★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
216_20200807080631e9c.jpg217_202008070806328bf.jpg218_20200807080633c81.jpg219_20200807080635660.jpg220_20200807080636fc0.jpg221_20200807080638d58.jpg02220_20200104103806481.jpg02230_20200104103807d49.jpg02240_20200104103809e08.jpg02250_20200104103810fb1.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
茶道華道の育ちの良いお嬢さんが風俗に・貞淑なセレブ人妻ヘルス嬢は本物なのか!?
若い女のコたちは、夏にひと夏の体験いをしちゃうほどハシャギまわり、秋になると我に返っておとなしくなるものですが、年齢がいった人妻さんたちは逆に秋に《実る》といわれています。夏を貞淑に過こしたため、秋に反動が米るんでしょうか人妻は秋がアツい。セレブでしかも人妻ーいつもは背中開きのトレスに身を包み、立食バーティでチーズとワイン片手に社長とかと談笑。しかし、その裏ではお金持ちの旦那に隠れてエ口いことをするセレブ人妻ーイイじゃないー素敵じゃない。
検証して参ります。本当にセレブ人妻を抱けるのか?はたまた実態はただのオバちゃんなのか?
皆さん、旦那さんに内緒で出勤してます
セレブ・ヘルス・人妻Vなどのキーワートで検索するとアホみたいにヒットしまくった格差社会のニッボンに、こんなにセレブがいるわけない、ここは店選びが重要ですよ。数あるサイトからボクが目に止めたのは品川・・品川って、品川プリンスホテルのあるところですよね?(品川に対してあんまり知識がない)セレブもけっこういるんじゃないですか?サイトに写った女性たちの写真は、顔の下半分しか見えない。けど、どことなくセレブなオーラが出ている気がする。電話してみましょう
「はいー、品川です」「そちらにセレブな人妻はいらっしゃいますか?」「はい、セレブ人妻さんは何人か」
胸をドキトキさせなから、約束の場所で待っていると、15時を過ぎたころ、ケータイが鳴った。キョロキョ口とまわりを見回していると、髪の毛の長い白シャツに黒タイトの女性かハイジアの入り口かり出てきた。Aさんだ。うーん、見た目はなかなかです。どことなく賀来千香子似ですよ。でも、けっこう疲れちゃってる系本当は35、36才ってとこでしょうか。それに、やっばりセレブというよりはOL系、微妙だなあ
「じゃあ、ホテルに行きましょうか」
「そうですねえ)Aさんはお住まいはどちらで?」「ううん、埼玉」
うわ、埼玉かよー大丈夫?埼玉にセレフっているの?旦那さんいるんたよね?お仕事は何してるの?企業の社長とか?
「ううん、大工」
埼玉の大工のかあちゃんかよーせんっぜんセレブしゃないじゃんーいや待てよもしかしたら、実家が金持ちなのかもしんない。
「だって、セレフだったらフーゾクなんてやるわけないじゃない。私だって旦那の借金のためにやってるしさー。中には、本当にお金持ちで、エッチなことか好きな人もいるかもしれないけど・・だったら、男の子をお金で買うよね」
「はー、でも私は、フーソク嬢に身を落として、性欲の塊のような男になぶられたいっていう超Mなセレブ人妻もいたりしないのかなあ」
「うーん、わかんない私も神様じゃないから。あ、じゃあここのホテルにしようか7」で、大工のかあちゃんとプレイしてきました。かあちゃんは、フェラが下手くそで口内発射もNGでした。「風邪きみだから」と言って、キスも拒否されました。はああ。
