★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
179_202007130639150c8.jpg180_202007130639160f7.jpg181_20200713063918fc5.jpg182_202007130639190ea.jpg183_2020071306392121c.jpg184_20200713063922cdc.jpg185_202007130639248ea.jpg186_202007130639253bf.jpg187_20200713063914bb1.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
今年7月、プライベートで出会いカフェに遊びに行った。平日の正午近く、場所は東京・渋谷。これまでも池袋、新宿、上野などのカフェで遊んだことはあるが、この店は初めてだった。恥ずかしながら目的はずばりエンコーだ。3万円程度でやらせてくれる子がいればじっくり堪能してやろうと鼻の下を伸ばしいた。会員登録を済ませ、マジックミラー越に女性スペースを眺める。もっともワクワクする瞬間だ。ソファには5人の女性が座っていた。
ギャル2人組、幸薄そうな女、胸の谷間をあらわにしたいにもなフーゾク嬢風情。経験上、この辺人種はエンコーOKの可能性大だが、悲いかなこちらの食指が動かない。しかし中に1人だけ気になる.がいた小倉優子ばりのロリ顔に、ロングヘア、キャミソール。そして遠目からでもわかるすき通るような白い肌。彼女の持つ清純なオーラは異彩を放っていた。
店員の説明によれば、彼女ユキ(仮名20才)は、つい先ほど会員登録したばかりの『新規女性』らしい。確かに、壁に貼られたプロフイールカードの会員番号は最新ナンバーだ。まだ時間帯が早いこともあって、男性客は俺を除いて2人のみ。しかも何をのんびりしてるのか、2人ともパソコンに夢中だ。すぐさまトークを申し込んだ。会話をし、互いに気が合えば外出できるシステムだ(どこのカフェも共通)。奥の半個室でユキと対面する。近くで見てもやはりカワイイ。このコなら3万、いや4万払ってもいい。「ここ来るの初めてなんだって?」「はい、そうなんです」
「もう慣れた?」「いえ、ぜんぜん・・・…」
さすがにこの美貌、俺と話す前にも複数の男性からトークの申し込みは受けたのだが、話が噛み合わず外出には至らなかったそうだ。なるほど、パソコンに夢中の2人もすでに話し終えた後だったのかもしれない。
「ふ-ん。で、ユキちゃんは今日はどんな目的で来たの?」「特に考えてないですけど……」
まるで何でもOKのような言い草だが、それならこれまでしゃべった男と話が合わないはずがない。明確な目的はなくとも、やはり出来ること出来ないことの基準はあるはずだ。ならばストレートに尋ねてしまおう。「そっか。実は俺は割り切り希望なんだよね。3万ぐらいでどうかな?」
悩む素振りを見せるユキ。
「そうですねえ。優しそうな方なので別にいいと思うんですけど…。ただ、今すぐここでは決められないです」喫茶店などでゆっくり会話して俺という人物を知ってからなら、ホテル行きもやぶさかではないとの意味らしい。カフェ経験の浅い男なら、飛び上がって喜ぶことだろう。うんうん、そりゃそうだよね、いくら金で抱かれるにしても相手のことを知ってからでなきゃね。
しかし、かつて何十回とカフェ通いしてきた俺には、ユキの言葉に隠された真の意味がわかりすぎるほどわかってしまった。彼女、エンコーなどする気はさらさらない。ただ一緒に外出したいだけなのだ。ここで出会いカフェ特有のお金の流れについて解説しておく。カフェに来ている女性は、ただ店にいるだけでは一銭にもならない。彼女らにお金が入ってくるのは、男性と一緒に外出したときのみ。しかも店からではなく、当の男性本人からだ。名目は『心付け』で、金額は3千円から多いときで1万円。平均相場は5千円だ(トークルームでの話し合いで決める)
心付けは、一緒に店を出た時点で発生する。喫茶店に行こうがカラオケに行こうが、とにかくデートするだけで、我々男はお小遣いをあげなければならない。このシステムのせいで、カフェにはエンコー女のみでなく、とにかく一緒に外出して数千円の心付けだけをもらおうと考える女が多数生息する。彼女らの手口は、いかにもヤレそうな言葉で誘い出すだけ.いったん外出してしまえばなんとかゴマかして逃げ切ればいい。ユキの暖昧な言い方に俺はその魂胆を感じ取った。
「そっか、ゆっくりしてる時間ないからまた今度にしよっか」
「はい……」俺とのツーショットタイムが終わった直後、新たに来店した眼鏡サラリーマンがユキにトークを申し込んだ。小汚いギャルが何時間も1人きりで時間をつぶしているのに対し、可愛い子にはどんどん申し込みが入る。カフェではよくある光景だ。笑みを浮かべて男性ルームに戻ってきたリーマンは、そのままフロントへ直行した。「一緒に(外へ)出ます」
