★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
180_20200713073828640.jpg181_20200713073829422.jpg182_202007130738303c1.jpg183_20200713073832818.jpg188_20200713081427f52.jpg189_2020071308142870b.jpg190_20200713081430632.jpg191_20200713081431d17.jpg180_20200713081546778.jpg181_2020071308154736f.jpg182_20200713081549b08.jpg183_202007130815505c2.jpg180_20200713083417ff0.jpg181_20200713083418c40.jpg182_2020071308342057d.jpg183_20200713083421a3f.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
取引先の女性、三井さんである。バレると酒落にならないので詳細は話せないが、先方担当者のアシスタントとだけ言っておこう。初めて会ったのは昨年秋で、第一印象は《歌のおねえさんの茂森あゆみに似てる美人》。実にハキハキ話す好印象の女性で、制服姿がまた色っぽい。制服を着せたままヤッテみたいな、などと妄想したことも一度や二度じゃない。その三井さんが、今年の夏、社内の男性社員と結婚することを担当者を介して知った。あれだけの美人である。さぞや、引く手あまただったろう。話を聞いた翌週、先方を訪れた。あいにく担当者は不在で、三井さんと打合せすることになった。一通り仕事の話が終わった後、俺は切り出した。
「結婚するそうですね。おめでとうございます」
「ありがとうございます。でも、結婚するっていろいろ大変ですよね。河内さんも結婚の先輩として色々相談に乗ってくださいね」社交辞令かもしれないが、悪い気分じゃない。
「うん。何でも相談してよ。こんな俺でも役に立つかもしれないし。会社の電話やメールだと話しにくいだろうし」
そう言うや、携帯を取り出し、赤外線で番号とメールアドレスを交換した。まま、向こうから連絡はないだろうが。と思っていた矢先、彼女から携帯にメールが届いた。
《本当にメールしちゃいました。ごめんなさい。でも、会社の人にはなかなか相談しづらくって。よかったら色々お話聞かせてくださいね》
結婚を前にいろいろ揺れ動く女心があるのかもしれない。でも、まさに結婚をしようとしているこんな美人とセックスできれば、どれだけ興奮できるだろう。
《よろこんで!来週の予定はどうですか?》
〈本当にメールしちゃいました。ごめんなさい・でも、会社の人にはなかなか相談しづらくって。よかったら色々お話間かせてくださいね〉
なかなかの好感触に、ソク〈よろこんで!来週の予定はどうですか?〉と返信したのだが、翌日届いたメールは実に愛想のないものだった。
〈期末で忙しく、なかなかお時間が取れません。申しわけありません〉
もしかしたら、あのメールは単なる社交辞令だったのか?それとも俺の下心を感じ取り、結婚前の大事な時期に迷惑だと感じているのか?いやいや、女を攻めるのにネガティブ思考は厳禁だ。まだまだ可能性がないわけじゃない。あくまでも取引先の社員ということを配慮しつつ、様子を見ながら、あせらずいこうではないか。なんせ、結婚までまだ4カ月以上ある。ここは少し抑え目のメールを返しておこう。〈公私ともに忙しい時期でしょうから無理しないでくださいね。落ち着いたら軽く飯でもいきましょう〉
「でも社内恋愛ってドキドキするやろ?俺経験ないからあこがれるわ」
「確かに、人目を忍んで会ってたときはドキドキして楽しかったですね。会議室でイチャイチャしたりして」
マ、マジ?制服姿の三井さんが会議室で…。最後までヤっちゃったの?
「さすがにそれはやぱいでしよ。でもBまではやったことありますけど」
Bって、どこまでやったんや?あかん、想像したら興奮してきた。一‐河内さんて聞き上手ですよね。やっぱり年上はいいなぁ。なかなかこんな話できる人がいないので今日はほんとにうれしかったです。また会ってお話ししてくださいね」
「そやね。バレないようにね」
「はい。でも、こっそり会うのってドキドキして楽しいですよね」
時間を忘れて話し込んでいるうちに俺に心を開いているし、大人の会話も大丈夫・あと一押し。どう、もう1軒飲みにいく?
