p084.jpgp085.jpg
援助交際なんてフリーの風俗嬢みたいなものなのか?

援助交際は女性がお金を対価にデートや食事やSEXをすることだ。SNSの普及によって、その援助交際を副業のようにして暮らす女性も出現している。物入りの時には援助交際をするやり方で暮して来たと言う女性もいる。大人に成長してからも、仕事先で嫌なことがあったり疲労感を感じると、援助交際をすることで欲求不満を発散したと吐き捨てる。彼女にしてみれば、援助交際は何一つ悪いことなんてことではなく、もはや暮らしの一部とすら言うことが出来るのだ。合法の風俗店でも無理やりやられたり恐ろしい目には一緒くらいあったし、禁じられている本番行為を密かにやっている子なんていっぱいいるし援助交際なんてフリーの風俗嬢みたいなものだという考えの女性が増えているようだ。ただだ売春防止法などの法律に違反する行為だということは忘れてはならない。
そんな援助交際、埼玉ではどうなっているのだろうか。埼玉県は大宮や風俗産業が盛んな川口が援交が盛んな地域と言われています。知り合いの話では埼玉県大宮の女性と何人か出会ったときは、もちろんブスもいたがアイドルに見える子からモデルに見える子までタイプは様々だがレベルはけっこう高かったとのこと。出会い系アプリという手段が増えて、敷居が下がったのだろう。ただ出会い系アプリは年齢認証手続きがないアプリも多いので注意が必要だ。

援助交際する女ってどんな女?

