★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
72_202008070710574b8.jpg73_202008070710583a7.jpg74_20200807071100be6.jpg75_20200807071101536.jpg2_201911221247571c6.jpg
3_20191122124758247_202008091233109a2.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
午前10時に予約の電話を入れ、2回の電話確認を経て、午後7時30分にJR鶯谷駅の改札前に着いた。まわりには同じようにソープランドからの送迎車を待つ男どもが十数人ほど手持ちぶさたで立ちすくんでいる。「川原様〜」
白のベンツのドアの前に立った男がオレを呼んでいる。送迎車が到着したらしい。
「お客様、今日はどなたをご指名ですか?」
車に乗り込んだ途端、運転手が聞いてきた。
「もぅ何度か、ご指名いただいて…」
「いや、初めてなんだけどね」
「予約できてよかったですね」
「やっぱり人気なの」
「そりゃもう、ウチの看板ですから。ハイ」
「スゴイ人だつて訊いたんだけど」
「ええ。吉原で一番じゃないですか。写真とかなくて、クチコミだけで予約がいっぱいになりますから」「相手してもらつたことあるの?」
「いや、私なんか…。あ、お待ちください」
地下鉄三ノ輪駅でもう一人客が乗り込んできた。残念ながら、J さんの情報収集はこれまでだ。
車はソ—プ街へと入つていき、煉瓦模様のビルの前で止まつた。もう一人の客は車を降りず、オレだけが店内へ足を運ぶ。
「ご予約の川原様ですね。お待ちしておりました」
受付の黒服に入浴料の2 万円を払い待合室へ。シャンデリア付きの豪華な内装。革張りのソファに座ると、まだ若そうなボーイがおしぼりを差し出した。
「お飲物は何しましようか」「ウ—ロン茶で」
「では準備が出来次第ご案内しますので、少々お待ちください」
この後、アルバムを持つた店員が現れ、別室へ移動つて展開になると悪しき慣習である「振り替え」となるのだが、ウーロン茶を運んできたボ—イは、そのまま立ち去った。どうやら大丈夫らしい。
待合室には先客が3名ほど。ギラギラとエネルギッシュな目をした30代半ばの作業服姿の男連れ2人組と、白髮をキレイに七三に分けた50の男だ。作業着はアルバ厶を見ながらウヒャヒヤと話し、白髪はジッとテレビ画面を観ている。オレはスポ—ツ新聞を手に取った。
こんな全身舐めは生まれて初めてだ
「川原様」ボ—イがオレの名前を呼んだのは、入店してから約15分後のことだ。いよいよ伝説のJさんとご対面。胸の鼓動が早くなるのがわかる。写真はNG。専門誌にもアルバ厶にすら載っていないナンバ—ワン姫。さぁどんな!?
「Jさんです」
黒服のことばに、息を飲みつつ目の前の女性を見る。…は?伝説?ナンバ—ワン嬢?うそん。何かの間違いでは…。決してスレンダ—とは言えない体型。肩までかかるソバージュ。よく言えば、女優の梶芽衣子に似てなくもないが、どっちかつ—と、いかにも下町とかにいそうな、人の良さそうなオバチャンだぞ。想像していた、気品やオーラは皆無。こんな人が高級と呼ばれるソープでナンバーワンなのか。「どうぞ、こちらです」
プレイル—ムに案内される間、萎える気持ちと、このルックスで予約がいっぱいということはよほどのテクニックなのではないか、という期待感とで頭の中がグルングルンと高速で回転する。
案内されたプレイルー厶は広かった。ラブチェアよりも肘掛けがグワ—ンと大きく外に張り出したソファ、セミダブルのべッド、そして鏡が付いた化粧台。浴槽も広く、もちろんマットプレイ用のスペースもある。まずは手招きされるようにソファに着席。適度なクッションが心地良い。と、いきなり
Jさんがオレのベルトを外し、パンツと一緒にジーンズを脱がしにかかった。即尺だ。
伝説のフェラテクはどんなもんや。意識を集中させると、彼女は愚息をくわえたかと思うと、数秒もたたぬうちにロを離す。え?これで終わり?ウソでしょ?あっけに取られる間もなく、J さんの
全身舐めが始まった。これがすごかった。
ヘルスで売り物にしている全身舐めは乳首から脇、太股ぐらいで終了だが、彼女のそれは耳裏から指先、足先まで舐める舐める。まるでオレの肌に蟻の大群が群がっていて、それを舐めまくるアリク
イのように、隈無く舌を動かすのだ。脇から肛門。全身唾液でベチョベチョにされつつ、快感に悶えまくるオレ。もはや一種の拷問である。気がつけば、ソファの上でマウントボジションを取られ、そのまま合体。生暖かい彼女のヴァギナに包まれて…アウゥ!何じやこりや!
