★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
なぜ美女がブサイク君と付き合っているのか・イケメンってプライドばっかり高くて癒されない?

フリーターのお2人だ。モデル風美人と、若いころのなべおさみ。こんな組み合わせ、ありえない。2人は高校時代の同級生で、付き合い始めたのは3年ほど前だが、出会ってからの年月を入れると10年来の間柄だそうだ。
2人が出会ったころの彼女はクラスでも目立つグループのメンバーの1人で、イケメン男子とのお付き合いも経験している。当時の彼女を知る彼が語る。
「そいつ、爽やかな好男児ですよ。バレー部のエースでイケメンすからね。後輩の女の子がファンクラブ作っちゃうような感じで。ね?」
「うん。その人、確かに顔はかっこいいし、いい人だったけど、卒業して地方の大学行っちゃったんで自然消滅でしたね」
その後も彼女は、イケメンではないが、それなりのルックスの男性たちと何度かお付き合いしている。順調に恵まれた青春を謳歌してきたのだ。
その一方で、彼とはあくまでクラスの同級生として、年に2、3回程度の割合で顔を合わせるだけ。恋愛感情など微塵もない。
「クラスのお調子者って感じですよ。面白いこと言ったり、教室に勝手にステージ作ってリサイタル開いたりとか。だから男女大勢で集まるときは定番のメンバーの1人だったんですよね。でも女子の間ではキモイとか言われてたかも。私は楽しかったけど…いや、キモかったかな」
女子にキモがられているクラスのお調子者、と言われても、どんな立ち位置なのかいまいちピンと来ないが、彼女の中では悪い印象ではなかったようだ。 で、その二人がどうしてお付き合いを?
「告白されたんですよ。私もたまたまフリーだったし、前カレが性格きつめの人だったから、この人で安らぎたかったってのもあるかも」
は〜、安らぎですか。モノは言いようですな。そりゃ面白フェイスを見てれば安らぐだろうけど、燃えさかるものがないでしょうが。ぐっと燃えるものが。
「そんな、最初から燃えることのほうが珍しくないですか?
もともと、ちょっとイイなと思ったら付き合うタイプなんで、私」
と、インタビューの途中で彼氏が喫煙所に向かった。そのスキに、本音を聞いてみよう。
「でも、なんていうか、彼氏さんイケメンさんではないですよね」
「ブサイクですよね(笑)でも私の知ってる範囲だと、イケメンって実は癒されないんですよ。プライドばっかり高くて」
「彼氏さん、変なプライドなさそうですもんね」
「そうそう、アホっていうか面白いヤツっていうか。よく見るとカワイくないですか?」
彼氏が戻ってきた。写真撮影のためにファインダーをのぞく。うん、確かに愛嬌のある顔だ。二人ともすごく幸せそうだぞ。

もう一組ブサイクちゃんと美女カップルのインタビュー

誰に教えられたわけでもないけれど、いつしか我々は思い込んでしまっている。美女と付き合えるのはイケメン君だけなのだと。だってそうだろう。大勢の男から言い寄られるモテ子さんが、あえてブ男を選ぶ理由なんてどこにもないんだから。でも現実にはときどき目撃するんです。美女と野獣のカップルを。キャバクラの同伴にしてはやけにイチャこきすぎなお二人を。
なんで付き合えたんだ?どうしてアンタがこの子を落とせたんだ?
この誰もが抱く疑問を解決し、さらに我々の今後の参考にもさせてもらうため、アンバランスカップルに話を聞いた。