セレブがフーゾクやるわけないじゃない。Aさんのセリフか頭の中をこだまする何とも説得力がある。でも、ここで結論付けていいのか。そもそもボクは、店選びの時点から間違っていたのではないだろうか。やっばり品川とか中途半端な街ではなくて、銀座や六本木もしくは、広尾、白金、自由が丘あたりの、いかにもな高級住宅地の店がいいのではないだろうか?そして、セレブと会うのにTシャツにジーバンという軽装で行った。ボクも悪いこういう真剣味の無さか悪い結果をもたらしたのかもしれない?今度はピシッとスーツを着ていこうじゃないか反省点を踏まえつつ、翌日の昼再び店を検索し、白金・Hという店を発見した白金といえばセレブの代名詞。シロガネーセという言葉はみなさんも知ってますよね?さっそく電話です。
「ええっと・・。今いる子はセレブですか?」「ええ上品な子ですよ、しかもとっても気さくです」セレブといえばお高くとまった存在。なのに気さく。
「じゃあその子でお願いします」
コンビニの前に黒くて長いドレスを着たセレブが立っていた、胸の部分がくっと開き、バストか強調され、背中はバックリと開いているセレフのバーティー会場から抜け出てきた感じ。なにこれオモン口い絵。まずはソファに座ってお話。本物のセレブかとうか確かめなければ。
「どこらへんに住んでるの?東急線?」
「三鷹、中央線」思いっきり普通じゃない、もしかしてBさん、セレブじゃないの?」
「ごめんなさい。私、庶民なの」「しょ、庶民ってー」「あ、お湯かたまったみたい。お風呂行こ」
風俗で稼いでセレブになった子はいる
なんだか、すべてがイヤになってきた自分かり庶民だと告白するなよ・・でも、竹内結子似の人妻だし、ここは楽しませてもらいますよー「旦那さんとエッチしてる?」「仕事が忙しくて、最近あまりしてないの・シャワーをかけなから、Bさんが困ったような顔になった
「30を過ぎると女性ってエッチになるとか言うけど」
そうなの最近エッチが好きになっちゃって・・前はそんなでもなかったのに
聞けばBさん、実はそこまでお金には困っておらず、エ口いことか好きで、この仕事を始めたんだとか。でも、住まいは家賃8万円のアパート。セレブじゃなかったことが悔やまれます。ベットに移動し、横になると勢い良くティンコをくわえる彼女。うっわー、好きそうに舐めるねえ?ねちっこい攻めがメチャクチャ気持ちいい。こちらもムァンコを責めて応戦。肉ひだの中に舌をつっこむと、Bさんが「うんああん」と短い声をあげた「オチンチン欲しい一ええな」「なに言ってるの」「気持ちよくなっちゃったから、このまま入れて、でも、ゴムはしてね」
うわー、庶民はやっばりセックス大好きなんだ。セレフじゃないのが本当に惜しい。Bさんかいきなり上に乗っかってきた。
「バックで突いて」「もっと激しくしてえ」
自分かり色々と体位を指定してくる。キレイな顔してるのにスケべなオンナですよ。旦那さんに心の中で敬礼しながら、最後は正常位で大発射いたしました。「お店にセレブっているの?」プレイか終わり、何気なく聞いてみた。
「ブランドで全身を決めたセレブっぽい子はたくさんいるよ」
「その子って本物のセレブ?」「ハハッ。そもそも本物のセレブかフーソクで働くワケないじゃん。でも、マジメにフーゾクで働いて、セレフになった子なのかなあ?」
正直、セレブはフーゾクにはいないと思われます。しかしブランド物やドレスを身にまとってるセレブっぽいコはいます。あと、聞いたところによると、「品川」や「白金」と書かれていても、実際にお店は全然違うところにあったりするので、だまされないように。何だか寂しい気持ちでいっぱいです。
1、驚くのはそのアイドル並みの口リフェイスです。童顔と黒髪ショートヘアの雰囲気がモデルの田中美保にそっくりなんです。下手なAV女優なんかよりも数倍美人なのに、パネル写真で顔出しをしていないので、指名数も少なく予約もほとんど埋まっていない穴場物件です。実際に対面してみると、独特の愛婿があって、たまに見せる笑顔も田中美保そのもの。おっとりとした喋り方なので男心をくすぐられまくりです。とにかく会ってみればその愛くるしいルックスにヤラれること問違いなし。こんな子にチンコをくわえてもらえるだけでありがたいと思えるはずです。
2、SM性感
茶華道のたしなみが接客に現れるおしとやかなお嬢さん
