★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
p084.jpgp085.jpg

足を運んだのは東京西部の街、国分寺だ。ワイザツさとはほど遠い、閑静な住宅街のイメージだが、こんな街のテレクラでコールなど鳴るのか。
と思ったら、意外なほど鳴りはよかった。ただし、その大半は冷やかしやひま潰しの類で、ようやく会えそうな女とつながったのは、6、7本目の電話だ。
「あの、ワリキリで会える人を探してるんだけど…」
ずいぶんと陰気な口調だ。声を聞くぶんには、けっこう若そうな感じもする。
「良かった。俺もワリキリ希望だから。見た目はどんな感じ?」
「…ちょっとだけ、ぽっちゃりしてるかな」
てことはデブ確定だな。ま、端からテレクラ女の容姿に期待などしてないけど。サチコと名乗る彼女は現在36才の独身。普段はファミレスでアルバイトをしているという。この調子ならすっぽかしはなさそうだし、アポってみるか。
「じゃ会いましょうよ。条件を教えてくれる?」
「最低イチゴーはほしいかな」
「大丈夫だよ」
「あと、●●駅まで来てほしいんだけど。国分寺からだと電車で20分くらいかな」

「行くのは全然いいけど、近くにホテルとかあるの?」
「ホテルはないけど、アパート暮らしだからウチでいいでしょ」
「え、自宅ってこと?」
「うん。他の人にもいつもそうしてもらってるし」
見ず知らずの男を平気で家に招くってどんな神経してんだか。防犯の概念が皆無らしい。相変わらず覇気のない小さな声で、サチコさんが続ける。
「●●駅についたら、タクシーで●●集会場ってとこまで行って、そこから電話ちょうだい。アパート、すぐ目の前だから」
よどみない指示からは、自分の部屋を一歩たりとも出たくないという強い意志が伺える。ちょっとズボラ過ぎないか?指定の駅からタクシーを飛ばすこと10分、教えられた集会場に着いた。周囲には、ネギだかショウガだかの畑が広がっている。
「集会場に着いたんですけど」
サチコさんに電話をかけると、例のぼそぼそ声が返ってきた。
「あ、いた。右の方を見て、わかる?ここ、ここ」
言われた方角の、20メートル先に古ぼけたアパートがあり、2階の窓から女性が手を振っていた。遠目からでもわかる独特の丸っこいシルエット。あれがそうか。アパートに着き、ドアを開ける。

靴やゴミ袋が乱雑に並ぶせまい玄関に、ごつい女が仁王立ちで待ち受けていた。よれよれの長袖シャツにヤンキー仕様のシャカシャカパンツ。頭頂部の薄くなったロングヘアの下には、ドランクドラゴン塚地そっくりの顔が覗いている。ややひょうきん、そしてややもの悲しい印象の顔の造りだ。とにかくこの見た目で36才はないだろう。いいとこ45ってところだ。
「あ、どうも」
こちらの挨拶を軽くスルーし、彼女は部屋の奥へ消えていく。勝手に入れってことらしい。ではお邪魔します。足を踏み入れた8畳ほどの居住スペースは、ガラクタやゴミが散乱し、その中央には得体の知れないシミがいくつもついた万年床が敷かれている。そこにどっかりと腰を下ろす彼女。

