★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
3_2019111.jpg妻がAV女優だった、これ、よく耳にする話…とまでは言わずとも、友人知人レベルの体験談としては大いにあり得る状況だろう。セルビデオだネット動画だと、さんざん世の中に裸の女が氾濫しているこのご時世。付き合う女の中に偶然、そんな過去を持つ人間がいたとしても何ら不思議ではない。
が、しかし、いざ自分がその立場になったらどうだろう。
それでも「彼女にAV女優の過去があっても不思議ではない」などと言えるだろうか。
少なくとも俺には、ちょっとできない相談だった。
大学卒業後、食品卸の会社でバリバリ働いていた俺が、結衣(仮名)と知り合ったのは、入社3年目の夏のことだ。
出会いの場所は同僚が開いてくれたコンパ。お互いどこか引かれるものがあったのだろう。その日のうちに意気投合し、3度目のデートでごく自然に交際が始まった。いや、それだけではない。結婚願望の強かった俺は、いつしか結衣こそがその相手に相応しいとさえ考えるようになっていた。当然だろう。モデルばりのルックスはもちろん、料理の腕も性格の良さもセックスの相性も、とにかくすべての点において彼女は最高のパートナーだったのだから。
交際から2年。いまだ幸せの絶頂にいたある日のこと。会社帰りの俺は何気なく、近所のセルDVD屋へ立ち寄った。最愛の彼女がいるとはいえ、シコシコはやはり別腹。
なんぞいいオカズはないもんかのう。
新作棚から中古の安売りワゴンに移動して間もなく、それまでキョロキョロと定まらなかった視線が、とある作品の前でピタリと止まった。
タイトルは制服○○○○○○編・その脇には小さく女優名が記されている。聞いたことのない企画女優だが…はて。結衣にエライ似とるではないか。
むろん、他人のそら似だとは思った。思ったのだが、どうにも気になり、その場でDVDを購入。自室でティッシュを小脇に抱え、作品を再生した後、俺は仏像のように固まり白目を剥いた。
暗い部屋にポウッと浮かび上がるブラウン管の白い光の中で、パイプ責めされイキまくっている女は、さも美味そうに男優のものをしゃぶりまくっている女は、紛れもなく結衣その人だったのだ。
いやいやこれは絶対何かの間違いだ。自分の胸にそう言い聞かせつつも、ネットで名を検索。と、出るわ出るわ。コスプレ物に、レ〇プ物、果ては潮吹き物まで彼女の出演作が出揃っている。
その端正な顔立ちの女性は、どう逆立ちしたって結衣にしか見えない。
…とにかく落ち着けとばかりにビールを一気に・目の前のテレビ画面には、顔面にたっぷりとザーメンをぶつかけられた女が妖しく微笑んでいた。以来、デートで結衣と会っても、どこかうわの空な自分がいた。 「ね、なんか怒ってる?」 「え?いや、ベ、別に」
AVなど過去のこと。現在の結衣とはまったく関係ない。心では思っていながら口元を見れば男優とのディープキスの光景を胸元に目をやれば精液で汚れたシーンをついつい頭に思い浮かべてしまう。もっと切なくなるのは、セックスのときだ。 結衣と付き合ってからこの方俺はドがつくほどノーマルなプレイしかやったことがない。つい先日だって、キス、 愛撫と始まって正常位で挿入、最後はバックでフィニッシュというごくごくありふれた内容に終始した。 当然俺としても「アナル舐めさして」とか「縛らせて」とかおねだりしたい気持ち山々。が、暗に彼女から普通のセックスを要求されれば黙って従う他ない。
なのになのに!AVの中の結衣は、シックスナインの体勢のままシッコを垂れ流しさらにクジラのように潮をブシャブシャと吹き上げる、とっても変態チックな女。なぜ俺にはシッコをかけてくれないのか。どうして潮吹きを見せてくれようとしないのか。鴫呼、ドボチテ…。
いつしか俺は、心の中でオイオイ泣きながらも、買い集めた結衣のDVDを鑑賞してチンコを擦りまくるという、他人には到底理解不能な激痛と快楽の渦にどっぷり飲み込まれていた。
なんとか胸にしまい込もうとするも、苦悩は日増しに大きくなっていく。この先、どうしよう。AV女優だった過去を黙って受け入れ、この先も交際を続けるべきなのか。いや、キッパリ別れた方がいいのではないか。うん、でもなあ…。
悩みに悩んだ末、俺は決心した。やっぱり別れよう。自分のような器の小さな男に、彼女の過去はとても背負いきれるもんじゃない。
「ちょっと話があるの」
覚悟を決めたつもりなのに、直前になってまた躊躇するという行動を繰り返していたある晩、突如、結衣から呼び出しがあった。内心、胸を撫で下ろした。
恐らく、自分からAVの話を打ち明けるつもりなのだろう。…よかった。フッーと深呼吸する俺に、結衣が明るく続ける。
「アタシね、赤ちゃんができたみたいなの。どうしたらいい?真剣に結婚のこととか考えてくれる?」
「・・・」「だ〜か〜らぁ、アタシ妊娠したのっ」
「:。:。」
このタイミングで、まさか妊娠ウソだろ。ウソだと言ってくれ結衣!
