★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
222_20200730095507b07.jpg223_20200730095509ade.jpg224_202007300955100e3.jpg225_20200730095512d6d.jpg226_202007300955131d3.jpg227_20200730095506a55.jpg
家庭を省みない主婦として早10年目を迎えていた私35才は、M嬢として働けるSMクラブはないだろうかとインターネットで検索をかけていた。以前にもちよっとした援助交際経験は何度かあり、セックスフレンドも常にいた。人妻とはいえ性的な仕事に就くことに抵抗はなかった。
ただ、どうせなら自分自身も満足できる業種のほうがいい。過去セフレたちによってマゾ体質だと気づかされていた私には、普通のヘルス嬢やイメクラ嬢では物足りないだろう。ようやく、地元富山のクラブを探し出し、プロフィールを書いたメールを送ると、とりあえず一回お会いしましょうと返事が戻って来た。数日後のお昼、指定されたファミレスに、店長兼従業員の男が現れた。この業界にありがちなやさぐれた印象はなく、ごくごく普通の中年男だ。聞けば、彼らは店舗を構えているわけではなく、男性客から電話があれば登録女性をホテルに派遣する、いわゆるデートクラブ形式で経営しているそうだ。「ただ、あんまり客がいなくてね」「そうそう」
苦笑いしながら言う。富山の田舎にそうそう好きな人などいやしない。なのでSM嬢としての仕事はあまりないだろうが、代わりに時給千円で事務所の掃除や電話番のバィトでもしてくれないか。
高校じゃあるまいしとも思ったが、悪い人たちでもなさそうだしのんびり働かせてもらうとするかと、私はその提案を了承した。そんな和やかな対談中のことだった。オーナーが相方の男性についてこんなことを口にした。「長田君仮名は中学校の先生をしてるんや」
「へぇ」「そうそう。中学で理科を教えてるんやわ」本人も穏やかにうなずいている。へえ。
「長田君も何か食べる?」「給食食べてきたばかりだからいいですわ」
学校の昼休みに抜け出して、こんなことをしてるとは、好きなんだなあこの人。気が合うかも。
濡れたアソコをカメラでパシャパシャ…
時給千円の内勤で雇われたはずの私だったが、事務所となっている狭いアパー卜を訪ねた初日、いつどうなるかわからないからと、SM嬢としての資質も試されることになった。ご主人様役は、長田だ。狭いアパー卜のフロ—リングに私が正座すると、彼は普段の姿からは想像もつかない強い口調になった。「ほら、脱げ」「はぃ…」下着姿になった私を大きなカメラで何枚も撮影し、命令を続ける。「全部脱げ」「脚を開いてマンコを見せてみろ」命ぜられるまま、すでに言葉責めだけでトロトロしてしまったアソコを私は指で開いた。「濡れてるじゃないか」
カメラをアソコに向け接写する長田。パシャツパシャツ。シャッター音に体が反応する。ゾクゾクする快感が全身を走った。やっぱり私は生粋のマゾだ。手際よく開脚縛りを終え、股間をあらわにすると、彼はゴ厶も着けずに中に入ってくる。「どこに出してほしいか言え」「クチに…」
「え、ロがどうした」「…クチにください、お願いします」「大きく開けろ、ほら」
たっぷり精液を出した彼は、飲み込む様子までフィルムに収めていた。この男、いい。使えるよ。以降、私はアパー卜に出入りすることになった。最初の話どおり、雑用係としてだ。じゃあこの前のカラミは何だったんだということにもなるけどあれはあれで感じまくれたのだから良しだ。本職を持つ長田はもちろん、オーナーもほとんど部屋にはおらず、合カギを預かった私は朝から掃除をして夕方まで電話番、適当なところで帰宅。電話などまずかかってこないので、だらだらテレビを見ている時間が大半だった。アパ—卜は元々、長田が論文を書くために借りた部屋だったそうで、そこかしこに彼の私物が散らかっていた。そして勤務先の学校の卒業アルバムが数冊。中を見ると、確かに彼は理科教師として白衣を着て写っていた。似合わないよ、あんた。いつだったか仕事帰りの長田がアパ—卜に立ち寄ったとき、雑談を交わしたことがある。不思議そうに尋ねる私に、長田は答えた。「趣味が高じてな」嘘ではないだろう。状況だけ見れば、安月給の地方公務員が、小遣い稼ぎのため風俗に手を染めたィメ—ジだが、そもそもビジネスとして成立していないのだ。金のためならすぐ辞めているはずだ。
