★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
尻尾フェラミンティアフェラミンティアフェラお掃除フェラ
お掃除フェラ鼻フェラ鼻フェラお掃除フェラお掃除フェラお掃除フェラお掃除フェラ
フェラ顔フェラ顔フェラ顔フェラ顔フェラ顔フェラ顔1、いつも男性の精液をロの中で受け止め、飲まされている19才の女

入店後に登場したのは40代前半とおぼしき女性だ。くたびれた表情と雰囲気からスナックのママ感がにじみ出ている。
「僕エッチなことがしたくて来たんですけど、お姉さんはどんな感じですか?」

「うーん、とりあえずお酒飲みたいです」
 酒? 本当にスナックに来たような錯覚に陥る。壁に貼られたドリンクメニューを見れば、2千円、3千円のワインが置いてあるらしい。
「ドリンクバックがあるって知ってるでしょ? お願い」
「え、なにそれ。女の子にはドリンクバックがあるの?」
「そう。飲んだ分からいくらかくれるんだよね」
 女性客はこんな風に店からお金がもらえるそうだ。他にもオトコの部屋に何分いたらいくら、みたいなシステムもあるらしい(具体的な額は教えてくれなかった)。なんか冷めるなぁ。とにかくムダな出費をするつもりはない。さっそく交渉開始だ。
「オレ、安く遊ぶのがモットーなんですよ。たとえば千円だったらどこまでできます?」
「えー胸触るぐらいならいいけど」
「じゃあフェラしてもらいながら触るのは?」
「フェラは無理。ワタシそういうのやってないから」
「普段ワリキリでエッチとかやってないんですか?」
「やってない。病気とか怖いもん」
 なんとこの店に来ておきながら、ワリキリエッチ(フェラとかも)は未経験だそうだ。ふむ。ちょっとだけ彼女のおっぱいの価値が上がったかな。上着をめくってブラを外したところで、でっぷりしたお腹がお目見えした。げんなり…待てよ、あらら、乳首がぷっくり立ってるじゃないの。
 では失礼しまーす。
「おっぱい触られるの好き?」
「ああん。うん、好き…」
「乳首をコロコロされるのとか」
「うん、ああん、好き。ああ」
なんかスゴイ感じてるんですけど。顔を天井に向けて大声で喘いでいる。ちょっと、外に聞こえちゃうって。
「ああん、ヤバイ…」
「乳首舐めちゃうよ?」
「ああん、それはダメ…ホントに殴るよ…ああん」
顔を近づけただけで逃げられた。まあ本気っぽいアエギ姿が見れたのでよしとしよう。

そこから20分、新たな女性が現れた。
「お邪魔しまーす。よろしくねぇ」
 ちょっとぽっちゃりしてるけど真木よう子似のスケベそうな顔がかなりそそる。年齢は35才だそうだ。ここでは若いほうだろうな。
「ねえねえ、今日はどんなことしに来たの?」
「まぁ、エロいことですかねえ。お姉さんはそういうのできる人です?」
「いいよ。ワタシSとかMじゃなくて『C』だから、イジめてあげる」
「え? Cって?」
「痴女のC。イジメていい?」
なんだそりゃ。でもまあ、痴女は大歓迎です!真木ちゃんがオレの太ももにまたがってきた。右手でズボンの上からチンコをさすり、乳首をペロペロ。痴女すげー。そういえばカネの話してないけどいいのかな。いいんだよな。無言でチンコを出すようにうながされ、出てきた半勃起のそれを手でシゴかれる。
「おっぱい触ってぇ」
 胸元が開いたニットに手を突っこみ、ブラジャーをずらして乳首を出す。ああ、幸せだぁ。
