★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
20_20200807094302ef6.jpg21_20200807094303969.jpg22_202008070943041eb.jpg23_20200807094306734.jpg24_2020080709430750e.jpg25_20200807094309b8e.jpg
つづいてカップルに誘われ公園でバイブプレイ
SnapCrab_NoName_2020-9-12_10-59-13_No-00.jpg
繰り返ったとき、ふと背後に人の気配がした。振り返れば、カップルが立っている。アダルトDVDショップこんな場所に女連れで入ってくるとは、不倫カップルか?しかし他人のマンコを見てこの女興奮できるんかいな。ま、人様のことは放っておいたらよろしい。この忙しいのに気にしてられるかい。再び俺は壁に向かって、作品群のチエックに入った。えっとこれは先見たよな。この子は前に買ったっけな…。…イカン、集中できない。女が店内にいるかと思うと、どうしても背中で意識してしまう。ったく、早く出て行きやがれ。祈りが通じたか、人の姿はなくなった。これでゆっくり選べるぞ。
結局買わずに店を後にした。どれも欲しいがために、どれも買えず。よくあることだ。とりあえず極太バイブを購入階段を下りると、道路にさっきのカップルが立っていた。男と目が合う。「あ、すみません…」「はい?」「あの、私たち、遊んでくださる男性を探してるんですけど…」「はい?」「もしお時間よろしければこいつと遊んでやっていただけないでしょうか」
何だよこいつら。俺のことを待ってたのか。どういう了見だ。
「えっと言いますと?」「すみません本当に、あのう実はですね…」しどろもどろの説明は最後まで聞かなくても理解できた。他人を交えてでもしたいってんだろう。最近、こういう変態カップルが増えてるみたいなんだよな。いかにも怪しい話だが、辺りがまだ賑やかで男もショボイ眼鏡リーマンだったため、不安はなかった。急いで帰る理由もない。
「少しだけなら」と、付き合ってみることに。
「ありがとうございます。すみません変なこと言って」「いえ、そんな…」「何か買っていきますか?」
カップルは、すぐ目の前にある大人のオモチャ屋へ俺を誘う。今どき温泉街でも見ないような古ぼけた店だ。
「どれか好きなの選んでください。どれにします?」
弱ったなぁ。ただでさえ俺は優柔不断なんだよ。こんな状況でリクエストなんてできませんって。「じやあ、これにしますか」男は棚の極太バイブを指差し、レジのおばさんに金を払つた。女の意向などお構いなしだ。
「知らない人に突込まれてどうだ?」男が提案する。「ホテルも味気ないんで、公園にしますか」
強く反対もできずわざわざタクシーで西口公園まで向かうことに。男が、公園中央部の芝生に女を座らせる。スカー卜の中はノーパンだ。
「コイツは見られるのが好きなんですよ。どうぞこれ使ってください」
新品バイブを手渡され、俺は女の股間にあてがった。「もっと脚を広げなさい」「はい…」「ほら、もっと」「はい…」人のやりとりを聞きながら、バイブを突つ込む。「あつ」「奥まで入れてやってください。ずっと奥まで」「はぃ」グイッ。
「あーーっ」「どうだ、知らない人に突っ込まれてどうだ?」「あーーんっ」「気持ちいいのか、どうなんだ?」「気持ちいい。もっと」「もっとだそうです、ガンガンやってください」
いったい俺は何なんでしよう。バイブ動かし役?にしても女のマンコのただれ具合たるや。陰毛も荒れ放題だし、尻もブツブツだらけ。いつも一級と対峙してる俺様の目はごまかせんぞ。バイブプレイは続いた。俺も満足させてもらいたかったが、人は「それはダメなんですよ。病気が怖いですから」と、丁重に失礼なことをのたまう。誘っておいてそりゃないだろ。駅まで送ってもらうタクシーの中で尋ねてみた。
「いつもああやって声かけるんですか」「ええ、まあこう言うと失礼ですけど、飢えた男性がいらっしやるかと思いまして」
飢えた男性で悪かったな。言っとくけど、そんな汚いマンコじや満足してねーからな。
女もロを開く。
「あの店だけじゃないんですけど、週末にはよく探してるんですよ」
あれからおよそ力月。二度と彼らの姿は見ていない。
【オフィスビルの多目的トイレで社員相手に手コキフェラ!エッチなことをしてくれる掃除のお姉さん概略】
「8時から10時ぐらいは掃除の人を見かけますけど、こんなに遅くはいないでしょ。だいいち家に帰れませんからね」
理にかなっている。やっぱデマくさいなあ。ウチにはオバチャンしかいないけとなぁ。
