★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
今はコロナでフリーハグなぞとんでもないですが、あんなに体を密着させるフリーハグ、ナンパには最適なんじゃないでしょうか?フリーハグナンパフリーハグナンパフリーハグナンパフリーハグナンパフリーハグナンパフリーハグナンパ
プレイボーイに興味深い記事を見つけた。
『世界に広がる珍ムーブメントフリーハグってナンだ?』
フリーハグ。そのまま解釈すれば自由な抱き合い。実際、誌面には記事を書いたらしい中年ライターが女の子たちと抱き合う写真がバンバン載っている。嫌が応にも下心をくすぐられリポートを読めば、何でもこのフリーハグ、オーストラリアのシドニーの路上でパネルを持った白人男性が「見知らぬ人と抱き合ってハッピーになろう」と訴え始めたのがキッカケでその後に男の映像がアップされ、世界中に抱っこムーブメントが飛び火。去年暮れ辺りからは、日本でも流行り始めたそうだ。これは放ってはおけない。街でナンパしてもろくろくお茶もできないのに、看板を持つだけで抱き合えるのだ。実際この中年ライター氏半日で約10人とハグしたらしい。むろん俺が期待するのは、ハグした後の展開である。
原宿駅は、ど派手なフアッションに身を包んだ女の子たちと、外人観光客で賑わっていた。フリーハグのスポットは、明治神宮の方にちよこっと歩き、すぐに見つかった。ボードを持った人たちが人。記事を疑っていたわけじやないけど、本当にやってたのね。チヤップリンみたいな帽子のニイちやんと、いかにもなバンドのおっかけギャル。オバサンの横に、見覚えのある顔が。ありや週プレに載ってたライターさんではないか。
「すみません」思わず、声をかけた。「あのお記事を書いてた方ですよね。ボク読んたんですよ」「どぅもありがとぅ」「あれ見てボクもやってみたくなって、ここに来たんですよ」
「そうなんだ。うれしいねえ」
物腰の柔らかなさんは取材後にフリーハグにハマり、今日はプライベー卜で来たらしい。一方のチャップリンは、週末ここでフリーハグしているそうで、多い日は10人近い人間と抱き合ったらしい。あの、それって、やっぱ女の子とベタつきまくれるから、ハマってるんですよね?早い話が、フリーハグってナンパですよね?
「いやいや。ハグはあくまで挨拶ですから。そんなんじゃありません!どさくさに紛れて、強引に自分から抱き付いたり、女の子のお尻を触ってもいけませんよ!」
あんた、毎週ここでハグしまくってて何を言ってんのさ。俺は俺で好きにやらせてもらよ。さっそく持参のボードを頭の上に…。いやー恥ずかしいっす。目の前を通るサラリーマンが嘲笑しちゃってくれてます。でも、そのまま分もすれば、何でもなくなった。ほらほら俺とハグしようよ。女の子カモン!「ハーイ」ほどなく、白人ネーちゃんが近づいてきた。日本人女性にはなかなか見ない巨乳である。いいの?ムギュってしての?