「あのね、クチだったら5千円だよ。エッチのほうがいい?」
「…あ、あの。お金があんまりなくて。千円でできるとこまでしてもらえませんか?」
 瞬間、彼女の動きが止まった。
「なにそれ。ヘンな人。じゃあそれでイジめてあげるね」
いいの?やったー!フル勃起チンコを絶妙な手の運びでしごかれながら、乳首を舐めてもらいつつ、オレも胸を揉みまくる。これがフーゾクなら少なく見積もっても6千円はかかるぞ。ふと、太ももに生暖かい感触が。彼女の股間との接着面だ。
「なんかアソコがあったかいね」「だってノーパンだもん」
はあ? スカートをチラっとめくったら本当に何も履いていない。ていうかマジで痴女じゃん。不思議な状況も相まって、間もなくして射精感がやってきた。
「やばい出そう!」「出して、ほら、出せ!」
手コキのスピードが一気に速くなり、そのまま自分の腹にたっぷりのザーメンが飛び落ちた。ふぁ〜。放心状態のオレをよそに、彼女は手をかざしている。
「じゃあ千円ちょうだい」
忘れてた。でもホントにそれっぽっちでいいの?札を1枚受け取った真木ちゃんは「じゃあまたね〜」と部屋を出ていった。最高のフィニッシュから20分、次の女の子がやってきた。これまたスナック風の、40がらみのお姉さまだ。彼女はソファに座るなり「ちょっと時間ないからどうしたいか教えて」と急かしてきた。彼氏との待ち合わせ時間が近いらしい。
「彼氏いるのにこういうところ来てるんですね」
「まあ、男性からお金もらえるのでときどき来てるんですよ。どうしたいですか?」
 そうだな。一発出した後だし、なにか違うことをお願いしてみようか。
「じゃあ、千円でオナニー見せてもらえたりします?」
「千円? いやぁ」「普段はどういうことしてるんですか?」「いろいろ。イチで最後までとか」
 1万で本番か。高い高い。とにかくオナニーはしたくないらしい。ちなみにフェラも手コキもそれぞれ5千円、3千円が最低ラインだそうだ。うーん。
「じゃあ、写真撮らせてもらうのはどうですか? ハダカとか」
「あー。顔写らなかったらいいですよ。一枚なら。でもハダカはちょっと」
交渉の結果、おっぱい写真一枚千円で話がまとまった。さあさあ、脱いでください。…デカっ。大げさじゃなくメロン大の胸だ。これは撮影しがいがありますなぁ。そうだ、撮る前に触らせてもらおうか。いちいち許可はいらないよな。ムニムニムニ…。
「これ何カップ?」
「Gです。恥ずかしい…」
「パイズリしてって良く言われるでしょ?」
「うん、でも大変なんでしたくないかなぁ」
5分ほどそのままモミモミしてから胸の写真を撮らせてもらった。さらに10分ほどして、ドアの向こうから声が聞こえてきた。
「入りますねぇ」
 そのしゃがれた声に一気に不安が押し寄せる。入ってきたのはバブル期を彷彿とさせる赤い上着の女性だ。いや女性って言うかオカマ? 山川豊に激似の老婆だ。
「あらお兄さん、今日は何しに来たの? エッチなこと?」
 豊が顔を近づけてくる。うっすら口臭が…。
「いやその、まあ、はい」
「あらぁ、そうなのぉ。お兄さんエッチなんだぁ」
 もはや太ももスリスリされてもなんら嬉しくない。どうするか。
「お姉さんはここに良く来るんですか?」
「だいたい毎日。夕方6時からはいるかな」
「ご結婚とかは?」
「ヒ、ミ、ツ。お兄さんどんなことしたいのぉ?」
