★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談
マン毛が濃い女性とのエッチ体験談

マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談マン毛が濃い女性とのエッチ体験談近ごろの小学男子は、あまりスカートめくりをやらないらしい。理由はよくわからないが、やたらと草食化を指摘される現代の若者たちをおもえばなんとなく腑に落ちる話でもある。ひるがえって、現在40才のおれの子供時代には、スカートめくりマンなどそこら中にいた。どころではない。中にはもっと過激なことをやらかす者さえいた。女子のパンツをズリ下げる悪ガキだ。経験者は多くはないだろうが、周囲のヤンチャ男子がやっているのを見たという方ならいることだろう。
実はおれもヤンチャ男子のひとりで、一度だけパンツ下ろしをやったことがある。相手は小2のときのクラスメイト、安藤千春(仮名)。学校の廊下で彼女を押し倒し、無理やりパンツを引っぱがしたのだ。そのときに目の当たりにした彼女のつるつるのマンスジは鮮明に覚えている。
ごく瞬間的な映像ながら、あの鈴口のような縦一文字のワレメは、まぶたの裏にしっかと焼き付いており、いまだに日常のふとした時に思い出してしまうほどだ。ただし、覚えているのはそこだけだ。どういう経緯でそんなイタズラをやらかしたのかさっぱりだし、そもそも安藤の顔さえハッキリと思い出せない。カワイイ子だったなという印象だけだ。記憶があいまいなのは、安藤との接点が以降ほとんどなかったからだろう。クラスメイトだったのは2年生のときのみ、しかも彼女は4年時に転校している。おまけに、転校の事実を知ったのもたしか中学のころだったから、いかに縁遠い存在だったかがわかる。にもかかわらず、マンスジのフラッシュバック体験を幾度となく繰り返すうち、いつしかおれは淡い願望を抱くようになった。
——大人になった安藤千春のマンコは、どんな成長を遂げたんだろう。できれば、この目で確かめてみたい——。
性欲ではない、と自分では思っている。例えるなら、生き別れた幼い娘の面影を、いまだ心に抱き続ける実父の心境に近いだろう(それは言いすぎか?)。当時はつるつるの1本スジに過ぎなかったけれど、すでにあのマンコも40才。当然、陰毛はワッサワサだろうし、クリの皮もむけているかもしれない。ビラビラが思いのほか黒ずんでいたらちょっとショックかも。…てな具合に、あれこれ思いを馳せてしまうのだ。しかし、この願望を叶えるのは非現実的だ。ためしに、彼女の消息を探ってみようと、複数の同級生に尋ねてみたのだが、
「え、安藤千春? そんなやついたっけ?」返ってくるのはこんな答えばかりで追いようがないのだ。無理もない。卒アルにすら載ってない同級生など、誰も覚えていないのがフツーなのだ。しかし、事態は急変する。昨11月、地元小学校の同窓会にはじめて参加したときのことだ。楽しい宴も終盤に差しかかったころ、会場の片隅でキャッキャッとはしゃぐ女数人の姿が目に留まった。何を騒いでおるんじゃ。
「おまえら、ナニ盛り上がってんの?」内1人のA子が顔を輝かせる。
「あんた、安藤千春ちゃんって覚えてる?」
その名を聞いた瞬間、あまりの驚きと、反射的に例のマンスジを連想してしまった気恥ずかしさから、思わずウソをついてしまった。
「安藤…? 誰だっけ?」「2年のときウチらと同じクラスだったじゃん。でも、途中で県外へ転校しちゃったから覚えてないかもね」