この店には風俗嬢にしておくのがもったいないほど上品なお嬢さんが在籍しています。清楚な顔立ちで礼儀正しく、言葉遣いや所作が丁寧なので、特に年配客たちの人気を集めているみたいです。まず入室すると「いらっしゃいませ・・」と深々と三つ指ついてお出迎え。続いてこちらの服をゆっくりと脱がせると、その服を丁寧に畳んでくれます。
敬語も上手に使いこなすので、育ちの良さそうな印象を受けます。本人に伺った話ではお茶とお花の習い事にも通っているそうです。ところがいざプレイになると甘ったるい声で淫語を連発。男のM心をくすぐるように縛り付けて、アナルやチンポを優しく刺激してくれるのです。そのギャップにやられっばなしです。
3、手島優ソックリならば追加料金もやむなし
お店のランキングではいつもダントツの人気ナンバー1。特別指名料金として別途1万円もかかるスーパーデリヘル嬢だ。グラビアアイドルの手島優にソックリだともっばらの評判だが、個人的には彼女の方が可愛いと思う。冗談抜きでそれぐらいルックスレベルは高い。プレイ自体はノーマルだが、顔射やゴックンなどのオプションが可能だし、アナル舐めまでしてくれる。これなら追加料金も仕方ない。
4、難波の街でAKB板野友美がペロぺロしている
黒髪ショートの田中美保似がチンコをくわえるなんて
彼女のそっくりレベルはハンパありません。一瞬本物かと見紛うほどAKBのトモちんなんです。ベッドの上で、あの国民的アイドルとHなことが出来るなんて夢のような話です。もう、わざわざCDを買って握手会に並ぶなんてナンセンスなのです!で、実際に服を脱がせてみると肉付きもよくプレイも悪くない。AKBファンなら病みつきになること問違いなしです。
5、風俗で働く女に、なぜこの仕事をしているのか?と聞けば、大半は言うだろう。
「金のため」いまどき「生活のためやむにやまれず」と言う女はまずいない。風俗は「贅沢をしたい」「ブランド品が欲しい」という望みを叶えるため、最も手っ取り早く金が稼げる方法である。
が、中には変わった女もいる。旦那が会社の社長という身分で何不自由ない暮らしながら、なぜかホテトル嬢をしている女性。彼女の目的は、ずばり「男とエッチできる」というものだ。
今回は、大阪のスケベな社長夫人キミコさんに登場願う。
2年前、ヘルスでケイという女性に知り合った。もちろん最初は客と風俗嬢の関係だが、なぜか意投合し、その後、プライベー卜で会うようになった。もちろん、時々エッチもありの関係である。
その彼女と、9月のある日、久しぶりに会った。何でも、ヘルス嬢からホテトル嬢に職種替えしたらしいのだが。「今度の仕事の方はどう?」
「うん、稼ぎは前と同じくらい。でも今のほうが身体はラクやね。河内さんも一回ぐらいお客で来てよね」「うんうん」ってそんな話をしに来たわけではない。
実は彼女、俺が裏モノで大阪のスケベ女を探してると知り、うってつけの相手を紹介してくれるというのだ。スケベなケイをしてスケベと言わしめる女って、どんな強者やねん。
「同じ店の人なんやけどな、結構いい年で人妻なんやけど、旦那さんが社長ですごいお金持ちやねん。それでも色んな男とエッチしたいっていうだけでホテトルやってんねん。私、そんなに金あったらこんな仕事絶対せえへんわ」
社長夫人のホテトル嬢か。簡単にはイメージできない。エッチしたいのならテレクラに電話すればいいし、金があるんだからホスト遊びでもすりやあいい。それでもホテトルってのは、どういうことなんだ。
「どんな感じの人なん?」「う—ん、40過ぎてるから熟女系ではあるけど…常盤貴子に似てるかな」
常盤貴子はさておき、ケイが言うことには、その女注、キミコさんは客のリピ—卜率も高く、かなりの人気ホテトル嬢だという。会ってみるか。会ってそのスケベぶりをとくと見せてもらおぅか。
「紹介してもらっていい?」
「ん—。そんなに顔を合わすわけじやないから、直接店に電話して指名したら?」
「でも、なんで社長夫人って知ってるのかって言われるで」
「私から聞いたって言えば大丈夫だから。お客さん紹介してもらったって喜ぶと思うよ」
