★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
84_20200728091136792_20200808230110de9.jpg85_202007280911359a8.jpg86_20200728090739c2a.jpg87_202007280907418cd.jpg88_2020072809074252c.jpg89_202007280907445ff.jpg90_202007280907457b5.jpg91_20200728090747901.jpg
105_2020072816150518b_20200808225957167.jpg106_202007281615060a4_202008082259587c9.jpg107_2020072816150786b_20200808225959eb8.jpg108_20200728161630b40_2020080823000187c.jpg49_202010170808420b7.jpg
セックス中毒。スキモノと言い換えてもいい。そんな女はどこにいるんだろう。彼氏と毎日3回ずつヤリまくってる女は、セックス狂いに見えるが、それは単なる彼氏好きだ。やはり中毒と言うからには、色んな男とガンガンハメまくっていなければ。さて、どこにいるか。
真っ先に候補に挙がるのは、乱交パーティだ・なにせ乱交である。乱れて交じるである。よっぽどのスキモノ女でなければ、そんな場に参加などしやしない。
普段は、そんなパーティの参加者であることなどおくびにも出さない彼女も、いざ現場ではあらゆる男のペニスをくわえ、顔面に精子を受け、随喜の涙を流す。そんな光景、あってほしい。いや、乱交
ならあって然るべきだ。営利目的のパーティにいがちな「仕込み」の女ではなく、自ら能動的に乱れまくる素人女性の生態とは、いかなるものなのか。今回、僕は、表向き「素人のみ」をうたう乱交パーティに参加し、その場にいた女性数人に話を聞く機会を得た・果たしてその実体は…。
そのパーティは、毎月1回、ホテルのスイートルームを貸しきって行われている。参加費用は男性1万5千円、女性はダダだ。高額な部屋代を考えれば、女性がサクラである可能性は低い。
当日午後7時、部屋に足を踏み入れるとすでに男人、女7人ほどがソファを中心に談笑していた。
どうやら男女共に常連と新参者が混じっているようで、すでにバスタオルを体に巻きつけた格好で隣の女の太股を撫で回している者もいれば、まだ私服のまま部屋の隅でもじもじと落ち着かない者もいる。ルックス、スタイルは上中下と様々だ。
「それではそろそろ始めましょうか」
主催者の女性の掛け声で、皆が紙コップを手に持った。「乾杯!」
ビールを飲みながら、皆、互いを牽制するように距離を保っている・僕も、床で正座する上クラスの女性に近づきたいが、いきなり露骨な真似もできない。
「はい、早くシャワー浴びてね」様子見していると、主催者に促された。この会では、開始前はもちろん、1回戦終了ごとにシャワーを浴びることと、コンドームの着用が義務付けられている。1人おずおずとシャワーを浴び、部屋に戻る。と、すでにそこは戦場と化していた。
2台のベッドでは、2組が交わり、さらにその脇の床でも1組が一心不乱にシックスナイン。ソファでも2組が前戯中で、そのうち1組は男2女1の3Pだ。す、すごい…。
こっちこっちと、男のでかいイチモツを口いっぱいに頬張った女性が、ソファから僕を手招きした・おそるおそる近づけば、すかさず股間を握ってくる。
「しゃぶっていい?」虚ろな目で懇願され、なすがままに投げ出した下半身に、暖かい舌がからまってくる。デカマラの持ち主は、彼女の背後に回り、音を立てながらクンニ。「アンッ、アンッ」
ときおり鳴咽しながらのフェラは、思いのほかいい。そのうちデカマラ氏がゴムを付け挿入すると、彼女の口の動きはいっそう早くなる。器用な女だ。いつしか周囲はすさまじいことになっていた。
3人から同時に責められる女。ベランダに出て狂態をさらす女・バックからバイブを突っ込まれながら、2本のペニスを交互にフェラする女。両胸を2人に吸われながら騎乗位で腰を振る女。それぞれが絡み合い、もはや、誰が誰なのかもわからない。こうなればフェラごときで射精している場合ではない。できるだけ多くの女を堪能せねば。
長い夜だった。疲れればときおり休憩を取り、気が向けばしゃぶりしやぷられ挿入し、シャワーを浴びてまた休憩。延々この繰り返しだ。
ようやく深夜0時ごろになって、男女共に帰る者がちらほら現れ出し、特別に終了の合図などはないまま、性宴は終了した・翌日が日曜ということもあり、およそ半数はそのまま泊まっていくようだ。5時間に及ぶ濃密すぎるほどの光景を目の当たりにし、仕込みの疑惑は消えた。サクラどころか、彼女らはむしろ男性陣よりも本気で楽しんでいるじゃないか。僕がバックから挿入したのすら気づいていない彼女は、小宮悦子風の美紀さん(仮名)。3カ月前に乱交デビュー。
翌朝、同フロアの別室で、参加女性に話を聞いた。昨夜ベランダにまで出てアエギまくった。僕自身もベッド上でフェラチオの奉仕を受けている。「昨日はすごかったですね」
「いや、そんな…」恥ずかしそうに答える彼女は、静岡で福祉関係の仕事をしており、わざわざこのために毎月上京するのだという。「旦那に仕込またんですよ」
