★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
人妻NTR3P体験談人妻NTR3P体験談人妻NTR3P体験談人妻NTR3P体験談人妻NTR3P体験談人妻NTR3P体験談
個人的には、たりが好みだが、とりあえず、どのタイプにも声をかけていこう。目の前に出勤前のキャバ嬢らしき女性が現れた。超ミニのホットパンツから伸びる白い足と、ゆつさゆつさ揺れるオッパイが非常にエロい。
「どうも、こんにちは。いやぁ、自分、めちゃめちゃ色つぽいなあ。実は雑誌の企画で大阪エッチな女性を探してるんやけど君はどうかなぁ?見た目的には最高なんやけど」
何のひねりもないアプロ—チではあるが、本当にスケベな女性なら、かえつてストレートな申し出の方が話は早い。ところが彼女はまつたくの無視。続けて、声をかけても、芳しい反応は得られなぃ。その後、通勤途中営業中、夜の繁華街と問わずアタックしたが、セックスに持ち込めた女性はいない。具体的には「エッチじゃないか?」と言われてうれしそうな反応をする女性が結構いるのだ。まだまだいくでぇ。
セックスレスの人妻をスタバでゲット!
平日昼間、ミナミのスタバの屋外喫煙席で色白厶チムチ系の女性を発見した。顔は地味目だが、はちきれんばかりのノースリーブのシャツとミニスカ—卜から硯く太目の生足がいやらしい。恐らく主婦だろう。ヒマそうに雑誌を読んでいる。
「待ち合わせ?」「ぃぇ」「そりゃよかった。是非お願いしたいことがありまして、見た目が色っぽい女性に声をかけさせてもらってるんですよ」「はぁ?」「大阪エッチな女性を探そうという雑誌の企画なんですけど、とりあえず話だけでも聞かせてくれませんか?お願い!」「何かよくわかりませんけど、ここでいいんですか?」
お、乗ってきたぞ。とりあえず、今までのレポートに登場した女性の話をしながら盛り上げていく。
「すごい人たちがいるんですね。でも私、本当に普通なんで、全然ダメだと思いますよ」
彼女、エミさんは主婦で、子供はいない。確かにプロフィール的には普通だが、そうした普通の女性が実はすごいエッチ、というのはよくある話。ちなみにセックス、いつしました?
「え、そんなこと言うんですか?もう長いことしてませんよ。2ヶ月以上はしてないかな?」
「相手は旦那さん?」「もちろんですよ」
もう、はずかしいわぁ、と言いながら俺の質問に屈託なくペラペラと話すエミさん。典型的なセックスレス夫婦のようで、2ヶ月に一回するかどうかつてペースらしい。それじや欲求不満になるでしょ?「そりや、ねぇ…。もう、慣れましたけど」
10年ほどの結婚生活のなかで、浮気は度きり。パー卜先の社員に誘われたんだそうだ。旦那にバレるのが恐いので、1回こっきりの関係で終わったというが…
「興奮した?」「そりや、もうドキドキで。激しかったし」「激しいの好きなんや?」「ですね…」浮気願望はあるのだが、自ら行動することはしないという。出会い系も利用したことがないそうだ。「また別の男としてみたいでしよ?」「正直、回きりとかだったらいいかなって思うけど、私じや無理ですよ。誰も誘ってくれないだろうし」
エミさんの目が少し潤んでいる。見知らぬ男との猥談でスイッチが入ったと見た。
「じや、俺と一回こっきりでどうです?」「私なんかでいいんですか?」「もちろん—」彼女の気が変わらないうちにホテルに直行、部屋に入るなり、抱き寄せキスをした。思った以上の肉付き。相当興奮しているのか鼻息が荒い。ソファでした後、ベッドに移り、色白のむっちりボディを激しく攻め立てる。
「フフーン、アフ—ン、アフーン」久々のセックスに彼女の鼻息がどんどん荒くなる。俺もーヶ月ぶりでエンジン全開!正常位、バックと激しく突きまくる。
「アツ、ダメ、イク、イク、イクッ!」2人とも汗だくになりながら、正常位でフィニッシュ。ふ—、気持ちぃぃ!射精を終え、シャワ—を浴びてるぅち、だんだん静になってきた。しばらく女を断っていた分、いつも以上に興奮はしたが、考えてみれば彼女は欲求不満のちょっとエッチな人妻。俺の求める究極のスケベ女にはほど遠いではないか。イカンイカン、改めて出直しだ。
このディスコだといちはんスゲベかも
週末夜、新しい出会いを求めて、ミナミのディスコに繰り出した。以前にも後輩と連れだって来たことがあるこの店、オフィス街から近く、サラリ—マンの比率が高いのだが、昔を懐かしむ派手目の熟女も結構見受けられる。夕イプに該当する、男漁りに来てそうなエッチくさい女に出会えたら最高だが…。この日の客層は20代後半から30代前半が中心で、女性の比率も高かった。まさにナンパし放題の状況だが、はあくまでエロそうな外見の女である。獲物を物色しながらダンスフロアのある下の階に降りると、奥の女性専用席に派手目の熟女グループがいるのを発見した。30才前後だろぅか学生時代のディスコブー厶を懐かしんで来ているのかもしれない。その席の前を通るたびに中の一人とよく目が合ぅ。特に俺を見ているというわけではなく、前を通る男を品定めしているよぅだ。黒いボディコンのワンピ—ス姿、化粧はケバ目で、バブルの余韻を引きずってぃる雰置。すらりとしたスタイルでなかなかセクシーだ。何よりギラギラした目つきが色っぽい。様子を見ていると、空のグラスを持って彼女が席を立った。ここがチャンスだ。すかさす近づきドリンクチケットを見せる。
「チケットたくさんあるねん。よかったら使って」「え、いいんですか?」「うん、ここで飲まへん?」「ぃぃょ」
飲み物を持って俺の隣に腰掛ける彼女。よっしゃ!