ほんまに大丈夫なんか。翌日の昼にお店に電話してみると、今週キミコさんの出勤予定はなし。来週は月水木曜の11時から3時ならオッケーということなので、水曜日に予約を入れた。
正直、俺は期待していた。なんせ、社長夫人である。なんせ常磐似である。
上品でゴージャスいわゆるセレブな奥様。どうしても妄想が膨らんでしまう。
当日、ホテルにチェックイン。事務所に電話を入れた後、バスタブにお湯を入れつつ、落ち着かない時間を過ごす。果たして、どんな女性が現れるのか。
10分少々で部屋のチャイムが鳴った。ドアを開ける。と、そこに水色のワンピ—スを着た中年女性が立っていた。「はじめまして、キミコです。ご指名ありがとうございます」
なんとも微妙なレベルである。40過ぎとは聞いていたが、だいぶ過ぎているようだ。目鼻立ちがはっきりした顔から少なくとも20年前は非常に可愛かったのは間違いない。が常盤貴子は明らかに言い過ぎである。スタイルは裸にしてみないとなんとも言えないが、小柄でややぽっちゃり。胸は大きそうだ。ブランド物のバッグを持ち金持ちそうな感じもなくはないが、残念ながら俺がイメ—ジしていたようなセレブなオーラは発散していない。しかし、話せば、そしてエッチすれば何かとてつもない魅力があるのかもしれない。だって抜群のリピー卜率を誇っているのだから。
「お客さん私、初めてですよね」「そうですよ」
「ケイさんのご紹介の方かしら」
なんや、話してくれてたんや。だったら、話は早い。
「あの、キミコさんって社長夫人なんですよねぇ」
「いや、社長夫人だなんて、主人は会社をやってますけど」
控えめに言ってはいるが、聞けば、かなり大きな会社らしい。当然暮らしぶりも悪くないはずだ。それがなぜ?
「うん、1言で言えば楽しいってことでしょうかね」「なにが楽しいんですか」
「いろんな男の人と出会えるじゃないですか。歳も仕事も様々だし。今はいろんな人とお話できて本当に楽しいんです」
取り繕ったような理由である。話すだけなら、なにもホテトルでなくてもええやないか。恥ずかしがらずに正直に話そうや。下半身のコミュニケ—ションが楽しいんやろ?
「ふ、ふ、ふ…そうですね、もちろんそちらのほうも楽しいですよ。仕事を始めて視野が広がったっていうか、女性として開発されてきたというか…」
客とはいえ、他の男とセックスし、悦んでもらえた上、指名まであると女冥利につきると彼女は言う。だから、一生懸命サービスするのだ、とも。
ゆったりとした丁寧な話し方はやはり社長夫人ならではと言えなくもない。んじや、まずは一緒にお風呂でも入りましょうか。キミコさんが俺の目の前でしずしずと眼を脱ぎ始めた。その動作はこれまたゆったりで脱いだ服を丁寧にたたんでいる。俺はとっくにスッポンポンだ。
さて裸になったキミコさん、やはり身体はややぽっちゃりだが、胸は大きく、何より色が白い。たまにはこういった脂ののった年上の女もええんとちゃうかな。ちょっとムラムラしてるし。
風呂場のいすに腰掛ける俺の前にキミコさんは膝まづき、丁寧に身体を洗ってくれる。目の前の白い乳房に思わず手を伸ばしてしまう。肌のきめが細かくスベスベして触っていて気持ちがいい。やさしくペニスを洗ってもらううちに、早くもピンピン状態だ。
石験を洗い流した後、仁王立ちした俺のペニスをおもむろにくわえるキミコさん。
たしかに一生懸命な口使いだ。うう気持ちいい
続いて湯船の中で向かい合って座りお互いの性器を触りあう。彼女のあそこはお湯の中でもよくわかるほど、すでに濡れ濡れである。
「ああ、あっ」
声を漏らしたキミコさんが、いきなり俺のぺニスを握り、上から腰を沈めてきた。湯船の中での合体。積極的だ。ならば俺も行くかと、バスタブの縁に手をつかせ、突き出た白いお尻にバックから挿入する。ピストン運動に合わせてお湯が波うち、実に卑猥だ。
「あ、あ、イツちゃいそう」
風呂場の中にキミコさんの声が響き渡る。こつちも、もうアカン、限界や。
「イクよ」
キミコさんの背中の上に、ザ—メンが飛び散った。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内