あくまで調査として、このレベルの老婆が千円でどこまでやってくれるのかを確認しておこう。どうせだったらドギツイことからお願いするか。「千円で最後まではどうですか?」
「あらぁ。千円? それはムリムリ。何、おカネないの?」
「そうなんです。コンドームありで構わないので、それでお願いできませんか?」
「普段は1はもらってるからねぇ。それはごめんなさい」
 いったい誰がコイツに1万も払ってセックスするってんだ。
「じゃあフェラでお願いします。コンドームつきで」「えええ? いやだぁ。エッチしましょうよ」
「1万は払えないですよ」「7千円でもいいのよ?」
いやいやいや。ごめんなさい。しかたないので千円で胸を触らせてもらった。「それなら条件ばっちしね」と納得してくれたからだ。いちおうオレの乳首を触ってくれたりもしたのだが、いかんせんシワシワの胸が目の前にあるおかげで、ムラムラは1ミクロンも起こらなかった。

突然のディープキスに目を白黒させる真里。続けざまに後ろから抱き寄せるよぅにして胸を揉む。
若干固さが残る揉み応えは若さの証明だ
「あああ…」オッパイを強めに揉みしだくと相当感じるよぅで、熱い吐息が漏れた。股を開かせパンストの上から股間をなぞる。湿った様子が、ハンストのザラザラとした質感を通して指先に伝わってくる。「濡れてきてるね…」「ィャ」
パンストをずらし、ピンクのパンティの上から股間をいじると、もはやグッシヨリだ。
「触って欲しいの…?」
問いかけに、黙ってこくんとうなずく彼女。パンティの上から指を股間の中へと滑り込ませ陰部に
到達すると、かなりネットリとした愛液が湧き出てきている。黒のキャミソ—ルを脱がし、胸を露出させる。肌の色は想像していた以上に白く、乳首は桜貝のように美しい。思わず乳輪にむしゃぶりつく。「うう…」「気持ちいいの?」「うう…」
う—ん、いまいち反応が見えない。んじや、試しに入れてみるか。ジッパーから反り返ったフランクを取り出し、彼女を上に、椅子に座ったままの状態でブスリ。
「ん…ちよっと痛いかも…ん、あつああああ」
膣奥にまで突き刺さり真里の眉間にシワがよる。「どう、気持いい…?」「うん…気持いい…」
「どの辺が気持いいの?」「ああぁぁぁ…、お、おく…奥が気持いいです」
クリを指で剌激しつつ腰を激しく前後にグラインド。そのまま駅弁の体勢でベッドに移動し、正常位でバシバシ!「あっあっ…」感じてるのは間違いないが、なかなか絶頂に達しようとしない。
ふ—。いったん風呂にしますか。力—ン。第2ラウンド開始。改めて彼女の肉体をまじまじ眺めると、その白く張りのある肌はやはり美しい。ああ若いっていいなあ
まずはベッドに横たえ、特に首筋から乳房、そしてへソまでは舌で入念な愛撫を繰り返す。
しかしこの作戦はどうやらくすぐったいらしく、ほとんど効果ナシ。難しいね。となれば結局陰部を中に攻撃するしかないか…〇やはり彼女の弱点はクリ。舌を使って周辺を入念に愛撫していく〇
「ん、あああ…そこ…そこが気持ぃぃの」「どぅして欲しい?」
「入れて…ほしい…」「どこに?」「あ、アソコ」
「えっアソコってどこ、ちゃんと言ってごらん?」
「お、オマンコ…」よっしゃ!これ以上ないとばかりにいきり立った陰茎を膣へブスリ。
「あっあっああああああ…」
バック、背面座位、松葉くずし、ひと通り試し最後は彼女のロの中で発射…って、よかったのかな?