翌日は、思いきって清掃会社をあたることにした。昼休み、地下2階にある掃除員の事務所を訪れると、扉の表札に会社の名仏刖が5つ。どうやらフロアごとに業者が分かれており、我が社の担当は「Bサービス」という会社らしい。ノックして中に入ると、またドアが。仕切り壁で分けられ、それぞれのスペースが事務所になっているょうだ。
「すいません。どなたかいらっしやいませんか」
シーン。掃除は朝と夜だから、昼は誰も来ていないのかも。出直そうかと思ったとき、一番奥の事務所から野太い声がして、萩原流行似のオヤジが顔を出した。
「おたく、どなた?」
「いや、あの1 8階のものなんですけど、ちょっとカギをなくしてしまって。もしかしたら掃除の方が御存知かなと…」
咄嗟にウソをついたが、相手にはクレームに聞こえたらしい。
「そんなこと言われても困るよ。私らはゴミを集めるだけですし机の上のものには絶対に触りませんから」「で、ですょねえ」
「まあ、一応聞いとくけどさ。18階つつ一とX社さんね。今、誰もいないから伝えとくょ」
形状などを伝えると、オヤジはわざわざメモまで取つてくれた。少し良心が痛む。
「あのお、ところで、そちらさんでは、若い女の子とか働いてるんですか」「はぁ?」
「いえね、うちのオフィスで話題で。ずいぶん可愛い娘が掃除してるらしいじゃないですか」
「ん、ウチにはオバちゃんしかいないけどなあ」
「じゃ、他の会社かな?」
「私もずいぶんここ長いけど、若い女ねえ…。ま、短期のバイ卜だったらいたかもしんないねえ。聞いといてあげようか」「い、いや、そんな大袈裟な話じゃないから。ハハハ」
私は逃げるように事務所を後にした。
フェラ娘は土日に現れる?
一、聞き込みのおかげで、いくつかはっきりした。
我が社のフロアを清掃しているBサービス社には若い娘は在籍しない。
二、 他社で短期バイトならば若い娘がいる。
つまり、我が社のオフィスでいくら残業をしても無意味ということだが、かといって、他社のオフィスに忍び込むわけにもいかない。
残るは、清掃会社の事務所を見張るのみか。短期バイトだろうが正規の従業員だろうが、作業前に必ず立ち寄るはずだ。その日から退社後、ビルの1階にあるカフェに通うのが日課となった。この場所から、地下2階に下りる従業員用のエレベー夕が監視できるからだ。
「よお、何やってんだよ、こんなとこで」
張り込み2 日目、突然、部長から声をかけられた。
「あ、おつかれさまでした。一服してまして」
「なんだ、ヒマだったら軽く 一杯やってくか」「あ、いや、はぁ…」
部長の誘いを断るわけにもいかず、そのまま近くの居酒屋へ。その翌日は、同僚に発見された。
しかも、ヤツはこんなことをいうのだ。
「暗い顔してどうしたの。何か悩みでもあるのか」
定時にあがった男が、オフィスの目と鼻の先でコーヒーー杯で何時問も深刻な顔で従業員エレベータを睨んでいる。これはどう見たって怪しすぎたようだ。
周囲の目を気にしつ つ1週間。フェラ娘に繋がる貴重な情報を入手した。
「よお、あんた最近よく見かけるけど何してんだ」
モップ片手に台車を押す流行だった。「あ、どうも、この間は…」
「カギなんだけど、やっぱ知らないみたいだそ」
「そうですか。いろいろお手を煩わせて申し訳ありません」
立ち上がって頭を下げると、流行が急に声のトーンを変えていう。
「あんた、この前言っていた若い娘が通らないか見張ってるんじゃね一のか」
鋭い…
「あんたもヒマだね一。それともひと目惚れでもしちゃったのか」「ハハハ…」
「しかしなあ、オレの知る限りそんな若い娘は……。あ、もしかしたら土日出じやね一か」「土日?」
聞けば、掃除バイトはオフィスに人がいない休日などにシフトを組まれることが多いらしい。
「それならオレも知らないわけだ。休みの日はバイト君たちに任せてるからなあ」
なるほど。これはいいネタだが、ウワサではフェラ娘は残業中の男に声をかけるはずだった。休日に残業とは考えにくいが…。ん?もしかして、残業ってのは休日出勤のことじやないのか。休日で、かつ夜なら、オフィスはほぼ無人…。
明けて月半ばの土曜、昼から会社に足を運んだ。オフィスはシーンと静まり返っている。惯れた場所のはずが、初めて訪れるよぅな錯觉に陥る。できることは「待つ」のみ。コンビニで買った週刊誌をめくり3つつ、缶コーヒーに口をつける。ブラインド越しに柔らかな冬の陽が差している。あ一、気持ちぃぃ。気がつくと、机に伏してヨダレを垂らしていた。外はすでに真っ暗で、時計は午後6 時を回つている。イカン、顔でも洗ってしゃっきっとしよう。
おぼつかない足取りでオフィスを出てエレベータ横にある洗面所へ入ろうとしたとき、視界にある光景が飛び込んできた。廊下で掃除機をかける人影。目を凝らすと、黒い髪でスピードのヒロを思わせる少女だ。歳はハタチそこそこ、いや、ヘタすりゃ10代か。フェラ娘発見!
