★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
200_202005141330367b0.jpg201_202005141330377ba.jpg202_20200514133039d1a.jpg203_20200514133040076.jpg
パートナーのいない男性諸氏が性欲処理に使う仮の妻、ダッチワイフ。現在は、かつての粗末なビニ—ル製品とは違い、等身大でシリコンでできたリアルドールと呼ばれる精巧なモノらしい。心理的な抵抗はあるが、1度は試してみたいものだ。
静岡県でこのダッチワイフをめぐり前代未聞の珍事件が起きた。警察の大失態、初老の男性の切ない事情…。お堅い大新聞では「人形」としか報じられなかった一連のドタバタを振り返ってみよう。
静岡県伊豆市令川の山間部を、関根洋子さん(仮名59才) が犬の散歩をしていた。ふと道路脇の斜面を見ると下の雑木林に緑色の物体が目に付いた。ビニール製の寝袋だ。(何かしら…)
袋には大きな何かが詰め込まれ、端から黒い物がはみ出ていた。胸騒ぎを覚え、思い切って近づくと、出ているのは髪の毛のようだ。目をこらして半透明の袋の中をうかがった。ひざを曲げ、斜めに倒れているような格好の何かが洋服を着ているのもわかった。背筋が冷たくなった。
(まさか…。でも、人形かもしれないし…)
臭いはまったくない。傍らの犬も無反応だ。状況はハッキリしないが、それ以上、確かめるのも気味が悪い。犬を引っ張り急いで急いで家に戻ると、夫の芳郎さん(仮名59才) に事情を話した。
「なんかヤだわ。ホントに何なのょアレ」
「うん、事件の可能性もぁるから放っとけないな。よし、メシを食ったらオレが確認してくる」
芳郎さんが現場に行くと、ソレはすぐに見つかった。妻の言うとおり、明らかに誰かが捨てたような様子だ。ツンツン。棒切れを探し、突っついてみた。と、指先に厶ニユ厶二ユとした弾力を感じた。こんな柔らかなマネキンなどあるわけない。(ぁわゎゎゎ、こりゃヤバい)
急いで戻った芳郎さんは、迷わず受話器を取り上げ110番をプッシュした。午前10時20分ごろのことだ。「もしもし、もしもし、大変です!し、死体が、死体が…」
「落ち着いてください。死体がどうしたんですか」「伊豆の山ん中に死体がぁるんです。寝袋みたいなのに入ってて…」
「はい、わかりました。詳しい場所を教えてください」
静岡県警通信司令室を通じ、すぐに管轄の大仁署に一報が入った。
「殺しだ!ホトケが出たぞ:::」「マジつすか」
「急げ、急げ、久々のデカいヤマだ!」
日頃は扱う事件も少ない署内に緊張と興奮が渦巻き、刑事課員や鑑識課員ら15人は我先にと庁舎を飛び出した。のどかな別荘地は蜂の巣をつついたよぅな騒ぎになった。一方、この日は『防災の日』だったため、県警本部内の記者クラブには県警の防災訓練を追ぅ記者らが詰めかけていた。みなが署内の慌ただしさをキヤッチして確認に走った。
「なんか動きが変ですよ。こんな大事な日に刑事部長と一課長がいなくなっちやったらしいじやないですか」
午後1時25分。詰め寄る記者を抑えきれず、県警は«遣体の発見について» と題する報道発表に踏み切った。夕刊の締め切り直前となるタイミングに記者らは大慌て。地元夕刊紙には『伊豆の山林に遣体ビニールシー卜にくるまれ』との見出しの記事が現場写真と地図付きで掲載されたのである。
肝心のブッは、午後2時半ごろ大仁署の検案室に運び込まれた。変死体が見つかると、まずは司法解剖の前に検視が行われる。外見上から死因や死後の経過時間などを調べるためだ。現場で実施されるケースも多いが、今回は寝袋に包まれていたなどの状況から現場保存を優先し、移動してから行ぅことになったのである。
(さて、取りかかるか)検死官は軽く両手を合わせて拝んだ後、寝袋のチャックを開けた。
(ん? こ、これは…)
絶句するしかなかった。どこからどぅ見ても人間ではなく、ただの精巧な人形。ハッキリ言えば、ダッチワイフそのものだったのだから。検死官はあわてて一課に内線電話を入れた。
「おい、ふざけてんのか!」「は? 何のことですか」
「寝袋の中は一切触ってないんだな?」
「もちろんですよ。上から厳命されていますしね」
「そぅか、わかった。そこにいる捜査員全員に、ここに来るよぅ言え!今すぐだ」まるでコントのよぅな展開に、県警は赤っ恥。内部の話で済んだならともかく、ミスリ—ドの広報もしてしまったから立つ瀬がない。午後3 時25分になり、県警は渋々「誤報」と訂正発表した。
「プロとして言い訳はしたくないんですが、現場でササッと検視してりやこんなことになりませんでした。まあ、しばらくは『ダッチワイフを死体と間違えた県警』と笑われるでしようねえ」
捜査関係者の一人は、こう言って肩を落とした。
ただ、騒動はこれで終わはない。カタを付けるべきことがあった。ダッチワイフを投棄した人物の特定だ。県警は悪質なイタズラで警察の業務を妨害したと判断し、偽計業務妨害容疑で捨てた人物の捜査に乗り出したのである。逆ギレのような気がしないでもないのだが、ともかくダッチワイフを改めて検視した結果、様々な基礎情報が判明した。髪の毛は黒で顔立ちは日本人。
シリコン製で身長168センチ、重さは54キロ。小柄なタイプが主流の中、こうしたモデル体型はそう多くない。複数のメーカーを調べて同じ商品にたどり着いたところ、なんと113万円もすることがわかった。最高級品の部類である。また、股間の部分はかなり使い込まれており、接着剤で修理した形跡もあった。よほど大切にされていたのだろうが、それではなぜ捨てられてしまったのか。騒動も落ち着いた9月6日の夕方。初老の男が生気のない顔で大仁署を訪れた。聞けば、ダッチワイフを捨てたのは自分だと言う。伊豆市に住むというその男、高沢淳三( 仮名60才) は、対応した警察官にボソボソと話し始めた。
「すいません。こんな騒ぎになるとは思っていませんでした。決して悪気はなかったんです。恥ずかしかったんですが、意を決して自首することにしました」
「で、どうしてあんなところに捨てたの?」
「ええ、順を追ってお話しします」
男は数年前に、長年連れ添った妻と死別。一人暮らしになったわびしさと、性欲処理のために貯金を切り崩して人形を買ったのだといぅ。興味本位だったんですが、えらく気に入ってしまいまして、それ以来、とても大事にしてきました。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

タグ