★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
男性同士のセックスは合法男性同士のセックスは合法男性同士のセックスは合法男性同士のセックスは合法
風俗ほど合法と違法の境目がわかりにくいものもない。キワドイ業者は腐るほど存在し、いくらでも検挙できそうなのに警察は無闇に動かない。いったい摘発に踏み切る決め手は何だろう。まず、フーゾク業者が最低限遵守しなければならないのが風営法風俗営業適正化法だ。改正により、性風俗ビジネスは営業形態によって細分化され、デリヘルなどの無店舗型やコンパニオン派遣業なども対象となった下の表参照。いずれも名義人や店舗の所在地無店舗でも事務所の連絡先は必要、従業員名簿を都道府県の公安委員会警察に提出せねばならず、併せて客引き行為や本番、18才未満の立ち入り、タバコ酒類の提供、深夜の営業、ピンクチラシの配布なども固く禁じられている。公安委員会は「許可するわけじやないが営業するなら届け出なさい」という微妙な立場を取るものの、風営法に従う限り摘発の恐れはほとんどない。逆にいえば、風俗営業の届出がない業者が逮捕の対象ということになるが、風営法の罰則規定は行政処分。営業停止がせいぜいだ。しかも、届出がないからと言って即座に摘発されるワケでもない。実際、風営法違反によるガサ入れは全体の割程度。ことフ—ゾクに限っては、違法性と警察の摘発はまったく別なのだ。タテマエが通るソープ通らない大人の風営法違反より、むしろ警察が本格的に動くのはフ—ゾク業界の三大悪、つまり『本番』『18才未満』そして『クスリ』が絡んでいる場合だ。まず、本番でまっ先に思い浮かぶのがソープランドだが、摘発されたという話はあまり聞かない。これは風営法に力ラクリがあり、業者は入浴料を取って個室で異性のサービスを提供しているだけで、本番に及んだのは客とソ—プ嬢が意気投合した自由恋愛の結果というソープ特有の「タテマエ」がまかりとっているためだ。ごくたまに売春防法違反周旋等の場合、年以下の懲役または罰金で営業停止を食らったり、個室にカギを付け公衆浴場法違反に問われる店があるのは、ガス抜きの意味でしかない。こちらはタテマエもへったくれもなく、完全な売春防止法違反。売春斡旋行為とみなされれば懲役又は罰金が科される。これが住み込みの置屋だとさらに重い。夕刊紙の三行広告を賑わす「大人のパーテイ」も同様だ。部業者は雇った女性に「私は本番しません」旨の誓約書を書かせる。現実には業者が多すぎて捜査が追いつかないのが実情だ。違法営業摘発にはすぐに結びつかない。狙われるのは、近所からクレ—厶電話が入ったり、派手に宣伝している業者だ。本番スレスレの行為、たとえば性感へルスではお馴染みのアナルファックや素股、クラブのペニスバンドなどは完全に合法である。売防法で性行為の規定は男性器を女性器に挿入すること。法律上には同性愛の観念自体が存在しないため、疑似的プレイはもちろん、売り専バーやニューハーフへルスなど同性同士のセックスや、女が女を買うといった行為も問題ない。ゲイのハッテンバとして有名な新宿2丁目も法的にはこの上ない安全地帯なのである。18才未満を雇えば問答無用でパクられる
「町のファッションヘルス店長が少女を働かせていたとして逮捕」
スポ—ツ新聞などでこうしたニュ—スを頻繁に見かけるが、もしデリヘル業者が18才未満と知らないで女のコを雇っていた場合もパクられるのだろうか。厳密に言えばセ—フだが、現実には免責になる可能性は薄い。偽造免許証を使うなど、よほど女のコ側が巧妙な手ロを使って店側を欺いたという証拠がない限り、事前面接あるいは採用の段階で「18才未満であることは予測できた」とみなされてしまう。常に顔を合わせていれば察しがつくはずというワケだ。これは雇った相手が男子でも同様だ。また、本番やそれに準ずるような類似行為フェラチオ、胸タッチなどをさせずとも酒の相手や呼び込み風営法違反に相当する。つまり18才未満を雇えば、どんな理由でナ二をやらせてもしょっぴかれてしまうのである。さらに規制は体ばかりじゃなく、身に付けるモノにまで及ぶ。近々、東京都が淫行条例の中に「少女の下着を大人が買い取る行為」を盛り込むのをご存じだろうか。少女から衣類を買い取って販売する従来のブルセラショップは古物営業法の対象だった。