★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
20_20200803123951ffe.jpg21_20200803123952718.jpg22_2020080312395347d.jpg23_20200803123955973.jpg24_20200803123957a54.jpg25_20200803123958742.jpg26_20200803123959936.jpg27_20200803124001f95.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
新宿のとある小料理屋で、ボクは胸を高鳴らせていた。向かいの座席で、フカキョン似の美人が微笑みを向けている。スッと通った鼻筋と小さなエクボが、実にキュ—卜だ。
彼女の名は山瀬和美(仮名、23才) 。都内のダンボールハウスに住む、現役ホ—ムレスである。初めてその女に目を留めたのは、2力月前の10月、東京•中野区の図書館だった。20代前半。キレィな金髪と大きな二重が目を引く、コギャル系の美女。だが、ボクがその一挙一動を追ってしまった。理由は他にある。彼女のファッションだ。
タテジマのスラックスと、真っ赤なジージャン、胸元からのぞくホラー映画のTシャツ。1つ1つは平凡なアイテムなのに、妙に統一感がない。行動も不可解だった。毎朝10時、開館と同時に雑誌コ—ナ—へ直行。
「25can」「anan」といった女性誌から、「天文ガイド」「季節の俳句」のようなマニア誌まで、新刊を棚のスミまで読み漁っている。その間、いっさい食事は摂らない。午後2時。すべての雑誌を読み終えると、今度は文庫本コ— ナーへ。無造作に一冊を抜き取り閉館までページをめくる。
昨日は京極夏彦「塗仏の宴」、今日は工藤信平「夜半から」。「あ」行の著者名から、順に読み続けているらしい。いったい、何者なんだ? 最初は取材の下調べが目的だったボクも、しだいに彼女のこと知りたさに、図書館へ足を運ぶようになっていた。まもなく女は細い路地に消えた。物陰に隠れ、ソーと奥を覗き込む。と、アパートの暗がりに、タテに並んだダンボールが5つ。まさか…。
そのまさかだった。女は小走りにダンボ— ルに近づくやスルリと中へ潜り込んだのだ。あの美人、ホームレスだったのか?
本日の衣装は、5 枚ほど重ね着したTシャツに緑のパーカー。右手に、タオルと石けんを握っている。この辺に銭湯なんてないはずだが…。
住宅街を抜け大通りを南へ5分。女は茶色の大きな建物へ入っていく。その後に続き門を通り抜けよぅとした瞬間、
「ちよっとキミ。夜間は男性の立ち入り禁止だよ」
背後から警備員の声が響いた。慌てて辺りを見渡すと、入り口に「東京文化女子大学」の飾り文字がキラリ。仕方ない、向かいのドトールで待たせてもらうか。4 0分後。正門に女が現れた。上気した頰と濡れた髪の毛、全身から立ち上る湯気。なるほど。大学のシャワールームを銭湯代わりに使ってるのか。その後、ボクは 回尾行を繰り返した。
彼女の生活パタ—ンはいつも同じだった。朝から夕方までは図書館。食事は一日1食で、夜7時ごろに、コンビニで菓子パンとお茶を買う。残飯漁りはしない。
交友関係は皆無だ。ホー厶レス仲間はもちろん、カタギの女友達すらいないようだ。路地に見慣れぬサラリーマンの姿を見つけたのは、尾行から一週間後のことだ。
「というわけで、バックは一回3千ってわけ。ホント、簡単だから」
彼女に話しかけているようだ。「客は50代がほとんどだから、すぐに終わるし」
売春の勧誘か?そう言えば、女性ホームレス専門のスカウトマンがいるって何かの週刊誌で読んだことがある。
「どうかな?なにか答えてよ」
「…アナタ、なんで私のことが見えてるの?」
「えっ、な、なに!?」
「なんで?なんで?」
無表情で詰め寄る女、アタフタと逃げ出すサラリーマン。いつぞやと全く同じ展開だ。
「…ったく、クソオヤジ。二度と来んなっつーの」
一転して、女がマトモな口調でつぶやいた。そうか。あの不気味なリアクション、ナンパ野郎を追い返す手段だったのか。女は正常だ。間違いない。ならばどうだ。この美人ホームレスを手なづけ、キレイな衣服を着せてシッポリってのは。季節はもうじき冬。鍋料理でもおごればラクショーじやないのか。名付けて「プリティーウーマン大作戦」。ククク、「和製リチャ—ド•ギア」の称号はいただきだぜ。サラリ—マンが立ち去ってから30分がたった。彼女に近づく者はいない。よし。
「こんちは〜。また会ったね。ちよつとそこで見かけたからさ」
「よかったら、コ—ヒ—でも飲まない?一緒に暖まろうぜ」
「ねえねえ」「黙っててもダメだよ。それ、演技なんでしよ?」
「…えっ」効果アリ。いいぞ。
「世の中、イイ男もいっぱいいるんだからさぁ。オープンマインドつつーの?もっと心を広く持っ…」
パンッすべてを言い終わる前に、ボクの左ほほへ平手が飛んだ。
「うっせ—、バカ!ムカつく!」
頭上でコブシを振り回し、鬼の形相でボクを追い返す女。なんでこうなるんだよ〜。
その晩、自宅で缶ビールをあおりながら考えた。
一般人がいかにもナンパ目的で近づいたら、彼女が警戒するのも当然。もっと目線を下げる、というか、ホー厶レスの彼女と同じ感覚で接しないと、相手も心を開いてくれないのではないか。
作戦、練り直しだ。
翌日、ボクは中野駅前で拾ったダンボールを小脇に抱え、彼女の元へ向かった。まずはボク自身が路上生活を送り、彼女の凝り固まった心をほぐす。顔なじみになったところで過去の非礼を謝罪改めて食事に誘おうって魂胆だ。なぜ、ここまでやるのか。我ながらあきれるものの、彼女が男を惑わせるに十分なルックスを兼ね備えていることもまた事実なのだ。
ただいま午後4時。彼女はまだ図書館の中だ。さっそく地面にダンボールを並べ、継ぎ目をガムテープでグルグル。作業は5分で終了した。寝袋の要領で両足を突つ込み、ゴロンと横たわる。おお、適度に固くて悪くないぞ。さあ、美人ホームレスよ、
カモナマイハウス!