まるで売れない四畳半フォークシンガーを見てるようだ。どんよりとした陰気なオーラが、これほど板についた人間はそういないかも。
それにしても、このぷーんと鼻をつくカビ臭さは何だ。部屋のニオイなのか、はたまた体臭なのか。とにかく鼻がむず痒くてしかたない。
「あの、ワリキリはいつもこの部屋で?」
「そう。みんなホテル代が浮くって喜んでるみたいよ」
それはナイだろ。こんな臭い部屋でくつろげるわけないし。
「いや何かでも、ちょっとカビ臭くない?」
「…そうかな。気になるなら窓を開けようか?」
重そうな体をよっこらしょと起こし、窓に手をかけようとする塚っちゃん。その時、彼女の尻から「ぷす〜」という異音が。おいおい…。あきらかに今、屁をこいたに
もかかわらず、塚っちゃんは何食わぬ顔だ。開け放った窓から景色を眺め、何に納得しているのか、うんうんと無言でうなずいている。
「だ〜か〜らっ!今日はキスNGなのよ」
塚っちゃんが右手を差し出してきた。
「あの、まずはお金を…」
「あ、うん。イチゴーだよね」
手渡すと、札をじっくり確認するように眺め、財布に仕舞いこんだ。こんな女でも簡単に1・5万円を稼ぐことができるなんて、やっぱこの国はどこか狂ってるよ。ふと浮かんだ疑問をぶつけてみる。
「ファミレスのバイトだけじゃ生活が苦しいの?」
「それもあるけど……ふふ、ふふふふ」
はじめて彼女が笑顔を見せた。笑うとますます塚っちゃんに似て萎えるが、いったい何がそんなにおかしいのやら。これでもかというドヤ顔で彼女が口を開く。
「彼氏が北海道に住んでるのね」
「へえ、遠距離恋愛してるんだ」
もともと彼氏とは東京で知り合ったそうだが、現在は故郷の北海道に帰ってしまったらしい。
「向こうもすっごく忙しい人だから、こっちから会いに行くしかないんだよね」
「はあ、それでお金が必要だと」
黄色い歯を覗かせた彼女の笑顔が一転、真顔になった。
「あなた浮気したことある?」
「え、まあ、何度か」
「うっわ〜、やばいやばい」
なぜかおおげさに天を仰いでいる。
「浮気マンじゃん。最っ低ね。私の彼氏なら絶対そんなことしないけどね」
「すごい自信だね」
「まあ、前は何回か浮気されたことあるんだけど、もう絶対にしないって誓ってくれたもん。私に『俺は二度としないからお前も浮気するなよ』って言うくらいだしね。普通、心がやましかったらそんなこと言えないし」
脳内がお花畑になってるとしか思えない。てか、よく上から目線で浮気批判できるよな。あんただって今から俺とセックスするんでしょうに。
「自分がワリキリするのは別にいいんだ?」
「はあ?ワリキリは愛し合ってるわけじゃないからいいに決まってるじゃん。だ〜か〜らっ!今日はキスNGなのよ。ごめんなさいね」
申し訳なさそうに頭をさげる塚っちゃん。この人、いろいろと自分を客観視する能力が欠如しているようだ。誰がキスしたいだなんて言ったよ。いい加減ウンザリしてきたが、彼氏の話になると彼女はテンションが上がるようで、その後もノロケが止む気配はない。ふいにスマホを見せられた。
「これ彼氏。ちょっと伊藤英明入ってるでしょ」
画面に映っているのは、文房具店主人のような地味ゴリラオヤジだ。こんな人間離れしたブ男に浮気され、さらにそいつに会うべくワリキリで北海道行きの資金を稼ぐ女。これだけで中島みゆき風のフォークソングが一曲作れそうだよ。
「シャワー浴びたかったら勝手に使って。私はもう済んでるから」
「あ、うん」
水アカとカビの培養室さながらのユニットバスで手早く体を洗い部屋に戻れば、ちょうど塚っちゃんが服を脱ぎはじめている。デブのわりに胸がないし、無残という他ない裸体だ。薄汚れた万年床にゴロンとあお向けになり、彼女が大きく脚を開いた。「私ってクリが性感帯なのよね」
クンニしろってか。何気なく股間に顔を近づけてみる。うっ、今、恐ろしいものを見てしまった。小陰唇の外周に沿う形で、こってりとこびりついている白い物体。おええっ。こんな大量のマンカスを目撃したのは生まれてはじめてだ。さっきシャワー浴びたって言ってなかったっけ?いったいどこを洗ったんだよ。

おぞましいのは見た目だけじゃない。鼻をもぎ取りたい衝動にかられるほどの強烈な悪臭だ。ひどすぎる。この部屋に漂う異臭の原因が、こいつのマンカスだったなんて。即座にクンニのポジショニングから手マンの体勢に変更した。口で息をしつつ、震える指先でクリをコリコリいじってやると、塚っちゃんの腹の肉がぶるるんと波打った。
「おほぁ、おほぁ、それいい!ねえ、それいいの!」
顔に似合わず、体はずいぶん敏感なようだ。
「それいい! おほぁ! あー来る来る来る、いいのが来る!来る! くッ!!」
聞いたこともない絶叫とともに塚っちゃんは果てた。しばし、ぐて〜っとしてから彼女がやおら起き上がる。
「びっくり。神だね」
「え?」
「あなたの指、神だよ。確実に人生ベスト5に入る」
なんだかよくわからんが、気に入ってくれたなら結構だ。
「じゃ今度は私の番ね」
そう言ってチンコをパクッとくわえたフェラテクはなかなか上手だった。なかでも舌先をカリの周囲に力強く押しつけてくるワザは絶品といってよく、たちまちチンコはカチカチに。当然の考えが頭をよぎった。このままフェラで射精してしまおうか。