「ぅん、普段は飲んじゃってるし」
2、フェラチオは技術よりしているときの表情が大事
フレッシュさに欠けるが、この際どうでもいい。
「食べたらどうする」「タ方までヒマだから」テレクラバターンの会話だ。
「夏に結婚するの。・・で、その前の遊びってわけ」に「男と同じだね」
「その人、前の仕事のときのお客さんなの」
「前の仕事」「銀座の小さいクラブにいて、つきあっていた人に振られて太っちゃったのよ」
太った理由を男のせいにするのは女特有のクセだ。ともかく、テレクラで「年上の男性を希望」する女の8割は他の目的もあるはず。まずは探りを入れてみよう。
「テレクラの女の人ってお金ばかりで、うんざりするよ」
「あたしもそうかもよ」「そうは見えないけど」「男の人って援助は嫌いなの」
「嫌いとかじゃなくて、ムードがないからね」「ああ、そういつタイプなんだ。恋人気分が欲しいのね。じゃあ、こうしない?あなたの好みの女になるから、そのかわり、ねっ」
女のペースにハマってしまったようだ。負けたいあとは条件折衝でがんばるか。
「結婚祝いってことで何か」「いいわよ、おまかせします」
女が俺の股に触わる。幸いにして、大人の女のようだ。
「これ似合うよ、ぜったい」強引に押しつけて女の首にかける。「いいセンスよ、あなた」
妖艶な笑み。この笑みでフェラされたい。急いで仲町通りに戻り、上野地区のマイホテルへ足を運んだ。男を勃たせる言葉遣いはまるでソープの女のようだ
「いつも恋人とはどうやってするの」
マユミは楽しそうな目で俺を見た。焼き餅をやいて男を燃えさせる言葉ワザが憎い。
「こうするんだ」ジッバーを下げベニスを取り出すと「下げちゃえば」と俺のズボンとバンツを下ろした。「わっ、長いのね」早くもペニスに触っている。前日陰毛を半分ほどにカットした効果はあったようだ。「露出好きなのね。ケンゾウ君って。見ててあけるから、して」
そう言いながら、女もスカートを脱いで陰部を露出、俺の手をとって胸にあてた。小玉スイカのごとく盛り上がった乳をつかんでキスすると、温かい舌が性感を刺激する。デブ肌でもブョンブョンとゴリゴリとマッタリのニ通りあり、この女の場合は最後のマッタリ。手の平のアタリがいい。たぶんダイエットしてもリバウンドしない体質だ。価値の下がった肉体を自覚して、中年のさえない客に体を投げ出す銀座のホステスを想像し、俺は燃える。ギンザには全く縁のない俺に巡ってきた銀座の恋の物語。しかも客のリクエストに応えて何でもアリだという。ならばとカメラを取り出して女に向ける。「なんだかヘンだと思ってたの、さっき写真撮ったりして」
「舐めてるとこ、撮らして」「フフ。自分でするときのオカスってわけね」
「そうなんだ」
大きく舌を出しでペニスの先につける女。レンズに向ける目を見ているだけでイキそうだ。後背位の形にさせて、右手を瞳に入れながら左手の指を女の口にくわえさせる。
「これ、好きなんだ」「恋人はしてくれないの」「遠慮しちゃってね」「女は待ってるのよ」
「じゃあ、お尻の穴もなめられる?」
「恋人なら当たり前でしょ。でも洗ってからね」
風呂場で女が全身を洗ってくれる。まるでソープにいるようだ。ソープを辞めた女は急激に太るという。男を勃たせる言葉遣いといい、手際のよさといい、もしかして・・
まあいいか。おもむろに女に尻を向ける。さあなめてくれ。
「これすると元気になるの?カワイイ」肛門を開いて中心を舐めた後、音を出して吸う。完全に女のベース。体勢を整えて後背位で挿入だ
「気持ちイイ、セックスっていいわー」
腰を動かしながら、大げさに言う女のことばにあえなく果てる。
「お疲れさまでした」女は、コンドームを器用に丸めてクズカゴに捨てると、軽くキスをした。妙にプ口っぼい動作。気になる。外へ出て携帯の着信履歴を見ると、ー件の非通知電話があった。留守メモに若い女の声で「バーカー」と入っていた。K君に連絡すると「2人ともスッポカシでしたよ」と残念がっている。9千円かかったことは内緒にしておこう。広小路の銀行前で落ち合い、女のデジカメ映像を見せた後、約束どおりガード下の鮫子屋に入る。セックスの後のビールと鮫子は格別だ。
