★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
188_202005091104142f0.jpg189_2020050911041571b.jpg190_2020050911041119a.jpg191_202005091104126aa.jpg
特に女性の方にお聞きしたい。ケー夕イに見知らぬ番号から着信があった場合、いったいどう対応するだろう。出る…無視…まあ、こんなとこか。出るコは「友達が番号変更したのかもしれない」ぐらいの感覚で、出ないコは不審なコトにはハナから近づかない性格なのだろう。では次に、着信に気づかず電話には出なかったが、番号が残っていた場合はどうか?
無視組は当然これも放っておくだろうが、自分からかけ直す人はどくれぐらいいるだろう。さっきしやべったときイイ声だと思って
先月、ある女の子と知り合い、別れ際にケ—タイ番号を交換した。
「じゃあ私言うからかけてみて。090のXX〜」
「オツケ—。じゃあかけるよ。どう震えてる?」
「あ、ゴメン。090じゃなくて。080だった!」
あわてて電話を切ってかけ直し、無事に交換は終了した。数分後、ケ—タイが鳴った。番090•XX〜。たぶん、さっき間違ってかけた番号だ。こりゃ出ないと悪いな。
「はい、もしもし」「あの、さきほど着信があったので…」
気の弱そうな女の声だ。「すみません、間違い電話です。失礼しました」
「あ、わかりました…それでは」
わずか数秒。ただこれだけの出来事に、俺は勝手な妄想を繰り広げた。ケ—タイに残った見知らぬ番号にわざわざかけ直す女性。さらにあの気弱そうなしやベり方。彼女の性格には素直さというかモロさというか、隙の多さというか、その種のものを感じてしまう。ならばキモがられるかもしれんが、ここは試しだ。もう一回かけてやれ。3コールで彼女は出た。
「何度もごめんなさい、さっき間違い電話した者です」「はい…」
「あの、変な人と思わないでほしいんですけど、なんか先ちよつとしやべったとき、イイ声の人だなと思って」客観的には相当キモイ。何がイイ声だ。どぅ考えたってここでガチャ切りされておしまいだ。しかし彼女は切らなかった。無言ながらも、ときどきあいずちを打ってくる。
「それでさ、少しでもしゃベれたら癒されるかなと思って」「はあ……」
「ホントごめんね。忙しかったら切ってくれてもいいから」「はぃ……」
「ところで俺いま渋谷にいるんだけど、この電話ってどこにつながってんのかな?」「横浜です」
遠くない。ますます下心が膨らんだ。
「そぅなんだ。なんか変な人って思つてるでしよ?」
「いえ…」「いやあ実はさ、ずっと落ち込んでたんだけど今キミの声を聞いて癒されたよ」
「そぅですか」「またかけてもいいかな?」
「ああはぃ……」いいのかよ。安いドラマか少年漫画か宣言どおり、翌日も俺は電話をした。直接彼女は出なかったが、またちやっかり折り返しかけてきてくれる律儀さだ。
2度目ともなると、会話もこなれてくる。昨日はブツ切れの単語でしか話さなかった彼女も、名前(綾子) や年齢(25才) 、仕事(事務) 、恋人はいないことなどを徐々に漏らし始めた。
翌日もまたかけた。今度は直接出てくれた。なんだかよくわからん関係になりつつある。安いドラマか少年漫画か。でもこれは現実なのだ。ゆっくり暖めねば。
しつこく1週間ほど毎日電話をした末、意を決して誘ってみた。「明日、横浜に行く用事があるから、ついでにお茶でもしょっか」返事はOKだった。
この後の流れは簡単に要約する。綾子は取り立てて可愛くもなく、スタイルも良くなく、おしやれでもなく、しかし気立てだけは優しい、農村部の嫁さん(失礼) のょぅなコだった。せっかくここまで引っ張ったのだからと好奇心のみで食事を楽しみ、2度目のデートでエッチしてそれっきりとなった。やれやれ。話をまだ続ける。この一件から俺はある実験を試みる。題して、折り返しかけ直してくるコは、付け入る隙アリか? 要はいろんな番号にワン切りを繰り返し、リターンがあれば綾子と同じ手順で仲良くなろうと画策したのだ。ケ—タイ番号は上7ケタで契約地域がわかるので、夕ーゲットを関東地域に絞ることができる。番号ポータビリティ以降、キャリアは不確定だが仮にドコモ関東のコがソフトバンクに変更していようと、本人が関東にいることに変わりはないだろうから無問題だ。
男やおばちゃんからのリターンには「間違えました」で即切り。もし若い女の声なら、綾子のとき同様、いったん電話を切ってから「イイ声だと思って」とかけ直す。そこで切られたら終了、切られなければ後を続ける。1OO件ほどトライした結果を報告する。リターン率はおよそ10%で、ほぼ全員が男だった。ただ一人だけの女性に「イイ声だ」作戦を敢行したところ、突然横から野太い男の声が登
場した。
「なんだよオメー何か用か?」あの成功はほんっとのほんと、正真正銘の偶然だったようだ。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

タグ