「今日はもう帰ります・彼から何回もメール入ってるし」
仕方がない。今日はここまでにしておくか。タクシーを拾いに通りを少し歩く。酔っているからか、俺に身体をすり寄せてくる三井さん。ヤリたいなぁ〜。
タクシー乗り場で「じゃ、また」と握手したが、なかなか彼女は手を離さない。思わずそのまま体を引き寄せてキスをしてしまった・三井さんはまったく拒むことなく少し舌を入れてくる。
「キスしちゃった」彼女が潤んだ目でタクシーに乗り込む。俺の股間は、もうパンパンだった。
やっぱり勢いでヤっちゃうべきだったんじゃないか。キスしたことで、逆に会ってもらえなくなるかもしれない。翌日になってもあれこれ考えているところに、三井さんからメールが届いた。
〈ありがとうございました・お話聞いてもらってうれしかったです。昨日のことは絶対に秘密ですよ〜(笑)〉こりや、まだまだ十分に脈ありそうや。
翌週、三井さんの会社に行く機会があった・今日はおそらく彼女が応対してくれるだろう。というのも、先方の担当者が都合が悪い時に「どうしてもこの時間しか無理です」と強引にアポをとったからだ。思惑通り、会議室にやってきたのは三井さん一人・お互い顔を見合わせてクスクス笑ってしまった。「いけないことしちゃいましたね(笑)」「そやね。でもキスは挨拶みたいなもんやしなぁ」
「ですよね。でも、もうダメですよ(笑)」
思ったよりずっとあっけらかんとしている・彼女にとっても楽しくて刺激的な時間だったんだろう。それにしても、彼女の制服姿はやっぱりイイ!私服姿より断然そそる。この会議室で彼とBまでやったんや・そうかそうか・・・。
「また飯でも行こな。じゃ、再度別れの挨拶ということで」
用件を済ませ、帰るときに俺は冗談っぽく唇を突き出した。あくまでも軽〜い酒落で逃げられるようなアプローチだ。しかし、「あはは、ダメですよ、もう!」
そう言いながら、三井さんは俺に近づき唇を重ねた。バレるとヤバイのでほんの数秒だが、会議室の中でのキスは頭が爆発するほどの興奮だ・会議室プレイ、ハマリそうな予感
取引先のOL、三井さんとは1回目のデートで唇を奪い、その後も彼女の会社の会議室でどきどきキスを楽しむなど、予想以上に順調な滑り出しとなった。GWが終わり、三井さんとの約束の日がやってきた。俺としては、今回一気に落してしまう意気込みで臨みたい。少なくとも彼女も俺との密会を楽しみにしているし、すでにキスもクリア済み・会社と彼に絶対バレないようにしっかりと配慮し、安心を与えたら、あとはうまく彼女の背中を押してやるだけで落せるハズだ。むろん、お酒の力と少しエッチな雰囲気づくりは欠かせない。
時刻通りに登場した三井さんは、スーツ姿で、前回のギャル系ファッションとはまったく異なる雰囲気だった。「今日はお客さんのところに行く予定があったので、こんな格好なんですよ。ちょっと地味でしよ」いやいや、断然こっちのほうが俺好みだし、君に似合っている。サテンっぽいツルッルのブラウスがエッチくさいよ。店に行くまでの道すがら、頭の中にツイストの懐かしい曲「銃爪」が何度もリフレインする。
トゥナイッ、トゥナイッ、今夜こそ、オマエを落としてみせる
店に入り、ビールで乾杯。仕事の話などはそこそこに、今日は早めにエロトークに持ち込みたい。下ネタで盛り上がり、気がつけばエッチな気分に。俺が長年培ってきた飲みの席での口説きテクだ。
「結婚したらセックスレスになるって言いますよね。実際のところどうなんですかね?」
お・いきなりそっちから来たか。いい流れだ。
「私の友達でも何人か結婚してるんですけど、もうほとんどしてないってコもいるんですよ」
今はどうなん?「会ったら必ずしてますね」何でも、平均して週3回は彼と会い、1日2回は必ず愛しあうという。単純計算、月30回ぺース。若いっていいよなぁ。少しモチベーションが下がった俺に、三井さんが言う。
「彼、すごく写真を撮りたがるので困るんです」
え?それ、ハメ振りってこと?
「他人に見せられるのは絶対にイヤですからね。彼は自分で楽しむだけだって言ってるんですけど・それに流出とかしたら酒落にならないし」実際にしたことはあるの?
「1回だけですけどね」
会議室プレイといい、ハメ撮りといい、こんな美人相手にうらやましすぎる!
なんか腹立ってきた。彼女の話では、撮ったモノを見たいとは思わないが、撮られていることに少しは興奮したそうな。つまり、彼に画像を持たれてるのが心配なのか。
「それなら、三井さんのカメラで撮ったらいいやん。撮った画像は彼に渡さずに」
「あ、そっかぁ。なるほどね」
三井さんが何度もうなずく。オマエもハメ振りしたいだけなんかい!
