★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
16_2020070908311869a.jpg17_2020070908311996c.jpg18_20200709083121a2f.jpg19_20200709083122483.jpg20_20200709083124297.jpg21_202007090831253ed.jpg22_20200709083127664.jpg23_202007090831138b8.jpg24_20200709083115b93.jpg25_20200709083116cce.jpg
最近、パパ活という言葉をよく目にするようなった。
お金に困った女の子たちが、お金に余裕のある男たち(パパ)とデートやセックスをしてお金を受け取る──。要するに援交なのだが、パパ活というライトな言葉のおかげで、売春行為が普通の女の子たちにも身近な存在になったわけだ。テレビドラマにまでなったぐらいなので、このワードはかなり浸透していると思われる。ならば俺だってパパになって上玉の素人とやりまくってみたいわけだが、サイトで探すのは面倒くさい。
そこで浮かんだのが、裏モノではお馴染みのお手紙作戦である。
美人店員たちに「パパ活しませんか?」と書いた手紙を配りまくるのだ。ターゲットは薄給職業の代表ともいえるアパレル店員さんがいいだろう。
右が作成した手紙の全文だ。パパ活についての具体的な説明はせず、本名と連絡先を書くだけに留めた。反応があった時点で、金額などは相談するとしよう。手紙を撒いた翌日、1人の店員さんからメッセージが届いた。
女 あの…パパ活って何でしょうか…
かなり短いメールだ。どの店員さんだろう。
パパ活の意味がわからないようだけど、本当に知らないのか? こちらの出方を伺ってるだけかも。パパ メールありがとうございます(^^) いきなりあんなお手紙渡しちゃってすみません。パパ活ですが、女性に金銭的な援助をしてあげる男のことをパパって呼ぶみたいです。そういう援助をさせてもらいたいと思ってまして^^;よかったら一度、軽くお茶でもしながら詳しいお話させてもらえませんか? 
残念ながら、その後、彼女からの返信は途絶えてしまった。何がまずかったんだろうか。
◀2人目
がっくり落ち込んでいたところ、その2日後、もう1人の店員さんからメールが届いた。
女 先日はお手紙ありがとうございました。○○○(店名)の新田です。返信しようか迷ったんですが…棚網さん悪い人じゃなさそうだったのでメールしてみました。あの、パパ活というのは、どうい
う意味ですか?
名前と店名を書いてくれているが、どの店の子なのかさっぱりわからない。比較的好意的な反応に見えるので、慎重に進めていこう。彼女もパパ活の意味がわかってないようだが、おそらくとぼけてい
るだけだろう。
パパ 新田さん、ご連絡ありがとうございます! 先日はいきなり失礼なお手紙を渡してしまってす
みません…。パパ活ですが、女性に金銭的な援助をしてあげる男のことをパパって呼ぶみたいで、よかったら、新田さんにそういう援助をさせてもらえないかなと思ってまして^^; もしよければ、一度お茶でもしながら詳しいお話させてもらえませんか? ホントに悪い人間じゃないので、よろしくお願いします!
女 パパ活ってやっぱりそういう意味なんですね! 噂には聞いてましたけど(笑)でもどうして私
なんですか?
やはり意味は知っていたみたいだ。ということは、お金をもらえるかもという期待から連絡をくれたんだろう。うまくおびき出さねば。
パパ それは、もちろん新田さんが超絶タイプだったからです! 僕のような男が新田さんみたいな
方とお近づきになるにはこの方法しかないと思ったので、頑張ってお手紙書いてみました
女 そうだったんですねー なんだかすみません。棚網さん、こういうこと、よくされてるんですか?これはどういう質問だ? パパ活に慣れてる男を演じるべきなのか。その方がお金持ちっぽくてウケるかな。…いや、やめておこう。
パパ いえいえ、こんなことしたのは初めてですよ! どうにかお近づきになりたくて、ひねり出した作戦なので(笑)
女 そうだったんですねー。でも…やっぱりお会いするのは、ちょっと怖いです… すみませんm(_ _)m
パパ 怖いですか…。そうですよね、でも援助をしてあげたいという気持ちがあるのは本当のことな
ので、少しでいいので、ぜひお話だけでもさせもらえませんか?