〈教えてください、イロイロなこと。オジサマ歓迎〉
ー週間ほどしてK君から再び誘いがあり、彼の地元に近い東西線・葛西へ出動する。今度は回転寿司喰い放題をかけようということになった。テレクラ時代の葛西は、ハメ撮りこそ少ないが、行くたびに人妻と遊べたラッキーゾーンである。中ト口とウニを腹一杯喰ってやる。トーストー枚と味噌汁だけで家を出た。午前10時を過ぎたばかりというのにメールが次々に着信する。前回と同じく、絵文字や¥マーク入りはバスし、ひたすら人妻メールを待つ。一発目は地元に住む34才からだ。
〈刺激的なことしたいワタシを天国へ連れてって〉すかさず返事を送る。
「私、エッチ好きですよ」迷っている俺に女が小声で嘱く。負けた。
銀行で金を下ろし、近くのホテルへ。部屋に入ると、女は楽しそうに俺を挑発した。かぶさってキスすると逃げるが、強引に迫ると舌をからませてきたり。男をオモチャにする技に長けている。「固くなっちゃった」女の顔を引き寄せ、取り出したベニスを口元につけると「チンチンちゃん、こんにちわ」と言って先っぽに舌を付けてきた。俺はフェラチオの技術より、しているときの女の表情を重視する。目をつむってじっと耐えてる顔は気分になれるし、逆に楽しそうなのは恋人気分でクンニさえしてしまう。口に力を入れるでもなく、淡々となめる中途半端なのが一番嫌いだ。この女はさも欲しそうに舌を思い切り出してなめる。それがいかにも可愛い。急いでデジカメとコンバクトカメラを取り出した。
3、飴玉ナメのように攻めてくるベロチュウや顔舐め鼻フェラ
この店の特徴を一言でいえば、あらゆる唾プレイを楽しむことができる、となろうか。
ベロチュウや顔舐め(嬢が客へ)なんてのは当たり前。口の中へのツバ垂らしや、顔や全身をツバまみれにしてもらったりと、相当にぶっ飛んだ遊びが可能なのだ。
なかでも俺がイチオシなのは、鼻フェラだ。これ、嬢が単に鼻を舐めまわすだけではない。時に鼻を口に含んだ状態で、じゅるじゅるべちょべちょと、あめ玉を舐め転がすような感じで攻めてくる。
初めて鼻フェラを体験したときは、正直、目からウロコが2、3枚は落ちたものだ。女に鼻を執拗にむさぼられることが、こんなにも気持ちいいものだなんて。
ツバ好き以外には敷居が高く感じるかもしれないが、ディープキスの際に女とツバ交換をした経験があり、そこに抵抗を感じなかった人なら、割りとすんなりと入っていける。むしろ私もそうだったように、どっぷりとハマることだろう。ワシの愚息を間近でじっくり褒めてほしい。
4、激安ピンサロ嬢が客を早くイカせるために舐めてるミンティアフェラ
イク瞬間に息をフーーッと吐くと、精子が残らず放出されます
東京の大塚のピンサロ街には、2回転1980円や10分千円といった、激安店が軒を連ねている。在籍嬢のレベルは、安かろう悪かろうの最たるモノで、下も下である。安さに釣られてたまーに足を運んでは、いつも女の風貌に驚愕しながらも一応射精させられてしまい、虚しくなっていたのだが…。
あるとき何気に考えた。あんな連中相手なのにイってしまうのはどうしてだろう。オレのチンコがバカなのか? いや、そう言えば、フェラ中にチンコがスースーすることが多いけど、そのへんにカラクリがあるのかも?そこで最近、例のごとく化け物みたいな女と対峙したときに聞いてみたところ、
「あっ、ミンティア舐めてんだよね。イキやすくなるから」
それがテクニックか!というわけで、ミンティアフェラはお勧めです。大塚の化け物たちが容姿を補うために使っているほどの効果、普通の女性にやってもらえば、抜群に気持ちいいですよ。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。