★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20200608072118f03.jpg2_20200608072119397.jpg3_20200608072121456.jpg4_20200608072122eec.jpg5_202006080721246c5.jpg6_2020060807212599a.jpg7_202006080721274e5.jpg8_20200608072128c06.jpg9_20200608072130f43.jpg10_20200608072131e78.jpg
「名器」と聞いてどんなマンコを想像するだろうか。ミミズ千匹、数の子天井、イソギンチャク、タコ壺、俵締め、潮吹きまんじゅう。一言で名器と言っても古くから色んな呼び名があり、無数のヒダヒダがまとわりつくだの吸い付くような強い締まりだのと、様々な表現が使われている。でも正直、そんなことを言われても、いまいちピンと来ない。俺自身、過去100人程度の女とセックスしてきたが︵風俗も含む︶、これは名器だ、と思えるようなマンコに遭遇したことがないからだ。
チンポを入れればめちゃくちゃ気持ちいいのが名器なんだろうけど、マンコってたいがい気持ちいいものだし。そんな感覚だから、ユルマンと締りのいいマンコ、ぐらいしか違いがわからないのだ。
一説によると、名器の女は数百人に一人、千人に一人と言われるほどレアな存在らしい。
もし本当に名器の女がいるのなら、一度でいいからヤッてみたいものだが。そんな折、裏モノ編集部に、ものスゴい名器の嬢がいるとの情報が寄せられた。
「吉原のSってソープにいる、Hちゃんっていう子なんですけど、彼女、本当に凄いマンコの持ち主なんですよ。日本一と言っていいくらい。その子に入った客全員が、彼女は名器だと口を揃えてるんで。どうすごいのか説明が難しいから、とにかく一回遊んでみてください」
情報源は、年間100回以上もソープ遊びをしてる風俗情報サイトの関係者である。その子の名器っぷりは、すでに一部の男たちの間で有名らしく、ネットで口コミを調べてみると、「締りがいい」だの「あのマンコはすごい」だのと、名器っぷりを褒める書き込みが複数みつかった。が、やはり、その名器がどうすごいのかという説明は難しいようで、具体的な説明はない。
これはやっぱり、体験してみるしかないでしょう。
予約当日、送迎車に揺られて吉原のSへ到着。ボーイさんに代金の3万5千円(総額)を支払い、待つことしばし。ついにHちゃんとご対面だ。
「こんにちはー。初めまして」
現れたのは、タイトなワンピースを着たハスキーボイスのショートカット美人さんだった。年齢は20代後半ぐらいかな。見た感じ、身長160センチ前後で、ウエストや腕まわり、脚も細く締まっていて、スタイルは抜群だ。単なる痩せ型というより、全体的に筋肉質な健康美人といった感じがする。何かスポーツでもやってるのかな? 
見事に2つの要素をクリアしている
Hちゃんに連れられて、8畳ほどのプレイルームに入る。
「Hちゃんは、この仕事始めて何年目なの?」
「ここは1年目なんですけど、ほかでもやってました。もうかれこれ4年目ですね」
ソープで4年なら、そこそこ長い。ベテランと言ってもいいんじゃないか。雑談をしながら二人で服を脱ぎ、まずはお湯が張られた湯船に浸かる。
「Hちゃん、スタイルいいよね。何かスポーツでもやってるの?」
「あ、そうなんですよ。わたし、本業がダンスのインストラクターなので」
なるほど、ダンスのプロか。どおりで腹筋はキッチリ割れてるし、太ももやお尻にもスジが入るほどのしっかりした筋肉がついてるわけだ。どれぐらいトレーニングしてるんだろう。
「最低でも週に6日、数時間以上は踊ってますね〜」「そんなに?」
しかも空いた時間はソープに入って、1日2〜3本は抜いてるそうなので、ほぼ毎日筋トレしてるようなものではないか。実はここに来る前、冒頭に登場した風俗情報サイトの方から、名器嬢の見つけ方を教わったのだが、彼は、
