0202_20181109163001cb6_20190930075003be0.jpg0203_20181109163003a07_20190930075004966.jpg
セックス依存症に悩む人たちの互助会グループ、「SA(匿名の性依存者の意)」に参加することにした。言うまでもなく狙いは女性参加者だ。セックスしたくてウズウズしてる女たちなんだから、すぐにヤラせてくれるのでは?
SAのサイトからもらった資料を見ていたら、中に一枚のチラシが入っていた。
『SAラウンドアップ レクリエーション(お散歩♪)』どうやらセックス依存者たちが集ってハイキングを楽しむという特別イベントのお知らせみたいだ。会議室で真面目な顔して悩みを語るより、外を歩きながらの方が距離を縮めやすいはず。行くしかないでしょう。
ハイキング当日。チラシに書かれていた待ち合わせ場所の某集会所に向かった。恐る恐る会議室のドアを開けると、数人の男たちが椅子に座っていた。あれ? 女性はまだ来てないのかな?
「はじめまして、小野寺と申します。このチラシを見て来たんですけど…」
「あ、初めての参加の方ですか?
「はい、大丈夫でしょうか?」
「もちろんです。では皆さん、そろそろ時間なので、行きましょうか」
仕切り役の男性の先導でメンバー全員がゾロゾロと外に出る。ちょっと待ってくれ。全員男かよ! 野郎同士でハイキングなんかして何が楽しいんだよ!すぐに走って逃げようかと思ったが、メンバーがたった6人しかいないだけに気まずい。まごまごしてるうちに、仕切り役の男性がハイキングの説明を始めた。
「今日のお散歩ですが、まずここから公園に向かいます。東京タワーの脇に神社があるので、そこでお参りしてからタワーに向かいます。では出発しま〜す」
てくてく歩き出す6人のセックス依存の男たち。泣きたい。天気は快晴で空気も冷たくて気持ちいい。ハイキング日和なのが唯一の救いか。隣を歩く気の良さそうなハゲのオッサンにちょっくら話しかけてみよう。
「ここにはよく来られてるんですか?」
「あ、はい。SAには週1で来てますね」
「毎週だと大変ですね」
「いやーやっぱり1週間単位で来ないとスリップしちゃうんでね」
スリップというのは、我慢できずにエロいことをしてしまうという意味らしい。
「えーと小野寺さんは?」
ヤバい、自分の設定を考えてなかった。どうしよう。
「ボクは…風俗にハマって借金こさえちゃいまして」
「あ〜、ボクと同じですね」
「え、そうなんですか?」
「去年はどん底でした。ボクはアルコール依存もあったので大変でしたね」
酒を飲みまくって風俗に通う生活にどっぷりハマったおかげで、家庭と仕事が色々と大変なことになったらしい。
「実は、さらに買い物依存症っていうのもあって、そっちも週一で通ってるんですよね。えへへ」
つまり、一週間の間に、セックス依存とアルコール依存、さらに買い物依存の3つの会合に顔を出してるのか。大変だな。そうこうしてるうちに最初の目的地の公園に到着した。
その場に立ち尽くし、子供連れの若いお母さんたちを無言で眺める男たち。
「大丈夫ですか?」
隣にいたいがぐり頭の男性に話しかけてみた。
「はい、ストライクゾーンはもう少し下なんで大丈夫です。ハハハ」
彼のストライクゾーンは10代半ばの女の子だそうな。
「ストライクゾーンの子がいたら我慢できます?」
「今はすぐにその場から離れるようにしてるんで大丈夫ですよ。ハハハ」未成年援交でもして捕まったんだろうか。怖くて聞けない。その後、神社に移動してそれぞれお参りをして、すぐ近くの東京タワーに到着した。
「じゃ、ここで自由時間にしますんで、30分後にここに集合してください」
結局、タワーには誰も登らず、お土産売り場を全員でウロウロして、ハイキングは終了となった。
あとで先導役の男性に聞いた話では、メンバーの1人に10才未満に欲情するロリコンがいたので、公園をコースに入れたのは失敗だったと言っていた。
ごく普通の主婦である私が性欲を持て余すようになったのは今から2年前のこと。
元来エッチは好きな方でしたが、そのころからとにかくヤリたい衝動が抑えられなくなったのです。正直、理由はよくわかりません。夫は每晩のように求めてくる私に嫌気が差したのかそのうち一緒の布団で寝るのを拒否するようになりました。女性としてこんな屈辱はありません。とりあえず、オナニ—に没頭しました。毎日欠かさず自分で自分を慰めたでしょうか。当然、飽きたらず、セックスできる男を求めて出会い系サイトを利用するようになりました。