Jさんの腰は動いていないのに、愚息がやさしく、それでいて強く吸引され彼女の中に絡みつかれている。ミミズ千匹?いや3弾締め?スゴイ、凄すぎ。彼女がオレの上に折り重なるように倒れ、クイックイッと腰を上下する。たまらず抱きつき、オレも突き上げるようにピストン運動。ネットリとそれでいてグイッと吸い込まれるような感覚で、自然と腰が浮いてしまう。いつまでもこの中にいたい思いと、背筋がピリピリとする快楽の激しいせめぎ合いは、当然のことながら快楽が上回る。
合体して2 分、オレは果てた。
こんな短時間で4回いくとは!
ソファに横たわって呆然としていると、彼女はオレの服を折り畳み、風呂に湯を張り、スケベ椅子を準備し始めた。オレは何も言わず、ただただ彼女の仕草を目で追っている。確かに「舐め」は激しかった。が、いわゆる淫乱とは遠く離れたところにある。言葉にするならば慈愛か。女性器の隠語で「菩薩」という言葉を使うが、彼女を見ていると言い得て妙だと納得する。
「どうぞ、ここに座ってください」
導かれるように、スケベ椅子にドッカと腰を下ろす。すでにローションが入っている。体を洗う彼女。先ほどの全身舐めとは、また違う気持ちよさだ。と、彼女が顔を椅子の中に入れ、玉袋から蟻のと渡り、そして肛門を舐め始めた。クグリ椅子という技だ。萎えた愚息が急速に息を吹き返してくる。それを確認するや否やJさん、くるりと後ろを振り向き、足をスケベ椅子に入れて、後背位でブスリ。まさに不意打ちである。柔らかい尻がクネクネと動き、オレは椅子の上で右往左往する。つい十数分前に大放出したばかりなのに、この具合の良さはなんだ。
2発目発射! こんな短時間で連発したのは高校のときのオナニ—ぐらいしか記憶がない。もう心臓がドックンドツクンいっちゃってるぞ。とりあえず、落ち着こう。まだ序盤じゃないか。っていうか、序盤で2 発かよ。大丈夫か。泡を洗い流してもらい、湯船に。ちょと熱め。でも肩までザブンと浸かる。ゆつくりしたい。なんてオレの希望が叶えられるわけはなく、彼女もすかさず湯船に入つてきて、潜望鏡が始まつた。さすがに、ビンビンにはならない。せいぜい4分の1勃ち。でも気持ちいい。イヤになるくらい気持ちいい。んでもつて、浴槽から出たら、いよいよマット。もうね、ここまで読んだらわかると思うけど、完全にヘロヘロなのよね。何とか覚えている範囲で再現してみるけどさ。
まずはオレがうつ伏せになり彼女が胸で背中を8の字に滑らす。さらに足を持ち上げかかとから指の間までペロペロ。さらに足裏を胸で洗い、気がつくとオレの腰が浮いて彼女の体がマットの間に滑り込んでいる始末。アナルやら玉袋を舐めたりシゴいたりした後、クルリとオレの体が反転して仰向けにされ、壺洗いやらタワシ洗い(股間で腕などをこする)といった技が披露され、シックスナインの形になったかと思ぅと、愚息が挿入されていたりする。まさに変幻自在、縦横無尽。たぶん味わった驚きと興奮の半分も誌面で伝え切れていないと思う。申し訳ない。でもこれだけは言える。十数年でかなりのマットプレイを受けてきたと自負しているが、間違いなくナンバーワンだ。
とにかくね、すでに2 回も射精しているのに、泡踊りのあいだ勃起しっぱなし。
