★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20200615154825d7c.jpg2_202006151548265a7.jpg3_2020061515482811a.jpg4_2020061515482944e.jpg5_20200615154831f39.jpg6_20200615154832589.jpg7_20200615154834f29.jpg8_20200615154835290.jpg9_20200615154837f31.jpg京都の女性に憧れる。あの柔らかくて雅な響きの「京ことば」のたまらないこと。耳元で「そこはあか〜ん」なんて言われたらどうにかなってしまいそうだ。そして男ならば、京ことばの中でもとりわけナマで聞いてみたいのが、
「もう堪忍して〜」
だろう。標準語で言うなら「勘弁して」とか「許して」みたいな意味だろうか。
 ベッドの上で男に責め立てられ、辛抱たまらず絞り出される言葉
「堪忍して〜」。う〜〜、死ぬまでに一度は聞いてみたい!
 7月、カバンの中に電マを仕込み、酷暑の京都にやってきた。セックスする手段は、ナンパ、出会い系といろいろ考えられるが、最終的にはお金の力を借りれば何とかなるはずだ。そんなことより問題は、その女たちが本当に「堪忍して」という言葉を普段使いしているのかどうかだ。使わない女を買っても無駄セックスに終わってしまう。
ひとまず道行く女の子たちをナンパしつつ、「堪忍して調査」をしてみよう。繁華街のデパートから出てきた女の子に次々と声を掛け続け、ようやく一人が会話に応じてくれた。
「こんにちは、お姉さん。実は今道に迷ってるんだけど、助けてくれませんか?」
「え〜と、どちらに行かれたいんですか?」
 柔らかい関西訛りのお嬢さんだ。いいな〜。こんな子に堪忍してって言わせてみたい。
「実は、お姉さんとゆっくりお話できる場所に行きたいんですよ」
「え〜! アハハ。いやいや」
「こんな暑い日に外歩いてたら死んじゃうよ。いますぐ、お茶しましょう」「アハハ。すみませんけど〜」
 笑顔で去っていった。そこはすみませんじゃなくて「堪忍してください」だろうに!
 お次はデパートの中でのんびり買い物してたご婦人だ。
「すみません、あまりに素敵だったんで声かけさせてもらいました。よかったら、これからお茶でもどうですか?」
「ああ、ごめんなさいね」
うん、京都訛りだとなんかいい。断られてるのに全然イヤな感じがしないぞ。彼女も「堪忍して」ではなく「ごめんなさい」だったのでターゲットとしては失格なんだけど。小一時間ほど声をかけ続けたところで、俺は重大な矛盾に気がづいた。そもそも女の子に「堪忍して」と言わせるためには、何か相手が困ることをしないといけないのだ。そんなんじゃナンパなんてできるわけないじゃないか。
いずれにしろ、ナンパの断りをされる場面でも「堪忍」を使う女性はいなかったので、お話にならないんだけど。
路上ナンパは無理があるので、お店の店員さんを狙うことにした。適当なお店に入り、まずは女性店員さんに「オマケしてよ」と注文をぶつけてみる。そこで「堪忍してください」と答える「かんにん娘」だったら、あらためて口説くのだ。京都市一の繁華街、四条河原町で調査開始だ。店頭でカップケーキを販売してる若いお姉さんがいた。仕掛けてみよう。
「お姉さん、それ美味しそうですね」
「いらっしゃいませ〜、はい、濃厚で美味しいですよ〜」
「じゃそれ2つ買うんで、1個オマケしてくれません?」
「あ〜…すみません。ちょっとそういうのはできないんですよ〜」
 うーむ。 
「じゃ4つ買いますよ。だったらいいでしょ?」
「すみません、申し訳ないですけども…」
 ダメだ。
 調査続行。お次はお土産屋で店番をしていた20才そこそこのお嬢さんだ。
「すみません、そこの大きい置物、おいくらですか?」
「こちらは、7800円になります」
「結構しますね。少し安くなりませんかね?」
「それは〜ごめんなさい。ちょっと無理ですねえ」
 うーーーむ。
「そこをなんとか。ちょっとでもいいんで、値引いてください」
「すみません、申し訳ないんですけども〜」
 やっぱりダメか。
「あの、ちょっとお聞きしたいんですが、お姉さんは京都の方ですか?」
「え? はい…」
「生まれも育ちも京都?」
「はい。そうですけど…」
「なのに堪忍って言葉は使わないんですか?」
「え〜堪忍ですか? 若い人らはあんまり使わないかもしれませんねえ」
「え!? 若い子は言わないんだ」
「どうでしょう。祇園の方の舞妓さんとか芸妓さんとかなら使ってますかねえ」
 舞妓さんねえ。そんなのセックスできるわけないし。昼間から営業していた民芸雑貨屋で、お店番していた色っぽいアラフォー女性を発見した。若いのがダメなら熟女狙いしかない。
「ごめんください」
「はーい」