「ナイストゥミチュ」「どっどーも」おそるおそる相手の背中に手を回すや、彼女は俺の肩にアゴを乗せ、大きなオッパイを押しつけてきた。柔らけ気持ちぃぃーーていうか、お兄さんナンパしてんでしょ?この後、外人男、黒人デブ女、外人ネーちやんとハグし、なぜか、野球部所属の男子高生と抱き合った。正直、当たりは予想以上だ。が、ターゲットのジャパニーズガールはなかなかヒットしない。今回の目的は、あくまでナンパ。乳の感触を味わうなんて愉しみは、オマケに過ぎない。むろん、パッキン美女を狙うという発想もあるが、短時間に言葉の壁を乗り越えるのは容易ではない。ここはやはり、大和撫子を狙っていきたい。午後、通りの先ではしゃぐ人の日本人娘を発見した。どうやら、誰に抱かれようか迷っているらしく、こちらを見てはケタケタ笑っている。どうにか自分のところに引き寄せたい。精杯のスマイルを作り、両手を大きく広げながら、俺は大声で呼びかけた。「ハーイハグハグしよう」そもそも、路上にボードを持って立ってること自体がマヌケなのだ。恥ずかしがるより思い切り愉快な二ーチャンをアピールした方が受けるに決まってる。ほらほら思ったとおり、フリル服の女の子が小走りに寄ってきたぞ。可愛いねぇ。しかし、喜んだのも束の間。そのフリルちゃんコンマ秒ほどハグするや、話す間もなく、友達のところにダッシュで戻ってしまった。冷やかしか?いや、恥ずかしいんだろうな。その後、ちよくちよく日本のネーちゃんとハグする機会に恵まれたがれがいて、すぐに仲間の元に戻ってしまう。どうにか、少しでも話す方法はないものか。午後時半過ぎ。代々木公園の方から、珍しくピンの女の子が歩いてきた。娘さん、ちょっと待っておくれ。「何ですか」「いや、この前会ったでしよ?」もはやフリーハグでもない。「人違いじやないですか?」「そうかなあ…。ごめん」「はははっ」掴みは悪くない。「マジごめん。…せっかくだし、ハグしとこうか?」少々、強引な誘いにも、嫌がることなく身を委ねてる彼女。よし、ここからだ。フ日は、何してたの?」「代々木公園の野外ライブ行ってて。楽しかったよ」「ちえ俺もそれに行けばよかった。今度緒に行こうよ」
「えー。まあ、いいけど…」「じゃあ、携帯教えといてよ」「うんいいよ」こんなにス厶ースに進むとは、ビックリ。やっぱ、最初にハグしたおかげか。しかし、そんな下心を見透かしていたのか携帯をイジる彼女が鋭い突っこみを入れてきた。「ていうか、お兄さん、フリーハグでナンパしてんでしよ?」「ははっ。友達作りだよ。何言ってんの健全健全!」「まあそうね。ナンパなら渋谷で夜やってるフリーハグ行くか」ちよっと待て。渋谷で夜聞き捨てならんじゃん。もしかして家出してきた?女の話は本当だった。その日の午後。霧雨降る渋谷駅ハチ公ロを降りると、スクランブル交差点の前でボードを持ったイケメンが呼びかけていた。「ハイ、フリーハグどぞ」心強い同士だ。挨拶替わりに俺がハグしとくか。「こんちわーおつかれーす」「あつどうも一」
横浜から週で渋谷に来ては、フリーハグのボードを掲げているらしい。人でやってんすか?」「いや、さっきまでもう人いたんですけど」何でも、この駅前広場でのパフオーマンスは、トモヤなる人間の主宰するの『渋谷フリハグ』コミユニティのメンバーが中心になっており、金曜土曜の夜は、多くのメンバーが集まるという。「けど、今日はもうそろそろ帰ろうかなって」ちよ、ちよっと待った。ここで会ったも何かの縁。これから人でやろうじゃないの。もうちよっと頑張ろうじゃなの。
「ぃぃっすよ」さすが週、何度も通っているだけありヤスシのアプチは気合いが入っていた。甘い声で女の子を誘い、目が合うと歩前に。そのスタンスからして、ヤツもナンパが目的に違いなぃ。ヤスシとのフリーハグは分ほどでお開きに。雨足が強くなり、彼は「金曜日に仕切り直しましよう」と引き上げていった。俺はもうちょっと粘ってみるよ。午後時半。背後からエキゾチックなルックスの女が、ふらふら近寄ってきた。
「フリーハグしようよ!」「何してんですか?」櫛の入っていない髪とエラの張りが気になるものの、十分ストライクゾーンだ。「フリーハグって何?」「抱き合って幸せになりましょうっていう国際キャンペーン」「ふーん」「ラブピースって感じかな。愛は地球を救うみたいな。も兼ねてるかも」適当すぎる。「それって、ミュージシャンとか賛同してるんですか?」「しまっくてるよ……たぶん。とにかくハグしようよ」