新宿を歩いていた2人を見つけた。いかにも怖そうなお兄さんと、アイドルのような顔立ちの女の子だ。間違いなくキャバクラの同伴である。こういう男ってキャバクラ好きなのよ。ところがこの2人が恋人同士なのだ。しかも腹が立つことに、彼女が19才で、彼は20も年上の38才。それだけでもショックなのに、なんと彼女、現在妊娠中と言うではないか。
「来年の初めに式挙げるんですよ」
えへへ、と笑いながらお腹をさする彼女の横で、強面の彼が微笑む。なんだろう、この変な感覚は。怒りを通りこしてもはや虚脱感に近い。いやね、この手のいかにも悪そうな男に付いてっちゃうコってのは確かにいますよ。田舎のコンビニでウンコ座りしてるようなコとか。
でも、あなた、めっちゃキレイじゃないすか! 
引く手あまたでしょうに。一回こっきりの過ちなら許すけど、こんな男と結婚とか妊娠とかダメダメ!まったくもう、いったいどうやってお付き合いに至ったわけ?聞きたくないけど聞きます。
「どこで出会ったんです?」
「えっと、キャバ嬢やってる友達が男性2人と一緒に飲んでて、気まずいから来てくれって言われて、行ったら彼がいたんです。なんか怖そうな人たちがいるからヤダなーって思って」 
やっぱり最初は怖いと思ったんだ。そりゃそうだよな。さらに顔だけでなく、男2人が不動産関連の仕事をしていると聞いた彼女は、金を貯め込んで悪いことをしている人たちだと思ったそうだ。うん、見る目あるね。 
しかし相手は友人の大事な客である。嫌な顔をすることもできず、その場はにこやかに愛想を振りまくことにした。 2人の男性のうち、キャバ嬢目当ての男は結婚していたが、その友人、つまり現在の彼氏はフリーだった。その彼が、また飲みに行こうと皆の前で彼女を誘ってきた。
「友人の顔を立てるためにOKしちゃったんですよ(笑)」 
ああ、お馬鹿さん。それで強引に飲まされてヤラれたか!
「いえいえ、2人で会ってみたら、最初のイメージと全然違って、すごく気を遣ってくれて。帰りも遅くならないようにって、ちゃんと送ってくれたし」 
その日があったことで彼女は警戒心を解き、たびたび誘われては飲むようになったという。そして何度目かの会合で、彼の方からお付き合いしようと告白を受けた。
「絶対遊んでそうって思ってたのに、そういう(エッチな)こともなかったし、真剣に付き合おうって言ってもらえたのが嬉しかったかな」
怖い不良だと思ったのに、実は優しくてマジメ。そのギャップにコロンと参ってしまったわけか。女なんて単純だのぉ。
「でもギャップっていっても逆だったらダメですよ。だいたい男の人って第一印象は優しそうでも、だんだん本性あらわすじゃないですか。そういうのってうんざりしますもん」

信頼関係が築ければ歳の差カップルでも美女でも落とせる!?