彼女はなかなかのあしらい上手で、結局この日も落せずじまい・はぁ、情けない。いつからこんなアカンタレになってしまったんや。しかし、それから2週間後、彼女から思いも寄らぬメールが届いた。
『明日、外まわりなんですけど、お昼いかがです?』まだまだあきらめるには早いぞ。翌日。三井さんオススメのエスニック料理店の奥のボックス席に腰を落ち着けると、いきなり彼女が切りだしてきた。「お口でするのって、男の人はどうされるのが気持ちいいんですか?」
え?どういうこと?
「河内さんの提案どおり、私ので撮ったんです。携帯電話のムービーなんですけどね」
あ、ハメ撮りのことね。
「メモリーカード使うと結構長い時間撮れるんです。恥ずかしいんですけど、見ます?」
えマジで?見る見る。見せてくれい。彼女がこっそり携帯を差し出す。画面に映るは、彼のイチモッを頬張る三井さんの顔。真っ昼間にこんな。彼氏のイチモッはでかい。悔しいけど俺のとは比べ物にならない大きさだ。三井さんがこんな女だとは思ってもみなかった。正直、ちょっとがっかりしている自分がいる。ヤルノートに彼女の名前が載ったときは、知的でお嬢様っぽい雰囲気が魅力だった。そんな女性を口説き落とし、乱れる姿を見てみたかった。なのに、ヤル前から乱れすぎやろ。
まあ、いいや。いずれにせよ、いい女であることは間違いないし、結婚前の女性とヤルというドキドキ感もある・どエ口なセックスを楽しめるという可能性も高い。というか、もはやヤルしかないやろ・フェラ画像まで見せられたんだし、直球勝負といこう。
「俺、三井さんとヤリたいなぁ。独身最後の思い出にどう?」
「え、今からですか?もうじき会社に戻らないといけないんですけど」
「いやいや、今日やなくていいよ」
「あ、ビックリした。でも、ダメですよ。誰ともしないって決めてるんですから」
「浮気はイヤってこと?」
「うん、そうじゃないんですけど…」彼女によると、大学の頃は合コンやナンパで男に誘われるままヤっちゃったことは何度もあったが、あまりいい思い出がない。そこで、気分に流されずに、この男と絶対にしたいという相手としかセックスしないことに決めたそうだ。結婚が決まったので、他の男とズルズル付き合うのはさすがに無理・かといって行きずりの男とは絶対しないと決めた。だから浮気がイヤな訳ではないが、他の男とはできないという理屈。頭でっかちっていうか、なんか面倒やなあ。「河内さんはとはホントにヤってみたいなって思ってるんですよ。こないだ飲んだときもすっごくしたいなって思ったし。でもダメなんですよ」
「ズルズルがいやなら、1回だけにしたらいいやん」
「でも、ホントにしたいなっていう人だったら、また会ってしたくなるでしょ?1回だけの関係ってなんか寂しいし」「アホやなぁ。1回だけやからよけい楽しいってこともあるのに・最初で最後だと
思ったら、すごく燃え上がるやろ」なんとかヤリたいだけの誰弁だ。
「…一期一会ってやつですか」「そうそう、それ、一期一会!」
三井さんはしばらく黙った後、口を開いた。
「今日はもう時間ないし、会社に戻ります。今晩、ゆっくりお風呂にでも入りながらどうするか考えてみよ」考えて結論出すようなことではないと思うんやけどなあ。
「今日はどうもありがとうございました。河内さんと話してたら、やっぱり勉強になるわ。一期一会が無理でもまた会ってくださいねっ」
別れ際の言葉から察するに、どうやら無理っぽいかもしれない。まあ、いい。飲みにいった時、彼女がヤル気満々だったとわかっただけでも勇気が出てくる。会うたびに「ヤリたい」って言い続けてやる。翌日、三井さんから短いメールが届いた。
〈一期一会、よろしくお願いします▼〉
よつしや!俺には『サクラサク』の合格メールに見えるぞ!と、続いてもう一通メールが。
〈今、少しお話してもいいですか?〉とある。なんやろ。電話をかけると、三井さんは、はにかんだような声で言う。
「やっぱり河内さんとしなかったら後悔すると思ったんです」「え、なんで?」
「だって、河内さん、すごくエッチうまそうなんやもん。なんかうまく言えないんですけど、めくるめく経験ができそうっていうか」
メクルメク?どうやら、彼女の頭の中では勝手に床上手の俺のイメージが大きくなって、暴走しているようだ。とりあえず、来週は生理中ということなので、再来週に会う約束をして電話を切った。
