★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
11_20200616073643d0d.jpg22_20200616073644fbd.jpg33_20200616073646262.jpg44_202006160736485ac.jpg55_20200616073649a31.jpg66_2020061607365011a.jpg0188_201908311654285b4.jpg0189_201908311654296b5.jpg0190_201908311654302c3.jpg0191_2019083116543276f.jpg0192_20190831165434496.jpg0193_2019083116543541c.jpg
待ち合わせ場所に現れた小峰さんは、初めて手紙を渡したときの印象よりも痩せて見えた。 
「せっかくのお休みにありがとうございます」「あ、いえいえ」「小峰さん、こんにちは」 
「あっ、どうも」 少しお腹も空いたというので近くの喫茶店に入った。
「休みの日はいつも何してるの?」
「友達と休みが合わないから、1人で家にいることが多いですよ。」
実家暮らしでも外泊は認められているらしい。助かった。
「下の名前はなんて言うの」「さなえです」「じや、さなえちやんって呼んでいい?」「はぃ」
仕事や趣味、お互いの兄弟や両親、友人の話。まるで初々しい高校生カップルのような、穏やかで健全なトークがしばらく続く。
「そぅいえば、なんであんな場所に来てたんですか?」
女性しか入らないような小さな雑貨屋になぜ来たのか、当然の疑問である。
「え?ああ、仕事の取引先があるから、たまに1 人で歩くんだよね」
「そうなんだ」
一瞬ヒヤリとしたが、ときおりクスクスと笑顔を向ける彼女の表情を見る限り、疑っている様子はない。ではこのへんで過去の男性経験について軽く尋ねてみよう。
「前の彼氏さんとはいつ別れたの?」
「半年前。遠距離になっちゃったんで」
「なるほど、オレも経験あるけど難しいょね」
適当に話を合わせながら、どうエロい方向に持っていこうかと案じたが、彼女、お酒がまったく飲めないとのことなので策がない。とりあえず漫画喫茶にでも連れ込んでみるか。
「漫喫でDVDでも観る?」
「あ、いいですね」
近くの漫画喫茶に入りペアシ卜を選択。彼女が観たいと言ったドラマのDVDを借りて入る。
「もう映画観ちゃう?」
「うん、観よっか」
小さなマットレスの上で小声で会話していると、自然と距離が縮まっていく。いつでもキスできそうだ。2人でシートに横になったまましばらく映画に集中していたが、後半、話がダレてきたところで彼女がウトウトしはじめた。チヤンス。ゆっくりと背中に手を回しつつ、うなじあたりに顔をつけてみた。一瞬、ピクリと身体を震わせたが、拒む様子はない。そのまま頰にキスして抱き寄せると、彼女はうっすら目を開いてこちらの背中に手を回してきた。「私のこと好き?」「うん、好きだょ」
その答えを聞いてから彼女は顔を近づけてきた。長いディープキス。ゆっくりと背中や尻のあたりをまさぐりつつ、服の上から胸もモミモミ。拒む気配はない。ならばとショートパンツの上から股間付近に手を伸ばしたところでストップがかかった。「まだダメだよ…」
ここが境界線らしい。さすがに初日のデート、この場所ではムリだと思ったけど。それでも再びキスが始まれば、彼女は息を荒らげて脚を絡めてくる。興奮しているのは確かだ。
このままホテルに場所を移したいところだ。
「ここだと気になるからホテル行こうか」「ううん、まだダメ」「どうしても?」「うん…」
どう押しても彼女は折れず、この日は満喫でのいちゃつきで終了した。次はなんとかなるだろう。
「ちゃんとした言葉」が欲しいらしい。このままなあなあで身体の関係に持ち込もうと思っていたのに面倒なことになってしまった。好きだと伝えさえすればお茶を濁せると思ったが、それでは満足できないらしい。たった一回デートしただけなのにお付き合いしたいとは、あまりに気が早くないか。手紙を渡したオレが言うのもへンだけど。二度目のデートは会って3分でカラオケボックスに行くことになった。個人的にカラオケは嫌いだが、密室なだけに色々と好都合かもしれない。
彼女の先導で馴染みのカラオケボックスへ入店。2 人で部屋のソファに座り食べものを注文し終えると、微妙な沈黙が流れた。彼女が「ちやんとした言葉」を待っているのはわかっている。
「この前のメールの話なんだけどさ、まだ出会ってから日が浅いのにホントに大丈夫?もしも俺がド変態とかだったらどうするの?」
「う一ん、でも違うでしょ?」
「まあ違うと思うけど」
「じや、いいじやん」
「わかった。じや、お付き合いしてください」
「ぅん」
まつたく実感のないまま、彼女ができてしまった。手紙を渡してからわずか1週間。過去、これほど早い期間で女性とお付き合いを始めたのは初めてのことだ。
嬉しそぅに俺の隣にちょこんと座り、カラオケで得意なナンバーを歌い出す彼女。歌が終わればこちらにマイクが渡され、強制的に歌わされる。23度そんなやり取りが続いたあたりで彼女を抱き寄せると、またもやディープキスタイムに突入した。さて、このまま行けるところまで行つてみようか、と思ったら彼女の方から声がかかった。
「今日はどっか泊まる?」
泊まりましょう。もはや我々は恋人同士。誰にも遠慮することなく愛を育むことができるの
だから。ラブホの部屋に着きとりあえずシャワーをすすめると、彼女は大胆な誘いをかましてきた。