「ここにはよく来るの?」「たま—にね」何でも彼女、既婚で子供もいるそうだ。こんなとこ来て大丈夫なの?「友達と一緒なんで安心してるんじゃないかな」
学生の頃とは雰囲気はだいぶ違うけど、ディスコの雰囲気が大好きでナンパされたりするのも懐かしいと彼女は言う。が、客に若いコが多いので、思ったほど声はかからない。年齢の問題もあるだろうが、若いコにギラギラした男が少ないんだそうだ。
「だから、こっちから逆ナンもするよ」「やるやんか」「ただ、結婚してるから、その日のうちにというのはなかなか難しいよ。メアドとか携帯の番号を交換して、別の日に会うって感じ」
「友達は放っておいていいの?」「あの二人は踊るのが好きみたい。私は雰囲気を楽しんでるのと、あとはやっぱり…」「ナンパ?」「そう」
今まで何人くらいナンパしたりされたりしたんや?他でもやってんのかい!
「じや、俺もナンパされようかなぁ」「アハハ、そっちから声かけてきたくせに」
そう言いながら、カウンタ—の下で、俺の手を握ってきた。エロ—赤外線でメアドと携帯番号を交換。名前はレイさんっていうんやね。
「本名じやないの。こうやってプロフィ—ル交換するからほんとの名前じゃないほうが安心でしょ」打ち解けたところで、俺は正直に目的を話した。実は、雑誌の企画で大阪スケベな女性を探してるんや。「ふ一ん。大阪一じゃないけど、このディスコにいる中だったらもしかしたら一番かもよ」「マジで?じや、確かめさせてょ」「それって、エッチして確かめるつてこと?アハハ、いいよ」話が早い!その場で翌週に会ぅ約束を取り付けた。
「じや、席にもどるね。そろそろ帰らないといけないし」話し方はサバサバしているが、スリムな身体から漂ぅ色気、ギラギラと男を求める目、なんともいえないいい匂い。芸術点は文句なしの点!来週が楽しみだ。一緒にしよぅって誘ったの待ちに待った約束の日、スリツトが大きく入ったタイトスカー卜を身につけレイが登場したあれ、お連れさんがいるよぅですが?