三井さんとヤレるのはうれしいが、何だかプレッシャーを感じてきたぞ。すごくうまそう、めくるめく…。正直、俺のセックスは並だ・アダム徳永や加藤鷹みたいな特別なテクはないし、タフだというわけでもない。当然ながら、今まで女に「こんなの初めて」とか「死んじゃう」とか言われたことなど1回もない。ヤった後、三井さんに「ふん、河内さんって普通だったんですね」とか言われたらつらいなあ。チャンスは1回こっきりだし。三井さんはどんなことしたら、めくるめぐんだろう・セックスはどんな噌好なんだ?SなのかMなのか?あんなビデオ見せるくらいだから羞恥プレイは好きなんだろうな。オモチャは使ったことあるんやろか。なまじ、会うまで2週間も空いているため、色々と考えすぎてしまう。しかも、俺、何ヶ月も外でエッチしてない。今、三井さんとしたら間違いなく、すぐにイッてしまいそうや。早漏防止の極厚コンドームでも買っておこうか。
あかん、どんどんネガティブな考え方になっている。こんな状態で彼女と一戦交えてもうまくいくはずがない。1週間、考え悩みぬいた結果、だんだんアホらしくなってきた。もういい・来た球にバットを振るだけや。それでいいやないか。浮気しない理由やめくるめくセックスの妄想から察するに、三井さんは頭でっかちで、あれこれ考えすぎる女性なんだろう。俺が彼女に合わせて頭でっかちになってもうまくいくはずがない。いよいよ、一期一会のセックスの日がやってきた。今日の三井さんは、胸の大きく開いたちょっとフリフリでセクシーなワンピースにナマ足・化粧もいつもより濃い目で、今日に賭ける意気込みを感じさせる・身体中にラメスプレーを吹きかけているんだろうか、胸元や足首がキラキラ光っている。オマエは叶姉妹か!彼女があまり遅く帰れない事情もあるので、寿司屋で軽く腹ごしらえした後、すぐにラブホに向かう。「ああ、なんか緊張しますね」
ことばにウソはないようで、歩くスピードがどんどん速くなっていく。ホテルのエレベータでそっと抱きしめる。三井さん、少し震えている。俺の方は武者震い。やっぱりカワイイなぁ。ここまでこぎつけられてホンマによかった。部屋にはいり、言葉も交わさずキス。血圧がぐんぐん上昇し、頭の中は真っ白だ。そのままベッドに倒れ込み、ワンピースの胸元とブラジャーをグイと下げた。形のいいオッパイがプリンと顔を出す。ラメでピカピカのバストにむしやぶりつきながら、ワンピースの裾を捲し上げると、赤と黒のレースのエッチくさいパンティが現れた。エロっ!「ああん、恥ずかしい」
思わず顔を埋める俺に、三井さんがカワイイ声を出す。パンティの股の部分をつまんで横にずらすと、彼女はすでにヌメヌメと光るほど濡れていた。パンティの裏側にもべったりと愛液がついている。指と舌でクリトリスを刺激する。「ハァ、ハァッ」と高い声を上げて腰をびくつかせる三井さん。あかん、もうガマンできん。パンティを脱がさずにそのままずらして挿入・俺もまだネクタイをつけたままだ。三井さんの顔、上半身にキスしまくりながら、腰を振る。あまりに興奮しているせいか、ペニスは超ギンギンだ。経験上、こういうときは早くイク心配はない。二人とも汗だくで、彼女の顔や胸に俺の汗がポタポタと滴り落ちる。バックに体位を変え、後ろから突きまくった後、再び正常位にもどり、キスしながら二人でフィニッシュ・こんな獣みたいなセックスは久しぶりだ。
ベッドの上でいちゃついているうちに、ムクムクと元気になってきた。シャワーも浴びずに、でも今度は服を脱いで2回戦に突入。携帯ムービーですでに知っていた三井さんのフェラを実際に体感する。やっぱ、美人のフエラはエ口いなぁ。唾液で湿らせ手コキしながら、「緩急ですよね」と三井さん。うん、気持ちいいよ・そのまま、普通にセックスして2回戦終了・俺はすごく興奮したし、気持ちよかったが、彼女はどうだったんだろうか?めくるめく、は無かったやろ?「想像してたのとは全然違ったけど、楽しかったですよ。ホントに」一期一会と言わず、結婚後もまたお手合わせさせていただきたいものだ。
関連記事

本日の人気動画情報

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