いくら勃起したところで、マンカスがとぐろを巻くあの凶悪な肉ツボに我が息子を差し込む気にはなれない。静かに目を閉じ、愛する紗倉まなちゃんの姿を想像する。たちまち射精感がこみ上げ、俺は生暖かい口の中で果てた。着替えを終え、ぐったり壁に身をあずけていると、彼女が「あの…」と声を発した。すでに仕事を終えたからなのか、また陰気な態度に戻っている。
「ごめん、そろそろ帰ってほしいんだけど…」
「あ、そうだね。帰るよ」
追い立てられるようにして小汚い部屋を出た。背後でガチャッとカギの音がし、続いて「モウッ、プス、プシシ〜」と屁の3連音が。

援助交際なんてフリーの風俗嬢みたいなものなのか?

援助交際は女性がお金を対価にデートや食事やSEXをすることだ。SNSの普及によって、その援助交際を副業のようにして暮らす女性も出現している。物入りの時には援助交際をするやり方で暮して来たと言う女性もいる。大人に成長してからも、仕事先で嫌なことがあったり疲労感を感じると、援助交際をすることで欲求不満を発散したと吐き捨てる。彼女にしてみれば、援助交際は何一つ悪いことなんてことではなく、もはや暮らしの一部とすら言うことが出来るのだ。合法の風俗店でも無理やりやられたり恐ろしい目には一緒くらいあったし、禁じられている本番行為を密かにやっている子なんていっぱいいるし援助交際なんてフリーの風俗嬢みたいなものだという考えの女性が増えているようだ。ただだ売春防止法などの法律に違反する行為だということは忘れてはならない。
そんな援助交際、埼玉ではどうなっているのだろうか。埼玉県は大宮や風俗産業が盛んな川口が援交が盛んな地域と言われています。知り合いの話では埼玉県大宮の女性と何人か出会ったときは、もちろんブスもいたがアイドルに見える子からモデルに見える子までタイプは様々だがレベルはけっこう高かったとのこと。出会い系アプリという手段が増えて、敷居が下がったのだろう。ただ出会い系アプリは年齢認証手続きがないアプリも多いので注意が必要だ。

援助交際する女ってどんな女?

