★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
64_20200726213951fe1.jpg65_20200726213952d06.jpg66_20200726213954ad7.jpg67_20200726213955999.jpg68_20200726213957e74.jpg69_202007262140003bc.jpg70_20200726215744389.jpg71_20200726214001b04.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
セックスにおいて、基本的に男は女を攻める側である・あの手この手を駆使し、女に「こんなの初めて」だの「もう死んじゃいそう」だの言われると、それこそ男冥利に尽きるというものだ。言い換えれば、男は女を満足させることに非常に気を遣う哀れな生き物なのだが、俺など風俗嬢に対しても何とかイカせようと必死だから、もはや悲しいサガとしか言いようがない。もっとも、こんな男が多いから、女は気持ちよくしてもらうのが当たり前と考えてしまう。風俗嬢でもない限り、男に快感を与えたい、満足してもらいたいと思う女性はなかなかお目にかかれないものだ。
ところが、この大阪には存在するのだ。男に「今までで一番気持ちよかった」と言わせることに命をかける女、ヒトミ。今回は、この恐るべき浪速のOLと、男カワウチのセックス対決をお届けしよう。
ヤリたいときに電話1本ですぐ駆けつけてくれる女。男にとっては、これ以上ない便利な女だが、なぜそこまで相手に尽くすのか。それぐらい男を好きになってしまうということなのか。
「ん、どっちかっていうと男の人に気持ちよくなって欲しいだけやねん」
「セックスで?」
「だけじゃなくって、とにかく一緒にいるときは相手に気持ちよくなって欲しいねん。だからどんな無理でも聞いてあげるし」なんかようわからんなぁ。
「エッチとかでも、女の子って、終わったあと優しく抱きしめて欲しいとか、頭を撫でて欲しいとか言うやん。そんなん全然いらんねん。男の人さえ気持ちよければ」
さらには、男を喜ばすためテクニックにも磨きをかけ、自前のコスプレの衣装も持っているのだとヒトミは言う。たまらんなぁ。こんな若い.にここまでされたらオッサンたちはメロメロやろ。
「うん、最初は遊びっぽかった人もだんだん真剣になっちゃって困る。結婚したいって言い出す人もいるし」
「真剣に付き合うのはいいことやん」
「でもしょせん妻子あるし、家庭を壊す気もないし。かといって若い男はイヤやし」そしたら、どうするん?「残念だけど別れるしかないよね」
う-ん、やっぱりわからん。なぜ彼女は
男に気持ちよくなってほしいのか。「実は…」
しばし間をおいた後、彼女は話し始めた。高校生のとき付き合っていた彼が自分の友達と浮気した。結局は別れたのだが、その際、彼に「(友達の方が)Hがよかった」と言われ、相当ショックを受けたらしい。
「で、そんときから、今までで一番気持ちよかったと言われる女になろうと心に決めてん」決めたからといって、どうにもならないと思うが、実際その後彼女は様々な男と付き合い、最終的には「やっぱりお前が最高」今までで一番よかった」と言わせてきたいう。そう思ってもらえなかったら私の負けやん。だから勝つまで努力するし、負けたままでいることはありえへん」
すごい女と出会ったもんだ。彼女の話が本当なら、かなりのテクニシャンのようだし、こちらの要求にも応えてくれそうだ。
ゼヒとも一度お手合わせ願いたい。幸い、ヒトミは酔っ払ってシモネタ全開だ。このまま口説き落としてやろう。
「だめだめ、今日生理やねん。それに、年上やったら誰とでもヤる訳じゃないで」
俺じゃダメってことか。いやいや、こういうタイプの女はあきらめず、粘ってお願いするに限る。今日は無理でも、改めて相手してもらえんもんやろか。うん…じゃ、いいよ。知り合ったのもなんかの縁だし、音楽の趣味も合うしね」おうおう、そうこなくっちゃ。
「河内さんってどんなのが好きなん?ど
んなコスブレ好き?」
どうやら、ヒトミの勝負魂にスイッチが入ったらしい。
けど、コスプレってのはどうだる。俺も今までのルポの中で、バスガイド、女装、喪服といったいでたちの女たちとのエッチを楽しんだが、彼女たちは実際にその職業に就いていたり、本当に葬式帰りだったりとリアリティがあった。単純に色んな衣装を身に着けるだけのコスプレには正直、興味がない。というか、逆にしらけてしまうんじゃないだろうか。でも、ここで断るのも角が立つ。とりあえず、持ってる衣装を適当にみつくるってもらおうか。
重要なのはあくまでセックスの中身。絶対負けられないと大きなことを言ってるが、俺とて、人並み以上に経験とテクは積んできた男だ。果たして、どっちが勝つか。甘くみてたらあかんでえ。翌週、待ち合わせた時間ちょうどにヒトミはやってきた。手に大きなポストンバッグ。中に衣装が入っているようだ。ラブホにチエックインすると、彼女は(ツグを開け、ベッドの上に衣装を並べ始めた。セーラー服、バニーガール、これはナースか…。って、自分いったい何着持ってきたんや。
「全部で7種類かな。手錠と目かくしもあるよ」
セーラー服は自前としても、こんなにたくさんの衣装、どこで?
