★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
220_20200808231903495.jpg221_2020080823190595d.jpg222_2020080823190696b.jpg223_20200808231908614.jpg224_2020080823190921b.jpg225_20200808231911bf4.jpg
男のオアシス。そう聞いて、皆さんは何を想像されるだろうか。サウナ、床屋、パチンコ。中には雀荘が最高という方がいるかもしれないし、風俗が何よりの癒しという人もいるだろう。要するに男のオアシスとは、仕事や生活に疲れ果てた男たちが、ひとときの安らぎを覚える憩いの場。そして、明日からの活力を充電できる場所でなければならない。
しかしながら、どうにも理解できないオアシスが一つある。キャバクラだ。マズい水割り片手に、ネーチャンたちと薄い会話を交わす、ただそれだけ。ところが、どうもそうでは
ないらしい。
1週間後、大学時代の友人5人と飲んだ折、オンナの話になった。皆、揃いも揃ってスケベ野郎である。キャバクラも、オレを除けば全員経験済みだ。
何げに先日のライター仲間の話を振ってみたところなんと、5人中2人が初めてキャバクラに行ったとき、ヤレてしまったというのだ。いったいどういうことでしよ。
身近な人間3人が初キャバで即マン。これって、もしやビギナーズラックってヤツでは
競馬やパチンコなどのギャンブル初心者が大当たりを出すというのはよく聞く話。科学的な根拠は定かではないが、現実にそういう現象が存在する以上、キャバクラ客にだって、同じことが言えるのかも。キャバクラにおけるビギナ—ズラックはあるのかないのか。オレがきっちり検証しちゃる。
ウチはお触りパブじやないんだから!
桜が散り始めた時期とはいえ、まだまだ夜風が冷たい4月上旬某日。新宿• 歌舞伎町の路上は、たくさんの人で埋め尽くされていた。時刻は午後1 0時。酔っぱらいたちの嬌声があちこちで響く。
今夜、出かける店はもうすでに決めてある。クラブx(仮名) 。数日前、風林会館周辺を歩き選んだ店だ。トライアルはあくまセビギナーズラックの検証であり、基本となる戦術はあくまで初心者として振る舞うコト。どこそこの店はキャバ嬢が落としやすいだの、キツイだのといった事前情報はむしろ妨げになるのだ。
「いらっしやいませ—」店の入り口で、呼び込みの二—チャンが声をかけてきた。
「ご指名は?」「ええっと、特に…」「かしこまりました。1名様ご来店で—す」
ボーイの誘導で店内へ。ふかふかのソファに腰かけ、ちよいと緊張気味に周囲を見渡す。だだっ広いフロアにはテーブルが3 0ほど。平日にもかかわらず、席の9割が客で埋め尽くされており、みなピチピチのギャルに鼻の下を伸ばしきっている。ほほうこれがキャバクラかい。なかなか楽しそうでないの。間もなくマヒロと名乗るギャルが隣についた。
「よろしくね」「あどもども」
真鍋かをり似のマスクに露出度の高いワンピ—ス姿。文句ナシでいい女だが気になるのはその胸元。彼女の体が動くたびに服の隙間からブラジャーがチラチラとのぞくのだ。いいねぇチラリズムってのは。「ん何見てんのお?」「ブラジャーだよ。さっきから見えてるし」「やだ、やらしいぃぞ」
水割りを作りながらケタケタと笑うマヒロ。その笑顔に安心してつい調子をぶっこいちまった。
「胸大きいよね。何カップあんの?」
おもむろに彼女のデカチチを両手でモミモミ。
「ちよ、ちよっとお。…信じらんない。ウチはお触りパブじゃないんだから。そういうことするんだったら別の店に行けば?」目がメチャクチャ怒ってる。
あっちゃ。やってもうた?その後の2 0分間、一度も会話盛り上がることなくタイムアップ。店内放送で呼ばれたマヒロは、そそくさと別のテーブルへ。えらい出鼻のくじかれ方である。ビギナーズラックどころか、相手に嫌われてしまうとは。しかしマヒロと入れ替わりにやってきた女、ユウコフジテレビのウッチー似の21才。昼間は写真の専門学校に通つているとかで、下ネタを口にしても平気でついてくる。
「え割と少ないよ。たぶん15人くらいかな」
「ふ一ん。じゃオナニーは?每日やってそうな顔してるよ」
「きやははチョー失礼。絶対教えてあげない」「何だよ、教えろよ—」
「やだ。ダメ」笑いながら、ごく自然に体を預けてくるユウコ。何だかスゲー楽しいんですけど。
アッという間にチェンジの時間となり、去り際、ユウコが名刺を差し出してきた。見ると、裏面にケータイ番号とメアドがボールペンで書き付けてある。マヒロが名刺すらくれなかったことを思えばまずまず。Xの閉店は午前2時。それまでここで時間を潰し、ユウコをアフターに誘おうという腹である。バック挿入に自ら腰を振る女
2時15分。ユウコのケ—夕イにかけるとキンキラ声が聞こえた。
「はい、誰?」
「さっきの青木ヶ原だけど、店終わった?よかったらメシでも」
「あ、いいね—。アタシ、ラーメン食べたいかも」「りょ—かい」
第一関門、突破。1 0分後、歌舞伎町交番付近でユウコと待ち合わせ旨そうに麺をすするユウコを眺めつつ、脳ミソをフル回転させていた。雰囲気は悪くない。むしろイイくらいだ。問題はこの後、酒を飲ます必要があるかどうが。アルコ—ルの力を借りればほぼ行けそうな感じ。モタモタしてっと始発が動いちまうしなあ。
「これからどうする?オレ眠くなってきたからさ、休んでこぅよ。ホ、ホテルかでさ」
「えーヤダ。だったら漫画喫茶行こぅよ」
で、出たぁ—。聞きたくなかった答じゃん。マンキツは落ち着かないんだよなぁ。
「ぎゃはは、いま、心の中で舌打ちしたでしょ」
「したよ。したした」
このままではラチがあかぬ。意を決したオレは、ユウコを雑居ビルの陰に押しやった。ムリヤリ唇を奪い、右手を素早令ミニスカ—卜の中へ。しばらくパンティ越しに股間をなぞるうち、ジットリと布が湿ってきた。あらあら、感じてるじゃないの。
「ううん、ダメえ。誰かに見られちゃうよ!」
「じやあ、ホテル行って続きやろうよ。な?」 
「え—、どうしよう…」
迷いは一瞬だった。いざホテルの部屋に入ると、Tシャツを脱いでる最中に、チュパチュパとオレの乳首を攻撃。パンツをズリ下ろせば、すぐにチンポに喰らいついてくる。
攻守交代。ユウコの衣服を剥ぎ取り、乳首、ヘソ、クリトリスと順番に舌を這わせる。指の挿入に、顔をくしゃくしゃに歪ませ、喘ぎ声を絞り出す彼女。それを合図!挿入だ。
「んんダメ気持ちいいよぉ」
自ら腰を振って応えるユウコ。なんちゅぅ締め付けの良さだ。チンポ痛いって。
「アーンいゃ—」
ユウコの白い尻に、精液がほとばしったのは挿入3分後のことだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内