☆それから現在に至るまでの1カ月、俺は結衣にAV女優の過去を問い質すことも、結婚の意志の有無を伝えることもできぬまま、悶々とした日々を送っている。どういう選択を取るべきかはわかっているつもりなのだが、ビシっと腹を括るには、あとほんの少しだけ時間が必要みたいです。
ここからはテレクラで出会った女性が元AV嬢だったと告白しだした体験談
0178_20200508075725789.jpg0179_20200508075726d2f.jpg0180_2020050807572820b.jpg0181_2020050807572957b.jpg0182_202005080757316e5.jpg0183_2020050807573239c.jpg0184_20200508075734925.jpg0185_20200508075735056.jpg0186_202005080757370ac.jpg
近ごろ、テレクラの衰退ぶりを何度か語ってきたが、またもや寂しいニュースをお届けしなければならなくなった。先月号で世話になった錦糸町のテレクラが記事掲載後に、突然、閉店してしまったのだ。これで都内では残すところ5店舗。いよいよ待ったなしの状況が迫ってきた感がある。
そこでテレクラ未経験の若い読者に提案したい。完全消滅する前に一度、足を運んでみてはどうだろう。テレクラは、日本にフリーセックスの価値観を植え付けた元祖的存在。その一端に触れておくのは貴重な体験だ。そして、いかに俺のバケモノ退治が過酷か、身をもって知ってほしい。道連れ的な意味で。というわけで今回も、虚しい戦いに出向くとしよう。戦場は東京の生き残り5店舗のひとつ、日暮里だ。こりゃ確実に店に行って驚いた。なんと店員から、満席につきしばし待ってほしいと言われたのだ。珍しいこともあるもんだ。さては店舗減少のあおりで、客がダブつきはじめたのでは?30分後ようやく個室に通され、そこからさらに待つこと40分、ようやくコールが。
「どうもー。今日これから会える人探してるんだけど大丈夫?」声からしてオバチャンだ。
「はい、俺も同じです。そちらのプロフィール的なこと教えてもらえます?」
「えーっと、歳は40で162センチ、53キロの普通体型。髪は肩よりちょっと長め。ワリキリ希望ね。あ、それと一応、むかしAVとか出てたから見た目はそんなに悪くないと思うよ。いま日暮里駅近くにいるんだけどすぐ会えるかな?」
これだけ長いセリフがすらすらと出てくるあたり、すでに200回以上は口にしているとみた。ごりごりの常連だな。しかしAVってのは本当だろうか。もしそうならガメラみたいなのは来なさそうだけど…。「希望額はいくらです?」「イチサンでお願い」
「わかりました。ぜひお会いしたいです」「うふ、そうこなくっちゃ!」
はるか昭和の昔、ドラマで聞いたような黄色い声がとんできた。
「どこで待ち合わせしましょう? 駅東口のマクドナルド前とか?」
「あ、大丈夫〜〜。そっちまで行くから」「え、テレクラの前まで来るってこと?」
「そうそう、その方がラクだしすれ違いも起きないっしょ?」
店の前で待ち合わせるなど、普通は世間の視線が気になってできないものだが、この人にそんな常識的な感覚はないようだ。「私さ、黒のジャケットを着てるんだけど、お兄さんの服装は?」
「えっとー、オレンジのダウンジャケットです」「オッケー。じゃあ3分後ね」
こりゃ確実にロックオンされたぞ。地雷女が来たとしても逃げられないな。タバコ切れてるんだった。いいかな?受付スタッフに外出する旨を告げてテレクラのドアを出ると、すぐ目の前に女が立っていた。「さっきのオニーサンだよね。どうも〜〜」
見た目年齢は40後半、下手したら50才。自己申告は40才だからかなりのサバ読みになるが、むしろ俺はホッとした。美人なのだ。もちろん年相応の老け方はしている。ただ、若いころは相当にカワイかっただろうと十分にうかがい知れるレベルだ。こんな美魔女が相手なら、めっちゃセックスしたいんですけど。「じゃあ行きましょ」女はテレクラ前で堂々と腕を組み、俺を引っ張る形で歩き出した。偶然、そこに通りかかったオバチャングループから遠慮のない視線が飛んでくる。恥ずかしさまぎれに、元AV嬢さんに質問する。
「ホテルの場所わかります?」
「わかるよ。すぐ近くだから」
電話のときはさほど気にならなかったが、もの凄いしゃがれ声だ。濃いめの化粧も相まって、スナックのママと逢引してるみたいだ。途中、彼女がふと足を止めた。