「…で、そ、その安藤がどうしたの?」
「いま電話がつながってるのよ。せっかくの同窓会ってことで、さっき私からかけたんだよね」
もともとA子の家と安藤の家は彼女たちが保育園のころから家族ぐるみの付き合いをしていたそうで、安藤とは現在もごくたまに連絡を取り合う仲らしい。
「あんたも話してみれば? 向こうも忘れてるかもしんないけど」
「え、ちょ…」気持ちを整理するひまもなくスマホが回ってきた。
「…あ、もしもし。菅原です。2年のとき一緒のクラスだったけど覚えてる?」
「え〜あの菅原くん? めっちゃ久しぶりやね〜。うんうん、覚えてるよ〜。ようイジメられたし。あははは」
いかにも快活そうな声だ。安藤ってこんな明るいキャラだったんだな。にしても「イジメられた」と
は引っかかる言葉だ。もしや例のパンツ下ろし事件のことだろうか。会話は2分ほどで終わったが、
その間に彼女の近況はおおよそ聞くことができた。現在の住まいは関西某県で、服屋を経営している。もちろん既婚で、子供は2人いるらしい。妙に感慨深いものがある。あの幼かったマンスジが赤ちゃんを2体も排出しただなんて。ともかく、A子から安藤のラインIDをゲットしたことで、ようやく足掛かりはできた。となれば、あとは全力で、現在のマンコとの再会を目指すまでだ。
さっそくラインを送ってみた。
︿菅原です。この間はどうも!久しぶりに安藤と話せて懐かしかったよ。また何かあったら連絡します!﹀
︿はーい! 私もすごく懐かしかったよ! でも菅原くん、私のこと覚えてた? ホントは忘れてたでしょ? 寒いけど風邪をひかず頑張ってね〜!﹀
女のマンコを拝むにはセックスに持ち込むしかないわけだが、32年もの間、なんら交流のなかった元同級生の男から、急にラインがバンバン届くのはいかにも不自然だ。警戒される可能性が高い。
そこで二度目のラインは、10日ほどたってから送った。
︿安藤って●●県に住んでるって言ってたよね? 実は今度、おれも取材でそっちに行くことになりまして。せっかくの機会だし、よかったらメシでもどうかな?﹀
同窓会での電話で、おれがフリーライターをしていることはすでに伝えてある。ならばやはり、こういう突発的な誘いで近づく方が自然だ。もっとも、ここで断られたらすべてご破算だけど。
返信が届いたのは1時間後だ。
︿へえー、そうなんだ奇遇だね! ぜひぜひ! ご飯行こうよ! お店の定休日が木曜なので、そこに合わせてくれるとありがたい! あと夕方に子供が帰ってくるから時間帯はお昼からがいいな!﹀
夜の方がはるかに都合がいいが、会えることになっただけでもヨシとしよう。迎えた当日、昼。指定された駅の前で、冷たい風に震えていると、車のクラクションが鳴った。ピーッピーッ!
音がした方向には乗用車が停まっており、車内からこちらに手を振っている女がいる。顔がよく見えないが、こちらの服装は事前に伝えてあるし、安藤で間違いないようだ。しかし、クルマに駆け寄り助手席のドアを開けた瞬間、鋭い声が。
「アカンアカン、後ろ後ろ!」
後部座席に乗れってことらしい。言われたとおり、後ろのドアから乗り込む。安藤がくるっと顔を向けた。「ゴメンやけど、そのまま座席に伏せてもらっててええかな?」
目はやや細めだが、クールビューティー系というか、顔つきは整っている。体型も普通だし、四十路にしてはかなりマシな部類だろう。しかし、想像どおりというべきか、この女があの安藤と言われてもピンとこない。まるで初対面の人のようだ。それにしても、座席に伏せろとはどういう意味だ?
