★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0163_202007222022116a5.jpg0164_20200722202213b17.jpg0165_20200722202214067.jpg0166_2020072220221659d.jpg0167_20200722202217909.jpg0168_2020072220221922c.jpg0169_202007222022209f2.jpg0170_202007222022227aa.jpg0171_202007222022238a7.jpg
カズノコ天井やミミズ千匹を腕一本で作り出す
【概略・全文は上記記事をお読みください】
快適なオナニー生活をエンジョイするのに、最も重要なのは『オカズの選択』だろう。エロ本に一表表のDVDやコミック、官能小説。さらには女子校生や人妻、ナンバに素人投稿など、ジャンルを含めれば1人Hのパターンは無限に広がる。かくゆうオレは、断然、素人投稿のDVD派である。裏でも表でも構わない。汚いアパートの一室で一般女性が「オチンチン欲し〜い」なんて悩ましい表情を浮かべりや、もう他に何も要らない。だから今回、初めて《オナホール》を試すことになったとき、頭の中には疑問符が浮かんでいた。今、楽しいオナライフを満喫しているのに、これ以上、何があるのか?オナホールより、自分の右手の方が断然テクニシャンではないのか?
念のためご説明申し上げると、オナホールとは、女性器を型どったゴム製の1人H補助具だ。ローションを垂らしてイチモツを挿入すれば、中は本物の女に負けず劣らずグニュグニュで『セックスより気持ちいい』と、アダルト通販業界では、ローターやローションよりも売れているらしい。 が、その姿、どう見たってブサイクなチクワ。こんなもん、どうせ…。
な、なんじや、コレいざ挿入して、言葉を失った。冗談ではなく気持ちよすぎるのである。ヒダヒダが怒涛の如くイチモツを刺激するというか、ドエロな女にチンコ全体をジュルジュルと吸われるというか。いくらオナニー好きのオレでも立て続けにヌイたことは一度もない。
今回ご登場願う仕事師はオナホールを創成期より開発してきたトガネシオン氏である。究極の快楽作りを追究する、匠の技に迫った。
新宿区某所の雑居ビル。鍍金氏の作業場は高層ビル群から少し離れた一室にあった。写真をご覧の通り、甚平にハチマキ姿はいかにも職人風情。まずはこの仕事に就くまでの経緯から教えてもらおう。 「元々は絵が好きで美大進学を希望していたんですが親の意向で普通の大学へ進みました。けど、やっぱリ肌に合わなかった んですぐに中退して演劇の世界へ飛び込んだんです」 
しかし元来が引っ込み思案な性格のため舞台には立てず小道具や大道具などもっぱら裏方を担当。そこで思わぬ才能が発揮されいつしかタレントのコンサートやイベント会場の展示も手がけるように。 その後製作会社の営業などを経て『新宿アートセンター』へ入社を果たす。バイブやローションを中心としたアダルトグッズの通販会社だ。
「私の仕事は発送です。客からオーダーを受けた商品を梱包して送る。実に単調な毎日でしたね」
転機が訪れるのは、入社1年後。社長から鍍金氏に一つの指示が下った。 
「当時ハルミデザインさんが提供していたハニーラブというオナホールが人気になっておリまして。うちの会社でもオリジナルを作ってみようかって。昔舞台美術をやってたことから私に声がかかったんでしよう」ハニーラブとはオナホールの元祖というべき商品で元々はリアルドールに埋め込むための模擬女性器だった。社長の命は、これを人形無しで、片手でも遊べるような新作の開発だった。「悩みましたねぇ。まず、挿入ロの造型をどうするか」
つまりは、ビラビラの陰唇の形である。本物そっくりに造るのが一番と思うが、当時は、当局の取り締まりが厳しくリアルで生々しいものを作れば命取りになりかねない状況だった。
ビラビラやクリトリスのイメージが決まったら、デッサンを描き上げ次にいよいよ原型作成となる。東急ハンズや問屋などから購入した数種類のロウチップを溶かして混ぜ再度、固めてから削っていく地道な作業だ。
「ロウは普通の鍋や炊飯器で溶かします。その際、温度調節のミスで爆発させて、頭から被ったこともあリますし、大量に煙が出て大家さんから苦情が来たこともある。秋刀魚を焼いていたと言い張りましたけど ね。作成のノウハウは、昔、美術で取った杵柄でした。今は、ロウを削る前にパソコンで イメージを作リますが、最初のころは経験と勘だけが頼りでした」
とはいえ、指先だけの感覚では心もとない。そこで鍍金氏は、本物の女性器いわゆるマン拓のフィギュアを型取るが、ここで新たな問題が。
「本物のビラビラに近い表現をすると見た感じが寂しいんです。我々がスケベな陰唇を想像するときって、巨大アワビみたいなイメージになるじやないですか。でも実際そんなに大きな人はいない。で、お客さんがドッチを望むのか。重要な問題でしたね」
とりあえず一作目はインパクトを重視し肉厚なビラビラを選択。出来上がったロウ製の原型オナホールはその後、型屋と呼ばれる職人が銅で型取りその中に合成ゴムを流し込み晴れて製品となる。ポイントはゴムの流し込み段階だ。オナホールの膣の中をどうやって細工するか。単なるツルツルでは、さほどに快楽は高まらない。
「特殊な方法で本物の女性の膣内も型取ってみました。けど、いざフィギュアにすると、何て言うかサラッとしている。おかしいですよね。本物の女性器に指マンしてみると確かにザラザラやウネウネを感じますから。実はあれって、肌と肌が触れ合って初めて反応するらしいんです。男のイチモツを感じさせようとする、人体の神秘なんですね」
かといってリアルにツルツルを表現したのでは刺激が物足りない。男がイメージする名器を演出するにはどうすればよいか。そこで用いられたのが、通称『ソロバン玉』と呼ばれる棒状のツールだ大小の玉がランダムに繋がり、これを型枠の中心に挿して合成ゴムを流し込む。と出来上がった製品の中心の穴は、ィチモツ全体を強弱つけて刺激するヒダヒダな膣となる。恥ずかしながら、オレが一晩で 何回もオナニーしてしまったのも、この絶妙な快楽にKOされてしまったからだ。体感的には次から次へと予想できない波に襲われると言えばいいだろうか。 腰を振っているエロい姉ちゃんといつしか脳内センサーがシンクロし本気でハメている気分になってくるのだ。記念すべき初商品は『ハニーラブスーバーリアル』と名づけられ発売された。かかった経費は約80万円で値段が一個約1万円。なぜ、さほどに高いのか?そこは鍍金氏のこだわりだ。本体の合成ゴムは弾力があり、かつ丈夫な最高級品で、調合の際には人体に無害な食用油を使う。また作業工程で余った端っ切れは必ず廃棄して、絶対に再生利用させない。水準が徹底しているので、コストがかかるのも仕方ないらしい。
値が張っても、品質が良ければ客は買うという確信があったんですが、蓋を開けたら想像以上の売れ行きでした。 
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内