「ホテルだと高いからコンビニで飲み物でも買おうよ」「ああ、いいですね」
店内に入ると、彼女は俺にカゴを持たせて飲料コーナーへすっ飛んでいった。
「オニーサン、何飲むの?」「お茶かな」「そう。私はビール飲もうかな。あ、あとコレとコレと…あ、コレも飲もうっと」
成り行き上、おそらく会計は俺の負担になるのだろうが、元AV嬢さんは遠慮することなく、缶チューハイや小瓶のワインをカゴに入れていく。おいおい、ちょっと買いすぎだろ。
少し気分を害しつつレジで精算を始めた矢先、彼女が脇から顔を出してきた。
「ねえ、タバコ切れてるんだった。いいかな?」「…え、はあ」
見た目のマトモさに浮かれていたけど、だんだんムカついてきたぞ。でっかいオッパイでシコシコやってあげるからねホテルに入った。さっそく元AV嬢さんがビールでノドを鳴らす。
「じゃあ先に、お金いただいていいですか?」「はい、どうぞ」
約束通り1万3千円を渡した。それをポケットに入れてから、彼女がこちらをジッと見つめてくる。ニヤけているのか真顔なのか、判断の難しい表情だ。
「実は私、この間ショックなことがあったのね」「どうしたんです?」「泥棒にあったの」「え?」「8万円入った財布をホテルで盗まれたの」「…それはヒドイですね。テレクラで会った男ですか?」「うん、そう。だからあと千円だけお願い!」「は?」
ずっこけそうになった。カネ欲しさに、まさかそんな話を持ち出すとは。しかもゼッテェー作り話だし。てか、そもそも俺に千円払う義理ねえし。「んー、でもコンビニの買い物も俺が負担してるんですよ。そこからさらに千円アップってのは、ちょっと納得いかないっすね〜」
「お願い。ホンットにマジでいまお金がないのよ。あと千円だけ! お願いします! ね、エッチ頑張るから!」
ここはひとつ、冷静になって考えよう。こんなフザけた要求などその気になれば軽く一蹴できる。が、その場合、元AV嬢さんの機嫌を損ねてしまうのはあきらかだ。つまり、この後のセックスが非常に味気ないものになる確率が高い。
一方、千円プラスすれば、彼女は約束どおり好サービスを見せてくれるだろう。その上、相手は珍しくルックスがまともだ。となると、うーむ…。
「わかりました。払います」
「わーい、やった! そうこなくっちゃ!」
完全に元AV嬢さんの術中にハマった形だ。彼女がヤリ手なのか、それ以上に俺がバカなのかはさておき。「ありがとね。あとでこのでっかいオッパイでシコシコやってあげるからね」
彼女が胸を寄せて揉んでみせる。言われてみれば確かにデカい。Fカップくらいか? うふふふ、期待しておりますぞ。無理くり補正していたのか
巨乳を眺めているうち、ふと思い出した。いけね、聞くの忘れてたわ。
「AVに出てたのっていつごろの話なんですか」
「20年くらい前かな。結構いろんな作品に出たよ」
「その時代だったらギャラも良かったんじゃないですか? たんまり稼いだでしょ」
「ううん、ギャラは1本10万ちょっとだし、全然大したことなかったよ」
ふうん、てことは企画女優あたりのランクかな。
「もしよかったら、当時の女優名とか教えてほしいなあ」
「いやー、その辺は恥ずかしいからカンベンして。その代わり、AV仕込みのテクニックとか披露してあげるから」
その後、彼女にうながされ、風呂へ入ることに。隣りで服を脱ぎだした元AV嬢さんにふと目をやる。まず、ババ臭さ満点の補正下着を着ていたことにガックリだが、その下着で無理くり補正していた醜い裸体が露わになると、一挙にやるせなさも倍増だ。何なんだよ、この体は…。重量感あふれる太鼓腹に、雑煮のモチみたいにダラリと伸びた乳。そこに筋肉の落ちた細い脚が、不快なコントラストを成している。お婆ちゃんかよ!何だか夢から覚めた気分だ。独身オバハン2人の切ないオナニー
「そういや、いま結婚されてるんですか?」
一緒に湯船に浸かりながら、プライベートを尋ねてみた。
「ううん、独身だよ。てかもう男なんかコリゴリだね」
4年前までは10才下の男と東北地方で同棲していたという彼女。結婚の約束もしていたが、結局、別れたんだそうな。
「彼氏の両親が悪いんだよ」「というと?」
「わざわざ岐阜の実家から、息子を連れ戻しに東北まで来たの」
「ああ、結婚を反対されたってことですか」
「うん。私が10才も上ってのが気に入らなかったんじゃない?」