「え〜と、コレとコレ。あとコレも買うので、オマケでそれをつけてもらえませんか?」
「あ〜、ごめんね。それはできひんわ〜」
ごめんね、か。駄目じゃないか。
「お姉さん、京都の方って『堪忍』って使わないんですか? 堪忍して〜、って具合に」
「んーー。友達同士なら、謝るときに『かんにんえ』って言ったりしますね」
「友達だけなんですか?」
「ある程度、気の知れた人とかになら言うかもしれませんねえ」
そうか、店員と客なら言わないけど、気の知れた仲になればいいんだな。今からそんな仲になろうじゃないか。
「ところでお姉さん、ものすごいタイプなんで、連絡先とか教えてもらえないですかね?」
「…ええ? 本気で言うてはるの?」
「はい。めっちゃ本気です」
「ハハハ。わたし結婚もしてるしねえ」
「ですよね〜。でもオレ、結婚してても気にしませんよ」
「アハハ、それこそ堪忍してくださいやわ」
 上手いこと一本取られてしまった。
 しかし、アラフォーになれば、「堪忍」のフレーズをまったく使わないわけではないことが判明した。収穫としよう。
 このまま店員ナンパをしていてもラチがあかない。あとはお金の力を使うしかないわけだが、狙いは「40代以上の援交女」ということになる。出会い系サイトで「かんにん女」探しだ。
 ワクワクメールを開き、検索年40代以上に設定。表示されたメッセージはわずか数件だ。
『今から伏見でお会いできる方いませんか? よろしくお願いします』
40代前半、さちえさんの書き込みだ。メールしてみよう。
『こんにちは。東京から出張で京都にきている会社員です。まだ決まってなければお会いしませんか?』
『メールありがとうございます(o^^o) お願い有りだけど、楽しくお会い出来る方探してましたよ! 宜しくお願いします』
『ありがとうございます。希望の条件とかってありますか?』
『別で、イチ〜イチサンくらいで考えてました! どうですか? 楽しくお会い出来たら嬉しいです
♪』
 さすが熟女、1万円とはお安い。だが問題は京ことばだ。今のところメッセージは標準語だけど、ちゃんとしゃべれるのかな?
『その条件で大丈夫です。ところで質問なんですが、普段は京都の言葉って使いますか?』
『はい、使ってますよ。何でですか?』
『京都の言葉が好きで。できたら京ことばで会話してもらえたら嬉しいなと思って』
『はい、いいですよ〜』
というわけでアポに。カーシェアで車を借り、指定された南インターチェンジ近くのコンビニへ向かう。
午後2時。指定された駅前の道路で待っていると、目の前にボロい白の軽自動車が停まった。さちえさんの言っていた車だ。
地味顔のおばさんが笑顔で手を振っている。思ったよりも悪くない。向こうの車へ乗り込む。
「こんにちは。来てもらってすみません。よろしくお願いします」
「よろしくお願いします…」
 では車を発車させる前にチェックだ。
「ホテル行く前に確認しときたいんだけど、1万円でナマエッチは大丈夫かな?」
「それは無理。ゴムは着けて」
「オッケー。じゃゴムは着けるけど、最低3回はやりたいんだよね」
「え〜、そんなんダメダメ」
 あれ、堪忍が出てこないな。アナタは失格です。
「やっぱりやめときます」とだけ言って車を出た。
 次は、40代後半のヨシコさんだ。
『今日の夕方ぐらいからお会いできる方。お時間と待ち合わせ場所を合わせてもらえたら嬉しいです。』
出会い系のプロフで40代後半ということは50代の可能性もあるが、より「かんにん女」の可能性が高いのではないか。行っときましょう。何度かのメールのやり取りで、ホ別1のゴム付きで交渉成立。念のため、京ことばチェックもしておこう。
『ヨシコさん、ちょっと質問なんですが、普段は京ことばって使います?』
『はい、使ってますよ〜。京都生まれでずっとこっちに住んでますので』
 よしよし、生まれも育ちも京都なら間違いないだろう。
 ヨシコさんが指定してきた駅前の道路で待っていると、細身のオバチャンが近づいてきた。あれかよ…。
「こんばんは。棚網さんですか?」
「はい、そうです」
 見た目的にはかなり残念な部類に入るけど…。
「ヨシコさん、ちょっとホテル行く前に聞いておきたいんですけども」
「はい、なんでしょう」
「もしも、この後、ヨシコさんのお家に泊めてほしいって言ったら…」
「いや〜、それはむつかしいですわ〜」
「そうですか。もっとお金を払ってもダメですか」
「すみませんけども」
「じゃ、もしも僕じゃなくて、気の知れた人に言われたら、なんて断ります?」
「ええ? …無理やわあ、って言いますねえ」
 うーん、なかなか堪忍してにはたどり着かないな。
「東京なら『勘弁してよ』なんですけどね」
「ああ、そうですか…」
 せっかくヒントを教えてやってるのに、全然ダメ。仕方ない。このおばちゃんもパスだ。
 3人目は、40代前半のケイコさんだ。