「こないだで一緒にいたチヅちやんです。さつきまで一緒に買い物してたんだけど、話聞いたら面白そうだから私も会ってみたいって。いいかな?」
いったいどういうつもり?ヤル気がないから、友達を連れてきたのか?とりあえず、お茶でも飲もうか。
「レイさん、今日は大丈夫やね?」「もちろん!早くしたい〜!笑」
ほつ、一安心。チヅさん、せつかくついて来てもらったのに悪いね。
「ううん、チヅも緒やで」エッ「私が緒にしよって誘ったの。ひとりだけズルいって文句いうから」「そうそう、こそっと男の人と話してるし。まあ、レイはスタイルもいいし、モテるもんね」
いやいや、チヅも決して悪いスタイルではない。適度にムツチリして男好きのしそうな体だ。
「もしかして、よく2人一緒にプレイしてるの?」「ううん、したことあるけど、男の人1人相手に2人でっていうのは初めて。楽しみ!」「なんか、レイと緒だと照れて笑っちゃうかもしれないけど」
なんだか、すごい展開になってきたぞ。まさか3Pできるとは想像もしなかった。心拍数がどんどん上がっていく。お互いの子供が小学校の同級生で知り合ったそうだ。旦那同士も顔見知りで、人で緒に遊びに行くと言うと安心するらしいが、本当のこと知ったら卒倒するやろな。この気持ちよさは鳥肌もの!ホテルに入り、いよいよプレイ開始!風呂にお湯を張つている間、ソファでイチャイチャする。人に挟まれ服の上から触りあつたり、キスしたりしているだけでもぅ大興奮だ。
「そつちの耳、責めて」やや照れ気味のチヅをレイがリードし、人の舌が俺の両耳を刺激する。まさに鳥肌モノの気持ちよさだ。チヅとキスしていると、レイが俺のズボンのチャックを下ろし、手を滑り込ませた。「あら〜、もうコチンコチンになつてる。先っちょからお汁出てるし」
攻められっぱなしの状況に、俺もお返しをと思うのだが、人相手だと服の上から触るのが精杯。まあ、いい。こんな経験、滅多にできないんだし。その後、風呂に入り、人で洗いっこ。これまた気持ちいいいのなんの。人もキャッキャ言いながら楽しんでいる。さあ、いよいよベッドに移動だ。今のところレイがイニシャチブを取つていることだし、彼女のリードに身を任せてみるか。俺の左側にレイ、右側にチヅ。まずはレイがキスしながら微妙な指使いで俺の乳首を刺激する。ぁぁ気持ちぃぃ。「乳首感じるみたいだから舐めてあげて」
レイの指示を受け俺の右乳首を舐めるチヅ。レイは左乳首を指で触りながらフラの体勢へ。ねっとりと舌が絡みつくエロいフェラだ。マジでヤバイぞ、これは!
「チヅもおチンチン舐めたい?」「舐めた一い!」チヅがおいしそうにしやぶり始めた。レイは舌と指で俺の乳首を執拗に攻めたてる。アカン、ほんまにアカンて!このままヤラれっぱなしといぅのも情けなく、両手の中指で人のクリトリスを刺激。十分すぎるほど濡れている陰部に本ずつ指を挿入して反撃を開始した。それに対し、人は同時フェラで俺の下半身を攻撃。ぁぁ、思わず声が出てしまぅほどの気持ちよさ。この時間が永遠に続けばいいのに!なんとか、人の攻めを耐え切ったところで、そろそろ挿入させてもらおうか。いや、せっかくだし、レズってくれへんかな?
「無理、無理。絶対に無理!」
首を横に振るチズ。レイもあまり乗り気ではない様子だ。それなら結構。男女で楽しみましょう。どっちから挿れようか?
「チヅちゃん、お先にどうぞ。私は後からたっぷり楽しむから」
まずは正常位で挿入すると、レイが俺の背後に回り、後ろから俺の乳首を触りながら、舌で耳を刺激してきた。ほんまに初めてなんか?メチャクチャ慣れた動きやないか。続いてバックで挿入。四つんばいにしてガンガン腰を振る。すると「入ってるところ見たい」なんと、レイがチヅの下に潜り、結合部を観察している「すごい、こんな近くで見るの初めて。ひゃ—、いやらしすぎる!」いやらしすぎるのはアンタでしょうが!突きまくったせいか、チヅはあっけなくエクスタシ—に達し、今度はレイの番。よっしや、上になって腰振ってみ。お手並み拝見や。すごかった。単純に激しく腰を振るのではなく、前後左右、斜めと、かなりな動きだ。「アン、アン、当たる、当ってる—」俺にキスをしながら自分の指でオナるチヅに、レイが言ぅ。「入ってるとこ見て!」言われるままレイの背後に移動するチヅ。レイは結合部が見えやすいよぅに前に身体を倒しながら腰を動かしている。
「アツ、すごい。いやらしい。アツ、アツ」間近で見ながらオナニ—するチヅ。その声に興奮したのか、レイの腰の回転がいっそぅ激しくなる。このまま騎乗位でイッてもいいのだが、俺には試してみたいことがぁった。駅弁ファックだ。男優のチョコボ—ル向井が得く思にしていたアクロバチックな、ぁの体位。ビリ—で鍛えたこの体で度挑戦してみたい。騎乗位の体勢から上半身を起こし、そのまま足をベッドから下ろしてレイを担ぎ上げた。想像していたよりずっと簡単に持ち上がる。「立ってするの?私、これ好き!」レイが俺の首にしがみついてきた。そのままユツサユツサと刖後運動を始めると、パンパンパンといぅ音に合わせて、レイが「アンアンアン」とを出す。「アン、すごい、さつきよりもつと当たる!」最後は彼女をベッドに下ろして、正常位でフィニッシュ。はああ、もう言うこと無し!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内