第1にお尻が大きい子
第2にスポーツをやってる子
だと言っていた。何でも、マンコの中の動きは、お尻や尿道、肛門まわりなど、複数の筋肉が関係してるらしく、一番大きなお尻の筋肉がしっかりしている子は、その周辺の筋肉たちも発達してることが多いので、高確率でマンコの具合が良いんだそうな。Hちゃんは、見事に2つの要素をクリアしている。この大きくカッチリと締まったお尻を、皆さんにも見せてあげたいものだ。名器の予感、ビンビンしてますよ〜。
ひとまずHちゃんに身体を洗ってもらい、湯船の中で潜望鏡もしてもらった。ねっとりしたフェラはレベルが高く、かなり気持ちよい。さて、いよいよベッドに移動して、名器マンコとのご対面だ。
一刻も早く、その名器っぷりを確かめたいところだが、前戯なしでカラカラのマンコに突っ込んだって、気持ちいいわけがない。やはり、ポテンシャルを最大限に引き出すためにも、きっちりと気持ちよくさせてあげなくてはなるまい。
「Hちゃんは、どんなことされると気持ちいいの?」
「えー、触られるのも舐められるのも好きですよ。わたし、けっこう色んなところが敏感なので。おっぱいも気持ちいいし…ココも…」
ということなので、とりあえず、全身を優しく愛撫しながら様子をみていくと、「ああ…」と声を上げながら全身に鳥肌を立て、身体をくねらせるHちゃん。本当に感度がいいみたいだぞ。
軽く触っただけでカチコチになる乳首を舌で転がして、いい声が出てきたところで脚を開き、いざ、マンコとご対面!うん、パッと見はどうってことない普通のマンコだな。毛は元々少ないらしく、丘の中央付近に申し訳程度に刈り揃えられている。まだ一度も刺激していないだけに、クリトリスは包皮に隠れて見えないが、恐らく数ミリ程度の標準サイズだろう。ツルツルの大陰唇は、着色も少な目で、極端に膨らみが大きいわけでも薄すぎるわけでもないノーマルサイズ。いわゆるパッと見はどうってことない「吊るし柿」(前からみた大陰唇が、干し柿を吊るしたように外にはみ出している名器の呼び名)ではない。
軽く両手を使って大陰唇を開いてみると、ヌラヌラと透明な液体が滲んでいた。指先でチョンと触って、透明な液体の粘度を確認する。
「もう結構濡れてるね」「すみません、わたし、乳首触られると、すぐ濡れちゃうんです…」
ヌルヌルになったマンコを舐めてみる。ペロ、ペロペロ〜。
「あっ、ああっ、あああ!」
クリから膣の周りへと移動して舐めていくと、舌の感触がいつものクンニと違うことに気付いた。膣の周りや入り口付近の肉がグニュグニュと動いているではないか。指でクリを触りながら観察してみたら、その動きが少しわかってきた。
彼女が感じてカラダに力が入った瞬間、膣の入り口付近にある内壁の肉が、まるで脱肛のように外に出たり入ったりしてるのだ。なんだか内臓が見えてるみたいでちょっとグロいかも。膣の入り口を外から見ただけでもこれほどダイナミックに動いてるってことは、そのカチカチに割れた腹筋の下にある膣周りの筋肉は、さらにすごい動きをしてるに違いない。
「ああっ、すごい、気持ちいいです、もうイッちゃいそう…あ、あっ」
「ちょっと待って。ねえ、マンコの入り口らへんが動いてるよ」
「ああん、はい…、なんか、気持ちよくされると、動いちゃうみたいで…、ああ、ああん」
 もう我慢できない。そろそろチンポの出番だ。
「ねえ、そろそろ入れたいんだけど」
「あ…、はい。ゴム出すのでちょっと待ってくださいね」
コンドームを着けるとせっかくの名器の良さも半減しそうだが、彼女はNS(ノースキン)嬢ではないのでゴムは必須だ。事前に用意した0・01コンドームをカバンから出して、Hちゃんに手渡すと、彼女は一瞬のうちに封を開け、口を使ってスルスルとチンコに装着してくれた。彼女の両足を開き、ヌルヌルのマンコにこすりつけて滑りをよくしてから、覆いかぶさるようにして、チンポの先っぽだけを入れてみる。「んん…」 うおおっ、亀頭がぎゅうっと締め付けられる。ヌルヌルに濡れてるはずなのに、かなり強い締め付けで亀頭が痛いほどだ。そのまま動きを止めてみると、入り口がぎゅうぎゅう締め付けと弛緩を繰り返しているのがわかった。まったく腰を動かしてないというのに、これは強烈だ。さらにゆっくりと奥へ進むと、亀頭が新しい感触を感じ取った。