『今晩、お会いできる方いらっしゃいますか? 紳士で大人な男性を希望します。楽しくエッチしたいです』
 丁寧な文体と落ち着いたキャラ。悪くない気がする。
『書き込み拝見しました。わりきった出会いを求めています。よかったらお会いしてみませんか?』
『ご連絡ありがとうございます。10時までには帰らないといけないので、そんなにお時間ないですが
大丈夫ですか? あと少しお小遣いも考えて頂けると嬉しいです』
 ホ別ゴム付きイチゴーの条件で約束を取り付けた。
 問題は京都弁だ。
『一つお聞きしたいんですが、普段は京ことばでお話されてるんですか?』
『京ことば、ですか? 生まれが京都なのでそうなってしまいますけど…。何か問題ありますか?』『いいえ、京都の言葉が好きなので嬉しいです。では待ち合わせよろしくお願いします』
 夕方6時半。指定されたコンビニの駐車場で待っていると、スカート姿のお局ОLみたいな女が現れた。細くてスタイルはいいじゃないか。
「ケイコさんですか。どうも、こんばんは」
「こんばんはー。棚網さん、よろしくお願いします」
 けっこう綺麗なお顔してるし、見た目も40代にしちゃ若いし。
「ケイコさん、ちょっと質問があるんですけどいいですかね?」
「え? はいはい」
「もしもですよ、今夜、ケイコさんの家に泊めて欲しいって頼んだらどうします?」
「え〜、ムリですムリです」
「いや、もし頼まれたら、なんて言って断りますか?」
「お断りします〜、って言うと思います」
「なるほど。じゃ僕じゃなくて、仲のいい男に、いきなり今夜泊めてって言われたらなんて言って断ります?」
「え〜〜? なんて言うやろ…」
「東京だったら『勘弁してよ〜』って言うとこなんですけど、京都ならどうなのかなと思って」
「あ〜、それなら堪忍してよ〜かな」
「なるほど。ケイコさん、それすごくいいですよ」
「え〜何がですか?」
 よしよし。もうこの人でいいでしょ。彼女は現在、中学の息子がいるシングルマザーで、恋人もいないのでお小遣い目的半分、セックス目的半分で2〜3カ月に一度の割合で出会い系を使ってるらしい。約束のお金を払い、交互にシャワーを浴びる。そのすきに、ベッドサイドに電マをセットして準備完了だ。
シャワーから出てきたケイコさんをベッドに呼んでタオルをはがすと、おお〜、40代にしてはそこ
そこ締まった身体が。胸も大きいわけじゃないけど十分エロいっす。
抱き寄せてキス。すぐにハァハァとエロい吐息が漏れてきた。そして乳首を触ればビクンと身体を震わせる好反応だ。手の甲で股間を撫でてみると、早くもヌルヌルに。なかなか感度もいいみたい。
さて、例の一言を言わせるには、きっちりと気持ちよくさせてあげねばならない。彼女をベッドに寝
かせ、本格的な愛撫を開始する。
 サワサワとアダムタッチの真似事をしながら、焦らしつつ首筋から乳首へと舌を這わせていく。
「あ…、あん、ああ…」
「ほら、乳首が立ってきた」
「ああ」
「乳首弱いの?」
「弱いかも…」
 股間を触ってみると、すでにヌルンヌルンになってるではないか。そろそろアイツの出番だな。
「ねえ、電マって使ったことある?」
「え、何なんそれ」
「ほら、コレ」
ブイ〜ンとスイッチを入れて、股間にあてる。「ああ! …ああん、ああ、ああ〜! す、すごい、なあ」ほれほれ。
「あ、あ、あかん! ああ、ああ!」
 まだまだ。
「ああ、ああ〜! イク! イク!!」
 足をピーンと張って、ぐったりするケイコさん。イッたみたいだ。さすがは電マ様。仕事が早い。
 この調子でイカせまくることができれば、ゴールできるかもしれない。間を空けてはダメだ。10秒だけ休ませて、再び電マ様を彼女の股間にあてがう。ブブブブ〜ン。
「ああ、あああ!」
まだまだ〜。
「ああ、また…、イク、イクイク!ああ〜!!」
よしよし、2回めの絶頂だ。でもまだ「堪忍」は出ていない。さらに攻めますよ〜。 ほれ、ブブブブ〜。
「ああ…ああ、ちょっと待って…。ごめん、もう…許して。許してえな…」
 おっと、これは惜しい。少しヒントをあげようかな。
「もっとほかの言い方があるでしょ?」
 ブブブブブ〜。
「え?」
「許して、じゃなくて」
「え〜ああ、な、なに? なんなん…あああ! あかん、あかん!」
「あかんじゃないでしょ」
「ムリやから、ムリやから」
「ほかの言い方。ほら、か、で始まるやつ」
「か?」「か。さっき言ってたでしょ」
「か…かんにん…」
「それそれ!」
 すばらしい、正解です。
「かんにんしてえ!」
「もっともっと」
「え、ああ〜、あ、かんにんしてえ! ああ、かんにんして」
「もっと大きな声で!」
「あ、ああ、ああ、かんにんしてえ〜!!」
最後はちょっと強引だったけど、ナマかんにん、たしかにいただきました! 京都の女性って、ほんと最高ですね。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内