営業には許可が必要で、警察官が立ち入り調査もできるが、女のコを直接店に集めて直脱ぎで売る「生セラ」業者などは「売り手と買い手双方に場所を貸しているだけ」と主張すれば、古物営業法が適用できず取り締まれないそこで、今回の改正である。都を始め全国でブルセラ包囲網がますます強まるのは確実だ。フ—ゾク店でエッチな行為に及んだそのとき、警察の家宅捜索が入ったらどうなるか。遊んでいる最中に、そんな心配が脳裏をよぎる人も少なくないだろぅ。結論から言ってしまえば、店舗型風俗なら客がパクられることは、まずない。性感へルスだろうがピンサロだろうが、ちよんの間街の外国人ギャルでも同じ。警察の狙いは業者が風営法に違反しているか否か。客は事情聴取を受ける可能性はぁるものの、家族や仕事先に連絡が行くなど面倒なことはない。ただ、相手の風俗嬢が才未満だった場合は話が別だ。仮にピンサロで18才のコにサ—ビスを受けている最中に踏み込まれたら少しばかり厄介なことになる。相手が18才であることを知っていたか否かをしつように追及されるはずだ。もし「知っていた」となれば、買春法もしくは淫行条例で逮捕されるのは確実。逆に「知らなかった」なら情状酌量で不起訴となる可能性もある。東京渋谷にあるイメクラが福祉法違反の疑いで摘発されたとき、当時の少女による供述の中で東の名前が挙がり、事実、東はこの少女からサ—ビスを受けてはいたが「18才未満とは知らなかった」と主張したため、参考人として事情聴取にとどまった。しかし、たとえ知らなくても罪に問われる可能性大だ。ほとんどの自治体が淫行条例で青少年とのみだらな行為自体を禁止し、同意や対価の有無にかかわらず処罰の対象としているからだ。フ—ゾクで遊ぶときに若そうなコが付いたら、しつこいほど本人に年齢を訊くか、なんとなればチェンジを申し出るべきだろう。カップル喫茶もハプバーも買春と並びフーゾクで客が逮捕されるもうつの要因が公然わいせつだ。例えば、ストリップ小屋の本番マナ板ショー。熾烈なジャンケン合戦を制して鼻息も荒くステージに上がり踊り子と見事ドッキング。と、その瞬間、客に扮した刑事が手錠を出しながら大声で叫ぶ。壇上の客にしてみればまさに悪夢だが、その時点で性器を露出していたり、女性器と結合していれば劇場や踊り子と共犯と見なされ、公然ワイセツ罪で逮捕されるのは間違いない。現場は屋内だし、金を払った人間しか入れないのにどこが公然なんだ、と思うかもしれないが、法的には店の中であっても不特定多数が出入りする場所は『公衆の面前』と見なされる。ただし現行犯逮捕が原則なので、先にヤリ終え服を着ていた客はセ—フ。こればっかりは運次第と言うしかない。この他、意外なところではカップル喫茶やハプニングバーも公然とみなされる。たとえ会員制を採り、「ウチは不特定多数ではありません」と主張しても通用しない。法律上は、客メンバ—がケタを超えていれば多数とみなされるし、そもそも店という形態である以上「不特定の人間が出入りする場所」と分類されてしまうからだ。
ホントに安全なのは仲間内のパーティー。
では、シティーホテルのスイー卜を借り切って行われる乱交パーティはどうか。カップル喫茶やハプニングバーと違い、セーフのようにも思える。ところが、誰でも参加可能な場合はアウト。実際、昨年月、東京池袋警察署の目と鼻の先にあるマンションで乱交パーティを開催していた業者が摘発されてしまった。このとき主宰者の男性他、オープンスペースで裸になったとして、会社員や大学生の男性客人が公然ワィセツで現行犯逮捕された。会はインタ—ネットのホ—ムペ—ジで宣伝され、荒稼ぎしていたという。このケースはパーティとは名ばかりの管理売春だったわけで、ある意味、摘発は必然だが、本当のマニアが集まるスワッピングパーティはどうなのか。ネットにはそんな本格志向の集まりも少なからず存在し、たいていはカップル参加が義務づけられ、参加費も格安だったりする。こちらも法的にはビミョーだが、不定期開催で明らかに利潤目的ではない場合は、ほぼ摘発の対象にならないと言っていい。というのも、ぶっちゃけ警察側がもし本腰を入れて摘発しようと思えばかなり手間のかかる内偵が必要なわけで、それならもっと派手に稼いでいるフーゾク業者を摘発した方が効率的に実績を上げられるからだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内