いや、落ち着け。目の前の地味でマジメそうな娘が、トイレでフェラをするなんて、考えられないではないか。しばし立ち尽くしていると、掃除機を引き摺った少女が一直線に近づいてきて、軽く会釈しながら横を通り過ぎた。ゴーゴーという掃除機の吸い込み音が徐々に遠ざかっていく。
私は勇気を振り絞って声をもらした。「あの、ちよっと…いいかな」
「•••はい?なんですか?」やけにオドオドした表情で、彼女は答える。
「バ、バィト終わるの何時?」「え?」
「いや、よ、よかったらメシでもどうかな、なんて」
何を言っているんだ。これじゃ単なるナンパではないか。聞け、フェラをしてくれるのか聞け。自分を奮い立たせていると、少女が意外な反応をみせた。
「あのお、あのお、私みたいな娘でぜんぜん、いいんですかぁ」
「へ?いいよ、もちろんじゃない」
「そうですかあ。今日はあと1時間であがりなんで」
「あ、そう、じゃ下で待ち合わせしようか」「はい。あ、でもお…」
困つた表情。そらそうだよな。いきなり見知らぬ男に誘われたらそれが普通の反応だよ。
「あ、迷惑ならいいから。気にしないで。ハハハ」
必死に取り繕う私に、彼女は戸惑いながら切り出してきた。
「あのお、すごく言いにくいんですけど、今すごくお金なくて」「え?」
「あたしでよかったらあ、ホテルに行きません?」
彼女の名はアユ23才) 。私が年をまたいで探し求めていたフェラ娘、その人だった。もっとも、それが判明したのは、伊勢崎町のラブホに入ってからだ。
「あのさあ、いつもこんな感じなの?」
服を脱ぎながら訊ねると、彼女は「誰にも言わないでね」と釘をさしてから語り始めた。
「前は掃除の間に、優しそうな人がいたらトイレでロか手で抜いてあげてたんですよ」
思わず胸の中で、勝利の雄叫びをあげた。やはりウワサは本当だったのだ。「いくらで?」
「5千円ぐらい。イチくれる人もいた。でも、人に見られそうになっちゃってそれは止めたの。で、最近は優しそうな人とホテルに行くようになって…」
驚いたことに、彼女はあのビルで働く男たちを10人以上トイレでイカせたらしい。しかも、その半数とは、現在も関係を続けているという。バスタブに湯を張る間、アユが私の体を洗ってくれた。
「ワタシ、昔ソープで働いていたんですよお」「え?マジ?」
「あ、すいません。もしかしてひいちゃいました?」
正直、ちよっとひいた。しかし、それ以上に驚くのは元ソープ嬢とは思えぬ、ぎこちない手つきである。本当にソープで?
「ほんの1週間だけどね」何でも、髙校卒業後、彼女は先輩から『稼げるバイト』としてソープを紹介されたらしい。
「でも、女の子同士のいがみ合いとかいじめとかすごくて。わたし、もともと対人恐怖症だったんですけど、ノイローゼになつちゃって辞めたんです。で、若い子がいるとこで働けなくなったの」
だから掃除のバイトってわけか。
「この仕事ぴったりなんです。誰ともしゃべらなくていいし、若い娘はいないし」
ベッドでの彼女は可もなく不可もなくといつたところ。いや、むしろ元ソープ嬢という経歴を疑いたくなるようなマグロ女だった。腰を振るわけでもなく、喉の奥まで陰茎を呑み込むわけでもない。
まだ未発達のバストを揉みしだき、小さめの膣の中で果てたその後は、また彼女の話を聞くことに。これがヘビーだった。
「私、高校のとき、拉致られそぅになったんですよお」「え!?」
「ヤクザみたいな人がワゴンに乗せようとしたんです。なんとか逃げたんですけど、一緒にいた娘が捕まって…」「で、ど、どうしたの?」
「ビデオ撮られたって言ってたけど、よくわからない」「助けを呼んだり警察とかは?」
「私、人見知り激しかったらそのまま逃げちゃった。それに、その娘は処女じゃなかったからヤラれてもいいかなって」「……」
哑然とする私などまったく気にする様子もなく、アユは遠くを見つめたままだ。
「私、女の友だちとかっていらないから」
★ホテルを出て関内駅まで一緒に歩いた。アユは精一杯媚びた笑顔で私の腕に指をからめてくる。
「ね、また会ってくれるよね。こういうのが嫌だったら食事だけでもいいし」
「う、うん…」「ぜったい連絡して。私、待ってるから」関内駅の人込みにアユの背中が消えるのを確認すると、私はたった今登録したばかりのメモリを消去した。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内