「ああっ、あああ…」筋肉質で少し固めの大きなグリグリに、チンポがピッタリと囲まれているのがわかる。腰を少しでも動かすと、Hちゃんが「んんっ」と喘ぎ声を上げ、同時にそのグリグリたちが四方からチンポを締め付けてくるのだ。このマンコ、どうなってるんだ?チンポを半分挿入したところで動きを止め、自分の上半身を起こして膣の上壁部分に亀頭を押し付けてみた。次の瞬間、膣の内壁全体が、チンポを奥へ引き込むように、ズズズズズっと動くのがわかった。なんだこの動きは。どうやって動かしてるんだろう?キスをしながら、指先で彼女の乳首をコリコリ。
「ああっ、ああっ」弱点の乳首を攻められて身体がよじれると同時に、今度は膣壁がチンポを外に押し出すようにグニュニュニュ〜。「あああ〜!」うお〜、チンポの周りが前後にグリグリと動いてる。これはスゴイぞ。新感覚だ。
「Hちゃん、スゴイね…。中がめっちゃ動いてるよ」
「え〜、わかんないです。ん、んん! 気持ちいいっ」たまらず奥までチンポを差し込むと、「あああっ!」と、一段と大きな声を上げて身体をよじるHちゃん。同時に、一番奥の膣壁が、前後に動きながらギュギュギュっと亀頭を締め付けてきた。真ん中ぐらいにあったグリグリの締め付けとは違う、もっと密着感の強い感触だ。しかも入り口周辺よりも、さらに締め付けは強い。次の瞬間、こちらは一切腰を動かしていないのに、亀頭上部周辺の膣壁が、グリッグリッと前後に動くのがわかった。どうやら彼女が気持ちよくて腹筋やら内臓に力が入ると、子宮や周辺の筋肉が動き出す、ということなのだろう。キスをしようと身体を倒し、同時にチンポの角度が変わると、Hちゃんは「あっ」と声を上げ、同時にさっきと同じ前後のグリッグリッ運動が起こる。これはたまらん。ゆっくりとチンポを前後に動かしてみる。「うあ…、あああ…」
チンポ全体がグニグニにまとわり付かれながら、ヌッチュヌッチュとヒワイな音を立てはじめた。エロい、そしてめちゃくちゃ気持ちいい。 完全に腰の動きを止めて、チンポを膣の上側に押し付けつけてみた。「ああ〜! 待って、待って!」「え?」
「ゆっくりされると出ちゃう、ああ! 出ちゃう、出ちゃう!」彼女が身体をこわばらせて目をつぶった瞬間、今度は膣の奥の肉壁までもがチンポを奥に引き込むように動き、直後、奥に戻った肉の壁が、逆にチンポを押し出すように反対方向に動いた。やばい、このマンコ、めちゃくちゃ気持ちいいぞ。ピタリとチンポを止めた瞬間、俺の股間付近に、ビュビュ〜〜ッと潮が浴びせられた。ものすごい量の潮吹きだ。「あああ……、ごめんなさい…」
「いいんだけど、なんか締まってきたね…」
なんだこれは。潮を吹いたと同時に、奥がギュウギュウ締め付けてきたぞ。「ああっ、ああっ」
かまわず腰を動かしてみる。奥のグニグニの前後の動きも、さっきよりハッキリと激しくなった。潮を吹くとパワーアップするみたいだ。もう我慢できない。「あっ! ああっ! あっ!」
Hちゃんがリズミカルに喘ぎ声を上げる。さらに動きを早めると、締め付けはさらに強まり、チンポが奥に届いた瞬間、ゴリッ、ゴリッと亀頭の先に固い何かが当たって最高に気持ちいい。そのまま騎乗位、バックと体勢を変えて、グニグニマンコを味わいながら、奥めがけて大量の精子を発射した。いや〜、いっぱい出ましたよ。いつもは遅漏気味なのに、さすがに今日は早かったな。それにしても、このマンコには驚きである。入り口の締りの強さ、中間部分のグニグニの動き、そして奥の強烈な締め付けとグリグリの動き、さらに潮吹きをしたあとの締め付けパワーアップ。まるでマンコの中に別の生き物がいるかのような感覚で、あまりの気持ち良さに、チンポを永遠に入れていたいと思ったほど。これが名器の力か。本当に恐れ入りました。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