店員が男から連れ出し料金5千円を徴収する。女の子に直接渡す心付けとは別の店に対する連れ出し料だ。2人は店を出て行った。おっさんヤラれたな、と俺は確信した。
あのスケベ顔からしてエンコー目的だったに違いない。ユキは例の言い回しでおっさんを手玉に取り、うまくかわすつもりなのだろう。案の定、1時間もしないうちに彼女は店に戻ってきた。ソファに座って、退屈そうにファッション誌をぱらぱらめくり始める。すると今度は学生風の男から申し込みが入った.ずいぶんな人気者である。「外出します」
2人連続だ。先からの流れを見ている俺からすれば、この学生の展開もはっきり読める。1時間後、予想どおりユキは店に戻ってきた。
ユキのような女は出会いカフェ業界で『回転嬢』と呼ばれる。外出してはまた店に戻り、また外出しては戻りと、ぐるぐる『回転』を繰り返すことから付いた名称だ。前述のように、彼女らは外出時に相手から数千円のお小遣いがもらえるため何度か回転すればそれだけでも十分な稼ぎになる。売春もせず、指1本触らせもせそれでも普通のバイトよりも稼げるため、どこの店にも回転嬢は存在する。
ユキはかなりやり手の回転嬢なのだろう。この店では新規登録したばかりなのかもしれないが、他の店で同じ手口を何度も使ってきたはずだ。でなければあの期待を抱かせる言い回しは出てくるものではない。詳しい手法を聞いてみようと、俺は彼女に2度目の申し込みをした。基本、どの店も1日に同じ子を2度指名するのはルール違反だが店員もちゃんと把握はしていない。
「さっきはどうも」「あ、どうも」
「やっぱ普通に喫茶店でも行かない?心付け5千円あげるし」「ホントですか?」
「うん、話でもしようよ」「はい、お願いします」
彼女とファミレスに入り、俺は遠回しに真意を告げた。出会いカフェがどうやって稼いでいるか取材させてほしいと。謝礼に釣られ、ユキは面白いようにしゃべり始めた。やはり彼女、先ほどの店こそ
新規登録だったものの、これまでずっと都内あちこちの店舗に出入りしては回転を繰り返してきたらしい。「10軒ぐらいは登録してますよ」「そんなに?マジで?」
「はい、だって同じ店だと顔を覚えられちゃうから、なかなか申し込みが入らないじゃないですか。一回行った店は10日くらい間隔空けないと。同じ曜日にも行かないようにしてるし」
さすがによくわかってらっしやる。常連客にしてみれば、いつも顔を見るような女はありがたみがなく、つい敬遠してしまうもの。やはり心が動くのは、滅多に顔を見せないレア女性か、登録したての新規女性だ。にしても曜日を変えれば、客の顔ぶれも変わって重宝されやすいことまで把握しているとは。「ですよね。新規って休む暇ないくらいトーク入りますよね」
現に本日、新規の彼女には面白いように申し込みが入っていた。外出したのもすでに俺で3度目だ。わかってはいたが真っ直ぐに聞いてみた。
「俺もだけど、割り切り目的の男って多くない?そういうときどうしてんの?やっぱ期待を持たせつつヤラせないみたいな?」
バレましたか、といった笑顔を浮かべて彼女は言う。
「エッチなこと匂わせないと、なかなか出てくれないですもんね」
ユキいわく、2年ほど前までは最初から素直に「お茶や食事しかできません」と告げても、外出してくれる男は大勢いたという。彼女ほどの美貌なら、恋人気分でいられるだけで満足するオヤジがいるのもうなずける。しかしエンコー娘の存在が増えるに従い、客もより一層の刺激を求め始めた。今では健全なデートで外出できるのは20人に1人いるかどうかだそうな。
「だから、何でもできますよってフリを見せて、でもはっきり約束はしないんです」
やはり俺の推理したまんまである。エンコーできるかのような素振りでとりあえずは外出し、お茶をしながら「やっぱり抵抗があるので」とお断り。強く押せない男は渋々あきらめるしかない。
「でも相手は選んでます。遊び人っぽい人とか怖そうな人とは出ないですね。オタクっぽいオジサンが一番いい。しつこくないし」
最近、繁華街で「くたびれたオッサン」と「若いネーチャン」の不自然なカップルを頻繁に見るのは、間違いなく出会いカフェの影響だろう。同じような手口でまんまと編されたことがある。そのときの女は、割り切りを提案する俺に対し、「酔った勢いがないと出来ないかも」とのたまい、居酒屋でさんざん飲みまくった挙句、「今日はなんだか酔えませんでした」と立ち去ったのだ。
アホなのは男のほうだ。重々承知している。でもねユキちゃん、そういうのって男はツライんだよ。「騙してる意識はないですよ。だって私、最初から言ってますもん。まだ決められないって」
冒頭に登場した彼女の言い回しをもう一度再生してみよう。
『そうですねえ。優しそうな方なので別にいいと思うんですけど:ただ、今すぐここでは決められないです』
決められない、と確かに彼女は告げている。エンコーするかどうかは決められない。つまり「しない」と決める可能性もあるということだ。
