし」
「いいですよ〜、そうしますか」
そのタイミングで事件は起きてしまった。彼女の携帯に着信音があり、電話にでた彼女が席を外し店の外へ。5分後席に戻ってきて発した言葉は
「すいません、やっぱり行けなくなりました」
「えぇ〜〜〜、なんで?もしかして、その上司?」
「はい…」
なんでこんなタイミングで抱きたくなるかなぁ〜。
「行くの?」
「会いたいっていってるから、行かないと…」
やっぱり惚れたもんの負けなんだね、男と女って。それから少しの間、行かないよう説得したものの、彼女の意思は固く、「よかったらまた誘ってください!」と言い残し、小走りで行ってしまった。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