肩に手を触れても、彼女に嫌がる素振りはなくゆっくりと引き寄せた。その瞬間だった。クセエエ異常なまでの汗臭さである。何だ、コイツ…。後ずさりしながら、ふと彼女の鞄のロが開いてるのに気づいた。大量の小汚いハンドタオル。わかった、おまえ家出してきたな。もしや今晩の寝床を探してる?だったら話は早いじゃん。「急に腹減ってきた。一緒にマック行く?セットメニューおごるから」女は二つ返事で着いてきた。
親と大ゲンカし、静岡の実家を出て来たそうな。両親に「おまえは歌手になんかなれない」と言われ腹が立ったらしい。親御さんの言ってること、正解だよ。勘違い系のカナエは、実に不幸な女だった。中学の頃から不良男子連中の性処理要員にされ、しょっちゅう空き教室などに呼び出されてはヤラれまくっていたのだという。その影響で高で学校に行かなくなり家で人、ジャニーズに没頭する每日。今持ち歩いているも大半がジャニーズものらしい。痛い、痛すぎる。でも、俺もヤッちゃうんだけどね。深夜下北沢のラブホテルにチェックイン。風呂場で死ぬほど体を洗わせた後、朝までに二回ほどイカせていただいた。今さら何だが、俺のストライクゾーンは宇宙のように広い。ハグしたまま離れない女ヤスシと約束した金曜日。渋谷駅に到着すると、スクランブル交差点は、人で溢れかえっていた。駅前広場に人垣ができており、その中に人ほどの男女がボードを持って立っている。外人の姿も見えるが、みなミユのメンバーのようだ。にしても、すごい賑わいぶりでぁる。次から次に酔っばらった若者たちがボードを持った連中に抱き付き、通行人同士も抱き合ぅ。大学のバカコンパか。いや、これぞフリーなハグだ。ヤスシと主催者のトモヤに声をかけ、さっそくメンバーの横に並ぶ。さぁ、どんどんいっらしゃい。気合いは十分だった。がいかんせんコトは上手く運ばない。ボードを持った連中しかり通行人しかり。テンションの高い野郎が多いためハグした女と話してる最中に、俺にも抱かせろと、横やりを入れてくるのだ。喧噪の中で、どっと疲れを感じ始めたころカメラをたすきがけした女コズエから声をかけられた。彼女もまたコミュのメンバーのようだ。
「まだハグしてなかったですよね?抱いていいですか?」誘われるがまま、彼女に身を委ねると、どういうわけか、ズエがハグしたままなかなか離れなぃ。「こうしてると落ち着きますよね。嫌なこととか忘れられるから」ピンときた。もしやこの女、心に病を抱えてるのでは?メンへル系が落ちやすいのは世の道理。道行く女をナンパするより、コイツと抜け駆けする方が簡単ではなかろうか。しかし、この後、話は思わぬ方向に転がっていく。
「トモクンの鞄が鞄が…。パソコンも入っていたのよ」夜時半俺が小便から戻ると、コズエか泣きそうな声で抱き付いてきた。どうやら、みんなの荷物を置いていた場所から、トモヤの荷物が盗まれたらしい。さらによく聞けば、彼女、その瞬間を見ていたという。おいおい止めろよ。そんなわけで、フリーハグはドン白けで終了。トモヤは警察に被害届を出しに行き、路上で仲間数人がダラダラ反省会をしているうちに、終電がなくなった。残っているのは俺とヤスシとコズエの他、メイというパツキン女と男子大学生人の人だ。沈んだ雰囲気に耐えきれず、俺から切り出した。「そろそろ、飲みに行こうよ」拒否する人間はおらず、女男でセンター街のカラオケ屋に入つた。みなフラストレーションが溜まってるのか、飲むわ唄うわ。そのうちメイとヤスシのカップルが成立しコズエの取り合いは、その後、学生人に牛丼を奢り帰ってもらった俺が制した。タクシーで俺のアパー卜に向かう道すがら、彼女が問わず語りに言った。
「うちの両親、長い間別居中だったんだけど年前に、お父さんが失踪したんだよね。このカメラは、その部屋に残っていたの」病んでるように見えた原因は、そこにあったのか。部屋に帰り、コズエを抱いた。彼女の希望で、時間近く抱っこし続けた。少しは癒されてくれただろうか。人間はみんな寂しい。触れられたいし、ハグもしてもらいたい。フリーハグムーブメントはもうしばらく続くような気がする。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内