意外や昔は箱入り娘だった彼女は、男性経験のないまま、年上の男性と結婚する。しばらくはその旦那の「ただ入れるだけ」のセックスが当たり前だと思っていたようだが、職場の同僚から「奉仕されるセックス」の存在を聞き、好奇心の赴くまま出会い系サィトを利用。体験人数が人を越えたあたりで、乱交パーティーの存在を知る。まさか乱交とは思っていなかったが、上京して時間後には両手にペニスを握りしやぶっていた。
「あ、こういう生き方もあるんだな、ずっと箱入りだったからこういうのすごく刺激的で」ただ彼女、実はあちこちから手やペニスが伸びてくるスタイルの複数プレイは好みでない。
「フェラチオしているときはフェラチオに集中したいんです」
その言葉どおり、昨晩、四つんばいになって僕にフェラチオしていた彼女は、他の男がバックから挿入しようとしたのを強く振り払っている。乱交のいいところは、好みの男が他の女と寝ているのを見ると嫉妬心で体が火照ってくる点だともいう。
「私、受け身の性格だから、いつも声がかかるのを待ってるのね。でもの子はフェラチオが上手いということになれば、目当ての男性も近寄ってくれるかなとって、いつもちゃんと舐めてるんです」
来月も彼女は、職場の勉強会だと旦那に嘘をつき、新幹線に乗って品川までやってくる予定だおかしな話だが、彼女、元々セックスは嫌いだったという。
「ロですると吐きそうになるんですよ。だからエッチそのものもしたくなかったんです」
私的な友人だった女性スタッフに、試しに来てみたら?と連れて来られたところ、なんとこのパ—ティは、自分が舐めなくても男が勝手に奉仕してくれるという願ってもない環境だったのである。
「ああ、こういう男の人たちもいるんだなと思って。それで恥かしいけどこの歳になって目覚めちゃったんですよ」
ただ、それだけでは乱交である必要は奉仕好きの男を見つければいいだけのことだ。僕の突っ込みに、彼女は照れる。「やっぱり同時というのが…」「同時?」「ええ、私、いろんなところが感じるので同時に舐めてもらったりすると、もう…」
集中したい派の香織さんとは反対に、彼女は騎乗位をしながら、あちこちから手が伸びてくる状況が好みだという。まさに乱交でしか味わえない体位。「目覚めちゃった」のもよくわかる。「ほんと、スイッチが入ると、恥ずかしいとか見られてるとか、そういうのは全部飛んでしまうんですよ。一応、始まる前には女の子同士で、あの人タイプとかってメールしあってるんですけどね」
愛撫してくれるなら誰でもオッケー。彼女にとって男とは個別に顔を持った生きものではなく、自らを慰む道具に過ぎないのだろう。どおりで、僕の顔も覚えていないはずである。
最後は、昨晩の最高ランク女性、美帆さん27才。残念ながら、僕は彼女と交わってはいない。その愛らしいルックスに多くの男性が群がり、手を出せなかったのだ。「そうだったんですか。来てくれれば良かったのに—」
彼女の乱交歴はとにかく長い。ここ以外のパ—ティも含めれば参加回数は100回。経験のおかげか、待つ姿勢の女性がほとんどの中、珍しく彼女は夕イプの男をさっさとつかまえてしまう積極性を持っている。
「いい男がいたら、いちばん最初にいっちゃうか、最後のピュンをもらうかですね」
他の女の使い古しではなく、その日最初の相手になりたい。これはわかる。では最後のドピュンとは?昨夜、僕自身も感じたことだが、あれだけの女性がいると射精を我慢してできるだけ多くの相手と交わらなければ損な気がする。これ、どの男も同じらしく、みんななかなか射精をしたがらない。その貴重な発を自分の体で受け止めるのが、彼女にとっての誇りなのだそうだ。
あのハチャメチャな場で、冷静に狙いを定めていた女性がいたとは驚きである。ちなみに彼女のベスト体位は、手足を押さえつけられてクンニされながらのフェラチオだそうだ。確かに、昨晩もそんな体勢になっていたような。全体的ほ、彼女らの容姿や性格は、地味な部類属する。目を奪われるよぅなルックスも遊び好き風でもない。むしろ弁当屋ででも働いていそぅな印象である。冒頭の妄とは大きくかけ離れているが、底知ぬ性欲の持ち主であることに疑いはない。セックス中毒者は、日常では平凡な仮面をかぶっているものなのかもしれない。
セックス依存症の人間は、アルコール依存やギャンブル依存など、ほかの依存症も併発していることが多いと言われています。詳しいことはわかりませんが、どれも精神的な病なので、治療や互助グループなども同じ組織が運営していることが多いそうです。
ここ群馬のA高原ホスピタルは、全国でも珍しい、依存症患者専門の病院でして、病院の周りには、通院してくる患者さんや入院患者さんたちが、わりと頻繁に歩き回っています。つまり、セックス依存の女性と出会える確率が非常に高いエリアということです。特に、患者さんに人気の散歩コースがA自然園で、ここのベンチに座っていたり、ゆっくり歩いているような女性を見かけたら、自然な感じで声をかけてあげれば、出会いに発展する可能性があります。彼女らは寂しがりが多いので、マメに連絡を続けていけば濃厚な関係に発展していくはずです。病院の最寄りのコンビニ、ローソンAインター店も、患者さんが多く利用するスポットなので要チェックです。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内