「池袋まで来れます?」
おそらくこれが最後のアポとなるだろう。
「大丈夫です、すぐいけますよ」
ホテル代別イチゴーで、34才、黒髪ロング清楚系を自称するその女性とアポることになった。池袋の西口駅前は、4〜5人の若者が缶チューハイ片手に数組ダベっているくらいで静けさが漂っていた。指定されたマックの前には、雪女のような幽霊が立っていた。汚いモコモコしたピンクの毛布地のコート、長い前髪とマスクのせいで素顔はちゃんと拝めない。なんだかこの人からは、強烈な死の匂いが漂う。
「あのあのあの、お金先にいただけますか」
「それは払いますけど、ホテルに入ってからにしましょうよ」
雪女は無言でホテル方面へと歩き出す。ふと手元の時計を見ると時刻は0時2分。なんとこんなに地味に始まっていた。
「あ、新年あけましたね」「……」
「あけましておめでとうございます」
俺が深くお辞儀をすると、雪女はこくりと首だけ動かした。
「昨年はどんな年でしたか」「…お兄さん、ずっと海外暮らしでしょ?」「え」
「海外で暮らしてたでしょ?カナダ」「そう見えます?」「…わかる」
何がわかる、だ。カナダなんて行ったこともないし。幽霊っぽいくせに霊感ゼロなんだな。適当にあいづちをうちながらラブホテルへ近づいてきたそのとき、雪女が言った。
「あの、もういいです」「え?」
「帰っていいですか。ちょっとしたくなくなったの」
「お金、ちゃんと先払いしますけど」「いや、いいんで」
雪女はこちらに背中を向けてすーっと去っていった。新年一発目に、なんだか不気味なものを見てしまったようだ。
東京は年末年始に限って電車が24時間走っている。午前1時ごろに乗った山手線は、初詣に向かう参拝客で混み合っていた。みな、なんて晴れ晴れしい表情をしているんだろう。店へ戻った。テレクラはすでにツーショット回線に切り替わっているため、コールは鳴らない。個室でうとうとするうちに、元旦の夜明けを迎えた。午前中は暇つぶしのおばさんからのコールが2件だけで、どれもアポには至らず、夕方5時、久々に電話が鳴った。「もしもし〜」
ガヤガヤと街の音が聞こえる。
「もしもし〜。あっけましておめでとうございま〜す!」
なんだこのテンションの高さは。
「どうも、おめでとうございます」
「新年ということで〜、めでたいということで〜、お兄さん!姫始めをしたくなってるんじゃないですかあ〜?」
 新年スペシャルの営業トークだ。風情もなにもない。
「そうですねえ、ちなみにおいくらですかね」
「2万5千円か3万円で」「ああちょっとムリですね」「え〜ダメぇ?」
「ワリキリでお会いするのはいいんですけど、その額だとちょっと厳しいですね」「でも正月なんだからお年玉あげたつもりでさ、ね!」
なんで親戚でもないあんたにいきなりお年玉をあげなきゃならないんだよ。
「そしたらさ〜、下げていいからとりあえずおこづかいちょうだいよ」
交渉を重ねた結果、ホテル代別2万円で話がつくことになった。クミさんと名乗る彼女は37才で、職業は「普通の会社員」だという。体型や容姿などについては「それ、聞いてどうすんの?」の一点張りでなにも答えてくれない。デブ確定か?アポ地の池袋マックの前には、ベージュのダウンジャケットを着た女性が立っていた。見た目はソフトバンクの王元監督に似ていて太ってはいない。無言でコクリとうなずき、王監督は歩き出した。
「あ、そうだ。クミさん、あけましておめでとうございます」
「ああ、おめでとう」
そっけない態度だ。電話での軽快な営業トークは影をひそめてしまっている。繁華街を抜けたところで、破魔矢を持ったカップルとすれ違った。
「もう初詣には行きましたか?」
「それ聞いてどうすんの?」
「いや、あの…今日はなにか予定あるんですか」
「ないよ。予定あったら正月早早テレクラなんてかけるわけないじゃないの」
どうしてこんなに無愛想なんだろう?ホテルに入るや、王監督はペットボトルのお茶を飲み干した。
「私はけっこう男の条件厳しいからね」
「条件?」
「最低でも年収1千万円はないとイヤかな」
「じゃあそういう人としかお付き合いされないんですね」
「もちろん、ね」
「そういう彼氏さんってどんなデートをするんですか」
会話をつなげようとしたところ、話題を変えられた。
「その髪型ね、似合ってないわよ」
「はあ」
「もっと短くおろして、落ち着いた感じのほうがいから。あなた彼女いないでしょ」
「まあいないですけど」
「だからテレクラしかすることないんだね」
今年のオレは運が向いていないのだろうか。元旦からこんな暴言を吐かれるなんて。ベッドに入ると、王監督は部屋の照明を完全に落としてしまった。
「少し明るくするのもダメですか」
「ダメ。そしたらなにもやる気なくなるから」
このまま進めるしかないのか。しかも彼女、胸にタオル巻いたままだし。
「じゃあフェラしてもらっていいですか」
「フェラ? フェラなんてしてもらっちゃダメだよ、そういうことしてると結婚してからマンコで気持ちよくなれなくなっちゃうから。しないよ」
すでに彼女は手抜きの手コキへと突入している。とてもじゃないが射精する気になれない。ギブアップだ。
「もう大丈夫です」
この声を聞いた瞬間、王監督は「しめた」と言わんばかりの表情で手の動きをやめ、さっさとシャワールームへ消えていった。午後7時。炎の体育会系TVを見てリラックスする彼女には、着替える気配がまったく見えない。特に会話もないまま時間だけが過ぎてゆく。
「あの、そろそろ出ませんかね」
「ここ何時までいれるんだっけ」
「フリータイムだから、一応9時くらいまでいれるんじゃないですか」
「じゃあ出なくていいじゃん」
「えっ出ないんですか」
「だってまだここにいれるんでしょ?」
「…はあ」
王監督は、フロントに電話をかけ「一人だけ外に出ます」と、話を勝手に進めはじめた。仕方なく帰り支度を整えていると、テレビの音量を下げた彼女が言う。
「ねえねえ」
「はい」
「最後にさ、もう1万円だけくれない?」
「なんでですか」
「だってお年玉欲しいんだもん」
あきれてモノが言えない。年収1千万円の彼氏にでももらってくれ。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