「狭い町やから、知り合いだらけやの。菅原くんを乗せてるとこ見られたら、不倫って思われるやんか」
なるほど、そういうことか。でも、それにしたってちょっと警戒しすぎじゃね?30分ほど走ったところで、クルマは古びた居酒屋の駐車場にすべり込んだ。
「ここら辺まで来たら、地元の人も来ぇへんし、安心やわ。お酒も飲めるしな」「え、クルマなのに?」「うん。代行頼むから平気やし。ここらのオッチャンもみんなそうやって昼酒飲んではるし」
ビールで乾杯したところで、安藤が口を開く。「あらためまして、菅原くん。超ひさしぶりやね〜」
「かれこれ32年ぶりだしね。てか、転校したの4年生のときなんだって? おれ、それ知ったの結構あとなんだよね」
「まあ、そんなもんやって。あんま目立つタイプでもなかったし」「そうだっけ」
「でも転校のときはみんなと別れるのがめっちゃ寂しかったわ。すぐに慣れたけどね。あははは」
父親の転勤で引っ越すことになった安藤は、以降ずっと大阪で育ち、結婚を機にダンナの実家であるこの町にやって来たという。今から15年ほど前の話だ。その後も小学トークを繰り広げようとしたものの、いかんせん互いに当時の記憶が乏しく、すぐに限界が。必然的に話題は、互いのプライベートへと移行していく。
「安藤のダンナさんていくつ?」「2コ上やから42やね」
「ふうん、結婚生活は上手くいってんの?」 苦笑いが浮かんだ。
「うーん、どうやろ。夫婦っていろいろあるからなあ」
ん、なんだか含みがあるな。
「ナニナニ? もしかして上手くいってないの?」
「そういうわけやないけど、性格が細かすぎるねんな。毎日どうでもええ細かいことでぶつぶつ文句言うてくるから、ええ加減うっとうしなるっていうかさ。ほんでな…」
なんだか不満がてんこ盛りのご様子だ。いい流れになってきたぞ。代行を使ってでも昼酒を飲みたがるだけあり、ひとりで瓶ビールを軽く2本空けた後、続いてハイボールに手を出す安藤。琥珀色の液体を豪快に流し込みながら、ダンナ批判にノリノリだ。
「何でも私に押し付けて、ホンマにちょっと、女を舐めてるわ。そう思わへん?」
「そんだけダンナさんにムカついてるなら、浮気しようって思ったことあるんじゃない?」
「いや、そんなことないけど…」急に表情を硬くするあたりが実に怪しい。
「そういうとこはマジメなんだな。おれが安藤だったら、絶対に他の男に走るけど」
「へえ、そうなんや」「だって、ダンナを嫌いになったら誰に目が向くって話だよ。他の男しかないでしょ」「まあ、そうやんなあ」「やっぱり浮気、やってんじゃないの?」「え〜ふふふ」
後頭部をさすりながら笑っている。観念したような表情だ。「大きい声じゃ言われへんけど、いま2人」「へ?」「だから、いま、年下の子2人と遊んでるねん」「はあ?」彼女が経営する服屋で働く店員とセフレ関係にあるらしい。さらにここ最近、商工会議所の飲み会で知り合った若い経営者とも肉体関係を持ったというのだからア然とするしかない。しかし、それよりも気になるのは、先ほど安藤が口にした「いま2人」の「いま」だ。酔った勢いで、ストレートに尋ねてみる。
「安藤って、もしかして前から男遊びとかしてたわけ?」「いややあ、そんなハッキリ聞かんでぇ」
そう言いつつも顔はニヤついている。この反応はイエスと言ってるも同然だ。安藤、おまえヤリマンだったのか…。それってまさか、幼き日にマンコを見られたトラウマのせいじゃないだろうな?
安藤がヤリマン。思ってもみなかった事実を突きつけられ、軽い失望を味わった。たぶん、無意識に思い出を美化していたのだろう。おれの中にある、つるつるで清純なあのマンスジを汚された気がしたのだ。しかし、当面の目的が安藤とのセックスであることを考えれば、ハードルが下がったのは間違いない。気が楽になったのも事実だ。
「ところで、おれさ、安藤のことで謝らなきゃなんない思い出がひとつあるんだけど…」
「あ、わかった。私に小石投げた話やろ? あれ、ホンマ痛かってんけど〜」「いや、じゃなくて…」「じゃ、背中を思い切り蹴飛ばされたこと?」
おれ、どんだけヒドイことしてんだよ…。全然記憶にないんですけど。
「ごめん、それも違くて。おれ一度さ、安藤のパンツを脱がしたことあるんだよね。覚えてる?」
 彼女の目が丸くなる。「は? ウソやろ? 全然覚えてないし。え〜〜、てか私、そんなことまでされてたん? 菅原くんって怖いイメージあったけど、あんたホンマたいがいやな〜」
この自然なリアクション、本当に覚えてないっぽい。おれとしては信じがたい思いだが、当時8才の女の子には、パンツ下ろしより、単純な暴力の方が印象として強烈だったのかも。入店から2時間以上が経過した。目の前の安藤はご機嫌な様子で4杯目か5杯目のハイボールをすすっている。本人は「こんな薄いの、全然酔わへんわ」と強がってはいるが、すでに目はショボショボだ。ここらが勝負どころだろう。トイレから戻ったタイミングで、安藤の隣りに座った。
「なに、いきなりどうしたん?」それには答えず手を握る。
「ちょっと〜そういうのアカンって」
ただし、握った手を振りほどこうとはしない。澄ました顔でハイボールをゴクゴクするだけだ。そのまま絡ませた指で手のひらを愛撫すること5分、さりげなくお伺いを立ててみる。
「ねえ、ちょっとどっかで休憩してかない?」
なぜかスネたような顔を向けて、彼女は言った。「ええよ」ホテルへはタクシーで向かった。部屋に入るや、彼女に促す。「とりあえず、先にシャワーでも浴びてきなよ」冷静な態度とはうらはら、内心は檻のなかを激しく飛び回るサルのような気分だ。いよいよ、長年の宿願が果たせるなんて!