長田は、奥さんと娘さん一人の人家族。ただ、夫婦関係は完全に冷め切っているようだ。おそらくこの部屋を借りたのも、論文執筆のためではなく、家族からの隠れ家にしているんだろう。
証拠に、彼はいつも学校が終わる時ごろにフラフラと現れては、何をするでもなく時間をつぶしていた。アパー卜で顔を合わせていた長田が初めてプラィベー卜で誘ってきたのは、5月に入ってからだった。2人して出かけたのは、カップル客の多い焼肉屋だった。食事中、従業員の男の子がニヤけながら声をかけてくる。「先生、お久しぶりです」
どうやら昔の教え子らしい。「お—、元気か」「はい、元気です」「がんばれよ」
ふ—んちゃんと教師やってるんや。しかしこの教え子も頭悪そうなやっちゃなぁ。外での彼は、熱く語る男だった。理科の授業を限丸々つぶし、ィジメ問題について生徒と語り合ったこと。周りの教師たちが世間知らずでどうしようもないこと。写真が好きで、学校行事の写真をいつも担当していること、などなど。ウザイ。デ—卜中にそんなこと語つてどうするっての。ぜんぜん興味ありませ—ん。
やっとこさ本題にたどり着いたのは、食後に乗り込んだ車の中だ。「まだ別れたくないよ」
うふ、来た来た。またあんなプレイをしてくれるのかしら。車はラブホテルへ向かった。到着と同時にトランクを開ける長田。中には道具一式が積み込まれていた。わかりにくいかもしれないが、カップルというのはあうんの呼吸で関係が豹変する。先まで仲良く焼肉を食べていても、いきなり主人と奴隸に変化できるものなのだ。玄関を開けると同時に、長田の声は強くなった。「挨拶は?」「ご主人様、お願いします」膝まづき、四つんばいになって床を歩く。メス犬になった私は、皿に注がれたビ—ルをぴちゃぴちゃと舌だけを使って飲む。その様子を写真に撮る彼。「さっさと脱げ」全裸の犬になると、今度は厶チだ。「数字を数えろ」
バシッ!数字を読み上げるたび、背中に痛みが走る。でもそれに感じてしまうのが女の性。数え終わるころには、すでにビショビショに濡れていた。アイマスクで目隠しをされ、全身にロープがかけられていく。スルスルという音を聞くだけで、また濡れてくる。
身動きの取れない体勢で、アソコに極太のバイブ、ロにはペニスを突っ込まれる。そして次は浣腸。
便座にしゃがんだ私にカメラを向け、彼は命令する。「ンチしながらイクんだぞ」「はぃ…」
終われば、今度は後ろから抱きかかえれれ、洗面台の鏡の前でコップにしっこを漏らす。それをバスルームで顔にかけられ、また写真撮影。「どうだ、味は?」「おいしいです」「ほら、こっち向け」それから私たちは毎週のようにプレイに興じた。彼のサド性と私のマゾ性はうまく合致していたのだろう。スカや露出、剃毛。私の望むことをまた彼も望んでいた。
プレイの度に、彼は何枚も何枚も写真を撮影した。万円もする眼レフ、デジカメ、ポラロイドなど、シチユエーションに合わせていくつもカメラを使い分け、シャッタ—音で私を濡らす。
ただやはり歳のせいか、彼は勃起しなかった。強制的なイマラチオで膨らませても、すぐに中折れしてしまう。射精しなくても精神的に満たされているのだろう。ま、私は挿入なしでも〇だからいいけど。関係が続いたのはおよそ半年。その年の終わりに別れが来た。パー卜ナーとしてはまたとない男だったけど、元々、心の底から好きだったわけでもない。徐々にケチな面が見え出してから、私の気持ちは急速に冷めていった。その後、私はこれといったパートナーを見つけることもできず、ときおり当時を思い出してはオナニーに耽った。彼はまたあのクラブで新たな女を発掘しただろうか。そんな想像をすると悔しくもなったがしょうがない。
関連記事

本日の人気動画情報

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。