女 そうですね… じゃ、お茶ぐらいなら…
どうにか会ってくれることになった。その後、何度かのメールのやり取りを経て、待ち合わせの日程と場所が決まった。
◀対面こんな上玉の子とパパ活できるのか
8月の平日、午後4時。待ち合わせの某ターミナル駅で彼女の到着を待っていると、背後から声を掛けられた。「棚網さん、ですか?」「あ、どうも! こんにちは」
眼の前に現れたのは、モデル体型の美人だった。思い出した。9番の店員さんだ。すごいぞ、こんな上玉の子とパパ活できるのか。まあ、まだセックスできると決まったわけじゃないけど。
「新田さん、お腹減ってます? 
ちょっと時間早いけど、軽く飲みながらご飯でも食べませんか?」
「あ、ワタシ、お茶だけでいいです。さっき食べたばっかりでお腹減ってないんで」
手紙ナンパの連載のように、酒を飲ませて判断力を鈍らせようと思ってたのに。やっぱり警戒されてるのかな。当たり前か。
「じゃカラオケボックスでもいいですか? 喫茶店とかだと、ちょっと人に話を聞かれると恥ずかしいし」「あ〜、そうですね…。大丈夫ですよ」
というわけで、駅前のカラオケに行くことに。お酒もあるし、個室だし、うまくやればエロい展開に持ち込めるかもしれない。
アパレルの給料が安いってのは本当なんだな
カラオケに入り、俺がチューハイ、かたくなにお酒は飲めないと言い張る彼女がウーロン茶を頼んで乾杯だ。
いきなりお金の話題を持ち出すのもヤラしいので、少しずつ彼女の経済事情を中心に探っていくことにしよう。パパ活目的の男に会いに来たってことは、ぜったいにお金に困ってるはずだ。
「新田さん、今日は仕事はお休みなの?」
「はい。仕事の日はけっこう帰りが遅くなっちゃうんで」
「よくアパレルのお仕事って大変だって聞くけど」
「ああ、まあそうですね。仕事自体は好きだし楽しいんですけど」「やっぱり、お給料あんまりもら
えないのかな」「そうですねー、ほかの仕事に比べたら低いと思います」
やっぱりアパレルの給料が安いってのは本当なんだな。あらためて彼女のプロフィールを確認したところ、東京出身の24才で、現在実家暮らしとのこと。
実家に暮らしてるならそんなにお金に困ることはないんじゃないか?
「そうでもないですよ。一応、お家にお金は入れてますし、たぶん聞いたらビックリするぐらいのお給料しかもらってないんで」やっぱりアパレルの子をターゲットに選んだのは正解だったようだな。お金がないと色々困るもんね。うんうんとうなずきながらも彼女のスカートからのぞく生脚を見て、すでに俺の股間は半勃ち状態になっている。いいですね。こんなにピュアな超美人ちゃんと、こうして2人きりで個室にいるだけでも贅沢な気分ですよ。
「デートとか食事とかだけなのかなと」
ではそろそろ本題に入らせていただきましょう。
「それで、パパ活のお話なんですが」「…あ、はい」
新田さんがかしこまって座り直した。なんだかこっちも緊張してきましたよ。
「パパ活って言葉は知ってますよね?」
「はい、テレビとかで見たような気がします」
「どういう意味だと思ってました?」
「え〜、なんか、デートとか食事とかをして、お小遣いをもらう、みたいな感じですか?」
「テレビでそう言ってました?」
「はい、ワイドショーみたいなので。女子大生の間で大ブーム、みたいな感じで」
新田さん、ときおり伏し目がちになり、テーブルに置いたスマホを気にしている。なんだか帰りたそうな雰囲気だ。慎重に進めないと。
「なるほど。そのデートっていうのは、ホテルに行くデートも含まれてるんですよね」
「いえ、カラダの関係は持たないって」
「えっ?じゃあ、デートしたりご飯食べたりするだけでお小遣いもらえます、みたいな感じで言ってたんですか?」「そうですね」「なるほど…」
そんなバカな話があるか。飯だけでお金なんてやるわけないだろうが。
「でも、ご飯とかのデートだけでお金もらえるって、不思議だと思いませんでした?」
「あ〜でもなんか、そう言ってました。そういう関係じゃないから流行ってるのかも、みたいな感じで」なんなんだ、そのテレビって。そんなデマを勝手に流すなよ。
「それ、ちょっと事実とは違うと思いますけどね」「え…?」