脱衣スペースで安藤が一枚、また一枚と服を脱いでいく。小ぶりの乳房がぷるんと現れたあと、パンティに手をかける彼女。やがて濃いめの陰毛に覆われた股間を確認できた。当然ながら記憶のなかの1本スジからはすっかり様変わりしている。一部、パンツの中で寝ぐせがつきガバッと逆立っている陰毛もあるが、そのちょっと情けないところさえ微笑ましい。しかしこれはまだ前菜だ。メインディッシュはやはり、あの当時見ることが叶わなかった具の部分。あとで大陰唇をくぱぁっとこじ開けて、煙が出るほど凝視してやる。安藤と入れ替わりにシャワーを終え、まっすぐベッドに向かった。体を抱き寄せ、まずは長いディープキスを楽しむ。その最中、彼女の手が股間に伸びてきた。
「ふふ、勃ってきた」この、セックスを楽しんでる感、手コキのゆっくりとしたストローク、さすが経験豊富なヤリマンだ。背中を走る甘い快感に、思わず声が漏れる。タマらず彼女を押し倒した。
首スジや乳首、ヘソを入念に舐めまわしたあと、ついに視線はマンコへ…。クンニの体勢になり、ドキドキしながら顔を近づける。まず目に入ったのはマン毛にびっしりと覆われた大陰唇だ。生えてる範囲はさほど広くないが、高密度の陰毛が恥丘から肛門までそよいでる。あの美しかった無毛のマンコが、今やタワシの化け物のように。無残だ。気を取り直し、大陰唇をぐいっと開帳する。ぬちゃ。
濡れやすい体質なのだろう。愛液がすでに膣口からつゆつゆとあふれ出し、糸を引いている。ふっふっふ、スケベなマンコめ。意外だったのは、小陰唇の色だ。この剛毛具合とヤリマンぶりからして、内心ドドメ色だろうと期待していなかったのに、ほんのり赤みがかかった肌色をしている。クリトリスの皮や、ほんの少し顔を覗かせている核の部分も小陰唇と同様だ。十分、美マンと言えるレベルだ。ちゃんと素直に成長してるじゃないか、マンスジちゃん!気分が良くなった勢いで、クリトリスや小陰唇にむしゃぶりついた。臭気はしない。よしよし、臭マンでもないぞ。グッジョブだ。まもなくなまめかしい声も聞こえてきた。「ああぁ、うんんん〜」声のボリュームが控えめなあたり、さほど感度は良くないようだ。いったん攻守交替し、ねっとりフェラを楽しんでから、正常位で合体した。膣の味わいはいたってフツーだ。締め付け具合も感触も特筆すべきものはない。喘ぎ声もあいかわらず低調なので、膣の感度もイマイチなんだろう。
幼き日に見たマンスジの成長をついに見届け終えたいま、おれの心は充足感で満たされている。この先、安藤のマンコを思い出す際は、ビフォー&アフター両方を見ることになるだろう。我ながらぜいたくな話だ。大切な思い出がバージョンアップされただなんて。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内