★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
50_20200803143418597.jpg51_202008031442577ad.jpg52_20200803143421195.jpg53_2020080314342292f.jpg54_20200803143424cc5.jpg55_20200803143426df3.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
今や、松本さとしという名を聞くだけで硫黄の香りが鼻腔を突く方もいらっしゃるそうで、私と温泉の結びつきも随分深くなったものと感慨を覚える次第である。過去も現在も、常に私は温泉遊びの究極の形を追い求め続けているわけだが、今冬は極めて特殊なスタィルのコンパニオンと戯れてみたいと思う。なんとこの業者、1人旅の男客しか受け付けないのである。
1人の男に1人の女をあてがうのである。これが温泉コンパニオン界においてどれほど特殊なことか、順を追って説明しよう。
ほんの5年ほど前まで、1人客にコンパニオンを派遣する業者なんてものは存在しなかった。客2〜3人につきコンパニオン1人、しかも最低4人以上の団体しか受け付けない、といったところばかりだったのだ。後年、1対1コースを新設するところも塯えてはきたが、受け付けは客2人以上から。どうしても1人でとゴリ押ししたところで、2人はコンパニオンをつけられてしまう。酔客と2人きりにしてしまうのはあまりに危険だからだろう。そのため、私はコンパニオンを2人、3人と招き、複数プレイに勤しんできたのである。賑やかで良さそうにみえたかも知れぬが、あれは自ら望んでのことではなく都合に合わせた結果だったのだ。1対2、1対3のほうが1対1よりいいじゃないか。と、単純に数の論理で物半を考えてしまう方は、の業者のHPを少し見てほしい。
『飲んで騒いでエッチなことをするだけのコンパニオンではありません』
『お勤めをしている30代前半の女性が中心です』
『出産経験がある、下腹ボッコリ等の女性はお断りしています』
過激さばかりをウリにしているのに比べ、これらフレーズの落ちつき払ったのはどうだろう。つまり1人客のみの受け付けとは、単に2人きりになれるという意味だけでなく、大人同士のしっぽりしたゆ
とりある時間を過ごしてもらぅためのシステムなのだと理解できよう。脱がせ、しゃぶらせの消防団的宴会ではない、大人の男女の静かな夜。温泉情緒を味わうにはもってこいのシチュエーションである。いわば、温泉旅行用の1日愛人とでも呼ぼうか。
派遣先は伊豆半島一帯。旅館が手配してくれるのではなく、あくまで一緒に温泉に遊びに行くというスタイルのため、宿は客が自由に選べばよい。
気になる料金は30分6千円。最短5時間からなので最低でも6万円の出費だ。髙い気はするが仕方あるまい。私は伊豆. 修善寺の混浴温泉ホテルに単身乗り込んだ。相手の女性とは部屋で落ち合う予定である。このホテルを選んだのは、言うまでもなく混浴があるからだ。擬似愛人なのだから一緒に風呂に入るのは当然のこと。しかも貸し切り風呂ではなく、他の客と一緒に入る方が楽しそうではないか。
ピンポーン夜7時、部屋の呼び出し音が鳴った。ドアを開けると、そこには女優の室井滋に似た女性が一人。「どうも、お待たせしました」
「ああ、はいはい、どうぞ」
脚は細い。スタィルも悪くない。が、顔は40近くにしか見えん。確か全員30代前半のはずだったのに、何かの手違いか。アケミ(仮名) と名乗る彼女は言った。
「34になったばかりなんです」
ここは信じておこう。信じなければ先に進まぬ。先払いで6万円を手渡し、体を抱き寄せ唇を奪う。しかもディープに。普通のコンパニオンだと、ちよつとした手順を踏まえてからエロモードへ突入すべきという暗黙の了解があるが、今回はそんな面倒は抜きだ。
「じゃあ着替えてメシ食おうか」
お楽しみは後にして、まずはメシとしよう。浴衣に着替えるよう促すと、アケミは恥じることもなく衣服をはだけていった。裸になっても、なるほど出産経験アリのぶよぶよ腹と違い、均整がとれている。体だけなら20代でも通用しそうだ。食堂(部屋食じゃなかったため) では、私が食べアケミが酌をするという関係ではなく、2人共に一般客として着席し、料理に舌鼓を打った。ホテル側は彼女がコンパニオンだと知らないのだから当然である。なべや剌身をロに運びながら、アケミは言う。
「ウチは50代60代のお客さんが多いわね。わざわざ大阪から来る人もいるぐらいよ」
金さえ積めば泊まりもOKのしっぽりシステムは、バカ騒ぎするには老い過ぎた、しかしまだ女遊びは止められぬ中年男性に重宝されるのだろう。
さあ、では風呂に参ろうか。混浴にてこの浴衣の下の肉体をたっぷり愛でさせていただこう。
スリッパの音をヒタヒタ響かせながら、2人は温泉に続く廊下を歩いた。温泉の隔世感はこういう部分にこそあったりするものだが、こんなことすら普通のコンパニオン相手ではかなわない。彼女らは極力他の客と顔を合わせぬよう行動するからだ。勇んで向かった広い浴室には、客が1人もいなかった。アケミはタオルで胸を隠すこともなく堂々と湯船に浸かり、白い脚を伸ばす。