「一緒にお風呂入ろっ」
過去付き合ってきた男たちとは全員一緒に風呂に入ってきた彼女が堂々と服を脱ぐ。痩せ細った身体が現れた。小さな胸の先にちょこんと載った乳首はすでにカチカチになっている。パクつとロに含むと、「あつ」と声を上げて身体がピクリと動く。さらに乳首の硬度が増した。
湯船を泡風呂にして、後ろから抱きかかえる。キスするうちに我慢できなくなってきた。
ベッドに移動して彼女の全身を愛撫していると、薄毛の股間から透明でヌルヌルの液体が尻の方まで垂れてきた。指ですくって局部にすべらせる。「はあっ」身体をのけぞらしながら小さな喘ぎ声を漏らす彼女。毛が薄いので股を開くと割れ目が綺麗に見える。すでに左右の陰唇がポッテリ充血して、いい感じに出来上がっていた。舌で時間をかけて攻める。
「あ、イキます! イキます!」
丁寧な報告が2 回ほど入った。イツたらしい。今度は彼女が舐めたいというので任せてみる。舌先や手を上手に使ったなかなかのテクニックだ。再び攻守交替し、ベッド脇のコンドームを装着して挿入する。
もう一人今つきあっても遠距離恋愛のファミレス店員の女の子を口説く
メールが来た日に手紙を渡していたのは3番の子のみ。あの真面目ちゃんだ。前向きに考えよう。
「彼女」という言葉で、反応を見る待ち合わせ場所は、彼女の住む郊外の某駅になった。近くにラブホはなさそうなので、しこたま飲ませて部屋にお邪魔する話が早い。彼女も時間があまりないことを意識しているのかも。
今日はお手紙ありがとうこざいました。
バイト中にお手紙を頂くことは初めてだったので驚きましたが嬉しかったです。実は、来週で(店名)を辞め、今月中に地方へと引越ししてしまいます。それでもいいのであればお友達になりましよう。
流れに持ち込みたい。「わざわざ来てくれてありがとうこざいます」彼女は約束の時間どおりにやってきた。バイトのときと同じメガネをかけていて、真面目そうな、というより素朴な田舎娘のような雰囲気が漂っている。
「今までバイトだったの?」「そうです。今日で最後だったんですよ」
「え?じゃあ送別会とかあったんじゃないの?」「あ、昨日やってもらったんで」
バイトが終わったとなれば、開放感もマックスといったところだろう。今日はかなりのチャンスと見ていい。駅近くの居酒屋チェーン店に入りビールで乾杯。軽く質問をぶつけていく。彼女、ゆきちゃんは22才。中部地方の田舎町から大学に入るために上京し、このたびめでたく名古屋での就職が決まったそうだ
「あのお店でずっとバイトしてたの?」「いえ、1年くらいです…あの」
「ん?」「私、接客したことありましたっけ。本当に申し訳ないんですけど記憶がなくて…」
ひょっとして怪しまれてる?
「実は、あの日の何日か前に一回お店に行って…、恥ずかしい話、そのとき一目惚れしたんだよね。忙しい時間帯だったから覚えてないのかもね」
「そうですか。こめんなさい、覚えてなくて。あの、音楽が好きって手紙に書いてありましたけど、どういう系が好きなんですか?」
お、ちゃんと読んでくれているのか。でも実際は音楽なんてパチスロ屋の有線でしか聴かないんだよな。オシヤレっぽいから書いただけで。
「わりとなんでも聴くよ。ゆきちゃんはどういうのが好きなの?」
「私はロックバンドのライブによく行くんですよ。椿四重奏が好きだったんですけど、解散しちゃってショックで」
「ああ、あいつらか。ほんとショックだよね・・」
誰だそれ。さっぱりわかんないや。でもロックなんてどれも一緒でしょ。
「これからっていうときだったもんね」
「ホントそうですよね」「ライブとかも行くの?」
「行きますよ」「いいな…俺、一緒にライブとか行ける彼女が欲しかったんだよね」
さりげなく「彼女」という言葉をまぶして、相手の反応を見る作戦だ。ここで照れたらイケる、というのが俺の経験則なのだが・・。
「ありがたいんですけど名古屋に行くので」
彼女に照れる様子はなかった。まだ会ったばかりで男として見られないのか。いやいや、それじゃ困る。たぶん今日が最後なのだから悠長に値踏みされてる場合じゃないのだ。残された手段はやっぱり押しの一手か。行くぞ。
「あの…俺と付き合ってくれませんか?」
思い切って告白しちゃったぞ。さあ、どうくる?彼女はうつむき加減で言った。
「手紙でもなんとなくそういう気持ちを教えてくれて・・言ってくれてありがたいんですけど、でも私、名古屋に行くので…」
まんざらでもないけど、遠距離恋愛はしんどいってことか。説得の余地はある。
「それはわかってるよ。でも、遠距離でも恋愛はできると思うんだよね。少なくとも俺には続ける自信があるよ」
「でも…」「俺のこと男として見れない?」「そんなことないですけど…」
「月一で、俺が会いに行くよ」「でも…、まだ会ったばかりだし…、もうちょっと考えさせてもらっていいですか?」
あまり押しすぎると裏目に出そうだ。ここはいったん引いておいて、店を出たときに再プッシュしよう。後日じゃ間に合わない。とにかくキメるなら今日だ。1時間半ほど、興味の沸かない音楽の話題をかわし、店を出た。軽く彼女の手を握る。
「俺の気持ち、わかってね」「はい…ありがとうこざいます」「今晩、泊めてもらっていい?」「え…それはちょっと…」
俺、なんだかいつも以上にあせっている。でも時間がないんだ。他にどうしろと言うんだ。
「わかった、じゃあコレだけ」
ぐいつと唇を近づけてみたが、簡単にかわされてしまった。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

タグ