「池袋まで来れます?」
おそらくこれが最後のアポとなるだろう。
「大丈夫です、すぐいけますよ」
ホテル代別イチゴーで、34才、黒髪ロング清楚系を自称するその女性とアポることになった。池袋の西口駅前は、4〜5人の若者が缶チューハイ片手に数組ダベっているくらいで静けさが漂っていた。指定されたマックの前には、雪女のような幽霊が立っていた。汚いモコモコしたピンクの毛布地のコート、長い前髪とマスクのせいで素顔はちゃんと拝めない。なんだかこの人からは、強烈な死の匂いが漂う。
「あのあのあの、お金先にいただけますか」
「それは払いますけど、ホテルに入ってからにしましょうよ」
雪女は無言でホテル方面へと歩き出す。ふと手元の時計を見ると時刻は0時2分。なんとこんなに地味に始まっていた。
「あ、新年あけましたね」「……」
「あけましておめでとうございます」
俺が深くお辞儀をすると、雪女はこくりと首だけ動かした。
「昨年はどんな年でしたか」「…お兄さん、ずっと海外暮らしでしょ?」「え」
「海外で暮らしてたでしょ?カナダ」「そう見えます?」「…わかる」
何がわかる、だ。カナダなんて行ったこともないし。幽霊っぽいくせに霊感ゼロなんだな。適当にあいづちをうちながらラブホテルへ近づいてきたそのとき、雪女が言った。
「あの、もういいです」「え?」
「帰っていいですか。ちょっとしたくなくなったの」
「お金、ちゃんと先払いしますけど」「いや、いいんで」
雪女はこちらに背中を向けてすーっと去っていった。新年一発目に、なんだか不気味なものを見てしまったようだ。
東京は年末年始に限って電車が24時間走っている。午前1時ごろに乗った山手線は、初詣に向かう参拝客で混み合っていた。みな、なんて晴れ晴れしい表情をしているんだろう。店へ戻った。テレクラはすでにツーショット回線に切り替わっているため、コールは鳴らない。個室でうとうとするうちに、元旦の夜明けを迎えた。午前中は暇つぶしのおばさんからのコールが2件だけで、どれもアポには至らず、夕方5時、久々に電話が鳴った。「もしもし〜」
ガヤガヤと街の音が聞こえる。
「もしもし〜。あっけましておめでとうございま〜す!」
なんだこのテンションの高さは。
「どうも、おめでとうございます」
「新年ということで〜、めでたいということで〜、お兄さん!姫始めをしたくなってるんじゃないですかあ〜?」
 新年スペシャルの営業トークだ。風情もなにもない。
「そうですねえ、ちなみにおいくらですかね」
「2万5千円か3万円で」「ああちょっとムリですね」「え〜ダメぇ?」
「ワリキリでお会いするのはいいんですけど、その額だとちょっと厳しいですね」「でも正月なんだからお年玉あげたつもりでさ、ね!」
なんで親戚でもないあんたにいきなりお年玉をあげなきゃならないんだよ。
「そしたらさ〜、下げていいからとりあえずおこづかいちょうだいよ」
交渉を重ねた結果、ホテル代別2万円で話がつくことになった。クミさんと名乗る彼女は37才で、職業は「普通の会社員」だという。体型や容姿などについては「それ、聞いてどうすんの?」の一点張りでなにも答えてくれない。デブ確定か?アポ地の池袋マックの前には、ベージュのダウンジャケットを着た女性が立っていた。見た目はソフトバンクの王元監督に似ていて太ってはいない。無言でコクリとうなずき、王監督は歩き出した。
「あ、そうだ。クミさん、あけましておめでとうございます」
「ああ、おめでとう」
そっけない態度だ。電話での軽快な営業トークは影をひそめてしまっている。繁華街を抜けたところで、破魔矢を持ったカップルとすれ違った。
「もう初詣には行きましたか?」
「それ聞いてどうすんの?」
「いや、あの…今日はなにか予定あるんですか」
「ないよ。予定あったら正月早早テレクラなんてかけるわけないじゃないの」
どうしてこんなに無愛想なんだろう?ホテルに入るや、王監督はペットボトルのお茶を飲み干した。
「私はけっこう男の条件厳しいからね」
「条件?」
「最低でも年収1千万円はないとイヤかな」
「じゃあそういう人としかお付き合いされないんですね」
「もちろん、ね」
「そういう彼氏さんってどんなデートをするんですか」
会話をつなげようとしたところ、話題を変えられた。
「その髪型ね、似合ってないわよ」
「はあ」
「もっと短くおろして、落ち着いた感じのほうがいから。あなた彼女いないでしょ」
「まあいないですけど」
「だからテレクラしかすることないんだね」
今年のオレは運が向いていないのだろうか。元旦からこんな暴言を吐かれるなんて。ベッドに入ると、王監督は部屋の照明を完全に落としてしまった。
「少し明るくするのもダメですか」
「ダメ。そしたらなにもやる気なくなるから」
このまま進めるしかないのか。しかも彼女、胸にタオル巻いたままだし。
「じゃあフェラしてもらっていいですか」
「フェラ? フェラなんてしてもらっちゃダメだよ、そういうことしてると結婚してからマンコで気持ちよくなれなくなっちゃうから。しないよ」
すでに彼女は手抜きの手コキへと突入している。とてもじゃないが射精する気になれない。ギブアップだ。
「もう大丈夫です」
この声を聞いた瞬間、王監督は「しめた」と言わんばかりの表情で手の動きをやめ、さっさとシャワールームへ消えていった。午後7時。炎の体育会系TVを見てリラックスする彼女には、着替える気配がまったく見えない。特に会話もないまま時間だけが過ぎてゆく。
「あの、そろそろ出ませんかね」
「ここ何時までいれるんだっけ」
「フリータイムだから、一応9時くらいまでいれるんじゃないですか」
「じゃあ出なくていいじゃん」
「えっ出ないんですか」
「だってまだここにいれるんでしょ?」
「…はあ」
王監督は、フロントに電話をかけ「一人だけ外に出ます」と、話を勝手に進めはじめた。仕方なく帰り支度を整えていると、テレビの音量を下げた彼女が言う。
「ねえねえ」
「はい」
「最後にさ、もう1万円だけくれない?」
「なんでですか」
「だってお年玉欲しいんだもん」
あきれてモノが言えない。年収1千万円の彼氏にでももらってくれ。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