「気持ちィィね」「うんうん」
まるで貸し切り状態。おもむろに彼女の乳首をつまみ、そのまま吸いつく。
「あん、ヤダー。誰か来るかも」「来ない来ない」
乳吸いに飽きた私が立ち上がると、命ぜられるまでもなくアケミは半勃ちのペニスをロに含む。
ジュルジュル。淫靡な音が岩風呂に響く。狭い内風呂ならまだしも、いつ誰が入ってくるとも知れぬ混浴でのフェラは、なんとも形容し難い興奮をもたらすものだ。
「あっ、誰か来た」
脱衣場で物音が聞こえ、アケミがさっと身を翻す。同時に、団体旅行らしきオッサン連中が5人ほどどやどや入ってきた。みんな酔っ払っているようだ。
「ん?混浴かぁ?」1人がアケミの裸体を見て素っ頓狂な声を上げた。仲間たちもニヤニヤと好奇の目を向けてくる。タオルで隠していないのだから、そりや見たくもなるだろう。湯煙越しに、妙な間が生まれた。パートナーである私への遠慮もあってか、オッサンらはさりげなくアケミの胸や股間に視線をよこし、うれしそうに湯で顔を洗う。この気分は優越感に分類されるのだろうか。ほとんど男湯状態の中にあって、私の隣にだけ女体。私の隣にだけふくよかな乳房。ほれ、こんなふうに触ったりできるのだよ。どうだ、うらやましいか。しばし後、オッサン連中と少し離れ、湯船の中で向かい合って座った私たちは、白いもやに隠れているのをいいことに、ますます密着の度合いを強めていった。「あ、ヌルヌルしてる」「ヤダ…」
チンチンを膣口にあてがうと、ヌメリが湯の中に拡散する。このエロ女め。間が持たなくなればフェラ、そして指マンいくら「しっぽり」なんて関係を求めてはいても、男女が同室にいればヤルことは一つしかない。風呂上りの我々も、さっそく部屋でフェラチオの続きを再開した。
ジュボジュボと音を立てながら吸いまくるアケミ。公共の場でないと、ますますテクを増す舌使いである。「あ一もうィってもいい?」「駄目よ、そんなにあせらなくていいでしよ」
唇からツーッと糸を引かせながら、アケミがロを離す。確かにまだ時間は3時間も余っている。あわてて抜く必要もないか。その後2人は浴衣姿のまま雑談をかわし、間が持たなくなればフェラ、さらに間が持たなくなれば指マンという、ゆったりした時間を過ごした。宴会芸が始まるわけでもなければ、カラオケに繰り出すでもない、騒々しさとは無縁の世界。愛人との温泉旅行とはこういうものなんだろうか。
「あ、萎んできちゃったね。舐めてあげよっかな」
「またお風呂でしようよ」「うん、いいよ」
提案にはすべてうなずくアケミ。若いだけの生意気なコンパニオンとはやはり違いますな。かくして、しつこくまた混浴へ。今度は無人の湯船で、股間を密着させる。
「入っちゃうよ」「え…」「入れよっか」「だめ、本番は別よ」
別というフレーズが引っかかった。別料金ってことなのか。6万円もブン取っておきながら、さに…そりゃないよな。後でも、ペニスは硬直したままだった。自らも興甯したのか、部屋に入るやアケミは私の浴衣をめくり上げ、睾丸を優しく撫でる。そしてまたパクリ。もぅこのままィつてしまぅか。
が、都合
30分は経過した部屋フェラの途中で、アケミが言つた。
「私、ロでィヵれるのはちょつと…」ここで先ほどの「本番は別」が頭をもたげてくる。やはり小遣いが欲しいのか。「エッチするにはいくらか払えばいいの」
「うん、2かな」
これで支出は計8 万。2 人分の宿代も入れれば10万オーバー。ドエライこっちゃである。しかしこのままではどうにも収拾がつかんしな…。わかった、払います。全裸になったアケミは、まだ愛撫を受けずただしゃぶっているだけだったくせに、股間をヌルヌルした液体にまみれさせていた。指を入れると、獣のようなアエギ声が漏れる。
「あうっ、あうっ」
昼間はOLでもあるという彼女、まさか夜毎に伊豆の温泉宿で痴態をさらしているとは誰も思うまい。正常位では脚を痙攀させながら腰に卷きつけ、騎乘位では前後上下に動き回る。バックから触れた白く丸い尻は、まだ温泉の温もりをたたえて「あうっ、イイ、イク」
あまりに長過ぎた前戯のせいか、ものの10分ほどで私は倒れるように果てた。浴衣の帯を直しながら、アケミがロを開く。
「奥まで当たってすごく気持ちよかった」
いかにも男根への自信を失いかけた中年オヤジを喜ばせそうな台詞である。使い慣れてるな。残り時間は9 0分。さあこれから何をしよう。風呂は飽きたいエロは終わったし…。やはり3 0代前半の男にとって5時間もしっぽりするのはチト辛いか。
★アケミによれば、リピーターの中年客たちは、セックスのみならず、館内の土産屋を一緒に見て回つたり、近所を散歩したりといつたことをも楽しみにしているのだという。愛人を囲う金はなくとも、その気分だけは味わえるコンパニオン。これはこれでアリだと私は思う。にしても最後までみつちり楽しもうと思えば、早めに抜いちゃィカンな。ラスト90分、間の持たなかったことといったら、そりゃもう。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内