それだけじゃないと思う。AVに出たり、のちに売春するようなキャラクターをまんまと見抜かれていたに違いない。「だからもう男はいらないね」
「でも、人肌が恋しくなったりもするでしょう?」
「どうかな? テレクラに電話すればセックスだってできるしね」
「ちなみに今はどんな仕事を?」
「パチンコ屋。いまね、職場の寮に住んでるの」「へえ」
「でも二人部屋だから、ちょっと面倒なのよね」「当然、ルームメイトも女性ですよね」
「そう。私と歳がタメなんだけど、タマにその子ね、寝てるときこっそりオナニーしてんだよね」
「へえ、バレてないと思ってるんだ」「そうなの! プーンって女のニオイがしてくるから、すぐわ
かるのにね。でも私も同じことやってるから、バレてるかも」
なにか切ないものがこみ上げてきた。寮住まいの50近い独身オバハン2人が、夜な夜なオナニーにふけってるだなんて。
「気持ちいい?ねえ、気持ちいいでしょ?」
風呂を出てから俺はまっすぐベッドへ。元AV嬢さんは、なぜか再び補正下着を着なおしている。
「またその下着付けたんですか」
「下着を脱がすとこから始めるともっと興奮するでしょ?」
言いたいことはわかる。でもその下着じゃ逆効果だ。わざとらしいエロ顔を作りながら、彼女がすり寄ってきた。「横になってリラックスして」 まずはフェラからスタートだ。
焦らすようにチンコ周りに舌を這わせたのち、ゆっくりと亀頭を含む。口の中でコロコロとチンコを弄ぶ仕草が妙にエロい。「どう? 気持ちいいでしょ? どう?」「はい、気持ちいいです」
しばらく濃厚なフェラが続いたあと、彼女が補正下着のバスト部分をめくり、タレ乳を出してきた。そこにベビーオイルを塗りたくり、チンコを包み込む。
「どう。パイズリなんかやってもらったことないでしょ」「まぁ、はい」
「どう? 気持ちいい? ねえ、気持ちいいでしょ?」
「ええ。気持ちいいです」
もちろんお世辞だ。実際は全然気持ちよくなく、むしろ元AV嬢さんの顔のシワに目がいってしまい、気分は萎えてしまった。はあ、自慢のAVテクニックとやらもこの程度ですかあ…。パイズリでシナシナになったチンコを再びフェラで元気にしてもらい、いよいよ挿入となった。騎乗位の体勢になった彼女がゆっくりと腰を沈めてくる。
「あん、おちんちん硬くて気持ちいいよ。ねぇ、オニ̶サンはどう? 子供産んでないし締まりいいでしょ?」「はい」「気持ちいい?」「はい」「じゃあちゃんと言って」「気持ちいいです」
バックや正常位に体位を変えても、彼女は「気持ちいい?」を連発してくる。もはや嫌がらせだ。 おまけに実際のマンコは締まりが悪く刺激が少ない。高速で腰を振り続けること15分、ようやく射精にこぎつくことができた。うーん、何だろうこの虚無感は。対面当初、彼女に対する評価は94点と高かったものの、ホテル前で別れた時点では3点にまで急落していた。ま、普段だったらマイナス40点くらいが平均だから、これでも相当マシっちゃマシなんだけど。
AVのパッケージ詐欺に騙されない方法はPixhostでできる
AV のパッケージに騙される経験、男なら必ず一度はしてますよね。若妻って書いてあるのにただのババアだったり、乳首が残念な感じだったり。しまいにはケツ毛がビッシリだったりして、ディスクを叩き割ってやりたくなりますよ。サンプル動画で見分けるって人もいるでしょうけど、サンプルはいいところだけ抜き出してるから、逆に危険だと思うんですよね。サンプルがいいからって安心はできません。そこで僕が使っている方法はこうです。まずタイトル名をGoogleの検索窓に入れ、そのあとに「Pixhost」と付けます。そして画像を検索していくと、2番目か3番目に、なんと3分おきのスクリーンショットがまとめてある画像が出てきます。画像を全画面表示してみれば、パケ詐欺かどうかは一目瞭然。その上、3分おきの経過がわかるのでどんな体位が入っているかとか、キスは長めかとか、全部わかります。
みなさんはAV女優の善し悪しをドコで判断しますか。表情?声?脚?ですよね。だいた
いそのへんが合格ならDVD1枚で2発は稼げますよね。でもたまにあるんです、いきなり興ざめすることが。ルックスも色気も120点なのに、ある一点のせいでチンコが萎んじゃうことが。「ナチュラルでよろしい」
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内