空を眺めて2時間。彼女はまだ戻ってこない。さすがに体が冷えてきたが…
彼女の驚いた声が聞こえたのは、さらに一時間ほど後のことだ。
「おす!今夜は、ここに泊まろうと思ってさ」
「この間はゴメンね。失礼なこと言っちゃって」
無言でダンボールハウスに潜り込む女。おいおい、サムすぎじゃね一か。
凍え死んだらどうすんだ。
午後7時。夜更けとともに、冷え込みが厳しくなり出した。ガムテ—プのスキ間から、北風がガンガン吹き込んでくる。ひとまず今日は退散して… いや、待て。寒いのは彼女だって同じ。チャンスじやん。ダンボールを這い出しアプローチをかける。ラーメンでも食べにいきませんか。おごりますよ。
くそっ、わかったよ。あーバカらしい。やめやめ。心でボヤきつつ大通りを歩いていると、後ろに何か気配が。振り向けば、彼女が10メー夕ーほどの距離を開け付いてきている。どうしたの! ?
やっぱ一緒に行く?「……うん」
マジかよ!すぐさま彼女の手を引き、大通り沿いの中華屋へ。味噌ラーメンを注文すると、彼女はいかにも上手そうに麺を吸い上げた。
「また誘ってもいいかな?」
ま、いいか。晩メシにこぎつけただけでも大きな一歩だ。
聞けば、女性用の施設とは、吉原の中心にある精神病院のような建物らしい。そんなところに放り込まれるぐらいなら、ダンボ—ル生活のほうがマシだ、と彼女は言う。
「いつ出発すんの?」
「3日後ぐらい。役所に見つかったから、早くしないと」
「じや、じやあ。明日、送別会をやろうぜ。なんか、ウマいもんでも食おうよ」
「フフ。いいよ」
翌日。約束の小料理屋に、自慢の一張羅を着た和美が現れた。スカ—卜に、黒いレースのブラウス。髪型もメイクもバッチリだ。いい、すごくいい。
「デー卜のときは、いつもコレなんだ。ヘヘへ。とてもホームレスには見えないでしよ?」
懐石料理をつまみつつ、他愛のない会話が続く。あんなにいがみあっていたのがウソのようだ。
「この後、よかったらボクの部屋に来ない?」「…うん」
夢か?夢じゃねえよな。やったぞ!安アパ—卜の一室へ和美を招き入れ、迷うことなく 一緒にシャワールー厶へ。全裸の彼女は、A カップの胸がキュー卜なロリータタイプだった。
「この生活を初めてから胸が小さくなっちやって」
ゴワゴワの髪の毛をくしけずり、泡立たない肌に大量の液体セッケンを流す。そりや、大学のシャワーだけじや、汚れは落ちきらねえよなあ。
シャワーの後は、当然のようにベッドへ。さっき丹念に磨いたロの中に我が息子をパクリ。思わず彼女の頭を抱え込むと、
「ケホッ、ケホッ」「あ、ゴメン。苦しかった?」
「違うの。口内炎が痛くて…」
「ああ、ラ—メンばっか食べてたからなぁ」
彼女の腰を抱き押し倒す。「ハア、ハッ、フウ」
ヤバッ、もう出ちまいそうだ。和美がボクの首に手を回し、天を仰いで叫ぶ。
「ウウッ、ウウッ」
イク〜!朝方、和美は何も言わずボクの部屋から消えていた。彼女にしてみれば、物好きなライタ—と、好奇心に流され体を許しただけなのかもしれない。って、なんかおかしいぞ。お手軽にプリティウーマン気分を味わえれば、それでOKだったはず。なんで、おセンチな気分になってんだ。路地へ向かうと、すでに和美はダンボールハウスを引き払い、粗大ゴミ置き場に積み重ねていた。
「さすが、慣れてるね」「フフ、まあね」「じゃあ」
「うん。また会えたら、会いましよう」
別れのことばが出てこない。いや、いまは何を言ってもウソ臭いだけだ。これでいい。
「バイバイ」和美はボクの鼻先に軽くキスをすると、足早に駅の方角へ去っていった。
★最新の生活白書によれば、現在、国内のホームレス人口は約5万超。そのうち7割は40〜60台の中高年男性だが家出娘の増加にともない、女性の比率は上がる一方だ。和美のような女のコは案外多いのかもしれない。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。