歳の差カップル。いったい日本のどこに、この熊のような男性とスレンダー美女が交差する場所があるというのか。考えてみたが、見当もつかん。

出会いのきっかけを尋ねると彼氏が言い淀んだ。ん、彼女さん、どういうこと?
「実は、ミクシィに飲み会コミュっていうのがあって、それに参加したら彼がいまして。話してみたら偶然、趣味趣向がピッタリ似てたんですよ」
同じ趣味趣向。あまりにベタな理由だが、ちなみにどんなご趣味なんでしょう。
「趣味っていうか、私すごい飲むのが好きで、お酒が強い人がいいんです」
で、一方の彼氏は。
「俺も酒が好きだから飲める子じゃないとダメ。つまらないから。かなりの量を飲む方だから、相手もそれを嫌がらずに付き合ってくれる人じゃないと」
彼氏は大酒飲みの多い土地柄で有名な与論島の出身で、とにかく飲む量が半端じゃないんですと。ふーん、酒ねぇ。でも酒の強い人なんてその辺にゴロゴロしてると思うんだけど。俺だって結構飲めますよ。
「お酒が強いのも大事ですけど、酔った後のキャラクターが大事っていうか、いくら飲めても酒乱だったり、悪酔いするような人って多いじゃないですか。彼はそれがないんですよね」
彼が彼女の心を射止めたエピソードがある。ミクシィの飲み会で意気投合した2人は、後日、もう一度2人で飲もうと約束を交わしたが、このときの彼女はまだ彼のことを
「飲み友達の一人」としか見ていない。現に、異性の飲み友達は他にもたくさんいた。日をあらためて、2人は彼の行きつけの居酒屋で日本酒をしこたま飲んだ。いくら飲んでも引かれることはないことに安心した彼女は、許容量を超えるまで飲みつづけ、酔いつぶれてしまう。
「あんなの初めてなんですけど、気づいたら眠ってたんですよ。自分でも強い方だと思ってたのに、完全にダメになっちゃって。そしたら、彼が平然とした顔で私を介抱してくれて、おまけに家まで送り届けてくれたんです。もうなんて優しいんだろう。最高に格好いいって思って」
こうして熊みたいな飲み友達は、優しくて頼りがいのあるいい男に変貌を遂げた。
ま、つまり、酔っぱらって判断能力が著しく落ちたタイミングで優しくしてやったと。それで彼女が錯覚しちゃったと。
でもこうしてお付き合いが5年も続いてるっていうんだから相性はいいんでしょうな。

もう一つ歳の差カップル

AV男優の告白を、なぜに美女が受け入れるのか

かなりギャップの激しいお2人だと聞いていたが、よもやここまでとは。
「今までいろいろな男の人とお付き合いしてきましたけど、一言で言うと、とにかく一緒にいて疲れる相手はもうイヤなんです。この人といると楽なので」
ハキハキとした物言いの彼女、現在、雑誌やAVなどに女性を派遣するモデルプロダクションを運営してらっしゃるそうです。
その横で、優しい笑顔をたたえながら、黙って彼女の話を聞いているのがAV男優の彼氏である。正確にはM系フェチ男優だ。痴女に弄ばれたり、デブの熟女と絡んだり、時にはホモビデオにも出演する特殊AV専門らしい。
彼は自らM体質だというように、物腰が柔らかく、常に横にいる彼女の顔色を伺っている。名刺を頂き挨拶を終えると、彼の発言はそこでピタリと止まった。以降、彼女が発言してる間は一切口を挟まず、ウンウンと優しく頷くだけ。なので、ここから先の内容はすべて彼女の言葉で構成されることになる。 2人の出会いはとあるAV作品の撮影現場だ。一目で好意を抱いた彼が彼女に接近し、食事に誘いだして告白した。で、特殊AV男優の告白を、なぜに美女が受け入れるのか。
「なんでも言うこと聞いてくれそうなので、とりあえず付き合ってあげよっかなって。仮入部みたいに(笑)」
仮入部。恋愛にもそんな制度があったのか。
「仮入部の間に、ほんとに食事も掃除もすべてやってくれるか観察したんですよ。そしたら寝る前には頼んでもいないのに足のマッサージまでしてくれるし。かなりポイント高かったです」 
ふむふむ。でもそれでは恋人同士というより、主従関係と言った方が近いのでは。だからアッチのほうの付き合いはなかったりするんでしょ?
でしょ?
「そりゃぁありますよ。彼氏ですから。この人、私のことをすごく好きっていう思いが伝わってくるから安心できるんですよ。常に私に会いたいと思って来てくれてるし、会いたくないときにどっか行ってと言えばいなくなってくれるし。そんな人ってなかなかいないですよ。いつもオドオドしてるし、最初はちょっとイラっときたんだけど、慣れてくるとそんなことはどうでもいいんです」
彼女が過去にどんな男と付き合ってきたのかわからないが、ひょっとすると、あまり幸せな恋愛をしてこなかったのかもしれない。
その辛さや寂しさに比べれば、自分のことを死にもの狂いで好いてくれ、なおかつ一緒にいてラクな男性であれば、M気質の変態だろうがスキンヘッドだろうが関係ないのかも。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