「私、高校、私服やってん。セーラー服はドンキで8千円出して買ったんやで。バドガールとバニーはゲームセンターでゲッ卜したし、あとは今まで付き合ってた彼からのプレゼントかな」
チアガールの衣装に「MerryChriStmaS」って書いてるけど、もしかして。
「そう、前の彼からクリスマスプレゼント。で、これ着たままイヴの夜にエッチしたの」
体操服とブルマはどこで売ってんねん。
「それはね、前の前の彼と行ったホテルに体育館ルームがあってね、そこで売ってた」
前の彼も、前の前の彼もコスプレにはまってるなんて、そんなにええのか、コスブレって。
「じゃあ、着てくれる?」「え、全部?」
そりゃそうや、せっかく持ってきてくれたんやから。この中で、俺が一番興奮するのはどれか調べなあかんし。俺のガウンの紐をほどき、ヒトミがキスをしてくる。先攻はヒトミだ。細かな舌使いのキスの後、乳首を舌と指で攻めたてる。うまい。うますぎ。おまえはプロか?そしていよいよフェラという段階になったところで、唐突に彼女が言った。
「私、4つの技持ってんねん」「ヘワー」
何でも、彼女が今まで相手した男に気持ちよくなってもらうために創意工夫した結果、編み出した技なのだそうだ。上等だ。とくと披露してくれ。
1つ目の技は3分の1ほど頬張りながら、口の中で舌で亀頭のカリの部分を刺激するというもの(写真①)。き、気持ちいい。というか、口の中でよくこんなに舌を器用に動かせるものだ。
続けざまに、亀頭の先の割れている部分に舌を押し当てて広げるように刺激する2つ目の技(写真②)。ん、これはどうかな。俺の反応を見てか、すぐに3つ目の技に移行。裏筋から根元まで微妙な舌使いで往復する(写真③)。やば、気持ちよすぎるやん。
連続して繰りだした最後の技は「玉攻め」ヒトミは再度1つ目の技に移行。俺のペニスを攻めたててきた。あ、あかん、気持ちよすぎるって!
「お口の中で出していいよ。飲んであげる」
ヒトミのうれしい申し出に思わず従いそうになってしまう。彼女のテクなら1回イッてもすぐに回復できるだろう。しかし、ここは必死で我慢。このままだと、彼女の思いのままだ。断腸の思いでフェラをやめさせ、横になってもらう。攻守交替だ。「どう、気持ちよかったでしよ」とでも言いたげだ。正直、完敗だ。世のオッサン達が彼女の虜になるのもよくわかる。しかし、ヒトミも結構気持ちよかったはずだ。引き分けはちょっと無理かもしれないが、僅差の判定負けには持ち込めたかも。
だから、あえて謙遜して言ってみた。
「メチャメチャ気持ちよかったで。ヒトミを満足させることはでけへんかつたのは残念やけど」
当然、彼女も「ううん、私も気持ちよかったよ」というものだと思っていた。ところが、「私、男の人さえ気持ちよかったらそれでええねん」
こいつには勝てん!しかし、俺にはどうしてもわからない。彼氏に浮気されたぐらいで、ここまで男を気持ちよくさせることに執念を燃やすだろうか。何か、自分の意志というより、強迫観念がヒトミを突き動かしているような気がしてならないのだ。
その疑問は、最後にシャワーを浴び、煙草を吸っているとき、突然解決された。
「…あのな、私、初めての男ってな、実は父親やねん…」勝手な推測だが、もしかしたら、年上の
男を心も身体も自分の虜にしてしまい、最後は彼女から振るということを繰り返しているヒトミは、いまだに父親に対する復雪を続けているのかもしれない。
年上の男を気持ちよくさせることに執念をかけた彼女の様はちょっと痛々しい。楽しんでいるという感じがしないのだ。やっぱりエッチというのは相手を感じさせられるかどうかではなく、どれだけ楽しむかが大事だと俺は思う。要は、楽しんだもん勝ちなのだ。
関連記事

本日の人気動画情報

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