「でしよ?といっても最初からする気はないですけど(笑)」大学生の彼女は現在、アルバイトをしていない。以前はキャバで働いたこともあるそうだが、カフェで回転したほうが効率がいいと気づき、以来ずっとこんなことを繰り返しているそうだ。
手取りは多い日で3万円を超え、さらにウマクいけば昼食夕食までダダで食べられるのだからマトモなバイトなどやってられないのもよくわかる。ただ言うまでもないが、彼女が回転嬢としてやっていけるのは、その美貌のおかげだ。ちょっと他にはいないロリフェイスだからこそ、男は可能性に期待し、散財してしまうのだ。試しに、その辺のカフェを覗いてみればわかる。さして可愛くもない女が「お茶かカラオケしか無理」と言い放ち、1時間、2時間、下手すりや3時間以上もずっと漫画やパソコンで時間をつぶし、結局誰とも外出できずに1人で出て行く光景を目にすることだろう。回転嬢を目指し、しかし一向に回転できない女は腐るほどいるのだ。
「でもさ、いっそのことエンコーしちゃったほうが楽だとは思わない?1回で3万ぐらいもらえるじゃん」「ムリムリ、絶対ムリ。割り切りとかほんとありえないですから。でも新宿のお店に行ったとき嘘ついて逃げたことありますよ」
その日、どうしてもケータイ代を稼ぎたかった彼女は、3万円で割り切りする約束で外出した。相手はオタクがそのまま大人になったような冴えないオヤジだ。店を出た時点でまず心付けの5千円(エンコー代とは別扱い)をもらい、その足で大久保のホテル街へ。歩きながら彼女は、もじもじ演技をかました。
「トイレ行っていいですか」男を待たせたまま、近くのパチスロ店へ・裏口から逃げ去るのは実に容易だった。オヤジの不覚と言える。純然たるエンコーならば、お金はホテルに入ってから渡すぐらいの周到さは持ち合わせていたろうが、カフェ経由のため、心付けを先に渡してしまうことに疑いを挟めなかったのだろう。後の対応も非常に微妙なところだ。仮に店にクレームを入れたところで、店は男女間の出来事に関しては自由恋愛のタテマエをとっているため、店外でのトラブルには介入してこないはず。せいぜい女性の登録を抹消する程度と思われる。いや、それすらしないかもしれない。
「もうそのお店は行ってません。そりゃそうですよ、怖いですもん」
ビビリつつもどこかのほほんとした彼女。幸い、そのオヤジとは他の店でも再会していないそうだが、この先どうなることやら。最悪、5千円ぐらい返金すればいいとでも思っているのだろうか。
「ねえ、もう少し稼ぎたいんで話の続きは後でいいですか?番号教えときますんで」
素晴らしい労働意欲である。なんでもさっきの店はさすがに回転しすぎたので、すでに会員登録済みの他の店に行きたいそうな。
「わかった。じゃあ俺も一緒に行って様子を見てるよ」2人して先とは別の店へ・彼女は慣れた足取りで女性スペースに向かい、俺は会員登録を行う。と、途端に男性スペースが騒騒しくなった。
「はい、ただいま来られた女性ですやどうぞ」
ボードにユキのプロフィールが貼りだされ、店内にいた男性陣5人ほどがわらわらと群がる。すぐに1人のみすぼらしい若者が手を上げた。「はい、申し込みありがとうございます」
店員に連れられ、若者はツーショットルームへ。不潔でオタクっぽい男。ユキのターゲットそのものだ。まもなく2人は外出した。すかさず尾行開始だ。気づいたユキは苦笑いしているが、もちろん若者は何もわかっちゃいない。2人は近くの喫茶店へ・俺は隣の席に陣取り、やり取りに耳を傾ける。
何してるの、うんそうだね、へえやっぱり、学校はどこ、そうなんだ、よく来るの、夏休みは………。断片的に聞こえてくる会話に、さしたる内容はない。15分も経たずに、ユキが突然席を立った.悪びれる様子もなく店を出て、すたすたとカフェの方へ戻っていく。残された男はしばらく背中を見送った後、反対側へと向かった。「ユキちや-ん!」路上で呼び止める。
「さっきのはどういう男?」「なんかうだうだ言ってるから帰ってきた」
「うだうだ?」「ホテル行きたいとか」
お茶だけの約束で外出したのに、男がエロ会話を始めたので、わざと大げさに怒って席を立ったのだという。この(時間短縮のために)怒って帰る作戦は「けっこう使いますよ」と彼女。他にも携帯を取り出し「用事が入った」と逃げるというべタな方法も多用しているらしい。
仮に直後に店で目撃されても「用事は入ったけどすぐ終わったと言い訳すれば済む」から、気にならない。まったく、顔は可愛いが性格はとんでもない。ユキが再び店に戻ったのが夕方5時ごろ。男女ともに10人ほどで盛況だ。しかしどっこい、ユキには、トーク申し込みは入るが外出できない展開が続いた。この時間帯の客は常連が多いのか、ヤレる確約のない女と外出することの危険を知っているようだ。
関連記事

本日の人気動画情報

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