会って、すぐホテルに直行。男ならどんな相手でも気にしなかったので、1年で優に30人とは関係を持ったでしょう。当初はタフで上手な相手が人いればいいと思っていたのですが私の性欲の強さは想像以上だったようで、みな簡単に引いてしまうのです。その結果30人。ヤッた回数300回。さすがに自分がおかしいと感じ、心療内科へ足を運んだのは昨夏のこと。そこで筆記テストと面談を受けた結果、医師からセックス依存症との診断を下されました。あまり驚きはありませんでした。事前にインタ—ネットで自分と同じような人の例を読んでおりもしかしたらと予想していたからです。医者は、ルボックスという抗鬱剤を処方してくれただけでした。がクスリを飲んでも劇的な効果がないことも、またネットで知っていました。病気と認定されても全く理解してくれない夫。肉体的にも精神的にも限界となったとき医師から紹介されたのが、セックス中毒患者たちの自助サ—クルです。アメリカに本拠地アメリカを置き、日本全国でもミ—ティングを行うボランティアグル—プ。会費一切ゼロの優良団体と聞き、さっそく関西地区で開かれるクズドミーティングに申し込みました。
公共施設の室に入ると老若男女の参加者名の面々が円を描くように座っておりました。
「それでは、ミ—ティングを始めたいと思います。この会の回復プログラムで、セックスドランクから開放され、性的アクティングアウト行動化を未然に防ぎましよう」
会の目的は、自らの体験を明かし、他人の経験に耳を傾け、互いに意見を交換しあうというもの。内容が内容だけに、名前は明かさず、愛称で呼び合うのが決まりです。
「私は神戸からきました、あつちゃんと申します。をしていたんですが、仕事を無断で欠勤して、いつもネットカフェでアダルトサイトを朝から晩まで眺めていました」
うわあ〜。いぎなりおかしな人だなあ。いや何回もオナニーする私も他人のことは言えない。というか、本当にこんなことを人前で…。ところが、話し終えたあつちやんはホッとした表情を浮かべています。自分の恥部をすべてぶっちやけてしまうと気分が晴れるのでしようか。お次は、60才をゆうに超えているご老人です。
「皆さん初めまして。ワシは、60になる妻を強引にスワッピングパ—ティに連れて行って、離婚されました」
そ、そりやそうだろ!告白はまだまだ続きます。
「援助交際で懲役に行っていました。先程も、ついついサイトでみつけた娘と…」
「私はゲイです。パ—トナーに求めすぎて、彼が脱腸になってしまいました」
ここまで来ると、私の病気なんてまだまだ軽い方かもしれません。実際、思い切ってすべてを告白すると頭の中がスッキリとしました。が、それも時だけ。参加者のほぼ全員に共通するのは、性的な妄想が常に頭から離れず、些細なことでスイッチが入ってしまうことです。極度の重症になるとリモコンと聞くだけでロリコンを妄想したり『へルスケア』の言葉で勃ってしまったり。中でも極めつけは、マジメそうな会社役員さんでしよう。
「私は、そのお動物が好みでしてぇ…そのぉ…この間などは…フナなどとお…」
我々の予想をはるかに上回る告白に本人もなかなか言葉が出てきません。見かねた常連メンバ—から『あと少しだから頑張って!』と声がかかります。
「えぇと私はフナなどと…そのお…セックスをですねぇ…」
えっ、フナって、魚の鮒いつか裏モノで読んだけど、本当にそんな人っていたんだ。スゴイ!今も私は足しげく治療に通っております。幸いダンナも病気に理解を示してくれ、精神的にも肉体的にもほぼ満足の日々。なぜ肉体的に満足か?実は私、ミ—ティングで出会った男性と関係ができてしまったのです。しかも彼は中毒ぶりが私と同レベル。会う度に満足するまでひたすらヤリまくってます。当分、病気は治りそうにありません。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来★★★
一つの出会いで世界が変わる
おすすめの厳選出会い2選。18禁。
≪会員数1000万人突破≫≪フリーメール・匿名での登録OK≫
PCマックス

≪女性誌等への掲載多数、女性登録者多し≫
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
日本で唯一全国展開している交際クラブユニバース倶楽部をのぞいてみよう!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

二次元の彼女のエロシーンやボイスに病みつき
【にじげんカノジョ】

★★★女性が喜ぶ最強のペニスを作る★★★
☆☆自信の増大アップサプリ☆☆
【サイズアップXL】

☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
今がチャンス!赤字覚悟の還元プレゼント中!
【ヴィトックス】

☆☆早漏対策なら☆☆専門医推奨!TENGAのトレーニングツール


☆☆遅漏対策なら☆☆TENGAの遅漏改善トレーニングツール☆☆
⇒遅漏改善用TENGA

☆☆TENGAの男の活力サプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ

☆☆包茎対策なら☆☆ ⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる
SnapCrab_NoName_2018-9-30_13-17-15_No-00.png


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