★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
105_20200806165125d79.jpg106_20200806165126db2.jpg107_20200806165128c57.jpg108_20200806165129327.jpg109_20200806165131e24.jpg2_20191126210934950_20200118110014d68_20200809124437ddb.jpg3_20191126210936058_20200118110015456_20200809124439c7b.jpg4_20191126210937a35.jpg5_2019112621093904c.jpg
世界各国の食が揃う上、味も抜群。そのレベルの高さは世界一のグルメ街と謳われるニュ—ヨークをも凌ぐほどだといぅ。売春の世界においても事情は変わらない。中国、韓国、南米、欧米他ありとあらゆる人種が集まり、タチンボ、連れ出し、ちょんの間など形態も様々。
ジャパンマネーが幅をかせてるぶん、オンナの質も高い。まさに世界一の「ガイジン売春天国」と言って差し支えないろう。専門へルスから。渋谷、新宿に多いこの手の店はヘルスと変わらぬシステ厶ながら、プラスアルファ払うと、多くのブロンド娘がきっちりインサー卜させてくれる。
シャワー後、個室でフェラ開始。ギンギンにそそり立った頃を見計らってギャルが切り出してくる。
前金で渡せば、リクエストしない限り騎乗位でヌルッと挿入。もちろん、店に内緒の小遣い稼ぎだ。
写真指名もでき、ハズレも少ない上、ヘルス代も含め1万9千円程度30分指名なしコ—スの場合と、ビギナ—にうってつけの遊び場だが、醍醐味は何といってもタダ本番だ。私の経験からいけば、南米系、特に来日したてのコロンビア、ベネズエラ娘は、ボディランゲージのフィーリングが合えば、かなりの確率で成功する。逆に仏•米•伊などG7諸国はほぼ不可能だ。
中国式、韓国式エステで本番
錦糸町界隈を中心に増加中の「フィリピン式エステ」と「ロシア式エステ」の二つを取り上げてみたい。まず前者は、「現地女性が生理でセックスできないとき、夫や恋人のチンコの凝りをほぐす伝統的マッサージ」が売りだが、大半の店はマットへルスのような「泡のみ、1万5千円以上が本番アリだ。私のお気に我りは錦糸町駅近くにある某X。まどろっこしいマッサージがないぶん、全身リップ攻めとマット本番がたっぷり堪能できる。
一方、後者は「性感マッサージ」のようなスタイルが多ぐ本番はがカーテンで仕切られただけの造りの店では、それも不可能。そこで、こちらからもっと気持ちよいことしたいなあ。などと直接交渉し、携帯番号を聞き出してしまう。閉店後、待ち合わせてラブホにシケ込むのは、さほど難しくはない。金に糸目はつけないから、モデル級の金髪女をヒィヒィ言わせたい。そんな欲望を抱える方にオススメするのが高級デリヘルいわゆる「外人エスコートクラブ」だ。
鶯谷や錦糸町の中国、韓国系デリヘルが2万前後で本番可能なのに対し、こちらは3〜5万円が相場。他にも、別途交通費を請求されたり、出張地域が赤坂•六本木に限定されていたりと、とにかく敷居が高い。が、そのぶん、女性の質も高い。現役モデルや元プレイメイト、ダンサー以外にも、外国企業でバリバリ働くキャリアウーマンと、ハイレベルな女が揃っている。
一方、買う側は、経営者、医師といった社会的エリートばかり。例えるならばブロンド愛好家の「リラクゼーションクラブ」といったところか。実際、遊び方も単にハメハメするだけでは終わらない。高級レストランでビンテージワインで乾杯、ホテルのラウンジで語らい、夜景を眼下に眺めつつ、美しく身悶えるブロンドを堪能といった愛人との逢瀬のようなプレイが平然と行われている。業者によれば、最近の人気は「1日デートコース」や「3日間ワイフコース」を利用し、旅行や出張にオンナを同伴させることらしい。ちなみに「1週間コース」のお値段は100万円なり。
ブロンドの白人女性のヨーロッパデリヘル嬢どんな娘がやってくる?
時代が移りゆこうと、変わらないものがある。
白人女性への憧れもそのひとつ。ブロンドの髪、透き通るような白い肌、そして豊満なオッパイ。完壁な女体を追求しようと思えば、必ずや行き着くのが白人女性というジャンルではないだろうか。
金髪グラマー都内出張=1行広告欄で見つけたこのホテトル
そんな日本男児の憧れを見事に反映した一例といえよう。しかもアメリ力ではなくヨーロッパ。陽気で派手なエッチより希少価値や知性を求めるアナタへ…とでも言いたいのかもしれない。が、どこか感じる独特の怪しさは何だろう。電話をかけると「60分で3万円。今ですと、ベルギーのコになりますが」との答。英語は通じるか聞いてみると、「いえ、やっばりベルギー語になりますね」という。ベルギーの公用語はフランス語である。ベルギー語などといつものはこの世に存在しない。ま、百聞は一見にしかずと歌舞伎町のホテルにチェックイン。再び電話してみると、やって来たのは一瞬アジア系かと見間違うほどブロンドが不釣合のギャルだった(下の写真)。「ベルギー?」と突っ込んでみたものの、キョトンとしながら暖昧な笑顔を浮かべるだけ。チェンジした後の2人目(左)に至っては「スペインジンョ」と言い出す始末。この2人、どう見ても最近急増しているコロンビア人娼婦にしか見えないのだが、いかがなものだろう。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内