腹上死する人の気持ちがわかるってもんだ。これだけ海綿体に血液送り続けてしまえば、心臓がパンクしてもおかしくない。そのぐらいスゴイ。マツトの間、オレのチンコは彼女のロや膣に出たり入ったりを繰り返し、3 度目の絶頂を迎えた。…精気を全部吸い取られた気分。
全身リップの上手なディープスロート名人デリヘル嬢
1、貧乳ちゃんだけを集めたこのお店に、ひときわ細い子がいる。正確な体重はわからないがおそらく30キロ代前半か。片手で抱きかかえることもできるほど細い。拒食症なのかもしれないが、俺も含め彼女のファンたちはそのままでいて欲しいと思っている。簡単に折れてしまいそうな細い身体を見ていると、優しく守ってあげたくなってくるし、そのおっとりしたキャラも体によくマッチしている。ガリ専ならば迷わず指名だ。
2、白くきめ細やかな肌、くびれた腰と美脚、そして胸元には見事なハリとツヤのEカップ美巨乳。まさに理想の女体を具現化した身体と言っても言い過ぎじゃないでしょう。特にお椀型のEカップ美巨乳はどこをとっても完璧で、オッパイの上でツンと持ち上がった乳首は芸術品の域。乳輪もきれいなピンク色で、非の打ちどころがないのです。その美乳を使ったパイズリプレイがまた良くて、柔らかい胸に包まれた愚息は、数回シコられただけでいつも爆発寸前です。無制限発射も許してくれるので、最初の射精はパイズリされたまま思い切り放出するのがよろしいかと。
3、黒髪ショートにナチュラルメイクのピュア娘で、男性との会話にも慣れてないらしく、話しかけるとオドオド戸惑う様は演技とは思えないウブっぷり。よほど恥ずかしがり屋なのか、なかなか目も合わせてくれません。こちらからキスをして胸を優しく責めていくと、遠慮気味に小さなアエギ声を漏らして耐える姿が妙に生々しくて、処女にイタズラしてる気分です。
逆に彼女に攻めさせてみれば「こうやると気持ちいいんですか?」なんて素朴に聞いてくるのもタマりません。以上の経験は今年の春のこと。風俗ズレしてしまう前に、早めに遊んだ方がいいですよ。4、黒ギャル系の彼女の必殺技は、喉の奥までチンポをくわえ込むディープスロートだ。
元々全身リップやアナル舐めなどもしてくれる舐め好き嬢だが、チンポを咥えたときの舌ワザ(ノド技)はハンパじゃない。勃起ペニスに正面から向き合い真っ直ぐ口に含むと、そのままノドの奥深くまでペニスを呑み込んでいく。そしてこちらの顔を見ながら喉を締め付けてみたり、ゆっくり、ときに激しく上下に動いてみたり。チンコがネバネバになってきたら、ディープスロートと手コキのコンビネーションであっと言う間に射精させられてしまう。
5、本格ロリータの専門店だけに、女の子はみんな幼い容姿だが、特にヤバいのが彼女だ。年齢は19才なのに身長153㎝しかなく、最初にオサゲ髪の彼女を見たときは高1くらいの子がフリをしているように思えた。疑似ロリという部分を取っ払っても、まだ高校生として通用すると言うか。しかも子供のような声でジブリのグッズ集めが趣味だとか、ゲームが大好きだとか言い出すので、本当か演技なのかわからなくなってくる。若い子が好きな男にはたまらないはずだ。お店には本物の子供服からスクール水着まで様々なロリ系コスチュームが用意されているので、リアルな禁断の遊びが楽しめるはず。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内