「ひょっとしたら、中にはそういうことに興味がない人もいるしれないですけど、それは本当にごくごく一部の話で、ほとんどのパパ活が、ホテルに行ってると思いますよ。パパっていうのは愛人のことなんで」「え〜! そうなんですか?」
当たり前だろ! そんな普通のデートなんかで金払えるわけないだろうが。
「じゃ、新田さんもデートするだけでお小遣いもらえると思ってたんですかね?」
「まあ、はい。デートとか食事とかだけなのかなと思ってましたね」
 うーん、これは困ったな。
「誰が相手でもエッチはちょっと…」
なんとなく気まずい雰囲気になってしまった。新田さん、めっちゃ頻繁にスマホチェックしてるし。
もうこうなったら、お金をチラつかせるしかないな。
「わかりました。じゃあ、もしですよ、もし僕が今から一緒にホテルに行こうって誘ったらどう思います?」「いやいやいや」
ものすごい勢いで顔を横に振っている。「とりあえず2万円払いますよ。いますぐに」「……」
「僕じゃダメですか?」「…いや、そういうことじゃなくて…。誰が相手でもエッチはちょっと…」2万じゃ無理か。でもそれ以上は出したくないな。でも彼女2万という言葉を聞いた直後、ちょっとだけ間があったな。セックスはしないと言ってるけど、お金が欲しいのは間違いないはずだ。よし、とりあえず目の前に現金を出してみるか。実際にお金を見れば気持ちも揺らぐだろう。
バッグの中から財布を取り出し、とりあえず1万円をテーブルに置いてみた。
「じゃ、とりあえず、ホテルに行くのは置いといて、口でしてくれませんか? ほんのちょこっとで
いいので。5分でいいです。きっちり時計で計ってくれていいです」
「……」「たった5分で1万円ですよ? そんな率のいいバイトないですよ?」
「……」「よく考えてみてください。5分後にはこの1万円を差し上げますから。ね、たった5分。短いでしょ?」「まあ…そうですけど…」
新田さんが、テーブルの上の1万円をチラっと見た。やっぱりお金は欲しいみたいだ。そうだよ、5分で1万なんて仕事、どこにもないでしょ? よし、そろそろ行っちゃおうかな。
「ほら、ね、時間もったいないし、お願いします」
1万円札を強引に彼女の手に握らせ、その場に立ち上がった。
「え〜、ちょっとちょっと」
すばやくズボンとパンツをずりさげる。
「ね、5分だけ。お願いします!」「……え〜…、じゃあ、ほんとに5分計りますよ?」
よっしゃ〜〜!!決まり!! 彼女が手元のスマホで時間を確認し、俺の前にしゃがみ込み、ゆっくりとチンポを口の中へ……パクッ!!はい、ありがとうございま〜す!「あ〜〜」ヌメヌメと舐められてるうちに、フニャチンがあっという間にガチガチに変身した。
「あの、もうちょい上を向いてもらっていい?」「……」
ああ、なんてエロいんでしょう。お店で働いてた美人ちゃんが、会ったその日のうちにチンポをしゃ
ぶってくれるなんて……感動です!最初はモグモグするだけだった舌の使い方が徐々に大きくなってきた。ぎこちないけど手もシコシコ使ってくれてる。これはちゃんとした気持ちのいいフェラですよ!さあ、時間はわずか5分しかないので、集中しなければ。でもいま射精したらセックスする気力はなくなりそうだな。どうしよう。
「めっちゃ気持ちいいです。ねえ、あと1万円追加で払うんで、ちょこっとだけ入れさせてもらえませんか? ゴムも持ってるし」
と、新田さん、ヌポヌポくわえていた口をチュポッっと離し、「無理っ!」と一喝、またチンポをパクっとくわえる。ああ、そろそろイキそうになってきた。新田さんは一心不乱に顔を前後に振っている。その苦しそうな表情がいい! 何度も言うけど、この子、美人店員さんだから! エロい! ああ、出そう!出る出る! 出すぞ! 綺麗なお顔を眺めながら、ドクドクドク〜ッと口の中に精子が注がれていく。うあ〜気持ちいい!
すぐさまチュポッと口を離し、ティッシュに精子を吐き出した新田さん、なぜかちょこっと笑顔だ。
「フフ。ほんとに5分きっかりでしたね」
いや〜、最高です。これで1万なら十分すぎるほど満足ですよ。1万円を財布に仕舞い込んだ彼
女に、「一瞬だけおっぱい見せて」と頼んでみたら、なんと本当に一瞬だけBカップの微乳を見せてくれた。乳首は意外と大きめだった。パパ活手紙、配って損はないですよ!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